お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2008年04月 → )

「レベッカ・デモーネイ」が好き!

   ↑  2008/04/19 (土)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・

「大物」とか「大女優」という冠が付くことがほとんどない女優さんなのですが、私はレベッカ・デモーネイ(Rebecca De Mornay)が以前からとても好きなのです。いつもどこかで気になっている女優さん、とでも言うのかな。今日はちょっと気楽に、彼女のこれまでの出演作を少し遡って、映画の感想メモなども一緒にしてご紹介していこうかなと思います。




【1983年】

【Blu-ray】卒業白書(Blu-ray Disc)/トム・クルーズ


『卒業白書』 原題:RISKY BUSINESS

女性から見ても官能的で魅力的なレベッカ・デモーネイの若かりし頃の美しさを存分に堪能できる映画、といったらズバリこの作品かな!?と思います。主役はこれまた若かりし頃のへらへら~っとしたトム・クルーズ(&白ブリーフ)ではありますが、やはりデモーネイの不思議な魅力抜きには存在しえない映画です。

多感な時期の若者が将来や恋愛に迷っていく、といった瑞々しさに加え、80年代特有のどこか甘ったるい雰囲気も相まって、改めて観てみるとそんな映像がかえって新鮮にすら映ります。デモーネイとトム・クルーズは、この映画での共演がきっかけで2年ほど同棲するようになったというのは有名な話なんですよね。二人とも若かったのだなー





【1985年】

『バウンティフルへの旅』 原題:THE TRIP TO BOUNTIFUL

控えめで知的、優しさと思いやりにあふれた女性をさり気なく演じているデモーネイの姿は、女優として本当に素敵です。強い主張のない、言ってしまえばほんの通りすがりのような役ですが、彼女が画面に出ているだけでどこかほっと出来るような温かさに満ちてくるのです。

いわゆる"セクシーさ"も彼女の魅力のひとつではあるのですが、この映画ではそういったものを感じさせない母性的でやわらかな感情表現が、その動きひとつひとつに細やかに表されています。純粋で清らかな女性も演じられるというこの「演技力」が、デモーネイの女優としての幅広さを証明してくれる作品であり、私のお気に入り映画のひとつでもあります。





【1988年】
Feds [DVD] [Import]
   
『マドンナ★コップ』 原題:FEDS

もともと私は学生時代に『FEDS』(邦題『マドンナ★コップ』・・・ホントひどいタイトル!!)という作品を深夜の映画番組で観て以来、「キレイな女優さんなのに男気のある人だなぁ」とそのガッツが気になってレベッカ・デモーネイの出演作を追うようになったものでした。

これ、よくある “養成訓練学校コメディ&サクセスもの”なんですけど、当時元気の出る「プラス思考映画」として受験生だった私の中では大ヒットしていました。何度も繰り返し観ていたので、先日懐かしさのあまりもう一度観直してみたら、やはりほとんどのセリフを覚えていました。ユルくて単純な映画なのですが、個人的に思い入れのある作品でもあります。こんな映画を夢中で観ていたなんて、むかしは私もなんて純真だったんだろう。。。ハハハ





【1991年】

ゆりかごを揺らす手 [DVD]


出ました!
この作品こそ彼女の代表作のひとつ、と言ってもいいほど強烈な役柄を演じた『ゆりかごを揺らす手』。美しく、執念深く、すべてを失って復讐に燃える未亡人ペイトンの悪女ぶりは、まさに圧巻でした。

彼女は"女性的"な役柄を演じるのがとても上手で、それはいわゆるレベッカ・デモーネイという女性が発する"生々しさ"に起因するような気がするのです。顔の美しい女優さんはいくらでもいるのですが、それを裏側から支えるような図太さや憎々しさなど、言ってみればドス黒い感情を出すことに躊躇がないことが強みなのだと思うのです。繊細な役柄を得意とするジュリアン・ムーアでさえも、さすがにこの映画のデモーネイには敵いませんでしたねぇ。女性から見てもっともコワイ女を、デモーネイは見せつけてくれました。





【1990年代】

ギルティ 罪深き罪 [DVD]


ストレンジャー [DVD]


『ギルティ/罪深き罪』(1992年) 原題:GUILTY AS SIN
『ストレンジャー』(1996年) 原題:NEVER TALK TO STRANGERS


その後、『ギルティ』ではドン・ジョンソン、『ストレンジャー』ではアントニオ・バンデラスという、アツすぎる配役&コテコテのお色気路線を疑うことなく突き進んでいかれます。外から見える自分の器というのか特性というのか・・・その枠を超えない匙加減は、見る者に媚を感じさせず、かえって気持ちが良いほどです。

90年代は主にサスペンスやスリラーなどのジャンルでセクシーさを強調した作品が多いように思われます。先の作品以外でも『ビジター/欲望の死角』(1993)ではルドガー・ハウワーと、『シック・アズ・シーヴス』(1999)ではアレック・ボールドウィンとの共演作品があります。それでも『バックドラフト』(1991)や『三銃士』(1993)といったハリウッド大作にもちゃんと顔を出しているあたりは、やはり女優としてのプライドでしょうか。大作でデモーネイの姿を観られるのは、やはりファンとしても嬉しいものです。





【2003年】



アイデンティティー【Blu-ray】 [ ジョン・キューザック ]


『“アイデンティティー”』 原題:IDENTITY

気になるクセモノ俳優がわんさか出てくるという「クセモノ映画」でしたが、デモー姐さんは、落ちぶれてもなおプライドだけは異常に高いという「偏屈女優」の役をヘッチャラな顔して、それはまったく堂々と楽しそうに演じてくれました。私はそれが見たくて映画館へ行ったようなものなのですから!

衝撃度は高いものの、こんな役をオファーした人は本当にエライなぁと感動すらしてしまいました。レベッカ・デモーネイという女優さんの、90年代にほぼ定着したB級っぽさ&胡散臭い感じ・・・これらをうまく活かしたのが『“アイデンティティ”』だったのでしょう。出演してしまうところがまたスゴイです。良い人ぶらずに、このまま突き進んでいっていただきたいなぁと思う次第です。





【追記】
2000年代に入ってからは、アメリカでのTVムービーやドラマ、日本未公開作品などへの出演が多くなったことで、なかなか日本ではメインとしてお目にかかることも少なくなってしまいました。しかし、近年では『American Venus』『Flipped』といったドラマや、トロマ製作のカルト・ホラー映画『Mother's Day』のリメイクなどにバンバン出演してカムバックのオンパレード状態となっているようです。


Flipped - Exclusive: Rebecca de Mornay and Penelope Ann Miller Interview

たとえ、20代30代の頃のような"若さ"は失われてしまったとしても、これまでに放ってきたそのユニークな存在感、サバサバっとした頼もしい性格、そして変わらぬ美貌を武器に、ぜひこれからも私たちをスクリーンで楽しませていってほしいものです。デモー姐さん、まだまだ期待しています!!


■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画を楽しむ (ジャンル : 映画

  2008/04/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

「はじめまして!」のご挨拶 ~映画に愛をこめて~

   ↑  2008/04/01 (火)  カテゴリー: 「はじめまして」のご挨拶


映画に愛をこめて アメリカの夜 特別版 [DVD]

『映画に愛をこめて/アメリカの夜』 
●原題:LA NUIT AMERICAINE / DAY FOR NIGHT
●監督:フランソワ・トリュフォー 
●出演:ジャクリーン・ビセット、ジャン=ピエール・レオ、アルフォンス、フランソワ・トリュフォー、ナタリー・バイ 他
●ニースで撮影される映画撮影現場は、いつも混乱気味。俳優たちは問題を抱え、女優もノイローゼ気味。現場のスタッフたちも、それに振り回されて問題も山積み。幸せな「映画」の裏側を愛情を持って描いた作品。映画好きの全ての人へ捧げる作品。



数ある映画関連サイトの中から、ようこそいらっしゃいませ。
本当にありがとうございます。ここにお越しいただいたということは・・・きっと「映画」がお好きな方なのでしょう。私も、その1人です。

「映画感想」というのは、その作品を見た人の人生経験や背景、生まれ育った環境や鑑賞時のタイミング、はたまた体調などによっても大きく変わってくるものです。また、色々な方のレビューと出会えることは、その人の人生が透けて見えるようで本当に面白いものです。映画一作品から、それ以上のものが見えてくることもあります。
映画の魅力って不思議ですね。


心に残る映画作品。人生の中で、いったい何本に出会えるでしょうか。
ご一緒に楽しんでいきましょう!!

hanamaruko
(2006年)



tapelinepink.jpg
キラキラ「ブログ再開のご挨拶」【復活編】

日本から遠く離れ、このブログを立ち上げた2006年から約2年。途中私生活がバタバタし、映画よりも実生活の方がスリリングなドラマでしたねぇ・・・ハハハ。そしてまた、戻ってきました。いろんなお土産を抱えて。

なにより一番の変化は、我が子の存在です。我が子がこの世に誕生してから、私の人生は一変しました。自分より大切なものを、よいしょよいしょと抱えながら生きることがどんなに幸せなことか、本当に毎日、私に教えてくれます。それからシングルマザーになってしまったこと。ここに至るまでのヘビーな日々、厳しく苦い思いも沢山しました。大切な我が子を守り育てていくこと、今後、どれほど長くてツライ人生になるかもしれません。それでもこれらすべてが私の【映画人生】を支えてくれているんです。・・・なんて言ってみたら、ヘビーだった日々も報われるかな。

実際、むかしに観た映画をもう一度観てみたらずいぶんと感想が異なってきました。文体なども全く違ったものになってしまいました(笑)。以前の感想には手をつけないほうがいいかな?とも思いましたが1タイトルにつき1記事で書く形式をとっていますので、追記のような形で角度を変えて、再び感想を綴っていこうかとも考えています。
こんなワタクシではございますが、どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

hanamaruko
(2008年)



tapelinepink.jpg
キラキラ驚きの「ブログ移転再開のご挨拶」【再始動編】

なんだかもう、人生っていろいろあるものですが、このブログも紆余曲折です。
約7年間、大好きな映画について書き続けてきた旧ブログでしたが、2012年、諸事情により旧ブログからの移転を決意いたしました。←色々と悩んだ末での決断でしたが、思い切って当ブログ【お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!】を心機一転スタートです。

2013年に入ってから本格的に過去記事の映画レビューを転載し直していたのですが、実は当ブログの記事を欧州政治史の准教授の方や比較政治学の学者の方等がツイートしてくださったり(『シチリア!シチリア!』 『泳ぐひと』 『ワールド・ウォー Z』)、授業でご紹介いただいたり(『アフリカの女王』 『大いなる幻影』『サハラ戦車隊』)、対米関係のスレッドで引き合いに出されたり(『愛と哀しみの旅路』)、質問サイトやまとめサイトで"解説"としてリンクされていたり(『永遠(とわ)の語らい』 『インド・マレガオンのスーパーマン』)

・・・こんな小さな個人の映画感想ブログですが、それでもやっぱり"人の目"に触れているんだと改めて気づかされまして、これはいい加減なコトは書けないなぁと思うことがあったからなんです(←というか、正直ビビッてしまっただけなんですけどね)。

ま、ほどほどですが、自分か観たい&書きたい&調べてみたい!という範囲内で楽しくやっていけたらいいなと。2008年より以前に書いた記事は一旦全削除ですが、少しずつゆっくりと再レビューを載せていけたらいいなと思います。
※旧ブログ時代にいただきましたコメントは、ハンドルネーム等の関係上削除させていただいております。一番辛い作業でした・・・。温かな励ましや、思わずプッと吹き出してしまった楽しい思い出、本当にありがとうございました。


ヨーロッパや中東で暮らした日々のこと、地中海系/ゲルマン系/アジア系と多様な歴史の血が流れる一人娘を通して見えてくる子育てのこと、或いは日々感じる言語・文化・政治経済や社会情勢など、今更ながら様々な"要素"が映画を通してこのブログの中でもレビューに反映されてきているのだなぁと感じました。同じ一つの映画作品を観ながら、以前の自分とはまた違った感想を持つということが本当に面白いです。
今後とも、当ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。


↑こどもが"ちょっとカワイめ"にママを描いてくれました(笑)

hanamaruko
(2013年1月)



tapelinepink.jpg
【おまけ】
私の"映画観"がなんとなく解るかもしれない【映画バトン】はコチラから


  2008/04/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit