お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: チリ映画 の検索結果)


『ミラージュ』 (2007/チリ、アメリカ)

   ↑  2013/09/15 (日)  カテゴリー: アクション、パニック


ミラージュ [DVD]


●原題:MIRAGEMAN
●脚本、編集、監督:エルネスト・ディアス=エスピノーサ
●出演:マルコ・ザロール、マリア・エレーナ・スウェット、アリエル・マテルーナ、イバン・ハラ、マウリシオ・ペスティク 他
●クラブの用心棒マルコは、強盗に両親を殺害された過去をもつ男。唯一の家族、弟のチトはそのショックで心を閉ざし、現在入院療養中。愛する弟の治療費と生活費を稼ぐため、クラブのオーナーからの嫌がらせに耐えながら、毎日一人黙々とトレーニングを続けるマルコだったが、ある日、強盗団が押し入る現場に遭遇。とっさに強盗のマスクで顔を隠して強盗団を撃退、襲われていた女性を救う。翌日、ワイドでは「覆面ヒーロー、強盗を退治!」のニュースが。チトもニュースを見て大喜び。覆面ヒーローを真似て元気を取り戻していく。その様子を見たマルコは一大決断。お手製の覆面を被って「ミラージュマン」と名乗り、街に巣食う悪者たちと戦うことを決意する・・・!





街にはびこる悪をやっつける幻の男!ということで「ミラージュマン」。邦題も原題と同じ"ミラージュマン"にすれば良かったのになー。あらすじを見たらまるで『キックアス』のようだったので、てっきりコメディのノリかと思ってワクワク観始めたら、オープニングからいきなり悲惨すぎる設定にたじろいでしまった。物語の根にあるもの、ミラージュマンが背負うものがあまりにヘビーすぎる・・・・・。その暗さが常に付き纏うので、「痛快!コスプレヒーロー誕生!!」と言い放つエンターテイメントものとして観るには・・・かなり微妙かも。

しかも、陰惨な事件を扱う警察がミラージュマンにヘルプを頼むのだけれど、見取図やら犯人グループやらそこまで具体的に分かってるなら自分たちでやってくれ!って話ですし、女性レポーターも公共の電波を使ってベラベラ喋るなー!純真すぎるミラージュマンが可哀想よ・・・と色々ツッコミどころ満載の映画でした。


でも、この映画を手がけたエルネスト・ディアス=エスピノーサ監督のやりたいことというのは、それはもう手に取るようにビシビシ伝わってきます。いきなり画面が分割されて戦隊ヒーロー風にカッコよくキメてみたり、『タクシードライバー』ばりに鏡の前でトラビスをやってみたり、突然街中でのゲリラ撮影でリアルさを押し出してみたりだとか。編集は粗いんだけれど、情熱はシッカリ伝わってきました。(そうそう、チリは他の中南米諸国の中では比較的経済も治安状況も安定していると言われますが、やっぱりロングショットでの"ひったくり"のシーンを見せられると、あまりにリアルでドキ!!っとします)

それにね、ミラージュマン、最初は着替えにメチャメチャ時間がかかったり、挙動不審で目付きが怪しい強盗にしか見えないし、デザイン画も驚くほどヘタっぴですぐに凹んでしまったりと情けないところも多いんだけれど(男ってまったくも~という感じですかね)、言葉数は少なくとも心優しいお兄ちゃんとして、切ないものがありました。ほんと、暗いんだけどね。



それとこの映画の一番のみどころといったら、やっぱり本気度マックスの格闘シーン!映画のアクションシーンなんて今までどれも同じだと思っていたんですが、ミラージュマンはそこらへんのヘッポコ映画ヒーローとは全く違います。本物です。ミラージュマンの動きの速いこと速いこと!圧倒的に強く、しかも身のこなしが美しい!!ミラージュマンを演じたマルコ・ザロールは実際に武術家でもあるので、格闘系がお好きな人はバトルシーンなどかなり見応えあるかもしれません。つ、強すぎてシャレになりません・・・



↑トーク番組に出るミラージュマン(笑)。こういう変化球的なローテンション、私はけっこう好きでした。「えぇぇぇっ!?」というような、まさかの幕引きではありましたが、実は初めて観る【チリ映画】大変勉強になりました。「ミラージュマン2」お願いしたいところです。次回は是非、弟くんに頑張ってほしい!


■この記事に関連する映画制作国、地域 : チリ映画 ラテンアメリカ映画 

FC2共有テーマ : アクション映画 (ジャンル : 映画

  2013/09/15 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。