お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2010年03月 → )

『野いちご』 (1957/スウェーデン)

   ↑  2010/03/23 (火)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ



野いちご [DVD]


●原題:SMULTRONSTÄLLET / WILD STRAWBERRIES
●監督:イングマール・ベルイマン
●出演:ヴィクトル・シェストレム、ビビ・アンデショーン、イングリッド・チューリン、グンナール・ビョルンストランド 他
●妻を亡くし、家政婦とともにストックホルムで孤独に生きる79歳の老教授が、名誉博士の称号を授与されることになった。式典の日の明け方、彼は恐ろしく不気味な夢を見たせいで飛行機で向かう予定をキャンセルし、息子の妻と一緒に車で式典に向かうことにする。途中、男女三人の若者たちや喧嘩の絶えない夫婦を乗せて道を進めて行くのだが・・・。



「他人と交わす会話の内容といえば、たいてい知人の噂話や悪口ばかりだ。私はそれが嫌で友を持たなかった。人との付き合いを絶った。年を取った今ではいささか孤独な日々だ。」

映画冒頭の78歳の老教授イーサクの独白。
このプロローグから映画がビシっとスタートし、かの有名な悪夢のシーン、そして車でのロードムービーが、それはもう流れるように進んでいくわけです。はぁ・・・、本当にこれは“見るべき映画”でした。実はベルイマン監督作品は「いつかは見なくては!」とずっとずっと気にしていたのですが、あまりに巨匠、あまりに重厚ということで腰が重く、長きに渡って食わず嫌いをしていました。よかったよかった間に合って。人生は短いものよ。

主演のヴィクトル・シェストレムは、【スウェーデン映画の父】と呼ばれた偉大な監督・俳優だった人です。サイレント映画の黄金期を築いた人物だけあって、オープニングすぐにある悪夢のシーンでは、台詞が一言もないにも関わらず正に無声映画を思い起こさせるその表情、表現力に圧倒されます。



さらに、イーサクを取り巻く人々の描写も興味深いものばかり。
本音を述べることを決して恐れず凛とした美しさと強さを持つ一方、その心の奥底に悲しみを秘めた義娘マリアン。まるで恐れのない若さをいっぱいに輝かせるサーラと彼女に恋する若者2人。互いの感情を押し付け合う喧嘩ばかりの夫婦。夢の中、過去に結ばれることのなかった美しい思い出のサーラ。心から打ち明ける言葉もかけない関係のまま亡くなった妻。そして両親の行き違いから家庭に対して心を閉ざすイーサクの息子。




物語が進むに連れて、気難しくもありながら表面的には知的で優しいポースを装い続けてきたイーサクが、実は自分自身が傷つくことをひどく恐れてこれらの人々を遠ざけて生きてきたことが次第にわかってくるんですね。それは彼自身が作り上げてきた孤独という牢であり、周囲の人々や或いは過去の人間たちや思い出と思いがけず旅の中で向き合うことによって解放されるものだということも。

話としてはとてもわかり易いのだけれど、この映画は、それを言葉多くして語らずに会話や映像で胸の奥底に響かせる"何か"がある気がするんです。映画に"何か"があるのか、はたまた今の私に共鳴するものがあるのか。いずれにせよ、ラストの風景とイーサクの表情を見届けることができて、私もこの上ない幸福感に包まれました。そう、人は自分自身と深く関わっていればこそ決して孤独ではないのです。

しかしベルイマン監督、この時まだ39歳とは!とても興味深く思いました。自伝が出ているようなので、これはいつか是非読んでみたいな。




■ベルイマン作品の関連記事
 『ある結婚の風景』 (1974/スウェーデン)
 『サラバンド』 (2003/スウェーデン)


■この記事に関連する映画制作国、地域 : スウェーデン映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2010/03/23 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『バンテージ・ポイント』 (2008/アメリカ)

   ↑  2010/03/02 (火)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー


バンテージ・ポイント【Blu-ray】 [ デニス・クエイド ]


●原題:VANTAGE POINT
●監督:ピート・トラヴィス
● デニス・クエイド、マシュー・フォックス、フォレスト・ウィッテカー、サイード・タグマウイ、エドゥアルド・ノリエガ、エドガー・ラミレス、アイェレット・ゾラー、シガーニー・ウィーヴァー、ウィリアム・ハート 他
●スペインのサラマンカ、マヨール広場。国際テロ対策の首脳会議が開催される会場にて、アメリカのアシュトン大統領への狙撃事件が発生した。事件の鍵を握る重要な目撃者は8人いたが、彼らが異なる地点・立場から見たものはそれぞれ違っていた。異なる視点から始まる8つの物語。真実はいっったい何なのか・・・?!



久しぶりに「どうなるどうなる!?」と、最終シーンまで画面に惹きつけられる作品であり、1つの事件を複数の人物のそれぞれの立場から90分で駆け抜けるように見せるパワー&ストーリー展開には大満足でした。何度も時間が巻き戻るたびに事件の裏にある「事実」が明らかになっていくプロットは、しつこくなるよー飽きちゃうよーの寸前で非常にうまく回避されているんですねぇ。うまいなぁ・・・

それに、やたらとキャストが大盛りです。シガーニー・ウィーバーの役割が小さいのが気にはなりましたが、冒頭のツカミとして緊張感のある現場の仕切り方なんか彼女のイメージ通りで好印象でした。デニス・クエイドは、コレ、ちょっと前のハリソン・フォードとしか思えない役柄じゃないですか。いい位置に来たもんです。


フォレスト・ウィテカーやウィリアム・ハートなどのハリウッドスターをはじめ、ブルース・マッギルやジェームズ・レグロスなど(どこかで見た顔だ!!あの映画か!?ドラマか!?)の脇もガッチリ、さらにエドゥアルド・ノリエガやサイード・タグマウイなどの国際色豊かな俳優陣も出るわ出るわの目白押しで、もう目も心も釘付け。

そう、ドラマ『LOST』からはマシュー・フォックスが配されていますが、彼を見てこの「90分」という枠で一気に見せる手腕はどこにあるのだろうと製作情報を見てみましたら・・・やはりハリウッドの娯楽大作映画や『プリズン・ブレイク』シリーズなどを手掛けている敏腕プロデューサーのニール・H・モリッツ氏が製作担当でした。ツボを心得ているはずですね。





ただですね、同時にやはりそこはあくまでもハリウッドの映画であって、政治物としてもこの筋立てが限界なのだろうなぁと痛感もしました。皮肉にもこの作品の冒頭と結末部分でメディアがこの事件を報道する場面が流れますが、それは所謂西側の情報であって、結局この映画の内容も「西側」のそれでしかないんですね。

昨今の映画やドラマでは、何かが起こる事件を作るには「中東のテロ」を題材にするものばかり。しかも、それを食い止めるヒーローは、アメリカ合衆国大統領さ!USA!!USA!!というテーマが溢れ返っている状態です。まぁ、西側の情報に浸っている時分には不思議でもナンでもないのですが、対米国側の人々からすると不愉快極まりないもの。犯人はいつも中東の人間。悪人は必ずアラブ側。ヒーローはアメリカ。・・・という、いつもの図式です。

反米感情の高い地域ではまったくこの逆のプロットで沢山の映画が作られ、人々に当然の如く大喜びで受け入れられていることを日本人はまだまだ知りません。というか、そのチャンスがあまりにも少ない。それはやはり、日ごろ私たちが知らず知らずのうちに慣れ親しんでいるのは、(このような娯楽映画ですら)西側からの情報に偏っているからなんですよねぇ。

アメリカ文化に浸ってしまった若者が罰を受ける映画とか、世界に公開されなくとも真面目に作られていて、それを真面目に観ている人々もいるんです。私からしてみれば「ナンダコリャ!!」とかなり腰が引けたもんですが、皆さん真剣に見入って感動していたので本気なのです。映画の力って、本当にすごいですよ。





ではでは次回はせっかくですので、近年の反米映画代表作、トルコ映画『イラク-狼の谷-』について書いてみようと思います。今度は中東側からの逆襲ですよ。

   
レビューはコチラから:トルコ映画『イラク-狼の谷-』


■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画の感想 (ジャンル : 映画

  2010/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit