お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: フランス映画 の検索結果)

total 8 pages  次のページ →  


『リード・マイ・リップス』 (2001/フランス)

   ↑  2016/09/30 (金)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー





リード・マイ・リップス [DVD]



●原題:SUR MES LEVRES / 英題:READ MY LIPS
●監督:ジャック・オーディアール
●出演:ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ドゥヴォス、オリヴィエ・グルメ 他
●土地開発会社で多忙な日々を送る難聴のカルラ。刑務所帰りで保護観察中のポールという男性アシスタントを雇うことになるのだが、彼と接するうちに彼女の生活も徐々に変化していくように。やがてポールはある犯罪を企て、カルラも否応がなしに手を貸していくことになる・・・。仏国内で最も権威ある「セザール賞」で、2002年『アメリ』のオドレイ・トトゥが有力と言われた中、エマニュエル・ドゥヴォスが『リード・マイ・リップス』で主演女優賞を獲得した作品。





久々に、ゾクゾクっときた映画。

物語全体に漂うこの独特の色気は、もしかしたらちょっとした"マニア向け"なのかもしれませんが。決して美男美女とは言えない男女2人が放つギリギリの官能性と、「フィルム・ノワール」のハードボイルドな硬質さを併せ持つ、このほの暗さといったら・・・!

しかもね、実はこの映画、今回"再見"なんです。
それなのに、これだけ心揺さ振られてしまったということは・・・・以前の私はこの映画の一体何を見ていたのかしら。 いや・・・当時の私には見えなかった、見えていなかったのかも。

あぁ映画って、本当に出会うタイミング・観るタイミングが大切ですね。







日常生活に氾濫する、耳を塞ぎたくなるような他人の話や興味のない耳障りな騒音。そんな時、カルラは「補聴器」を切って周囲から自身をシャットアウトします。難聴故に、彼女は音に惑わされない。

一方で、彼女は知りたい情報を密かに手に入れるため、離れた場所の人々の唇を読んで会話を盗み聞くこともできる・・・。彼女が孤独なのは単に「難聴だから」なのではなく、周囲の人々との間に通常は見ることのできない隙間や溝を見抜くことができるからかもしれません。

そして、"普通"や"慎ましさ"を装いながらも、心の奥底では昂るような刺激を求め、抑えきれないほどに溢れ出す大胆さに惹かれている。

そう、彼女は"強か"なのです。




ヴァンサン・カッセル演じるポールがじわじわと発する危険な色気と、それに抗えなくなっていくカルラとの抜き差しならない関係。

振り子が大きく揺れるように行ったり来たりする最悪としか思えない状況の中で、最終的にどう決着をつけるのか(再見なのに!)息を詰めて見守っている自分がいました。


誰にも言ってはいけない秘密と、極限の危機的状況を共有した二人。



 「真夜中のピアニスト」

   「預言者」

  「君と歩く世界」



他人には見せたくない生々しさを感じさせるリアリズムの中で、人間の弱さや孤独を描くことに定評のあるジャック・オーディアール監督は、主人公カルラを弱者どころか「力のある女」として描きました。

『リード・マイ・リップス』は、この手の「フランス映画」のラブストーリーとして見ると意外とも思えるラストだと思うのですが、それは『預言者』のように乾いた叙情を得意としながらも、暗闇を照らすような優しさを見せてくれるオーディアール監督からの"愛情"のようにも思えました。

10年前とはまた違う感想です。




■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : 個人的な映画の感想 (ジャンル : 映画

  2016/09/30 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ロックアウト』 (2012/フランス)

   ↑  2016/04/11 (月)  カテゴリー: アクション、パニック





ロックアウト Blu-ray



●原題:LOCKOUT
●監督、脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー
●制作、脚本:リュック・ベッソン
●出演:ガイ・ピアース、マギー・グレイス、ヴィンセント・リーガン、ジョセフ・ギルガン、レニー・ジェームズ、ピーター・ストーメア 他
●西暦2079年。囚人の冷凍保存により脱獄率0%を誇る刑務所MS-1。そこは、宇宙に浮かぶ究極の監獄だった。地球軌道上に浮かぶその刑務所を訪れた大統領の娘エミリーが囚人に捕らえられ、500人もの凶悪な囚人が解き放たれてしまう。そこで米国政府は、スパイ容疑で逮捕された腕利きCIA工作員スノウに"釈放"と引きえにエミリーの救出を依頼する。彼は地上80キロ上空に浮かぶ宇宙刑務所に乗り込み、凶悪犯500人を相手に単独で任務を遂行するのだが・・・!!




年度初めの4月というのは、気が張り詰めることが多い日々ですね。
こういう時は間違っても【ミヒャエル・ハネケ映画】とか見ちゃいけませんねぇ。グッタリきますから。あと【アンゲロプロス作品】とか。寝ちゃいますから。あ、別な意味で爆睡して身体は休まるかな(笑)。

というわけで、今月は完全に"自分のため"の【オバカ映画祭り】を開催!
今夜はこれを更新したらぐっすり眠れそう~






この映画、何だか色々な意味で大笑いさせてもらって、自分の中では大ヒットです。

春の新生活がスタートして、ちょっとした緊張感のある中でパァ~っと観られる映画として選んでみたところ、これが思った以上にツボに入りまして。正直『ロックアウト』という作品は"ザンネン映画"の部類に入ってしまうのでしょうが、でも私は・・・

こんなおちゃめマッチョなガイ・ピアースを見たかったんだー!
大満足だー!



だって、いわゆる【米国アクション映画】の「あるある設定」をいちいちおちょくっているとしか思えない"遊び感覚"に思いっきりくすぐられるんです。

憎まれ口叩きながらダクトを這いずり回るピアースはブルース・ウィリスを彷彿とさせるし、ピアースがスタントなしで挑戦したというモモンガ飛びは「いや、あり得ないあり得ない!」とツッコミ入れたくなるトム・クルーズ芸みたい。囚人たちがゾンビみたいにドワァァァァァ!!っと追い掛けてくるシーンなんかもう大笑い。



ピアースが演じる主人公スノーは、近未来では時代遅れとなったタバコをふかし、ぼやきとジョークを連発しながら、単独でミッションをこなすタフガイ。製作陣が『ニューヨーク1997』や『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』のような「痛快な80年代のアクション作品を意識した」と語るように、ピンチのときでもジョークをカマし、ここぞという場面でズバ抜けた生存本能を発揮する。
痛快! そして最強! 映画『ロックアウト』で80年代ヒーローが復活【ぴあ映画生活】
そう、この80年代っぽいムサ苦しさ&ダサさが堪らないのよ。
しかも、これでも一応【フランス映画】というのが、もうメチャクチャ(笑)






こうなるともう「楽しんだもの勝ち!」の映画ですね。


「あ、これはまだ作り途中なんですね」と一言申し上げたくなるような、ショボショボのCGの破壊力と言ったらないですし。或る意味スゴイっちゃあ凄いんだけど。

そして、いくら"未来設定"とはいえ、外部用作業スーツみたいなのを着たまま大気圏突入して→そのまま適当なパラシュートで降りてくるというクライマックスの宇宙からの帰還シーンなんて、まぁ深いこと考えんなよ!的なやりたい放題感いっぱい。ジワジワきます。

こういうの、わたし大好きですねぇ、もう。「ダメな子ほどカワイイ」とはよく言ったもの。ほんとスッカスカなんですけど、あぁなんという愛すべき映画なんでしょう。ここまでくるとオマエが大好きだー!と叫ばずにはいられない。







おちゃめマッチョなガイ・ピアースのキャラだけで押し込んだような映画でしたが、これシリーズ化してくれたら、ハイ!わたし観ます。スタローンの刑務所映画『ロックアップ』と合わせてもらって【テレ東 刑務所マッチョ祭り】をやってくれたら、ハイハイ、わたし絶対観ます!

だからね、次作は、ツ◯ヤだけにレンタル独占させるなんてそんな了見の狭いことをやってちゃいけませんよ、ねぇ!こんな素敵な映画はみんなで楽しまないとほんと勿体ないです。
ってこれはちょっと褒めすぎね。


■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : フランス映画 (ジャンル : 映画

  2016/04/11 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ぼくの好きな先生』 (2002/フランス)

   ↑  2016/03/12 (土)  カテゴリー: ドキュメンタリー、アニメ





Etre et avoir ぼくの好きな先生 [DVD]


●原題:Être et avoir / TO BE AND TO HAVE
●監督:ニコラ・フィリベール 
●出演:ロペス先生と、3歳~11歳の13人の子供たち。
●フランスの田舎にある小さな小学校に勤める、退職を控えた1人の教師と、そこに通う13人の生徒との心温まる交流を捉えたドキュメンタリー。先生と生徒達の生活と対話を、詩情豊かな美しい映像で綴っていく作品。




3月は「卒業」や「別れ」の切ない季節ですねぇ・・・

友人の引っ越しが決まったり、仕事の引き継ぎがあったり、5年間とてもお世話になった子どもの習い事が終わったりと、何と言うことのない平凡だった日常が線を引いたようにプッツリなくなってしまう心細さで、不安や寂しい思いが日増しに大きくなっていくのを感じる日々です。

でもね、4月になったら新生活の波に乗った忙しさで、そんな気持ちもパーッと吹き飛んでしまうのが私のパターンなんですけどね。だってまだまだ守りの姿勢には入りたくないわ!(笑)





今日の映画『ぼくの好きな先生』は、こんな別れの季節にピッタリかも。
とあるフランスの小さな村の子供たちと、もうすぐ教職を引退する先生の日々を追ったドキュメンタリー映画です。



実は私も娘が生まれるまで、小さな教室で幼稚園生から中学生までのこどもたちに算数や英語などを教えていたことがありました。

ちょうどこの映画と同じくらいの年頃の子どもたちです。

突然鼻に指を突っ込んで鼻血を出したり(笑)、授業中に眠い眠いと泣いてしまったり、昨日できなかったことが今日急にできるようになったり。パワフルでオープンで、予測もつかない言動や伸び伸びとした素直な反応の数々に、私も笑ったり驚かされたり考えさせられたり。懐かしい日々です。



『ぼくの好きな先生』には、見ていて頬は緩むのに、なぜか涙ぐんでしまうような温かさが溢れています。

それは、教師として年を重ね、時に厳しく包み込むような優しい眼差しのロペス先生と、そんな先生が大好きなキラキラの宝石のような子供たちとが奏でるリアルな時間が丁寧に切り取られているからかも。ナレーションはなく、ただそこにあるのは優しくも厳しい自然の風景と、先生と子どもたちの姿だけです。







人の記憶って本当に不思議なもので、雨の匂いとか、夕焼けの空の色とか、反射する窓の向こうに見えた景色とか「あ、これはあの時に・・・」って普段思いもしなかったことが急に蘇ったりします。

記憶は薄れ、淘汰され、日常に紛れていく中で、誰かの心にほんの少しの間だけでも留まれるだけでも凄いことなのに、その中には確実に記憶に刻まれ、残っていくものがあります。この映画を観ていて「あぁロペス先生の仕事って、きっとこういうことなんだろうな」と思いました。



子供たち一人一人に向けるロペス先生の包み込むような優しい眼差し。先生の姿を追う小さな瞳。皆が帰った後の空っぽの教室。子供どうしの小さなケンカ。子供たちが去った後に残る、最後の先生の姿。




こんな些細な日常の風景でも、完全に忘れ去られるのではなくて、きっと心のどこかに一端しまわれる。そして、一度焼き付けられた言葉や風景はどこにも消えずに、ふとした瞬間に思いがけず現れて、いつかその意味を理解できる時がくる。きっと一生。ずっと。そうやって人は形作られていくのかも。

ここに出てくる子供たちの未来が、どうか幸せなものでありますように。
良い先生に巡り会えるということは、一生の財産ですからね。








・・・・なぁーんていう感動的なところで終わらせないのが、このブログでして。
なんとこの映画には、鑑賞後のほんわか気分も一気に吹き飛ぶ衝撃の後日談が!

なんとロペス先生、この映画製作会社に対して25万€を請求する訴訟を起こし、しかも敗訴→控訴→棄却されていたのでした。
 Defeat for teacher who sued over film profits 【The Guardian/29 September 2004】
 Film's fallen hero fights on for his class 【The Guardian/3 October 2004】

ロペス先生の主張は以下の通り。

授業風景で描かれていた指導方法は教師の"知的財産"であり、またこのドキュメンタリーが教育目的に使用されるものだと言われていたため、全国(さらには海外まで)の映画館で公開されたりDVDでリリースされるとは知らされておらず、生徒たちのその後の生活にも悪い影響が出てストレスにさらされたこと。この映画が得た報酬は、「俳優」として自分にも配分されるべきであり、「共著者」としてクレジットされるべき。そしてこれは決してお金のためではなく、映画会社とプロデューサーたちに対して自分の権利を認識させるためなのだ、ということも。


さらにですよ、この映画にまつわる訴訟が他にもあるというのがスゴイ!
事案は,この映画において,小学生向けのフランス語読解の教則本である「Gafi le fantôme(幽霊のガフィ)」の複数のイラストが複製され,幾度にもわたって上映されたというものである。
  (中略)
イラストの著作者と,彼が所属する権利者団体のSAIF(49)が,映画製作会社に対し,複製権・上演権侵害を理由に,損害賠償を求めて提訴した。原告らは,イラストに着色(子供たちによる塗り絵)をしたことによる改変と氏名不表示の両方に基づいて,著作者人格権侵害も主張している。
出典:フランスにおける不文の著作権制限としての付随理論について
 獨協大学 准教授 長塚 真琴【「パテント」2012年1月号|日本弁理士会】


この映画は、2002年カンヌ国際映画祭で特別上映され大きな話題となり、本国フランスでは「ドキュメンタリー映画」としては異例の規模(全国約220館)で公開が決定され、オープニング3日間で16万人、その後は200万人を動員するという大ヒット・ロングランとなった作品なんですね。

世界各国で数々の映画賞を受賞し、称賛され、莫大なお金が動いていく中で、この小さな村で撮影された小さな物語は、いつの間にか色々な人たちの様々な思惑に巻き込まれていってしまったのかもしれませんね・・・



最後に、映画のパンフレットに掲載されていたロペス先生のインタビューを。
Q.定年退職を迎えた気分は?
「辛いですね。自分の体の一部をもぎ取られたような気持ちさえします。この映画の最後のシーンを観たとき、まるで私の教師人生の終焉を告げられたように感じらました。でもやれることはやり尽くしたんだと、新しいことを始めるには55歳というのは良い区切りだと自分に言い聞かせながら新しい生活に慣れようとしています。この映画のプロモーションで観客やメディアの人々と出会うことが、私の人生の移行の助けになっています。これでやっと自分のための時間が持てるようになったことですしね」

なんだか色々な意味で切ない映画ですわ・・・・



■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/03/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ポルノグラフィックな関係』 (1999/ベルギー、フランス、ルクセンブルグ、スイス)

   ↑  2016/02/19 (金)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





ポルノグラフィックな関係 [DVD]


●原題:UNE LIAISON PORNOGRAPHIQUE
●監督:フレデリック・フォンテーヌ
●出演:ナタリー・バイ、セルジ・ロペス、ポール・パヴェル、ジャック・ヴィアラ 他
●男と女は、互いの性的ファンタジーを分かち合おうと決めた。女は、パートナー募集の広告にこたえてやって来た男とホテルで一夜を共にして以来、毎週木曜に同じ部屋で二人は身体を重ねる。プライベートなことは聞かないことが暗黙の了解だったが、関係を続けていくうちに二人は・・・。



久々に【オトナ】な映画を。
2008年以前に観た作品なのでレビューをカットしていたのですが、今回再アップのために再見してみました。

前回観た時も「この映画、好きだな」と思っていたのですが、あれから私も年齢を重ねたからなのかな、さらに味わい深く感じました。出会いから別れまで、しっとりとした大人の恋の切なさが残る物語です。タイトルはやたら刺激的ですけどね。





私たちはプライベートには干渉しない、バックグラウンドも語らないと言いながらも、関係を続ける2人の間には微妙な感情が生まれてしまうんですね。不意を衝かれたように、予期せぬところで湧き上がる感情。


そりゃそうでしょう、ただの会話にしろフィジカルな関係にしろ、それは相手の反応があってこそのやり取りですからね。互いの感情に影響を及ぼし合うことは避けられないのでしょう。

"彼女"が泣いたのは、身体だけだと思っていた行為の中に愛情を見つけてしまったから。"彼"が涙を流したのは、そんな彼女の告白に心が満ちて自分の居場所を感じたから。

結局2人はすれ違っていくのだけれど、でも、分をわきまえた「大人」というのは、ヒリヒリとした愛を抱えていてもそれを相手に押しつけたり、相手のせいにしたりはしないものですね。「私たちは終わったのよ」「もう終わったんだ」とそれぞれ口にするのですが、それは身体いっぱいに相手を求め、心から愛した結果。そして、悲しみも孤独もすべて自分の中で引き受けて、その痛みすら糧にしてしまう。・・・こういう恋愛観、好きだなぁ。





恋愛における一瞬の輝きを、一生続くかのように描くことをしないこの映画は正直です。
そのラスト5分が私を惹きつけて止みません。人生を自分の足で踏み分けて歩いてきた大人の愛を見せつけてくれるからです。


“私が『ポルノグラフィックな関係』で演じた役は「Elle(=彼女)」という名前です。それ以上のことを私は知りませんでした…。家族構成や、職業、社会的地位、名前もわかりませんでした。でも、ダイアローグとそれぞれの場面のもつ力のおかげで、私は私が演じてきた女性の中でも、彼女が最も気に入っていて、最もよく知っている女性だと感じています。本当のところ、私に与えられた最も美しい役なのです。” 
ナタリー・バイ
アンスティチュ・フランセ東京 ナタリー・バイ特集『ポルノグラフィックな関係』

ナタリー・バイの2パターンあるメイクやファッションも、女性の"本質"が垣間見えてハッとさせられます。上質な大人の恋愛映画。おすすめです。


■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 ベルギー映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/02/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『列車に乗った男』 (2002/フランス、ドイツ、イギリス、スイス)

   ↑  2014/11/03 (月)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ




列車に乗った男 [DVD]


●原題:L' HOMME DU TRAIN / THE MAN ON THE TRAIN(英題)
●監督:パトリス・ルコント
●出演:ジャン・ロシュフォール、ジョニー・アリディ、ジャン=フランソワ・ステヴナン 他
●何の変化もない毎日を送る孤独なフランス語教師のマネスキエはある日、列車に乗ってふらりとやってきた訳ありの男ミランと偶然街で出会った。まったく異なる人生を歩んできた二人は、お互いに興味を抱き、お互いの人生に惹かれ、様々な事柄を語り合った。詩について、音楽について、人生について、女について、そしてもし生まれ変わったら今度はどんな人生を送りたいかといった事柄を・・・。短くはなかった人生を振り返り、叶わなかったお互いの人生を歩みたいと再度願った時、二人にとって忘れ得ぬ運命の日が訪れようとしていた。2003年LA批評家協会賞「外国映画賞」受賞作品。



※この記事は、2008年以前のレビュー記事より映画を再見→再投稿したものです。

冷たく澄んだ空気を吸い込んだ時のように、頭の芯がジーンと痺れましたねぇ・・・
空気がシーンと冷えてくる秋の夜長にピッタリの重量感、とでも言うのでしょうか。ガッツリ元気な時にバリバリ映画を観よう!という気分の時よりも、染み込むようにしてこの物語に浸ることができました。



実を言うと、私はこれまでに観たルコント監督作品の、あの独特で濃密な愛の世界観にやや苦手意識を持っていました。が、今回この『列車に乗った男』で描かれる世間から切り離された世界で孤独に生きる男二人の偶然に生まれた出会いと彼らが辿る運命、生き様に、すっかり心奪われてしまいました。最後まで落ち着いた緊張感を持続させたまま、変に力むことなく何が起ころうとも静かに描ききったところにとても好感を覚えました。





室内履きを履いて部屋で寛ぐといった「日常」を持ったことのないワケありの男と、「日常」は余りあるほど繰り返せど「情熱」のまま生きることへの憧れを持つ実直な男との、重なり合う数日間の物語。


一見対照的とも思えるこの二人。概して「対照的」というのは「真逆」のような印象を受けるものですが、同一の元の形から対になる方向へと向かったベクトルのようなもの。人生に対して感じ取るものは、二人ともまったく同じなのも納得のいくことかもしれません。

列車に乗ってやって来た男と、列車に乗って旅立つ男。実人生で叶わぬ思いを抱いた男たちへの優しい視線を感じるラストに、静かに胸打たれました。

観るたびに、心響くセリフに気づかされ、映像や構成に新たな発見が生まれます。2006年の初見以来、忘れられないお気に入りの一本です。


■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : お気に入り映画 (ジャンル : 映画

  2014/11/03 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。