お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (タグ: 南アフリカ共和国映画 の検索結果)


『第9地区』 (2009/アメリカ、ニュージーランド、カナダ、南アフリカ共和国)

   ↑  2011/10/13 (木)  カテゴリー: SF、宇宙、怪獣





第9地区【Blu-ray】 [ シャールト・コプリー ]


●原題:DISTRICT 9
●監督:ニール・ブロンカンプ
●出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、ナタリー・ボルト 他
●南アフリカ上空に突如現れた正体不明の宇宙船。襲いかかることもなく難民として降り立った"彼ら"との共同生活はそこから始まった。・・・それから28年後、増え続ける犯罪に市民と"彼ら"の争いは絶えず、共同居住区「第9地区」はスラムと化していった。超国家機関MNUは彼らを強制収容所に移住させる計画を立て、ヴィカスという男にプロジェクトの最高責任者の任務を託す。ヴィカスは立ち退きの通達をして回るうちに、知らずに人類と"彼ら"の歴史を変える大事件の引き金を引いてしまう・・・。

第9地区公式サイト(日本語)


「難民」を保護してみたものの、彼らは貧困から暴徒化し街は荒廃状態に。略奪や暴動が一般市民にも飛び火して、事態の収拾に税金が注ぎ込まれる。国民の苛立ちは頂点を極め、人権団体は「難民」の保護を求めて騒ぎ始める。社会は一層の混乱状態に・・・

日々ニュースで見聞きするようなトピックなので「得体の知れない者」=「エイリアン」と位置付けて、彼らとの関わり合いをメタファにした社会問題提起の映画かな?と思っていたら、あらまぁ、意外な方向へと話が進んでいくんですね!当時一番の話題作だっただけあって、とても面白かった!


手持ちカメラを使った疑似ドキュメンタリー方式というのは、今ではそれほど珍しくも目新しくもない手法ではあるのだけれど。あまり見慣れない南アの役者さんを使っていることや、南アフリカ放送協会やロイターなどの報道機関所有の本物のニュース映像を使用していること、一般市民へのインタビュー映像も実際の南アの人々に「不法移民(=映画内ではエイリアン)についてどう思うか?」という生の声を引き出していること・・・といった様々な効果が抜群に功を奏しているのでしょうね。

映画の要である物語のベース作りが丁寧で巧妙なので、そこから生まれるリアリティが何の違和感もなくこの映画の設定に入っていけた理由なのかもしれません。



エイリアンを喰らったり違法武器売買を行うギャング団も確かに怖いのだけれど、やっぱり莫大な金が絡んだ資本主義社会の民間企業が、この世で一番恐ろしいものかも。エイリアンなんかより人間の方がずっとオゾマシイってことですねぇ・・・





そして、やはり見どころは後半戦!
『ザ・フライ』ばりの「融合・変態」の辺りから凄い展開に・・・


とにかくとにかく、ヴィガスの頑張りの惹き込まれてしまった!
主演のシャールト・コプリー、最初と最後では気の入り方が全然違うので顔がまったく別人ですよ。魅力的な俳優さんだなぁ。

この映画、私には所謂ハリウッド大作モノによく見られる観客に依存する"甘え"があまり感じられず、心地よいものでした(アメリカ資本の映画ではあるのだけれども)。だから、ベタな展開や間延びした予定調和な話にガッカリさせられることもなく、特に一気に加速度を増して駆け抜けていくラストはハリウッドの手垢にまみれていないピュアな映画作りへの底なしの愛情が感じられて大好きでした。

エイリアン父子のキャラクター像にしても、コメディになりそうなほどベタベタな設定なのですが、そのギリギリのところで可笑しみや温かみを感じるという、何とも言えず不思議な好感を覚える映画だなぁ・・・と。


それで、とても気になって制作スタッフ陣を見てみたのですが・・・
この映画を全面バックアップしたピーター・ジャクソン以下のプロデューサーや、脚本など皆さん割と若い人たちなんですね。でも、その道ではかなり実力のある撮影監督のトレント・オパロックをバシっと起用するなど、若いけれど独創的でパワフル、ソウルフルな人たちを贅沢に使ったところがこの映画の最大の勝因かと

今後ハリウッドに招かれても、どうかベタベタな観客寄りの映画作りに加担させられることなく、これからもオリジナルな映画作りで観る者を驚かせ続けていってほしいものです。愛すべき映画が、また一つ増えました!





■追記(2013.2.19)
最近読んだ「映画秘宝EXb映画の必修科目03~異次元SF映画100~」から『第9地区』について興味深かった箇所をちょっと引用。
 1979年南アフリカ生まれのニール・ブロンカンプ監督は"アパルトヘイト"の体験者だ。異人種間の恋愛や結婚まで禁じられていたこの政策は1948年に法制化され、ネルソン・マンデラ大統領就任後の1994年になってようやく廃止された。
 18歳でカナダに移住するまで、ニール監督は人種によって住む地域が鉄条網で仕切られた風景を眺めながら育った。南アフリカの人種隔離政策は表向きはなくなったが、未来の人類は新しい差別と偏見を生み出すであろうことをニール監督は予言している。
洋泉社MOOK 映画秘宝EX 映画の必修科目03~異次元SF映画100~ No.090アパルトヘイトを反映させたエンターテイメント大作『第9地区』より



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 ニュージーランド映画 南アフリカ共和国映画 

FC2共有テーマ : 映画を見て、思ったこと (ジャンル : 映画

  2011/10/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。