お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 (カテゴリー: 海外ドラマ

total 3 pages  次のページ →  


『THE KILLING/キリング』シーズン2 (2009/デンマーク)

   ↑  2017/03/14 (火)  カテゴリー: 海外ドラマ
FORBRYDELSENII01.jpg





THE KILLING/キリング シーズン2


●原題:FORBRYDELSEN II / 英題:THE KILLING II
●企画・脚本:ソーレン・スヴァイストゥルップ
●出演:ソフィー・グローベール、ミケル・ビアクケーア、モーテン・スアバレ、ケン・ヴィセゴー、ニコラス・ブロ、プレーベン・クレステンセン、シャロテ・グルベア、スティーネ・プレトリウス 他
●シーズン1の「ナナ・ビルク・ラールセン殺人事件」から2年後。 捜査に没頭するあまり、家族も、パートナーも警察内部での信用も失ってしまったサラ・ルンドは、コペンハーゲンを離れ国境検問所で働いていた。たった一人ひっそりと生活しているサラのもとに、元上司のブリックスから連絡が入る。ある記念公園で発見された女性弁護士の遺体の事件捜査を手伝ってほしいという。一度は断るものの、サラ・ルンドはコペンハーゲンを訪れ、捜査協力を申し出るのだが・・・。




さぁ!まずは張り切って余談から!!
二十四節気の「啓蟄」が過ぎて、冷たかった土の中から虫さんたちも出て参りまして、いよいよ春分が目の前よ!というのにーですよ、今年に入ってこの2か月ちょっとなんだか色々とありすぎていけませんでしたのよ。

昨年泣いた「四十肩」が復活気味となり、その予感に怯える中で「ぎっくり腰」勃発。間髪入れず滅多に風邪をひかない娘が1月に2回も風邪(not インフル)でダウン、そんなバタバタの時にわたくし先週、左手の小指先を包丁でさっくりと・・・・

これだけあると「あれまたか」と意外と開き直ってしまい、取れてしまうのか繋がっているのかを確認して、一人黙々と片手を上げて止血して、押さえて、今日確認したら指先、ちゃんと繋がっていました。さぁここまでくれば何も怖くない。今年も張り切ってまいりましょう!・・・・と言いつつ、今日はまだリハビリモードで(笑)。







当ブログ【PC版】の右サイドに「映画&ドラマ ひとことレビュー」というコーナーがひっそりあるんですが、このデンマークドラマのシーズン1についてはそちらでちょこっとだけ触れたことがあります。で、最近どうしてもシーズン2&3を観たくなりまして。



今回もシーズン1同様、"11月"に起きた事件を【1捜査日=1話】で描き、事件発覚から解決までの10日間を全10話で描いていく仕様となっております。

前回シーズン1は全20話で、もう進みが遅いわ、物語は暗いわ、捜査のツメが甘いわでなんでこんなにストレス感じながら見続けるハメになってしまったんだよーと思いながらの完走でしたからね、今シーズンは10回ですよ楽勝でしょう!

・・・なーんて思っていたら、それがドッコイですよ。主人公のルンドさんは今シーズンも猪突猛進でブン投げ放題。な、なんと、相も変わらず全然成長していなかった!(セーターは新しいの着ていたけど)


でもね、そこが何というか。懐かしいというか親近感というか「完全無欠の女刑事」とは程遠いこの主人公の生々しい人間臭い魅力でありまして。やっぱり最後の最後まで食い入るように見入ってしまいました。







「THE KILLING/キリング」シーズン2のみどころ。
それは、対テロ法案を中心にデンマーク国内での政治的駆け引きを盛り込みながら、軍や政界を巻き込んでの捜査がスウェーデンやアフガニスタンといった国外にも渡り、その中でやっぱり巻き起こされるルンド刑事のムチャっぷり。これに尽きるでしょう!

国際問題にまで発展しかねないという、そのスケール感に加わるヒヤヒヤ感。どういうパワーアップの仕方をしているんだ、このドラマは(笑)。


ニコラス・ブロ演じるトマス・ブク法務大臣(名前がまたね、本当にブクブク太っている)の、「こんな世界ではいけないんだ!」という強い正義感が様々な政治家の思惑や政局の中でゆらゆらと揺れ動く有様は、見ていて「おまえ、どうしたいんじゃ!」と言いたくもなるのですが・・・・・でもでも、これが人間なんだろうなぁ。

ルンドも含め、このドラマの人々は誰一人として格好がつかず、不器用なんです。酷い失敗もするし、手痛い目にも合って、誰かを傷つけ、取り返しのつかない悲劇を起こしたりもします。でもそんな面をオーバーな感傷で飾り付けたりすることなく、そこを痛々しいままで鋭く強く突きつけてくるんですよ。ここがやっぱり北欧ドラマ独特の"ほの暗い魅力"なんだと私は思っていて、うーん、やっぱり見ずにはいられないんですよね。


line.png



ラーベンの一人息子、健気なヨナスくん。どうか彼だけはすくすくと育っていけるよう守ってあげてほしいです。"彼"が最後に語ったことが真実かどうかはさておき、ラーベンはきっと、今度こそ、本当に立ち直れない。

あぁもう、それが解ったラストがともかく重くて重くて・・・・ヨロヨロになりながら観終えたシーズン2でした。


シーズン3の感想はいつになることやら~




■この記事に関連する映画制作国、地域 : デンマーク映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : 海外ドラマ (ジャンル : 映画

  2017/03/14 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

アメドラ記録(その8) 『ポリティカル・アニマルズ』『ダメージ』『Major Crimes 重大犯罪課』

   ↑  2014/10/04 (土)  カテゴリー: 海外ドラマ
ここ数か月は、空いた時間にチョコチョコっとみられる海外ドラマを観ています。
たくさんありすぎるので、今日は強いオンナが主人公のドラマを3本、ばばんと書き残しておこうと思います。





『ポリティカル・アニマルズ』 (2012/アメリカ)

●原題:Political Animals
●監督、企画、製作総指揮: グレッグ・バーランティ
●監督:ベサニー・ルーニー,マイケル・モリス,デヴィッド・ペトラルカ,タッカー・ゲイツ
●出演:シガーニー・ウィーヴァー、カーラ・グギーノ、ジェームズ・ウォーク、セバスチャン・スタン、ブリタニー・イシバシ、エレン・バースティン、キアラン・ハインズ、エイドリアン・パスダー、 ディラン・ベイカー、 他
●元ファーストレディでありながら国務長官に上りつめた女性の目線で、政治の裏側と家族それぞれの葛藤を描いた6話完結の政治ドラマ。ホワイトハウスを舞台に、アニマルのような猛者がひしめく米政界をしたたかに、果敢に渡り歩く合衆国国務長官エレイン・バリッシュ。一方で、彼女は母親としての生き方に迷っていた・・・。



シガニー・ウィーバーをTVドラマで観られる!というのが、まず嬉しかったシリーズ。


大物女優を主演に据えた場合必ず出てくる“彼女とデートしたがる男続出”だとか、セクシーだ!とかシュガー♡とか「君を抱く光栄に預かった」とかいう設定には見ていてちょっと恥ずかしくなりましたが、ハイウエストのスカートを身に纏ってズンガズンガ歩くウィーバーの姿はさすが貫禄ありました。ヒラリー・クリントンを彷彿とさせるこの役は、頭脳明晰でパワフルな彼女くらいじゃないと迫力ありませんからね。みんな歳をとって厚みを増していくものですね。腰回りものですが人間味もです。


スキャンダラスで泥臭い政治の裏側を舞台にしたかったのでしょうが、家庭内のゴタゴタや女性ジャーナリストの野心やら葛藤やらもチマチマと絡んできて、米国政治界というビッグなスケール感があまり広がらず、十分に活かし切れていなかったように思います。ホワイトハウス内外での政治的駆け引き云々はオマケ程度にしか見えませんでした。ま、そのあたりのバランスは、全6回だけでは描ききれないのも確かですよね。せっかく人間味あふれるキャラクターが数多く登場し、彼らに惹かれる点も多くあったんですもん、彼らの人間的な成長も合わせてじっくり観ていきたかったなぁ。だって、出馬、するんでしょう!?

Political Animals: The Complete Series [DVD] [Import]








『ダメージ』シーズン3 (2010/アメリカ)

ダメージ シーズン3 ソフトシェルDVD BOX


●原題:Damages
●プロデューサー:トッド・A・ケスラー、グレン・ケスラー、ダニエル・ゼルマン
●出演:グレン・クローズ、ローズ・バーン、テイト・ドノヴァン、テッド・ダンソン、キャンベル・スコット、マーティン・ショート、リリー・トムリン、キース・キャラダイン、マイケル・ローレンス、メッチェン・エイミック 他
●ウォール街で史上最大のねずみ講詐欺事件が発覚する。管財人に任命されたパティ・ヒューズは、事件の首謀者ルイス・トビンから金を取り戻すために闘う。 家族ぐるみでの事件への関与を疑うパティに対し、ルイスの息子ジョーはそれを否定するが・・・。 一方、パティの下を去ったエレン・パーソンズは、検事局で麻薬の密売事件を捜査していた。



こちらはグレン・クローズ主演のリーガル・サスペンス。
前回シーズン2を観終えて以来(4年ぶりですよ)やっとシーズン3を観ました。

ダメージ シーズン3【D-life】
パティの非情にも見える仕事ぶりにはすっかり慣れましたが、一方でエレンがパティ並みに何を考えているのは分からないオンナになってきた辺り、空恐ろしさを感じて心にピューっと冷たい風が吹き込みました。むかしはパフスリーブのお洋服なんかを着て可愛いお嬢さんだったのにね。今ではすっかり眼光の鋭い姐さんになってきました。ここまでくると、もう失うものなんかないんでしょうね。肝も目も完全に座ってきたエレンでした



今シーズンもゲストスターが大活躍。
ザ・ダメ人間の決定版を演じたキャンベル・スコットには最終回すっかり落ち込まされましたし、1980~90年代のコメディ映画で楽しませてくれたマーティン・ショートがまさかの胡散臭い弁護士役に、コメディなどで独特の存在感を放つリリー・トムリンはリッチなマダムから転落人生を送ることになる哀しいママンの役に。そして意味ありげな登場をする設計士&農場主役のキース・キャラダイン。登場シーンは少なくセリフも抽象的ながらもパティの人生を映し出すのにとても重要な役割で、これまでで一番心に残りました。

あ、そうだ!忘れてはならないのが、ダニエル・マルケッティを演じていたのがメッチェン・エイミックだったこと。「ツイン・ピークス」で泣き顔が印象的だった若妻シェリー・ジョンソンを演じていた可愛い彼女も、今やすっかり大人の美しき女性に。ますますキレイになりましたねぇ。

「ダメージ」で一番の売り物であるフラッシュバック(フォワードか?)が、今シーズンも思いきり効いていました。視聴者をミスリードさせるような伏線があちらこちらに散りばめられていて、最終回に向かって猛スピードで突き進んでいった感じ。一番ショックだったのは・・・・やっぱり"死因"かなぁ(泣)。フィスクさんやデイビッドのように現れてくれるといいな。パティの過去の農場での出来事にしてみても、彼女の周りには死体の山が積み上がるばかり。そんなパティに似てきたエレンが今後どうなってしまうのか!?ファイナルの第5シーズンまで見届けなくっちゃね。





『Major Crimes 重大犯罪課』シーズン2 (2013/アメリカ)

●原題:MAJOR CRIMES
●出演:メアリー・マクドネル、G・W・ベイリー、トニー・デニソン、マイケル・ポール・チャン、レイモンド・クルツ、フィリップ・P・キーン、キアラン・ジョヴァンニ、グレアム・パトリック・マーティン、ナディーン・ヴェラスケス、ジョナサン・デル・アルコ、ロバート・ゴセット、 トム・ベレンジャー、ジョン・テニー 他
●シャロン・レイダー警部のやり方に適応しつつあるロサンゼルス市警重大犯罪課。彼らの前に新任のエマ・リオス検事が現れ、ラスティをレイダーの保護下から引き離そうとする。さらに長年別居している弁護士の夫(トム・ベレンジャー)がロサンゼルスに戻ってきたことで、レイダーのプライベートには問題が山積み。重犯課のメンバーはこれまで以上に公私にわたる困難に直面しながらも、有名映画プロデューサーの妻の殺害事件、ギャングがたむろする治安の悪い界隈で、裕福な家庭の大学院生が銃撃された不可解な殺人事件、無理心中が疑われる死体など、難解で残忍な事件に挑み、解決のために全力を尽くしていく・・・。




常に冷静沈着、正攻法でいくシャロン・レイダー警部が、猪突猛進型だったチーフことブレンダ・ジョンソン本部長補佐から引き継いだ重大犯罪課。どうやって『クローザー』視聴者を惹き付けるのか!?がこのドラマスタート時からの最大のポイントだったと思いますが、いやいや、シーズン2になってますます彼女の思慮深くて落ち着いた人間性と母親としての責任感ある立場がブレンダの時とは違った魅力を発揮していて、そしてそれが独自のスタイルとなってきているので安心して楽しむことができました。クローザーメンバーが常に周りにいるというのも、ドラマの世界観を安定させていてとても良いんですよね。



ブレンダから引き継いだラスティとの関係には胸を打つエピソードも多く、思いがけず涙してしまうことも。二人の絆がますます強くなっていく過程は人間ドラマとしても見応えがあり、レイダー警部の女性ならではの視点や優しさ、気遣いなどにほっとさせられる面も多々ありました。交渉力に長け、先を見通せる鋭く優れた判断力を持ち、即断即決ができる見識のある有能な女性上司。落ち着いた声などもとっても素敵!女性が主演のドラマの中で、私はレイダー警部が一番好きだなぁ。

本国アメリカではシーズン3もスタートしていますし、おまけにブレンダのご主人でFBIのフリッツ・ハワード特別捜査官を主演に据えたさらなるスピンオフシリーズも検討されているのだとか。 日本上陸まだかな。



↑第9話 「推定自殺」の老眼鏡のエピソードが大好き。↑監察医のモラレス博士は、もはやなくてはならない存在。バズと同じくらいメインキャラでいってほしいなー

MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス (10枚組) [DVD]




FC2共有テーマ : 海外ドラマ (ジャンル : 映画

  2014/10/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

アメドラ記録(その7) 『HOSTAGES ホステージ』 (2013~2014/アメリカ)

   ↑  2014/01/23 (木)  カテゴリー: 海外ドラマ
 
●原題:Hostages
AXN「HOSTAGES ホステージ」サイト
●製作総指揮:ジェリー・ブラッカイマー
●出演:トニ・コレット、ディラン・マクダーモット、テイト・ドノヴァン、リス・コイロ、ビリー・ブラウン、サンドリーヌ・ホルト、ジェームズ・ノートン、クイン・シェファード、メアリー・エリザベス・マストラントニ 他
●ワシントンD.C.のトップ外科医であるエレンは、米国大統領の手術を任されることになる。しかし大統領の命を預かる重大な手術の前日、何者かがエレンの自宅に押し入り、家族を人質にとる。彼らの要求は、大統領の手術に失敗し、殺害すること。医者としての責務と家族の命の狭間で葛藤するエレンだったが・・・。主人公の苦悩と葛藤を描くタイムリミット・サスペンス。暗殺計画までの15日間が、1日1話というペースで描かれる。ロテム・シャミールとオムリ・ギヴォンが企画したイスラエルの同名のテレビドラマをアロン・アラーニャとジェフリー・ナックマノフがリメイク。





ちょっと前までは、ユーモアのセンスがあって正義感溢れるリベラル派の理想的大統領像が描かれたTVドラマ「ザ・ホワイトハウス」や、自ら敵と闘うファイティング系の『エアフォース・ワン』『インデペンデンス・デイ』などがエンタメ界における大統領モノの主流だった気がしますが、いよいよ身内からも「あんな奴、死んで当然だ!」という酷い言われようの合衆国大統領が命を狙われるドラマが出現してしまいました。

ま、奥様からも「顔を見ただけで虫唾が走る!!」とまで言われた「24」のローガン大統領の強烈さは今だ群を抜いているかもしれませんが(笑)。今やアメリカ合衆国大統領は、世界のリーダーでもヒーローでもなくなってしまったんでしょうねぇ。





というわけで、そんな『HOSTAGES ホステージ』というドラマですが、当然"笑い"の要素なんて皆無のシリアス一直線。

全編通してあまりにドヨ~ンとし過ぎな空気が充満していて、ちょっと参ってしまいました。"目的"のために、少しでも関わってしまった周囲の罪もない人々が雪だるま式にバンバン殺されていくんですよ。もうそれが可哀想すぎる・・・・!


いや、『シックス・センス』の悩めるママや『ミュリエルの結婚』出演時の体重増など役者魂のあるトニ・コレットは以前から凄い女優さんだと思っていたし、お金にはいつも困っているけれど熱い血の通ったドネル弁護士役を演じた「ザ・プラクティス~ボストン弁護士ファイル」でのディラン・マクダーモットのイケメンぶりも大好きでした(そうそう、これは「アリー my Love」とのクロスオーバーもあった!懐かしい)

そんな実力派俳優の共演ということで張り切って観ることにしたのでしたが・・・・この主演の面長二人組の顔がどうにもこうにも陰気臭いんですよ。ま、内容が内容なだけに、二人とも苦虫を噛み潰したような顔で出ずっぱりとなるわけですが、この二人の気持ちが近づいたり離れたりしても「ウヘー」となるだけでした(笑)。

それでも何とか最終回まで観ることができたのは、日米(ほぼ)同時放送でそのリアルタイムな新鮮さがあったのと、このドラマでの内容が1日=1話で≪全15話≫というコンパクトさに救われたからかも。最後は主人公たちにとっては良いように終わるのですが、振り返ればそこに残ったのは膨大な死体の山。やっぱり許されるべきじゃありませんもんね。ダンカンと一緒に後ろ暗さを感じて終わってしまったー。

・・・・にもかかわらず製作総指揮のジェリー・ブラッカイマーはシーズン2はもちろん、それ以降のシーズン継続にも早くも言及しているのだそう。い、いや、続編は要らない気がする・・・


あ、でも、色々な意味で凄腕のヴァネッサ・ムーアならまだ見てみたい気も。この美人妹さんは、飛び抜けた異様な存在感があって目が離せなかったですねー。次作はぜひ、彼女が副大統領を目指す方向でお願いしたいと思います(笑)。



FC2共有テーマ : 海外ドラマ (ジャンル : 映画

  2014/01/23 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

アメドラ記録(その6) 『FRINGE/フリンジ』 (2008~2013/アメリカ)

   ↑  2014/01/23 (木)  カテゴリー: 海外ドラマ


FRINGE/フリンジ<サード>コンプリート・ボックス

FRINGE/フリンジ<フォース>コンプリート・ボックス


●原題:Fringe
Super!dramaTV「FRINGE/フリンジ」サイト
●企画・制作:J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
●出演:アナ・トーヴ、ジョシュア・ジャクソン、ジョン・ノーブル、ランス・レディック、ブレア・ブラウン、ジャシカ・二コール、セス・ガベル 他
●旅客機627便の乗員・乗客全員の肉体が溶け落ちるという奇怪な事件が起こった。 FBIボストン支局の女性捜査官オリビア・ダナムは、フリンジ・サイエンスの天才科学者のウォルター・ビショップ博士、そして彼の息子でIQ190の天才というピーターと共にこの謎に取り組む。 やがて、彼らは今回の事件は世界中で起きている一連の不可解な現象「パターン」の一端であることを知る。 国土安全保障省のフィリップ・ブロイルズ捜査官の指揮下に編成されたオリビア、ウォルター、ピーターらフリンジ・チームは、その後も次々に起きる「パターン」を調査することになる。 やがてオリビアは「パターン」の背後にある驚愕の事実、「もうひとつの世界」の存在を知る。そして、その世界との戦いが間近に迫っていることと、それにはウォルター、ピーター、そしてオリビア自身が深く関わっていることも・・・。




LOST シーズン6 ファイナル

【輸入版】PERSON of INTEREST


J・J・エイブラムスのTVドラマは、ややブッ飛んだ内容が多いので(たとえば『LOST』)、煩わしい日常をスパ~ッ!と忘れることのできる時間としては、正にうってつけであります。



で、この『FRINGE/フリンジ』はどうだったかと言いますと。
実はスタート時のパイロット版(第1話)を観た限りでは『Xファイル』のようにも思えて「あーまたソレかい、地球外生命体のナンタラという話になったら止めるわ、やめますわー!」と決めていました。しかし、ウォルター・ビショップ博士の息子ピーターに纏わる過去が明らかになってからは、わたしゃすっかり虜になってしまいましたよ。

パラレルワールド、ほんと大好きなんです。

本国アメリカでは全100話第5シーズンにて完結したそうですが、私はやっと第3シーズンまで観終えたところ。最近になって、あのCMブレイク時にポッと現れる様々な形(手形、カエル、リンゴ、煙など)に意味があることを知ってしまい、ますますこのドラマにのめり込んでしまいました。あの光の点滅にも意味があったのか・・・・!






それと、ここまでハマった理由にひとつに、私、主人公のオリヴィア・ダナムを演じるアナ・トーヴの顔が大好き!!というのもあります。

本物の美人というのは化粧のゴマカシだとか気取りだとか、余計な重さがなくていいですねー。とっても気持ちよく彼女の姿を追っていられる幸せがこのドラマにはありますもん。長い期間見続けるTVドラマって、登場人物たちへの好みや愛着も重要な要素になってきますもんね。まずは見た目が大事です(笑)。

しかも彼女は美貌だけでなく、素晴らしい演技力も。第3シーズンでは【こちらの世界のオリヴィア】【もうひとつの世界のオリヴィア(ボリビア)】そして【ベルが乗り移ったオリヴィア】という3パターンの彼女にも惹き込まれてしまいました。

健気に人の目を覗き込むようにして微笑むオリヴィアや、自信に満ち溢れて快活に笑うボリビア、そしてガラガラ声で片方の眉をヒュッと上げて皮肉を言う"おじさんオリビア"(笑)。いや、正確に言うと「オリヴィア」が「ボリヴィア」になりかけている戸惑いの姿だとか、「ボリヴィア」が「オリヴィア」に成りすまそうと画策している姿だとか、もうその微妙な表情がまるで本当に別人のようで、見ているこちらも混乱しそうでした。

二つの世界を守ったピーターは一体どこへ・・・・!? 第4シーズン、はやく追いつこう!!!




そうそう、『フリンジ』ではパラレルワールドだけでなく、過去や未来、はたまたアニメーションなどによる様々な世界が描かれるため、その回の内容によってオープニング映像の色調や形式が変化します。私は、80年代のレトロバージョンが好きだったなぁ。



FC2共有テーマ : 海外ドラマ (ジャンル : 映画

  2014/01/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』第7~10話まで観た感想

   ↑  2013/12/23 (月)  カテゴリー: 海外ドラマ

Crossing Lines [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,981から
(2013/12/16 21:42時点)


というわけで、「AXN 海外ドラマ セレクト」で2か月に渡ってみてきたドラマ『クロッシング・ライン』第1シーズン全10話。日本での放映も終わりましたが、アンヌ・マリーは、ルイたちは、みんな無事なの~!?と各国のファンも「一体いつから第2シーズンがスタートするのか??」楽しみにしているようですが、2013年10月21日時点ではフランス、チェコ、ブルガリア、モナコで撮影していた様子。2ndシーズンの新情報に関しては、公式サイトの発表をこまめにチェックするといいかもしれませんね!

さて、それでは以下は第1シーズン後半(第7~10話)の簡単なメモです。未見の方やこれからこのドラマを観よう!と思われる方はお控えいただくことをオススメいたします。




   ↓     ↓     ↓

FC2共有テーマ : 海外ドラマ (ジャンル : 映画

  2013/12/23 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit