お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: アメリカ映画 の検索結果)

total 27 pages  次のページ →  


『沈黙 - サイレンス -』 (2016/アメリカ) その2【宗教】について

   ↑  2017/09/16 (土)  カテゴリー: シリアス、社会派
はい、こんばんは!
前記事では、マーティン・スコセッシ監督のアメリカ映画『沈黙 - サイレンス -』の【言語】【宗教】【文化】3点セットのうち、個人的に興味深かった【言語】についてまとめてみましたが、今回は【宗教】について。

他の映画についても早く書きたいし、ちゃちゃっといってみよー!








【宗教】 日本人 遠藤周作の原作小説「沈黙」

沈黙

深い河 (講談社文庫)

『沈黙』をめぐる短篇集



キリスト教を「着せられた洋服」「自分の体に合わない洋服」と感じていたという遠藤周作。彼の原作小説「沈黙」は、遠藤自身の幼い頃からのキリスト教徒としての在り方への疑問、カトリック教徒としての違和感が底辺に流れています。

そのため、「沈黙」の原作そのものが遠藤自身のカトリック教徒としての居場所探しであり、日本(もしくは東洋)独特の宗教観あるいは信仰心を融合させた新たなキリスト教像を生み出した物語なのだろうなと強く感じました。



①「人々の前で告白する」ことの重要性

私なんかからしますとね、もう、みんなの命がかかっているんだから踏んでおけばいいじゃんいいじゃん「形だけでイイ」「かすめるだけでもいい」って言ってるんだから踏んじゃった方が皆のためだよ!なんて思ってしまうわけですが、この"形だけ"というのが問題なんだろうなぁ。

新約聖書にある「マタイによる福音書」第10章26-33節には、福音宣教のため派遣される12人の弟子たちにイエスがその心得を説いたものが書かれています。
「人々の前で私の味方であると宣言する者を、私もまた天におられる父の御前で私の味方であると宣言する。しかし、人々の前で私を否む者を、私もまた天におられる父の御前で否むであろう。」(マタイによる福音書10:32-33)


カトリック(聖書の解釈は教会の仕事)と、プロテスタント(聖書の解釈は個人)。

この映画を観た後、私は日本にあるそれぞれの教会の説教というものを色々読んでみたのですが、まずひとつは「私は主イエス・キリストを信じる者です」と人々の前で告白することが大事だから「踏絵を踏む=キリスト教徒ではないと宣言する」なんてトンデモナイ!という考え。そしてもう一方では「イエス様は弟子たちの弱さ・孤独・苦しみも知っていたし他の町へ逃げなさいとも仰っていた。主は我々の心の内にどんな時も共にいてくださるのです」という、約二通りほどの解釈を読みました。


その中でも、最も強烈かつ興味深かったのは東京基督教大学の教授だった小畑進牧師による「遠藤周作著小説『沈黙』論」

こ、これは秋の夜長の眠気も吹っ飛びます。
PDFで読むことができますので、映画を鑑賞された方は是非!

宗教とは常識的な人間の論理に対しては異常なものなのであり、神の主権を人間の情愛の中に曖昧にしたり、見失ってしまったりしては成り立たないものであることを銘記させられなけれななりません。
 (中略)
小説「沈黙」の人間へのもたれこみは、作者の軽い作品と通じて、その甘さにむせてしまうのです。
小畑進牧師 「遠藤周作著小説『沈黙』論」(『基督神学』4号、1988年)

・・・そ、そうなのか。"神"というもの、"救い"というものに対する概念は、本物の聖書に基づいた宗教となると私が持つものなんかとこれほどに違うのか・・・と非常にビックリいたしました。遠藤周作の原作小説に漂う"ある種のナイーブさ"は見事なまでに木端微塵・・・・・





②遠藤周作のエキュメニズムと、日本的な「寄り添う神」「赦す神」 日本独自の寛容性を内包した信仰

拷問の末、無残に息絶えていく信徒たち。美しい天使が吹くラッパの音が鳴り響く、そんな輝かしい"殉教"を信じていたロドリゴは、壮絶な拷問を受け続ける信徒たちの姿に耐えられなくなっていきます。そして「なぜ、主は沈黙を続けるのか」と。


「それでよい。よいのだ。踏みなさい。お前の痛みは知っている。私は人々の痛みを分かつためこの世に生まれ、十字架を背負ったのだ。お前の命は私と共にある。踏みなさい。」
●映画「沈黙-サイレンス-」 日本語字幕より

心のうちに響いてくるんですねぇ。"声"が。
自分が踏めば、転べば、多くの日本人キリシタンの命が救われるという、一人の人間としての良心の呵責。そしてそれを実行するにあたって圧倒的な自己肯定力として、イエスの存在が「ともに苦しむ」というものに変容していったのだろうと思うのです。

そして、このロドリゴの心の動きは、カトリックとプロテスタントの教会一致促進運動(エキュメニズム)を推進していたという遠藤周作自身の姿と重なるものがあります。



心の痛み、挫折、弱さ、絶望を通して、「怒り、正義、裁きの神」から「母なる神=慈母、慈しみ、慈悲、憐れみ、寄り添い」の存在へ。

これは母性的な「聖母マリア崇拝」に近いとも思いますが、「同伴者としてのイエス」とも言われ、置かれた状況にあわせて信仰を守る、形式に捉われない日本人の姿(善し悪しは別として)を強く感じさせるものです。そしてここから 「強い者より弱い者が苦しまなかったと誰が断言できよう」という遠藤周作の切実なる思いに辿りつくものだと思います。 

映画化にあたってマーティン・スコセッシ監督もインタビューでこのように述べています。
要するに、権威的なアプローチで教えを説くのではなく、キリスト教の中の女性的な面をもって説くのが、日本で受け入れられるやり方ではなかったでしょうか。隠れキリシタンの人たちも、実はキリスト教のそういう面にひかれていたのではないかと思うのです
M・スコセッシ監督が語る 『沈黙』を映画化した意味【NIKKEI STYLE】





④キチジローと遠藤周作、弱き者を否定しないスコセッシ監督
NHK BS1スペシャル「巨匠スコセッシ“沈黙”に挑む~よみがえる遠藤周作の世界~」
NHK BS1スペシャル「巨匠スコセッシ“沈黙”に挑む~よみがえる遠藤周作の世界~」

これまでこの「沈黙」という小説は、遠藤独自の、日本人独特の宗教観を表した物語だと書いてきましたが、ボーンクリスチャンであるスコセッシ監督は、実はずっと以前からこの物語に共鳴していたのですね。

初めて「沈黙」を読んだスコセッシは大きな衝撃を受け、まるで彼個人に話しかけられたような気がした。「遠藤が本で提示したテーマは、私がとても若い時からずっと考えていたものです。私はこの年になっても、信仰や人間のありようについて考え、疑問を感じていますが、これらは遠藤の本が直接的に触れているテーマなんです」
 (中略)
スコセッシは書いている。「――ゆっくりと、巧みに、遠藤はロドリゴへの形勢を一変させます。『沈黙』は、次のことを大いなる苦しみと共に学ぶ男の話です。つまり、神の愛は彼が知っている以上に謎に包まれ、神は人が思う以上に多くの道を残し、たとえ沈黙をしている時でも常に存在するということです」
映画『沈黙』プロダクション・ノート「企画のなりたち」より


イタリア系アメリカ人としてシシリー系移民が多く住むニューヨークの下町で育ち、カトリックの神学校に通って司祭になることを目指すも中退、その後は裏社会や暴力を描きながら信仰や罪、贖罪といった道徳や宗教的な テーマを通じて社会の暗部や人間精神の奥底をあぶり出していく作品を多く世に送り出してきたスコセッシ監督。

そして、「日本人でありながらキリスト教徒である矛盾」を抱え、カトリック教徒でありながらカトリックに対して疑念を抱き続けていたという遠藤周作の葛藤。苦悩。



キチジローの言う「この世の中に、弱き者に生きる場はあるのか?」というロドリゴへの問いかけは、まさにスコセッシ監督、そして遠藤周作からのメッセージとなるのでしょう。苦悩や葛藤、迷いを持つ、そういった人間の弱さを包容できてこそ人生に意味があるということを。

また、スコセッシ監督は「あなたが、最も小さい者(弱い者)の一人にしたのは、わたしにしてくれたこと」という、弱いものに寄り添うことが大事だと説いた部分(マタイによる福音書25章31~40節)が好きだとも仰っていました。弱き者に手を差し伸べるとはどういうことなのか?本当の意味での献身とは?この映画の最も重要な部分に繋がる言葉だと思います。



line.png


余談ですが、この映画を観ていて思い出したのが、2003年のスウェーデン映画でイングマール・ベルイマン監督の『サラバンド』でした。

『サラバンド』 (2003/スウェーデン)

ベルイマン (Century Books―人と思想)



牧師の子でありながら、生涯ベルイマンが苦しみ、自問し続けたのは「神の不在」でした。
これを観た時にも書いたのですが、救いや癒し、導きとなるはずの宗教が、どうして罪悪感に苛まされる存在となってしまうのか?どうして自分自身を苦しめるもととなってしまうのか?

ベルイマンが『沈黙』を観たら一体どんなことを感じただろうな。
そんなことを考えてしまいました。



ハイ、というわけで次回は『沈黙-サイレンス-』の最終回【文化】についてupして〆たいと思います。・・・・・おわるかなーおわるかなー




■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2017/09/16 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『沈黙 - サイレンス -』 (2016/アメリカ) その1【言語】について

   ↑  2017/09/08 (金)  カテゴリー: シリアス、社会派






沈黙 - サイレンス - [Blu-ray]


●原題:SILENCE
●原作:遠藤周作「沈黙」
●製作、監督:マーティン・スコセッシ
●出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ、塚本晋也、イッセー尾形、リーアム・ニーソン 他
●17世紀、江戸初期。日本で布教活動を行っていた高名なポルトガル人宣教師フェレイラが、キリシタン弾圧を進める幕府の拷問に屈して棄教したとの知らせがローマに届く。さっそく弟子のロドリゴとガルペが真相を確かめるべく日本へと向かい、マカオで出会った日本人キチジローの手引きで長崎の隠れキリシタンの村に潜入する。そして村人たちに匿われ、信仰を通じて彼らと心を通わせていく。やがてロドリゴたちの存在は、狡猾にして冷酷な手段を駆使して隠れキリシタンをあぶり出しては、彼らに“転び(棄教)”を迫る長崎奉行・井上筑後守の知るところとなり・・・。




Martin Scorsese’s Silence To Be Released By End of 2016【AwardsDaily.com】
Martin Scorsese’s Silence To Be Released By End of 2016 【AwardsDaily.com】
おぉ、"沈黙"の中に十字架があるというこの構図。スゴイんだけど、漢字の下の部分があるのかどうか気になって仕方がない・・・・



て。
今回のこの『沈黙』という映画なんですけれど、映画評論家の方々や各分野における専門家の皆様の分析が大変面白かったので、私がこれと言って書けることは特に何もないのです。

・・・とか言ってしまうと身も蓋もないので、せっかくなので「どの分野のどんな点が興味深かったのか」くらいはまとめておこうかなと思います。

『沈黙』の鑑賞には【言語】【宗教】【文化】の3点セットがもれなくついてきまして、色々と調べたり驚いたり考えたりしているうちにとても長くなってしまったので、これを3回に分けて投稿しようと思います。今日は【言語】についてです。

今年の夏は『ハクソーリッジ』とほぼ同時鑑賞の『沈黙』のおかげで、お休み丸つぶれですよ。ありがとうございました(笑)。原作小説や関連する論文やインタビュー記事を夜な夜な読むのが面白かったです。未知の分野に出会うって、おもしろいですねー。








【言語】 棄教する="転ぶ"?


BS1スペシャル「巨匠スコセッシ“沈黙”に挑む~よみがえる遠藤周作の世界~」の中での、ブリガムヤング大学アジア・中近東言語学部日本文学教授ヴァン・C・ゲッセル(Van C. Gessel)氏の講義が大変興味深かったので書き残しておこうと思います。

・棄教する : Apostatize
・ころぶ : fall down


"Apostatize"だと強い意味合いでの"棄教"、つまり信仰を完全に捨て去るということになるけれど、日本のキリシタンたちは" fall down"ころんだのだ、と。
       ↓   ↓  
転ぶと人間はどうするか? → また起き上がることができる
つまり、転んでも再び立ち上がる、再起することが出来るのだ!というかなり前向きな捉え方をされていました。へぇー、私はどちらかというと「踏絵を踏んで"転んだ"」というと、"無理強いされて意志を貫けなかった"というようなネガティブなイメージで捉えていたので「本当かいな!」と、ちょっと言葉の語源について調べてみました。



line.png


参考にさせていただいたのは、国際基督教大学リポジトリに保存されている国際基督教大学学報『アジア文化研究』 35号 (2009年3月30日発行) 岸本恵実さんによる(研究ノート) キリシタンの棄教を表す「ころぶ(転ぶ)」という言葉について(p.111 - p.123)です。

16 世紀末全国統一政権によりキリシタンが棄教を強要される事態が起こったころから、動詞「ころぶ」は、本来持っていた意味から棄教する意味で比喩的に用いられるようになったと考えられる。

当時「ころぶ」という言葉は現代語と比べると「回転する」よりも「下方に落ちる」「立っていたものが倒れる」という意味合いが強く、外圧を受けて保っていた信仰を放棄することを否定的な感情を伴って端的に言い表すのに、適当でごく身近な表現であったと考えられる。

話し手の否定的評価を含む(非キリシタンが用いた例が多い)。非キリシタンからすれば改宗は肯定されることであったはずだが、信仰を貫けなかった者に対する侮蔑の感情を含んでいる。
●(研究ノート) キリシタンの棄教を表す「ころぶ(転ぶ)」という言葉について ( (Research Note) The Japanese Word Korobu, Meaning “The Renunciation of Kirishitans’ Faith”) 国際基督教大学学報『アジア文化研究』 35号 (2009年3月30日発行) p.111 - p.123  ㊟ライセンスは≪CC BY-NC-ND≫ 重要箇所をそのまま引用させていただきました


時代時代によって言葉の使われ方は変化していきますが、"立っていたものが倒れる"=外圧を受けて信仰を放棄する、そしてそのことがやはり侮蔑的な意味合いを含んでいたのか、と思うと、英語圏の人が思うような「転んでも立ち上がれる!」と言ったポジティブな意味は含まれていないような気がします。が、とても英語らしい、素敵な解釈だなぁとは思うんですよ。確かにそこからの"再生"をスコセッシ監督は最も重要な要素として描いていましたから。ね。




ここで一つ、個人的に興味深いなぁと思ったのは、「棄教」や「背教」といった完全にバッサリと棄て去るという強烈で直接的なイメージを持つ言葉を使わず、日本人は"ころぶ"という比喩的な使い方をしていたという点です。ソフトな印象の言葉を使ってのどこか遠回しな言い方。ここに日本人らしさを感じてしまうのです。

日本語には"罵り言葉"が他言語に比べて少ないと言われていますが、そこにこのポイントがあるような気がしました。
イタリア語なんて罵倒語とか凄いものでした。サッカーの試合を皆で観ている時なんか特に!parolaccia(パロッチャ)というのですが罵り言葉が飛びに飛び交って、かーちゃんとか息子の彼女とかも一緒になって、私一人チョット何言ッテルカワカラナイ状態。覚えなくていいと言われましたけど、そもそも日本語に訳せない(笑)!

表面的には礼儀正しいまま、汚い言葉は用いらず、本音と建て前を巧みに使い分け、嫌味や皮肉を言うことででネガティブな感情を表現するところに、日本人らしさを感じるのです。閉鎖的な土地の中で、直接的な言い回しではなく「転び」と言うことで蔑みの気持ちを表していたのかもしれません。社会言語学とか勉強していると、きっとその辺り面白いのかもしれませんね。



line.png



また、映画『沈黙』では、異文化地域において外の世界から持ち込まれた「言語」あるいはそこに付随する「概念」の間に生まれる差や違いについても触れられています。劇中、リーアム・ニーソン演じるフェレイラ神父の役割が正しくそれでした。

日本人には「主」の概念が伝わらない、という件です。彼が異国の地、日本で身を持って得た経験は、恐らく日本人の心を知るものであれば決して理解は難しくないと思います。歴史も習慣も異なる文化の中、同じ物事を異なる言語で全く同じように理解するということは容易いものではありません。


そこで私が思い出したのが、イスラム教の聖典クルアーン(コーラン)についてです。クルアーンは原則アラビア語以外への翻訳は許されていません

 


確かに、日本語版も含む数多くの言語で訳されてはいますが、それはあくまでも"注釈"という形。コーランはもともと口承を経てまとめられたものであり、「声に出して読むこと(読誦)」を意味したものでもあります。

観光地などのモスクに行くと、そこには中東やアフリカ、ヨーロッパ、アジアなど本当に様々な国の人々が集い、皆同じアラビア語で祈りを捧げているのを目にします。

どの国のムスリムも聖典を読むためにアラビア語を学んでおり、声に出して読誦することで、一つの言語で信仰を共有しているようにも思ったものです。そして、それは言語を一つに限ることでニュアンスの違いや元来の解釈から大きく逸れないための"リスク回避策"のようにも思えるのです。もっとも、仮に完璧な翻訳が可能だとしても、コーランの特徴であるあの韻を踏むような美しいアラビア語の響きは、他言語で決して再生出来るものではありませんしね。



line.png




言葉の使い方ひとつにしても、たった一つの単語にしても、それが生まれた土地の歴史や使用されてきた背景が必ず存在します。それを異文化で使われている言語に訳したり当てはめたりすることは非常に難しい作業であり、時には誤訳や誤解を生むなどのリスクも起こるでしょう。

言葉を使うにあたっては壁や限界があることの怖さ、そして、逆にそれがあってこそ生まれる相互理解や歩み寄りなど。この『沈黙』という映画ではそういった部分も、宣教師側と日本側の双方から丁寧に描かれていると思いました。



というわけで。
今回は『沈黙 - サイレンス -』を観て思ったこと、【言語】についてでした。次回はこの映画で最も大きなテーマだった【宗教】についてをupしたいと思います。




■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2017/09/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ハクソー・リッジ』 (2016/オーストラリア、アメリカ)

   ↑  2017/08/08 (火)  カテゴリー: シリアス、社会派





Hacksaw Ridge [Blu-ray]


●原題:HACKSAW RIDGE
●監督:メル・ギブソン
●出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、ヴィンス・ヴォーン、ルーク・ペグラー、ニコ・コルテス、ゴラン・D・クルート、リチャード・ロクスバーグ、リチャード・パイロス、ライアン・コア、ロバート・モーガン 他
●アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシーと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが・・・。





や~、一度目に観た時は、そりゃもうモヤモヤしましてねぇ!


真珠湾攻撃にショックを受けた主人公デズモンド・ドスが「僕だって男だ!戦場へ行って役に立ちたい!衛生兵として仲間を助けるんだ!」と入隊するのだけれど、配属されたところが(よりによって)ライフル部隊だったにもかかわらず「信仰があるから銃は持ちません!練習もしません!人殺しはしません!」と主張しまくるわけです。

「え、じゃお前何のために戦争に行くわけ?」と部隊の仲間や上司から非難轟々大ブーイングの中、なんとか「衛生兵」となって、激戦地沖縄の前田高地(ハクソー・リッジ)での戦闘に加わることに。目の前で肉片が飛び交う壮絶な白兵戦の中、ドスは武器を一つも携帯せずになんと75名ほどの兵士を救出(その中には日本兵も)し、「良心的兵役拒否者」としてアメリカ史上初めての名誉勲章が授与されることになる・・・・・なんて、一体どういう人なんだ??




うーん。「銃は持ちません」「戦争には参加したいけれど、人を殺したくありません」という主人公の主張は、結局自分が敵兵日本軍に銃口を向けられた時に仲間の"援護"で助けられるわけで、それって"自らの手は汚さずに他人に殺しをさせている"という点で同罪だと思うんだけどなぁ、とか、「他の人は殺しをやって、私は助けます」と葛藤や躊躇なく言えるところにビックリするんだけどなぁ、とか、宗教云々以前の問題として「集団行動の中で我儘を言って和を乱してはいけません」的な日本人の私にとって、同僚たちに迷惑かけまくりのゴーイングマイウェイの主張・行動にはビックリさせらるんだよなぁ、とか。

こういった疑問や消化できない部分がジャンジャン出てくるんですよ。
どうしてそうなる?なんでそう思う?どうやったらそんな行動ができるんだ!?と。




が、二度目にもう一度この物語を辿った時に気づいたのが、『ハクソー・リッジ』という映画は"戦争映画"などではなくて、"信仰心"というものを強烈に描いた映画だったのだなぁと気が付きました。

「皆は殺すけれど、僕は救いたい」という、普通ではとても考えられないこの狂気と純粋さ。 「こんなに人を助けたデズモンド・ドスはアメリカの英雄なんだよ!」といった単純なヒーロー物語でもなく、「沖縄での高田高地での戦いは凄惨極まりない酷いものだったんだよ、戦争はよくないよ!」という反戦映画でもないのです(それを期待してもいけない)。







聖書主義に立つキリスト教・プロテスタントの【セブンスデー・アドベンチスト教会】(Seventh-day Adventist Church)
この宗派の教区で育ったデズモント・ドスが、「汝殺すことなかれ」の教えを信じて信じて信じて信じて信念を突き通してとった行動が「武器は持たない。人殺しはしない(キッパリ!)」だったわけです。

だから、私がいくら「ドスの考え方ってモヤモヤするわー」と疑問を持ったって何の意味もないんですね。だってそれが彼の信仰心なのですから。ドスの核となる信念であり、確信を持った生き方。この辺、メル・ギブソン監督、有無を言わせません。



同じキリスト教の中でも、教えや主義・信仰形態などが異なるという理由から厳しく区別・非難され、保守系キリスト教徒からも異端扱いされてきたセブンスデー・アドベンチスト教会。軍隊の中でのドスもほとんど常軌を逸した人物として、ずっと周囲の人々に非難されていました。が、そんな彼の行動は、本来なら戦場に置き去りにされ失われていく運命だったはずの人々の命を救い、一転してそれは前代未聞の偉業として讃えられる存在となったのです。


つまり、カトリック教徒(しかも超保守的な伝統主義)というバックボーンを持ち、戦争や暴力の中に、ある種の人間が持つ"信仰心"というものを常に描いてきたメル・ギブソンにとっては、ドスの行為を宗教的な「奇蹟」として捉え、戦場における「英雄」と同じものとして描きたかったのだろうなと感じました。


ドスは繊細でピュアな人間なのだと思います。
神の御心に従い、神の教えに忠実な彼の姿を見て、そのベクトルが「人を救うこと」にあることにホッとします。赦されること、見守られていること、共に分かち合うこと。宗教や信仰を持つということは、ドスのように強い人間を時に生み出すのかもしれません。その"強さ"が逆のベクトルとなる狂気にも似た怖さも、勿論ありますが。


ムスリムやカトリックの友人らが心の底から神様という存在を信じている・・・・そんな面を垣間見た時に感じる「私にはきっと永遠に入り込めない領域」つまり、彼らの"信仰心"に触れた時と同じような気持ちに、この映画はさせるのです。複雑な思い、ではありますね。







そうそう。
宗教云々は置いておいて『ハクソー・リッジ』を観てどうしても書きたかったこと!

Hacksaw-Ridge05.jpg
「お前はいつ死んだんだ?妖怪か!」とか「お前は先住民だな!」とか、新人たちを鍛えまくる第77歩兵師団のハウエル鬼軍曹。演じたヴィンス・ヴォーン、味があってよかったですねぇ。入隊当初こそドスを罵倒しまくって追い出しにかかろうとまでするわけですが、次第にドスの理解者として彼をバックアップしてくれるように。その大きな存在感が大好きでした。

ドスと同じ隊に所属する仲間たちのキャラも立ちまくりで、あまり知らないオーストラリア出身の俳優が多かったのですが、特に"グール(妖怪)"役を演じたゴラン・D・クルート(Goran D. Kleut)なんてもう「アダムスファミリーの再来か!?」って小躍りしたくなるくらい。素敵な俳優陣の発見が嬉しい作品でもありました。







て。

※これ以降は、映画『ハクソー・リッジ』のラストに触れる部分があります。
未見の方や、今後鑑賞予定の方はご注意ください。


  ↓      ↓      ↓



では最後に、ライターでノベライザーの相田冬二さんが『ハクソ-・リッジ』のプログラムに寄稿された「歴史を見つめ、伝説を語る映画作家・メル・ギブソン」の中で心に残るものがありましたので、ここで一部分を引用させていただきたく思います。

デズモンド少年は、弟をレンガで殴ってしまい、このトラウマが武器を放棄する契機にもなるが、彼が初めて人を救う歓びを知るエピソードで、レンガは車を持ち上げる道具となる。また、弟をレンガで倒した直後、デズモンドの父トムはベルトで息子を鞭打とうとするが、そのベルトは、前述したエピソードで傷ついた者を止血する役割を果たす。誰かの生命を奪ったり、痛めつけたりするかもしれないレンガやベルトが、同時に、人間を救う可能性を秘めていること。
発行権者:(株)キノフィルムズ 2017年6月24日


そう!これを読んだ時、私の心にはあるシーンが焼き付いていることを思い出しました。
「決して武器は持たない」と主張していたドスが、ある瞬間に意を決してしてライフルを手にしたのです。人の命を奪うはずの物が、その時人の命を救うものになるとは。

そして、兵舎にいた時は安息日のトレーニングも拒否していたドスが、二度目のハクソー・リッジで「命を救いたい」という決意のもと安息日に再び戦場へと戻るシーン。

『沈黙 -サイレンス-』では、沈黙したままの神への問いかけの中で苦悩したアンドリュー・ガーフィールドが、『ハクソー・リッジ』のラスト、安息日にもかかわらず(神の御心としても捉えたのかもしれませんが)、一人の意思を持った人間として行動を起こしたことに心揺さぶられるものがありました。



日本人として、この作品に思うことも。
浦添市のホームページへのリンクもこちらに残しておきたく思います。

『ハクソー・リッジ』の公開によせて
『ハクソー・リッジ』の向こう側 〜沖縄戦の記憶〜
『ハクソー・リッジ』〜作品の舞台をご案内します〜



■この記事に関連する映画制作国、地域 : オーストラリア映画 アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画館で観た映画 (ジャンル : 映画

  2017/08/08 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

【アメリカ映画】を、今日はがんばってまとめて3本

   ↑  2017/07/09 (日)  カテゴリー: コメディ
手や足や頭がバンバン吹っ飛んで、腸はぐちゃぐちゃでカメラに血飛沫は飛んできて、ドンドンバンバン1時間近い戦場の中に容赦なく放り込んでくるメルギブの戦争(というか宗教)映画『ハクソー・リッジ』、先週・先々週と合わせて2回も観てきました。

『ハクソー・リッジ』 (2016/オーストラリア、アメリカ)
いやー、2回目にもなりますと映像的な刺激よりも"ドラマ"として落ち着いて観ることができました。色々と考えることもできましたねー。

というより、なんで2回も観ることになったかと言えばですよ。

実は【映画観賞券】が2枚当たったので、一枚は映画好きの親にあげよう!と思っていたのですが「わざわざ映画館に行ってまで血圧が上がるような思いはしたくないし」とアッサリ却下。えー、でもだからと言って私は昔から「映画は(頑ななまでに)一人で観る派」なので誰かと一緒に観るのはイヤなのです。

じゃあこの一枚は誰かにあげるしかないんだけど・・・・いや映画好きの友人なんて周りに一人もいないわ、「え、これどうする」→「2回観るでしょ」と。はい大変良い経験になりました。

というわけで、今日は【アメリカ映画】の鑑賞記録をやっとこさ3本です。






『摩天楼(ニューヨーク)はバラ色に』 (1986/アメリカ)



●原題:THE SECRET OF MY SUCCESS
●監督:ハーバート・ロス
●出演:マイケル・J・フォックス、ヘレン・スレイター、リチャード・ジョーダン、マーガレット・ホイットン 他
●カンサスからニューヨークへ、就職にやってきた青年。だがどこの会社も未経験者を雇おうとはしない。そこで、遠い親戚が社長をしている大会社に"メール・ボーイ"として潜り込む。彼は大企業特有の連絡の悪さに目を付け、こっそりと自分の部屋を確保。重役のフリをするが・・・。




1980年代の映画には『ワーキング・ガール』とか『大逆転』系の「リッチって最高!」「目指せ!最上階の部屋」「お金持ち万歳!」なんていう映画がけっこうありましたね。お金を持っている=幸せ、みたいな非常に分かりやすい夢とか欲が表れていて、今思うとめちゃくちゃピュアに思います。

田舎の青年がビジネス界でのし上がっていくサクセス・ストーリーをマイケル・J・フォックスお得意のドタバタで楽しく描いたものですが、「金儲けが人生の幸せ」という拝金主義の大学生を『ファミリー・タイズ』で演じたマイケルが懐かしく重なって楽しく観られました。で、なぜかこの作品、"観ていたつもり"になっていたんですよね。どうしてかな?と思っていたら、あの有名なエレベーターの中での早着替え&裸ネクタイのシーンって、この映画だったのか!とちょっと感動(そこかい)。






『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 (2015/アメリカ)





●原題:TERMINATOR: GENISYS
●監督:アラン・テイラー
●出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、ジェイソン・クラーク、エミリア・クラーク、ジェイ・コートニー、イ・ビョンホン、J・K・シモンズ 他
●2029年、ロサンゼルスでは人類抵抗軍が人工知能による機械軍との戦いに終止符を打とうとしていた。1997年、機械軍による核ミサイルで30億人もの命が奪われた“審判の日”以来の悲願がかなうときが目前に迫る。一方機械軍は、抵抗軍のリーダーであり、驚異的な力を持つ予言者ことジョン・コナー(ジェイソン・クラーク)を生んだ母サラ・コナーを亡き者にすべく、1984年にターミネーターを送り込み・・・。




いや~、実にいいものを見せていただきました。あれもこれも繋がって、もう懐かしすぎます。「ターミネーター」シリーズといえば、3&4は映画館で一度ずつ観たきりですが、1&2に関しては「日曜洋画劇場」やら「金曜ロードショー」など子どもの頃からTVで何度も何度も目にしてきた作品ですので、やっぱり思い入れもあって感想も甘々です(笑)。

素っ裸のシュワちゃん登場シーンとか、あぁコレやっぱり映画館で観たかったですよ。トシをとったT-800シュワちゃんのぎこちない笑顔とか。私にとっては正統派ともいえるターミネーターの世界観に入れただけでもう十分でした。お金をた~っぷりかけた贅沢な娯楽作品とはこのことですね。






『キアヌ』 (2016/アメリカ)





●原題:KEANU
●監督:ピーター・アテンチオ
●出演:キーガン=マイケル・キー、ジョーダン・ピール、メソッド・マン、ティファニー・ハディッシュ 他
●声の出演:キアヌ・リーヴス
●クラレンスとレルは、都会に暮らす全然イケてない従兄弟どうし。ある日、レルの可愛がっていた子猫のキアヌが誘拐されてしまう。愛猫を取り返そうと、真面目な2人がなんと冷酷な殺し屋に成りすまし、街のギャング一味に潜入するハメになるのだったが・・・。




殺し屋に間違えられたオッサン二人組が、ハッタリをかましながら子猫のキアヌちゃん奪還を目指す!というコメディ映画なんですが、主演のコメディアン「キー&ピール」の2人組が得意としているという"人種差別ネタ"が、「映画でよく見るアフリカ系アメリカ人のあるある」として散りばめられていて素直に笑えました。

"所謂アフリカ系"に見せるために、「Fワード」をやたらに入れて喋ってみたり「ヘイ、メーン!」みたいな発音でキメてるつもりになってみたり(笑)。ワイルドに見せるためにシャツのボタンを外して、ズボンを腰パン風にしてみたり(絶対違うんだけど笑)。「ジョージ・マイケルって最高じゃん!!」のところは、笑いポイントなんでしょうけれど、彼のいなくなった世界を思うとちょっとここ泣けます。

以前マシ・オカさんが「ギフテッドとしてTIMEの表紙を飾ったことがあるんですよね」という話題になった時に「アジア系が足りないっていうから連れてこさせられたんだよ」って自身で笑いをとっていましたが、人種問題を扱ったネタって当の本人がその社会をよく知っているからこそ出来ることですね。客観視できるからこそ、の笑いなんだろうな。




■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2017/07/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

【アメリカ映画】を、とりあえずまとめてがんばって7本

   ↑  2017/06/25 (日)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー
この2,3か月で観た映画を思い切ってギュギュっと、いや、かなりギューギューにまとめることにしました。書いておきたい映画があと20本くらいあるのは、一体どうすべきなのか・・・・・

不思議なことに、その時は思いっきりノリノリで観終わってメモしていたにも関わらず、今冷静になって書き直してみると、正直なところあまり印象に残っていない作品もあったりしてこれってなんでしょう。とりあえず今日は【アメリカ映画】を。







『パンドラム』 (2009/アメリカ、ドイツ)



●原題:PANDORUM
●監督:クリスティアン・アルヴァルト
●出演:デニス・クエイド、ベン・フォスター、カム・ジガンデイ、アンチュ・トラウェ、カン・リー、エディ・ローズ、ノーマン・リーダス 他
●西暦2174年、地球は滅亡を迎えようとしていた。そんな中、ある惑星へ移住するため、6万人の人類が宇宙船エリジウムで出発。やがて二人の飛行士が冷凍睡眠から目覚めるが、二人は記憶を失っていた。そして、船内にいるはずのない恐ろしい何かが存在することに気付き・・・。




面長で寄り目がちなお顔立ちのベン・フォスタージェイク・ギレンホールライアン・ゴズリングは、区別がつかない私の中の三大俳優なのですが、今回はベン・フォスターが主演の「SF・ホラー・ミステリー」。←書いておかないと後でまたゴッチャになる。

みんなドロドロでグチャグチャで臭そうな絵面が続く中、ラストに向けて"頼れるおじさん"系のデニス・クエイドが大暴れしてくれる後半の勢いが結構好きでした。ラストも素直に「おぉ!」と。B級でも満足です、『イベント・ホライゾン』好きです、という方にはピッタリかと。←なにせ、製作が『エイリアンVS. プレデター』『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソンですので。エイリアン?モンスター?ゾンビ?みたいな怪物と戦う時に相手に武器を持たせるシーンなんて、ちょっとぐっときました。エイリアン・スリラー映画におけるバトルの礼節をここに見た!








『エージェント・マロリー』 (2011/アメリカ)



●原題:HAYWIRE
●監督:スティーヴン・ソダーバーグ
●出演:ジーナ・カラーノ、マイケル・ファスベンダー、ユアン・マクレガー、ビル・パクストン、チャニング・テイタム、マチュー・カソヴィッツ、アントニオ・バンデラス、マイケル・ダグラス 他
●フリーランスの女スパイとして活躍するマロリー・ケイン。ある日、彼女のもとに民間軍事企業の経営者ケネスからバルセロナでの人質救出という依頼が舞い込む。同業者のアーロンらと協力してみごとミッションを成功させ、次にケネスが持ち込んできたイギリス諜報機関MI-6の仕事にとりかかる。それはフリーランスのスパイ、ポールとともに新婚夫婦を装い、指定された男に接触するだけの簡単なミッションと思われたが・・・。




ムエタイ出身の総合格闘家という主演のジーナ・カラーノさんのあまりの格好よさに惚れ惚れ!その美貌、ファッション、引き締まった肉体、アッと思う間に繰り出される強力キック。なのに微笑むとあらなんて可愛いの~!で、イケメン俳優たちがボッコボコに叩きのめされます。うぉー。

時系列を工夫したり、映像のトーン、オシャレ音楽なんかで"ソダーバーグ風味"はぷんぷんしていますが、この際お話は結構どうでもよくて、私は彼女の抜群の身体能力とクールな美貌を愛でるだけて大満足。というか、この映画はこの見方で合っているんだと思います。体を鍛えている人の所作って、本当にちょっとした動きでも美しい。「映画は見た目が100パーセント」と思っているであろうソダーバーグ監督らしい作品だなぁ。








『記憶探偵と鍵のかかった少女』 (2013/アメリカ)




●原題:MINDSCAPE
●監督:ホルヘ・ドラド
●出演:マーク・ストロング、タイッサ・ファーミガ、サスキア・リーヴス、リチャード・ディレイン、インディラ・ヴァルマ、ノア・テイラー 他
●ジョン・ワシントンは他人の記憶に潜入できる特殊能力で難事件を解決する“記憶探偵”。ある日、そんな彼のもとに拒食症に陥った16歳の少女アナのトラウマを探り出してほしいという依頼が舞い込む。数々の凶悪事件と向き合ってきたジョンにとって、それはいともたやすい仕事に思われたが・・・。




ノア・テイラーが出てくると「おっ!」というカラクリのあるジャンルの映画になります、と私は信じているのですが、加えて「真実を知りたければ、思い込みを捨てろ。」という宣伝文句に(いつものように)乗せられて、以前から観るのをすごーく楽しみにしていた作品でした。タイトルからして興味深い設定だし、ハードボイルドっぽい探偵モノの雰囲気が素敵だし。

全編から漂ってくる空気が全くアメリカ映画っぽくなく(ロケ地はスペインやフランス、カナダ)、不思議な異国情緒に加えて時代設定も不確かで、この謎めいた雰囲気に思わせぶりな映像を挟みつつ、ゆるゆるとストーリーが進んでいくのでありましたが・・・・・・観終わってみると「なんだよおい」と一言言いたくなってしまった。主人公の行動も穴だらけなので、なんだか知りませんがフツフツと怒りに似たような感情すら抱きました。楽しみにしていたのになー!勝手にハードルを上げすぎちゃったかなぁ。私は今、少し悲しい。








『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 (2012/アメリカ)




●原題:THE PLACE BEYOND THE PINES
●監督:デレク・シアンフランス
●出演:ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ、ベン・メンデルソーン、マハーシャラ・アリ 他
●移動遊園地で曲芸バイクショーをしながら各地を巡り、その日暮らしの気ままな生活を送る孤独な天才ライダー、ルーク。ある日、かつての恋人ロミーナと再会した彼は、彼女が自分との子どもを密かに生んでいたことを知り、根無し草生活から足を洗うことを決意する。しかし職探しは上手くいかず、母子を養うために銀行強盗に手を染めることに。そして、そんなルークを、正義感にあふれる新米警官エイヴリーが追い詰めていくのだったが・・・。




親子二代に渡る因縁の物語で、しかも結構なスター揃いときましたので「これは重厚なストーリーになるのか!?」と期待したものの、それぞれ皆さん強烈な個性をお持ちなのですが、結局誰もかれもがどうしようもない感じなので「だから一体どうしろと・・・」としか思えなかったです。というのも、結局こういった感想を抱くのは、日本人としての合理的な考えしか持たない私だからなんだろうか?とも感じたからなんです。

ニューヨーク州スケネクタディ(Schenectady)郡がこの物語の舞台なのですが、Schenectadyとは元々モホーク族インディアンの言葉でして、英語だと「THE PLACE BEYOND THE PINES」←この映画のタイトル("松林を越えた向こう側の地")となるわけですね。17世紀初頭からの古い歴史のある街なのだそうですが、やはりこういった独特の雰囲気・・・・ブルーカラーとアッパー?ミドル?クラスといった経済格差や停滞、権力者の腐敗・汚職等、その土地の持つ歴史や特色を知っていれば登場人物たちの行動にもっと意味を感じられたのかもしれません。原案・脚本も手掛けたデレク・シアンフランス監督と奥様(脚本も担当)は、この地の出身だそうですから。思い入れもきっと半端ない。私のぽっと浮かんだ感想程度じゃ到底及ばないような思いが、このアメリカ映画には詰め込まれているんだろうなぁ。







『COP CAR/コップ・カー』 (2015/アメリカ)




●原題:COP CAR
●監督:ジョン・ワッツ
●出演:ケヴィン・ベーコン、ジェームズ・フリードソン=ジャクソン、ヘイズ・ウェルフォード、カムリン・マンハイム、シェー・ウィガム 他
●声の出演:キーラ・セジウィック
●こっそり家を抜け出したやんちゃ盛りの悪ガキ、トラヴィスとハリソン。空き地で一台のコップ・カーを発見し、恐る恐る近づくと、誰もいないのを確認して中に乗り込む。すると、ラッキーにも車のキーまで見つかる。もはや運転せずにその場を立ち去ることなど出来るはずもない。さっそく2人はマリオカートで磨いた腕前を発揮して、コップ・カーを公道で大暴走させる。しかしそのコップ・カーの持ち主ミッチ・クレッツァーはただの保安官ではなかった。




悪者のケヴィン・ベーコン。クレイジーでブチキレまくりのケヴィン・ベーコン。
「こんな曲者ベーコンが見たかった!」という、そんなアナタの期待を決して裏切らないバリバリの悪徳警官をケヴィン・ベーコンが生き生きと演じています。かなりシンプルで地味~な話(米国映画なのに推定製作費が80万ドルって少ないでしょう!)なのですが、私はいやーもう満足満足。

主人公は一応子役2人の方なんでしょうけど、"ガキども――遊びは終わりだ。"というキャッチコピーが示す通り、映画の行く手には中途半端がお嫌いなベーコン様が立ちはだかります。子どもにとっては恐怖以外何物でもないのですが、私の大好きなカムリン・マンハイムが出てくる終盤なんてもうほとんどブラックコメディ。こういう映画にたまに出会えれば、いやー私はもう満足満足。







『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 (2013/アメリカ)




●原題:THE WOLF OF WALL STREET
●監督:マーティン・スコセッシ
●出演:レオナルド・ディカプリオ、ジョナ・ヒル、マーゴット・ロビー、マシュー・マコノヒー、ジョン・ファヴロー、カイル・チャンドラー、ロブ・ライナー 他
●80年代後半のウォール街。証券マンのジョーダン・ベルフォートは26歳で会社を設立すると、富裕層をカモにそのモラルなき巧みなセールストークで瞬く間に会社を社員700人の大企業へと成長させ、自らも年収49億円の億万長者となる。ドラッグでキメまくり、セックスとパーティに明け暮れた彼のクレイジーな豪遊ライフは衆目を集め、いつしか“ウォール街の狼”と呼ばれて時代の寵児に。当然のように捜査当局もそんな彼を放ってはおかなかったが・・・・。




主人公ジョーダン・ベルフォートに人生を狂わされた人は山ほどいるでしょうに、そんなヤツの映画を大馬鹿パワー全開で作ってしまうアメリカってある意味ちょっと怖いよ、アメリカって国は。

だいたい、ドラッグきめまくりで芋虫かナメクジ状態で這いずり回って、どうにか乗り込んだランボルギーニを右に左にボッコボコにしながら運転して、家に着いたらベロンベロンのドロンドロンで転がりまくりながらジョナ・ヒルと電話線に絡みまくるディカプリオちゃん。この抱腹絶倒シーンを思い出すだけでも再び笑いが込み上げてくるのでありますが、一方でこんなヤツに大切な人生奪われた人達を思うと、本当にオカネって恐ろしいものだなと・・・・・。バカだなーバカだなー、本当にばかだなー、と呆れながらも「あっ」という間の3時間。「富=幸福」として迷うことなく突き進んだこの揺るぎなきマネーパワー、下品極まりないですがディカプリオちゃん色々な意味でアッパレ。







『モーガン プロトタイプ L-9』 (2016/アメリカ)




●原題:MORGAN
●監督:ルーク・スコット
●製作:リドリー・スコット
●出演:ケイト・マーラ、アニヤ・テイラー=ジョイ、トビー・ジョーンズ、ミシェル・ヨー 、ジェニファー・ジェイソン・リー、ポール・ジアマッティ、ローズ・レスリー 他
●シンセクト社の研究施設で開発されていた人工生命体の試作品L-9「モーガン」が、研究者を襲って大怪我をさせる事故が発生。調査のため本社から危機管理コンサルタント、リー・ウェザーズと心理評価の専門家シャピロ博士が派遣される。リーは隔離されたモーガンと対面し、シャピロはモーガンの心理評価を実施するが、その最中でモーガンが混乱し始めてしまう・・・!




↑コチラの予告編、IBMが開発した人工知能「ワトソン」が作ったものなんですって。「人口生命体」を巡るSFスリラー映画の予告編として、とても完璧な構成です。起承転くらいまでのツボをキチッキチっと押さえていて巧いです。もしかしたら、映画の予告編作りなんて人間の仕事じゃなくなる日もそう遠くないのかも・・・・・

リドリー・スコット父さんがプロデュースして、ご子息であるルーク・スコットが監督した"人工生命体の底知れぬ脅威"を描いたこの作品。個人的に好きなジャンルなのですが、生命体を作り出そうだなんて考えは人間のおごりとしか思えず、『エクスマキナ』とか『スプライス』なんかを彷彿とさせる不気味感というか嫌悪感が、観ている間中ひたひたと忍び寄ってきました。で、ラストなんですが「あーた、これがやりたくて仕方なかったんでしょう!」という非常に解りやすいオチで、まぁこんなもんかいなと。リドリーお父さんったら、息子には甘いんですわね。




■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2017/06/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。