お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2008年12月 → )

『1408号室』 (2007/アメリカ) ※ネタバレに注意!!

   ↑  2008/12/14 (日)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー





【Blu-ray Disc ブルーレイ】1408号室ジョン・キューザック


●原題:1408
●監督:ミカエル・ハフストローム
●出演:ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソン、メアリー・マコーマック 他
●スティーヴン・キングの短編ホラーをジョン・キューザック主演で映画化。主人公マイク・エンズリンは、超常現象を信じないホラースポット専門のオカルト作家。ある日、N.Y.のドルフィン・ホテルにある“1408号室”の存在を知る。ここに宿泊した者は、全員謎の死を遂げているのだという。興味をひかれたエンズリンは迷うことなくNYへと向かうのだったが・・・。



Gyao!映画
オンライン試写会で鑑賞です。Gyaoさんに感謝。





この映画、まるでジョン・キューザックの1人舞台劇を見ているかのようで、面白く見させていただきました。ただ見る前は、「スティーブン・キング原作」ということで、これが吉と出るか凶と出るか!?そんな賭け気分でした。アメリカン"大味"ホラーのビックリドッキリ作品だったらイヤだなぁ~とか、ヤン・デボン監督の『ホーンティング』みたいな特殊効果バンバン物もつまらないだろうなぁ~とか。



ですがこの映画、いい意味で裏切られました。見方次第では・・・というか、見る人によってはなかなか心理的に迫ってくる作品だったのではないでしょうか。というのも、ずいぶんと宗教色が強い気がしたんですよね。

さて、この先、当作品に関してかなり!の内容・ネタばれを含んでおります。まだこの作品をご覧になっていない方は映画鑑賞後に読まれることを強~くオススメいたします!また、以下は私個人の見解・見方です。こんな見方もあるもんだねーとあくまでご参考までにドウゾ。



↓↓ 以下 ねたばれ 注意 ↓↓

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : アメリカ映画 (ジャンル : 映画

  2008/12/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit