お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: アイルランド映画 の検索結果)


『ONCE ダブリンの街角で』 (2006/アイルランド)

   ↑  2012/09/24 (月)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [ グレン・ハンサード ]


●原題:ONCE
●監督:ジョン・カーニー
●出演:グレン・ハンサード、マルケタ・イルグロヴァ、ヒュー・ウォルシュ ティミー、ゲリー・ヘンドリック、アラスター・フォーリー、ゲオフ・ミノゲ、ビル・ホドネット、ダヌシュ・クトレストヴァ 他
●アイルランドのダブリンを舞台に、地元の男とチェコ移民の若い女がストリートで出会い、音楽を通して心を通わせていくさまを、自然な形で挿入される歌の数々で紡いでいく感動ラブ・ストーリー。主演はアイルランドの人気バンド“ザ・フレイムス”のフロントマン、グレン・ハンサードとチェコのシンガーソングライター、マルケタ・イルグロヴァ。彼らが本作のために楽曲を書き下している。



この映画に関して何かを書こうと思うと胸が詰まってしまって、言葉で表現すること自体が無意味なような気がするんだけれど。きっと、音楽を愛する人、人生を愛する人にとっては堪らない作品。

87分しかない物語のうち、楽器を奏でたり歌を歌う時間を一つも削ることなく、大切に扱ってくれているところに音楽への愛情をいっぱいに感じます。



キス一つもしない、これはラブストーリーなのかな。
でも役名のないこの二人を最後まで見届けたら、涙がこぼれてしまいました。

もしかしたら、パートナーの不在による寂しさや孤独感を埋めるために、二人は頼り合うことが出来たかもしれない。「君の子供と二人でロンドンで暮らそう!」とか「ロマンチックな関係も素敵じゃない?」とか口には出すこともあったけれど、そんな関係にはならなかった。二人の心は音楽を通じることによって、もっと深いところで全てを満たしていた。

二人で仕上げた曲を奏でるたびに、ピアノを弾く度に、きっとそれぞれの人生で満ち足りていたあの瞬間に触れられる。



心の離れた夫のことをまだ愛しているの?と尋ねた男に対して、彼女の返事は "Miluju TEBE".

『ONCE ダブリンの街角で』ではチェコ語で答えたこのセリフにだけ字幕は出てきません。日本語訳を調べようと思えばすぐにわかることだけれど、軽くはぐらかした彼女の姿に心が透けて見えたような気がしました。彼にはわからないように、言葉に出して言ってみた気持ち。

もし彼がチェコ語を理解していたら、二人の関係は何かが変わったのかな。





人が人に惹かれる気持ち。自分にはその人が必要だと思う気持ち。
でも、そんな風に心を奪われても、人生で重なり合う時間はほんの僅かだと分っていること。

もしこの映画を若い時に観ていたら、私は、二人で人生を歩まないことの意味をきっと解らなかっただろうなと思う。人との出会いの中から生まれたもの、共に分かち合った時間、それがほんの僅かな時でも作り上げた何かが出来たのなら、それで二人の関係はパーフェクトなのだと思う。

これほど美しい時間は、人生に幾つも起こることじゃないから。




最も印象的だった曲「Falling Slowly」は、2007年度の様々な映画賞を獲り、映画を飛び出してあちこちのTV番組でも放映されました。

映画で観た名前のない二人が"グレン・ハンサード"と"マルケタ・イルグロヴァ"として歌う「Falling Slowly」。

この動画での歌い終わった二人が見せる表情は、映画の中で描かれた主人公二人の人生がオーバラップしてくるようでまた泣きたくなってしまいました。穴の空いたギターを持った"彼"とピアノを奏でる"彼女"、そこに幸せな二人を見つけたような気がして。

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アイルランド映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2012/09/24 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『名犬ラッシー』 (2005/アイルランド、イギリス、フランス)

   ↑  2012/09/06 (木)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ



名犬ラッシー [ ピーター・オトゥール ]


●原題:LASSIE
●監督:チャールズ・スターリッジ
●出演:ジョナサン・メイソン、ピーター・オトゥール、サマンサ・モートン、ジョン・リンチ、スティーヴ・ペンバートン、ヘスター・オジャース、ピーター・ディンクレイジ、ジェマ・レッドグレーヴ 他
●イギリス、ヨークシャーの小さな炭鉱街。両親と暮らす9歳の少年ジョーには、誰よりも強い絆で結ばれた“親友”がいた。それは美しい毛並みのコリー犬“ラッシー”。学校が終わる時間になると、かならず校門でジョーを待つラッシー。しかしある日、父親の働く炭鉱が閉鎖し、生活に困った両親が裕福なラドリング公爵に大切なラッシーを売ってしまうのだった。その後、何度も脱走しては戻ってきてしまうラッシーを、ジョーは身を引き裂かれる思いで公爵のもとへ返すのだった。やがてラッシーは遠く離れたスコットランドの城へと連れて行かれてしまうのだったが・・・。



TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)というテレビ局では「ファミリーシアター」という子どもも一緒に楽しめる映画番組の枠が日曜のゴールデンタイムに月2回ほど設けられています。で、たまに寝る準備をバッチリして子どもと一緒にベッドの上でごろーんと横になって観たりするのですが・・・気を緩めていると親の方が夢中になってしまい、「ラッシーは走る。もう1度大好きなジョーに逢うために・・・!」なんて言われた日にはですね、もうお母さん一人でオイオイ泣いてしまったりします。ファミリー映画、侮れません。






この『名犬ラッシー』もそのラインナップの一つだったのですが、いやーもう、自然、そして音楽がとにかく美しくてホント~に癒されました。

スコットランドの広大な丘を走り抜け、その頂上に立つラッシーの空撮シーン。凛々し過ぎるその高貴な顔立ちは、それだけで名画のような気品に溢れていて、まるで美しい絵を見ているかのよう。「原作は1940年にイギリスで出版された小説だが、その舞台や設定に手を加えることなく忠実に映像化することで、原作がもつ魅力を素直に伝えようと努めている」という評があるのですが、本当に本当にその通り。とてもピュアで、実直で、魅力のある映画です。






飼い主のジョー君や公爵の娘シーラといった、登場する子供たちの透明感のある大人びた表情には"媚"がなくて、それがとても好感のもてるものでした。

ユーモラスな面もあるものの、ドタバタのコメディ色が強過ぎるわけではなく、どこかしら品が漂うあたりは"いかにも"的な安易な子ども映画とは違って、大人の鑑賞映画としても十分。登場人物たちとの交流もベタベタになることもなく、観ていて気持ちの良いものでした。



長い旅路の果てにやっと家族の元へ戻り、衰弱して横たわるラッシーを見て「動物は人間と違って生きることに執着しない。(ラッシーは)家に帰るという目的を果たしたからね」と言った獣医の言葉に泣けてしまいました。人間の事情などわかず、一途に飼い主を想って帰ってきたラッシー。・・・・お母さんここで泣きました。



そして、ラスト。ラッシーとジョー君を引き離そうとする"悪役"に対して、名優ピーター・オトゥール演じる城主ラドリング公爵が下す"大岡裁き"は胸のすくような爽快感が。万事解決で幸せな気持ちでいっぱい。

脇を固めるサマンサ・モートンやジョン・リンチ、ケリー・マクドナルド、ジェマ・レッドグレーヴなど、英国出身のどっしり安定のある俳優たちの存在感も頼もしく、本当に素敵な映画でした。「こども&動物映画」として、小さなお子さんも安心して楽しめる映画です。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : イギリス映画 アイルランド映画 

FC2共有テーマ : ヒューマン・人間ドラマ (ジャンル : 映画

  2012/09/06 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。