お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: スペイン映画 の検索結果)


『複製された男』 (2013/カナダ、スペイン) ※全力でネタバレしています!!

   ↑  2015/02/09 (月)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー






複製された男 [ ジェイク・ギレンホール ]


●原題:ENEMY
●監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
●出演:ジェイク・ギレンホール、メラニー・ロラン、サラ・ガドン、イザベラ・ロッセリーニ 他
●大学の歴史講師アダムは、同僚から薦められた映画を鑑賞中に自分と瓜二つの俳優を発見し、取り憑かれたようにその俳優のことを調べ始める。やがて「アンソニー」という名前を突き止め、彼に会いに行くことに。二人は服装以外、後天的に出来た傷跡まですべてが同じだった。まったく同じもう一人の自分の存在に気づいてしまったアダムとアンソニー。彼らの運命は、互いの恋人と妻をも巻き込んで思いも寄らぬ方向へと向かっていくが・・・。、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。




この映画は感想を書くというよりも、ネタバレ承知でそのままで誰かと「あれはこう思わない!?」と話をするのが一番面白い作品ではないかと思います。

邦題は『複製された男』というくらいなので、「これはきっとクローン系のお話だな!」とニラんで観始めてみたものの・・・、あまりに緊張感を煽る音楽が主人公の不安定さを意味不明なほど増幅させていく様はほぼホラー映画。で、「何で主人公はそんな行動に出るんだ!?」とか「悩むのはソッチの話かい!」と、完全に理解不能な展開となっていくんですよ。


しかも、これはSF系だったのか!?と脳内軌道修正したくなるような巨大蜘蛛が街に現れたりするので、最後の最後のカットなど思わず本当に「うわっ!!!」と声が出てしまいましたよ。ハズカシ~

で、結局意味不明のまま【第1回目鑑賞会】が私の中で終わり、精神的にヨロヨロしたまま公式サイトへ確認してきました。この公式サイトというのがもう、あまりに丁寧な解説、というかみんなで全力でネタバレしていこう!という主旨になっていて逆にビックリしたくらいでしたが(笑)、観直す時の心構えをするのに大変参考になりました。





では、ここでこの映画を観る時に重要となるキーワードを、少しだけ挙げてみたいと思います。重要と言っても、私が勝手にそう感じただけですが。

映画『複製された男』の原題は「Enemy」であること。
英語圏でのキャッチコピーは "You can't escape Yourself!" 
主人公「アダム」が大学で繰り返し講義していた内容は、全体主義国家がいかにして民衆を支配するか?そしてそれが歴史上、何度も繰り返されているということ。

そして原作者のジョゼ・サラマーゴについて。
3歳の時(1926年)に彼の祖国であるポルトガルでクーデターが起き、軍事独裁政権が成立。この第一次共和国時代の崩壊という事件と共に、今度は1974年の民衆によるクーデターで独裁体制が崩壊するという大きな歴史のうねりを経験をしてきた人物。さらに、強烈な体制批判&怒涛の宗教批判を繰り広げた完全なまでの無神論者。そして映画ファンであれば、ジュリアン・ムーア主演の『ブラインドネス』の原作者であることもよく知られています。

ブラインドネス [ ジュリアン・ムーア ]

The Double: (Enemy)



因みに、この映画で最も印象的なモチーフである「蜘蛛」は原作には出てこないのだそう。


でも、映画では路面電車のケーブルは蜘蛛の巣に見え、激突した車のガラス窓はまるで蜘蛛の巣のようにひび割れ、街には巨大蜘蛛。妻のシャワールームの壁は蜘蛛の巣状に湯気がたちこめていましたよね。映画版オリジナルの存在であるこの「蜘蛛」を心理学的な見方より「縛り傷つける女性」「束縛する母親」と解釈できるとしたら・・・・
参考 ユング心理学における“蜘蛛”の解釈



※さぁ、それでは以下は『複製された男』のネタバレ、内容に深く関わります。
 未見の方やこれからこの映画を観よう!と思われる方はお控えいただくことを強くオススメいたします。





        ↓  かなりネタバレ注意  ↓

■この記事に関連する映画制作国、地域 : カナダ映画 スペイン映画  

FC2共有テーマ : 個人的な映画の感想 (ジャンル : 映画

  2015/02/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『雑魚』 (2009/スペイン)

   ↑  2013/04/06 (土)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー



★【送料無料】 DVD/洋画/雑魚/OHD-187


●原題:AGALLAS / 英題:GUTS
●監督:アンドレス・ルケ・ペレス、サムエル・マルティン・マテオス
●出演:ウーゴ・シルバ、カルメロ・ゴメス、カルロス・サンテ、ルーラ・ブランコ、セルソ・ブガーリョ、ヨイマ・バルデス 他
●チンピラのセバスチャンは、田舎町に流れ着く。ジャガーを乗り回す裏ビジネスのボスに取り入ったセバスチャンは、スーツを新調し欠けた歯も直してチンピラ風情を一新、ボスの信頼を勝ち取ることに成功する。だが、麻薬ビジネスの片腕にまでのしあがったセバスチャンに、恐ろしい落とし穴が待っていた・・・。



あー、なんか凄い映画を観てしまったかも!


いい度胸をしているのか、ただの馬鹿なのか(そう、たぶん後者)、気が小さいくせに威勢だけはいいという、どうしようもないチンピラを下品さ&下劣さをたっぷり見せてくれました。彼の人間的な"生臭さ"は映画の主役としては、多分トップクラス級の下衆野郎かと。つまりそいつが出ずっぱりですので、こうなってくると感情移入とか共感とかもうヘッタクレもありません(笑)。【ゲス男TOP10】があれば自信を持って推薦いたします。



「最後に至福をもたらすものは、金の詰まった袋じゃない。この瞬間を忘れないと初めて感じる時だ」「恐れは邪魔になる、忘れるしかない。恐怖は決して消えないんだ」

・・・なぁんていうカッコいいセリフも端々に見られ、お飾り物程度に出てくる女性の扱いに比べると男どうしゲイ的な匂いも漂ったりして、情緒とか教訓なんていう言葉も途中チラチラ見え隠れするんですが・・・すべてはどんでん返しのラストで全て大崩壊!! ひぇー、この映画どうなってるんだ!?と思ったら「そうだ、邦題は【雑魚】だった!」と大いに納得。

スペイン語の原題『Agallas』は、例えば「Él tiene agallas(彼は腹が据わっている)」とか「No tienes las agallas(度胸が足りないぞ)」なんて使われるようで、英題では『Guts(根性)』とそのままの意味に置き換えられています。が、これは珍しく邦題の大勝利だと思うんですよね。主人公を"雑魚"扱いにした、これ以上ないくらい素晴らしい邦題。うまいなぁ。



そう、あのメタボ娘イソリナの容赦のない破壊力にはチンピラもマフィアも力及ばず!

彼女の映し方がまた絶妙なんです。初めは顔だけ、上半身だけ映るのでそこまでメタボだとは思えない。けれど、あの衝撃的ベッドシーンの揺れまくる脂肪&ドン腹見せてのお着替えシーンが破壊的にすごい。食欲はもちろんのこと、金銭欲、権力欲、性欲といった彼女のあらゆる欲望は胸焼けしそうなくらい。スペインの女優さんは映画でも結構バンバン脱ぎますが、これだけはちょっと勘弁してほしかった・・・(笑)


というわけで。
日本では劇場未公開の作品でしたが、私はGyao!【映画】で鑑賞させていただきました。あまり期待せずさらっと観ようと思っただけだったのですが、でも時々そんな映画の中からとんでもない拾い物をしたりして、映画ってこれだから止められないですねー。




※最後に・・・・
'Agallas', comedia negra【eldiariomontanes.es】
この映画のもう一人の主役はスペイン映画界の大物スター、カルメロ・ゴメス(Carmelo Gomez)なんですが、日本の映画サイトでは米国人俳優の「カルロス・ゴメス」と誤表記されている場合が多いんです。

もし当作品のスペイン人俳優 カルメロ・ゴメス氏のフィルモグラフィをたどりたい方はお間違えのないよう、どうぞご注意くださいね (私も暫く迷子になってちょっと泣いた・・・)



■この記事に関連する映画制作国、地域 : スペイン映画 

FC2共有テーマ : 犯罪映画 (ジャンル : 映画

  2013/04/06 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『TIME CRIMES タイム クライムス』 (2007/スペイン)

   ↑  2013/01/28 (月)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー





TIME CRIMES [ カラ・エレハルデ ]


●原題:LOS CRONOCRIMENES / TIMECRIMES
●脚本、監督、出演:ナチョ・ビガロンド(イグナシオ・ヴィガロンド)
●出演:カラ・エレハルデ、カンデラ・フェルナンデス、バルバラ・ゴエナガ、フアン・インシアルテ
●森の中の一軒家に引っ越してきたエクトルは、ある日気を失っている裸の少女を見つける。その時、突如現れた謎の男に襲われた彼はある施設に辿り着くが、そこで“1時間前の世界”にタイムトラベルしてしまう。人類初のタイムトラベラーとなった現在の“エクトル2”が生き残るためには、タイムトラベル前の“エクトル1”との干渉を避けながら、その行動を正しく補完しなければならない。だがその一連の行動が、稀代の殺人事件を巻き起こすことに・・・。






登場人物はたったの4人(ま、厳密に言えば演じているのは総勢5人)
そのうち研究員の役には監督自ら出演!(↑画像右側)

内容はタイムパラドックスを扱ったSFもの、でも撮影は森の近くの邸宅二つだけ・・・という、いかにも「アイディアがあれば面白い映画を撮れるんだ!!」というアツイ思いがジンジン伝わってくる、なんだかちょっと映画好きの人間にとっては見過ごせない作品でした。


ま、色々気になる点は多いんですよ。


主人公の行動はおバカすぎだし、流れも不自然過ぎるし、なにしろ包帯も巻きすぎだし(笑)!

「おっさん、もうちょっと落ち着いてくれよ~」とか「なんでわざわざ怪しすぎるようなコートを着込むんだよー」とか「え、一目散に走って逃げるのかー!」とか (←未見の方には意味不明で申し訳ないデス)

よく言えば、バンバン伏線を回収していく大胆で勇気ある構成力。都合よくガンガン進んでいくスピード感のある力技。これらがこの映画の魅力なのかもしれません。



スケベなおっさんの無駄にエネルギッシュな行動力というのがこの映画の悲劇の発端なんですが、この笑っていいのか真面目なのかよく分からないホラー&サスペンスのテイストを熟知なさった監督のセンス、素晴らしいと思います(ま、ラストはやや憂鬱にはなるんですけどね・・・)





因みにナチョ・ビガロンド監督はもともと幼少期からSF愛好家で、これまでずっとSF映画を作ることが夢だったのだそう。しかしスペインではまだまだSF分野の歴史が浅く、ドラマやコメディを制作する方が簡単なこともあって、業界の人々を説得することも難しかった・・・・のですが、2003年にビガロンド監督が制作した『7:35 in the Morning(7:35 de la Mañana)』というショートフィルムが、なんと2004年度の【アカデミー短編映画賞】にノミネートされたことによってスペインでも知名度がアップ。そこで「将来長編映画を撮るチャンスが出来たら絶対SF映画を作ろう!!」と決意し、そこから出来上がったのがこの『TIME CRIMES タイム クライムス』だったというわけです。

スペインのインタビューではこの作品について「SF、ホラー、スリラー、いくつかのコメディとエロティックのジャンルを交差させ、観客を驚かせるため88分間それらを持続させているんだ」と答えていました。お気に入りはダリオ・アルジェントであったり、或いはブライアン・デ・パルマ監督の『ボディ・ダブル』ヒッチコック作品だとか。

ものすごーく筋が通っていますね!(笑)






そして最も興味深かったのが、敬愛するというデヴィッド・フィンチャー監督の『セブン』からの影響について。

『セブン』は、確かに"90年代の映画"としてよく知られているけれど、あの映画の戦略は、例えば『フレンチ・コネクション』のような70年代の映画のようにも見せていたことだった。『Timecrimes』は、特定の年代を感じさせるようには作らなかったんだ。50年後に誰かがこの映画を見たとして、観る人に「これは一体いつの時代の映画なんだろう?」と混乱してもらいたい。この映画では現代的な要素もあるし、同時に70年代や80年代の「ドクター・フー」のようにも感じる部分もある。『セブン』での不穏な要素には現代的な感じがしないでしょう。

そう!確かに私も「あのマシーンのレトロさは何なんだろう!?」と思いましたもん。そうか、狙いどおりだったわけだ(笑)。


※上記インタビュー記事の原文はコチラから
【Electric Sheep】
TIMECRIMES: INTERVIEW WITH NACHO VIGALONDO (2 May, 2009)
【Cineando】
Nacho Vigalondo: “La principal vocación de Los Cronocrímenes es sorprender al espectador” (28 junio, 2008 )








いろいろ突っ込みながら楽しく鑑賞させていただきました。ハリウッドでのリメイクのお話もまだ立ち消えにはなっていない様子。ハリウッドに渡ったら、あのスケベなおっさんのアグレッシブさがどのように演じられるのか!?ラストの後味の悪さは感動ものに変わるのか!?はたまた彼は凄いヒーローになってしまうのか!?・・・うーん、これはなかなか興味深いです。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : スペイン映画 

FC2共有テーマ : この映画がすごい!! (ジャンル : 映画

  2013/01/28 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。