お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: ノルウェー映画 の検索結果)


『卵の番人』 (1995/ノルウェー) ※ラストの展開&ネタバレしています

   ↑  2013/02/11 (月)  カテゴリー: コメディ




【VHS】卵の番人


●原題:EGGS
●監督、脚本:ベント・ハーメル
●出演:スヴェレ・ハンセン、ヒエル・ストルモーン、レーフ・アンドレ、ユーニ・ダール・ブロンダル
●ノルウェーの森に住む老いた兄弟、モーとファーは完璧なルーティンの中で生活していた。同じ時間にとる質素な食事や午睡、時折訪れる客人など、まるで変わることなく続く穏やかな毎日。ところがファーの隠し子コンラードが現れたことで、二人の生活に異変が起こる。鳥の卵のコレクションを抱え、車椅子に乗り、雌鳥のような奇声を発するコンラード。やがてモーは、不気味な甥によって平穏と自分の居場所が失われつつあることに気付くのだった・・・。各国の映画祭で絶賛された、ノルウェーの雪深い森の中で暮らす老人の兄弟を描いたオフビート感覚の美しい寓話。




観終わったあとに「ねぇねぇ、あのラストどう思った??」と思わず誰かに話しかけたくなってしまう映画でした。VHSのジャケットだけ見るとめちゃくちゃ怪しい作品にしか見えません。ま、確かにかなり独特なリズムのある映画ではあるんですが、でもこれはかなり誤解を与えそうなデザインで、私はちょっと悲しい。


映画の冒頭で繰り返される「これさっき観なかったっけ??」と、思わず自分がボケたのか眠ってしまったか!?と疑ってしまうようなおじいさん兄弟の日常生活。これを見せるカメラはとにかく固定。何が何でもカメラは固定。繰り返される平凡な日常と日々の生活の細かなあれこれをただ映し、喋りまくるのはローカル局のラジオのみ。こんな序盤から、徐々に老兄弟の会話が増えてきて、この映画のテンポを掴んでいきます。一段ずつズレている階段のデザインなんて、なんだかこの映画を象徴しているみたいでスゴク印象的。



二人でラジオ活劇を聴いたり、宝くじをしたり、クリスマスの準備をしたり、縫い物をしたり、クロスワードパズルをしたり。お年寄りのゆ~っくりとした、繰り返される日常です。こんな地味な二人の生活のあれこれを見ているうちに、だんだん麻薬的な中毒性を感じ始め、彼らの微妙にツボに入るやりとりや動きから目を離せなくなるんです。

"歓迎"の意味で「赤地に青十字」のノルウェー国旗を出そうと(凍ってしまったので)お湯で溶かしたら赤が消えてしまって「白地に青十字」のフィンランド国旗になっちゃった!という北欧的小ネタとか、配達に来てくれたおじさんが頭に器具を乗っけたまんま「いつものアレやろうやろう」的な感じで始める「風船卓球」・・・ってなんだあれは!?(笑)とか、本当に好きだなーと思いました。





主演の二人は、実際に大戦中共同生活していたというノルウェーの名優スヴェレ・ハンセンとヒュル・ストルモーン。彼らから醸し出される自然な雰囲気にクスっと笑わせられながら観ていたこの穏やかな日々も、ファーがむかしスウェーデン旅行でつくったという息子のコンラードの存在が発覚し、彼の母親が重病なので二人の家にやってくる・・・・というあたりから、少しずつこの物語に微妙な変化が現れてきます。


だって、このコンラードという息子。鳥卵の膨大なコレクションを大事に持っている彼の存在は、これまで綴られてきた素朴なストーリーの中において、あまりに不気味!この存在感はまちがいなくデヴィッド・リンチ級。何がどうなるんだ!?と見守っているうちに、思いがけないエンディングがこの映画のラストを待ち受けているのです・・・・




ユーモアと不条理に満ちた、この奇妙な傑作!

【DVD】クリスマスのその夜に 【DVD】ホルテンさんのはじめての冒険 【DVD】酔いどれ詩人になるまえに 【DVD】キッチン・ストーリー
『卵の番人』は、『クリスマスのその夜に』(2010) 、『ホルテンさんのはじめての冒険』(2007)、『酔いどれ詩人になるまえに』(2005)、『キッチン・ストーリー』(2003)といった、近年日本でも人気の高い北欧映画界のベント・ハーメル監督のデビュー作品なんです。ちょうど現在、渋谷のユーロスペースでは「トーキョーノーザンライツフェスティバル2013」を開催中(2/9-15)。←い、いきたい・・・



※それでは最後に、あの"ラストの展開"についての感想を!

           ↓  ねたばれ注意  ↓


■この記事に関連する映画制作国、地域 : ノルウェー映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : ★北欧映画★ (ジャンル : 映画

  2013/02/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ソフィーの世界』 (1999/ノルウェー)

   ↑  2012/03/27 (火)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ
 【DVD】ソフィの世界
●原題:SOFIES VERDEN / 英題:SOPHIE'S WORLD
●監督:エリック・グスタヴソン
●出演:シルエ・ストルスティン、トーマス・ヴァン・ブロムセン、アンドリン・サザー、ビョルン・フローバルグ、ミンケン・フォシェイム 、エダ・トランダム・グリォサイム 他
●全世界で1500万部以上、日本でも200万部を超えたベストセラー同名原作小説「ソフィーの世界」を映像化。古代ギリシャから今世紀初頭のロシアまで、時空を超える旅を重ねながら“自分探し”をする少女を通し、深淵で哲学的なテーマをファンタジックに綴る。ある日14歳の少女、ソフィー・アムンセンのもとに一通の手紙が届く。「あなたはだれ?」という一文に、不思議な気持ちを掻き立てられるソフィー。やがて彼女はその手紙に触発され、はるかな旅へと出発する・・・。



新装版 ソフィーの世界 上 哲学者からの不思議な手紙 [ ヨースタイン・ゴルデル ]


「哲学アレルギー」のある私からは一番遠いところにある映画にチャレンジ。

興味のないことに対して一切記憶力が働かない私は、高校の倫理の授業の記憶がありません(物理なんかもそう笑)。「哲学史の入門書」「一番やさしい哲学の本」という原作ですが、「生きている意味」「己の存在について」など考える暇もアタマもない私は完全に未読です、本当にスミマセン。で、この映画も観終わった後は「はぁ、そうですか・・・」で放り投げていたのですが、何となく気にかかるところがあって最近少しだけ調べ直していました。原作を読んでいない者から見たこの映画の印象は「どこかぼんやりとメリハリに欠けたものだな」だったのですが、実は今回、私はこの映画のもう一つの"秘密"を知ってしまったのです!

日本他各国でリリースされている『ソフィーの世界』DVDのランタイムは約113分なのですが、ノルウェー本国には英語字幕のついた3時間もある別バージョンのドラマ版があることが分かりました。このバージョンは、下記の4つのエピソードによって分けられています。

 1.episode Mystiske brev :謎の手紙
 2.episode Evolveris :ラテン語で"you're evolving"の意
 3.episode Den mystiske hunden :謎の犬
 4.episode Den tredje tanken :第三の思考(ヘーゲルの弁証法より三つ目の"総合")

 
この【ドラマ版】、物語の基本的な流れは映画版とほぼ同じなのですが、映画館のスクリーンにアルベルト・クノックスが現れたり、女友達ヨールンと一緒に謎の小屋へと訪れたり、"ヒルデ"が"ソフィー"の心配をする、など【映画版】では見られなかった数多くのシーンが追加されています。また、ソフィとクラスメイトのゲオルクとの淡いロマンスや、自分自身の存在が不確かなことに心揺れるシーン等ソフィの内面的な部分をより多く盛り込んだものになっており、映画版に比べれば確かに長時間ではあるのですが私はこちらのバージョンの方がより解りやすく感じました。映画で感じていた"アッサリ感"や"ぶつ切り感"は、きっとこの編集のせいだったのかもしれません。




「あなたは誰?」「世界はどこから来た?」

不思議な手紙に誘われるようにして、ギリシャのソクラテスやプラトンに始まり、ダーウィンやシェイクスピアなど、古代ギリシャから近代哲学、ロシア革命にいたる西洋の主要な哲学者や西洋思想に多大な影響を及ぼした著名人たちが次々に登場するこの映画。

時空を超えた旅をする辺りは、まるで教育番組のようでそれ自体にはさほど大きな興味を持てなかったのですが、ただこれらの背景にあるものは、教会の力や活版印刷技術によって「知識」が広がり→民衆個々人が「考え」を持ち始めて→「思想」の世界が拡大し→時代によって「価値観」が変容していく、という過程がクッキリと浮かび上がっていくものでした。なるほどなぁ・・・

西洋哲学の大まかな歴史の流れを見ると「神が世界を創った」という頑なな思想が出発点だった中世哲学の時代を経た後、近代以降の哲学は「神は死んだ」というニーチェの言葉が表すように「人間の自由」が説かれるようになっていきます。


「ソフィーの世界」が何であったのかを知り、自由・平等・平和の革命や女性の権利等「思想の流れ」を時空を超えた旅によって体感してきたソフィは「決断こそ重要だ」と言ったキルケゴールの言葉に後押しされ、"創造主"から自己を取り戻そうと!決意するのです。




映画の初めの段階でソクラテスは言いました。
「もっとも賢い人は、自分が知らないということを知っている人だ」

私は今、このレビューを書く段階になってやっと「自分が知らなかったこと」を知ることが出来て本当に良かったなと思っています。だって、"知らないこと"を知らなければ、何も始まらなかったわけで・・・まさか自分が西洋哲学について(アウトラインだけであっても)もう一度見直すことになるとは夢にも思わなかったのです。この映画のおかげだ!


現実とフィクションが交錯するこの映画は、その"映画的技法"によって哲学的な考え方を示してくれました。

『ソフィーの世界』は、西洋哲学史をシンプルに学ぶことができ、「自分とは誰なのか?」「この世界はどこから来たのか?」という問いへの出発点を探ることのできる良い"教材映画"だなとも思います。ま、私は日本人ですので東洋哲学、東洋思想、禅や仏教の方が"哲学"に触れる際アプローチしやすいのかな?とも思いましたが、今回のように映画を通して自分の苦手分野に足を踏み入れられたことは、新鮮な"発見"もありました。

世界はどうやって始まったんだろう?宇宙の果てはあるのかな?ワタシはどうして存在しているんだろう?・・・・こんなことを小さな頭で考えていた子どもの頃をちょっと思い出してしまいました。苦手な世界に飛び込んでみるのも、時には楽しいものですね!

ソフィーの世界@映画生活





■この記事に関連する映画制作国、地域 : ノルウェー映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : ヨーロッパ映画 (ジャンル : 映画

  2012/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。