お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2010年07月 → )

total 2 pages  次のページ →  

『ワンス・ウォリアーズ』 (1994/ニュージーランド)

   ↑  2010/07/30 (金)  カテゴリー: シリアス、社会派





【DVD】Once Were Warriors

Once Were Warriors [DVD] [Import]


●原題:ONCE WERE WARRIORS
●監督: リー・タマホリ
●出演:レナ・オーウェン、テムエラ・モリソン、ジュリアン・アラハンガ、マヌエンガロア・カーベル 他
●ニュージーランドの都市部スラム街に居住する「マオリ族」について、ある一家の物語を通して国内でもタブーとされてきた様々な現実問題を炙り出した人間ドラマ。マオリ族の血を引くアラン・ダフの同名小説を、やはり同じ血を引くリー・タマホリが初監督した映画作品。



「マオリ族」はニュージーランド国民の約15%ほどを占めており、この映画は彼らの抱える問題(教育・貧困・失業・犯罪の連鎖)をリアルに描いたとして、当時はかなりの反響を呼んだとのこと。


この作品の視点は非常にリアルです。
観る側に、主人公一家たちから目を背けることを決して許さない強靱さがあり、それが私にはとても辛かった点でもありました。恐らくこの映画が描きたかったのは、彼らが受けている社会的差別の現状や、それに抑圧されて自尊心を失ってしまった若者たちが起こす犯罪、失業からくる荒んだ生活等だとは思うのですが、私が見ていた一点、それはそれら全てを負った男が起こす家庭内での「暴力」の凄惨さでした。

抑圧された民族や人種の出身者には、それを他者へ怒りとして暴発させる人間もいることを私は身近に知っていました。決して彼らを正当化するものではないのですが。窒息すると顔が別人のように腫れることも、それでも逃げられない日常生活があることも。まるでその場へ手が届くようにそれらを赤裸々に描写し、そして吐き気がするほどその根底にある両者の叫びを轟かせ続けるのが、この映画が映像として見せる凄まじいまでの力です。

現実がそうであるように、この映画もいつしか惨たらしい現実の幕が引かれる時がやってきます。暴力を受けることと家庭を守ることがイコールとなる矛盾が、最終的に家族の悲劇を引き起こしてしまうこの物語の結末は、あまりに悲しく惨いものがあります。もちろん、拳の力を本当の力だと思い込んでいた男の哀れな末路を描くことも忘れてはいません。


自分達のルーツを持て余していた息子達が母親と家族を守り、それぞれに問題を乗り越えて頼もしく成長したことを感じさせるラストは、観るものに安堵感を与える唯一のシーンかもしれません。

かつて「戦士」だった者たちが直面している現実を、この映画は直球で私達に投げかけてくるのです。私個人にとってはあまりにも辛い映画だったこともあり、恐らくもう二度と観ることはないだろうとは思うのですが、映画の持つ威厳、気迫、気高さをきっと忘れることはないだろうと強く感じました。




最後に映画的な側面についても、少し触れておくことにしましょう。

ニュージーランドの映画産業自体が小規模で歴史も浅かったこともあり、この映画が製作された1994年は年間でなんと3本しか作られていなかったというから驚きです。しかし、ジェーン・カンピオン監督の『ピアノ・レッスン』(1993年)が4つのオスカーを受賞して以降、国家をあげて映画産業に力を入れている模様。最近ではNZ出身のピーター・ジャクソン監督の目覚しい活躍もあり(ラッセル・クロウも実はNZ出身→オーストラリアに移住だそう)、また、自然環境が素晴らしい土地柄でもあるためハリウッド映画のロケ地としても近年有名になってきていますね。

映画の中で出てくるマオリの若者たちによるハカの1シーン。

「出陣の踊り(ハカ)で一番大切なのは最初の動きだ。先祖の魂に手を伸ばし、体の中に引き込むんだ。蝶々を捕まえるわけじゃないんだぞ。目を覚ませ!」
マオリ族の多い少年院で指導され、問題行動の多かった彼らは本来の自分達のルーツに目を向けていく・・・




■この記事に関連する映画制作国、地域 : ニュージーランド映画 

FC2共有テーマ : 映画の感想 (ジャンル : 映画

  2010/07/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『バタフライはフリー』 (1972/アメリカ)

   ↑  2010/07/29 (木)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ

Butterflies Are Free [VHS] [Import]

Butterflies Are Free [VHS] [Import]


●原題:BUTTERFLIES ARE FREE
●監督:ミルトン・カトセラス
●出演:ゴールディ・ホーン、エドワード・アルバート、アイリーン・ヘッカート、マイケル・グレイザー 他
●レオナード・ガーシュのブロードウェイ大ヒット舞台劇の映画化。サンフランシスコの安アパートに越してきた女優志願の少女。隣室の青年と知り合いとなり二人は仲良くなるが、彼を溺愛する母親がアパートにやって来たことから騒動が巻き起こるコメディ映画。



『エバン・オールマイティ』 (2007/アメリカ)に引き続き、気軽に観られた映画をもう一本ご紹介。こちらは、BS TwellVの【神宮前名画座】にて鑑賞です。



まず、ゴールディ・ホーンの異常な若さには呆気にとられるばかり。もうほとんどお化けですよ!だってこれ、27歳の時で19歳の役って・・・どういうことですか。ひぇー。下着一枚でウロウロ歩き回る姿、あれはどう見ても10代でしょう!幼さが残るほっそりした肩や腰のライン。うーん、こんなアラサーほんと困るんですけど!真ん丸の大きな瞳に、ふわふわの柔らかそうな髪。くるんくるん変わる表情とヒッピー風の可愛い服。ホーンのキュートで奔放な魅力満載の映画です。


で、内容ですが。

二人の室内での会話だけで四分の一もあったので、あぁこれは舞台劇だったんだろうなと気がつきました。詩の引用やギターに歌、ウィットに富んだ会話なんかがポンポン続きます。主要登場人物は3人しかおらず、映像的展開にも乏しいので、本を読むように、舞台劇を観るように、想像力で補いながら自分の中で物語を広げていくことで、二重の楽しみ方ができる作品に仕上がったようです。



「自由」には相応の「責任」が伴う。今や語り尽くされたテーマであり、確かに新鮮味には欠ける"古くさい"ストーリーではあります。それでも、この時代の"匂い"やファッション、確かな人物像や彼らの人間的温もりが不思議と伝わってきて、小さな優しい余韻が残る可愛らしい映画になっています。一味違った雰囲気を味わいたい時に、さらっと観るには良い作品かも。


・・・ただですね、「マブイわよ」「いかすわ!」「ネンネなのね」なんていう和訳には泣かされました。なんだろう、頭の隅に若かりし頃の加賀まりこさんが出てきて、私の映画鑑賞をずっとジャマしていました(笑)。

バタフライはフリー@映画生活



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2010/07/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『エバン・オールマイティ』 (2007/アメリカ)

   ↑  2010/07/28 (水)  カテゴリー: コメディ




エバン・オールマイティ【Blu-ray】 [ スティーヴ・カレル ]


●原題:EVAN ALMIGHTY
●監督:トム・シャドヤック
●出演:スティーヴ・カレル、モーガン・フリーマン、ローレン・グレアム、ジョン・グッドマン 他
●「世界を変えよう!」という公約のもと、晴れて下院議員となったニュースキャスターのエバン。ある夜、神様に公約実現を祈ったところ本当に神様が現れて「世界を変えたいのなら箱舟を作るように」と命じられることに。戸惑うエバンだったが、彼の周りには箱舟に乗せてもらいたい動物たちが集まり始め、神様が発注した巨大箱舟の材木が毎日届くようになり、なんとエバンに容姿まで変化が現れ始め・・・。日本では劇場未公開となった作品。



毎日35度はある猛暑日が続いております・・・

子どもが朝5時に起こしてくるので、そのままご飯作って→掃除して→洗濯して→お布団干して→子どもと遊んで→お買い物して(この時点でヘトヘト)→夕立前に洗濯物とお布団取り込んで→でまたご飯作って→子どもをお風呂に入れて→寝かしつけて→私も一緒にオヤスミナサイ(私の方が先に寝ているという噂もある・・・)。暑さのためか、普段の倍以上に体力消耗しているようです。で、頭の中がまったく回らない状態なので何も考えずにヘラヘラ大笑いできそうな映画を選んでみました。





この映画、前半のコテコテギャグが今の私にはピッタリだったようでホント大笑い。そして後半は、ダムの水が決壊して方舟を押し流すディザスターものへ変身するのですが、VFXが粗いっちゃ粗いのですが何といっても2度オイシイということで十分楽しませていただきました。


髪と髭が伸びて、ローブを着て食事をとるシーン…「最後の晩餐みたいだね!」と子供が嬉しそうに言うあたり…結構ツボでした。それと、「神様に言われたから方舟を作ることにした」と言い出し、これはもう頭がおかしくなってしまったとしか思えない夫を前に「私こわいのよ」と涙目で訴える奥さんの姿にも笑いが止まらず。もう、ほとんどシット・コムの笑い声状態。大笑いしたい、という当初の目的を見事に達成いたしました。

冷静に観れば穴だらけの残念映画かもしれませんが、「つまらんつまらん」と、ムスっとして観るよりもずっと幸せだったかもしれません。ポジティブ・シンキングです!もう観ることはないと思いますが(笑)、子供の頃にドリフターズを観て大笑いした時のような感覚で楽しませてもらえて、とてもラッキーでした。実は、この映画の前に選択を誤った私は、二本のズッシリ系映画を観てしまい頭の中がもやもやドヨヨーンとしていたので、気分がカラッと洗浄されて助かりました。ふぅ~。この"二本"についてはまた後ほど・・・



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : アメリカ映画 (ジャンル : 映画

  2010/07/28 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『運動靴と赤い金魚』 (1997/イラン)

   ↑  2010/07/17 (土)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ






運動靴と赤い金魚 【BLU-RAY DISC】


●原題:بچههای آسمان‎(BACHEHA-YE ASEMAN) / CHILDREN OF HEAVEN
●監督:マジッド・マジディ
●出演:ミル=ファロク・ハシェミアン、バハレ・セッデキ、アミル・ナジ 他
●修理したばかりの妹の靴をなくしてしまった兄は、家が貧しく両親にもそのことを言い出せない。そこで自分のたった一足だけの運動靴を妹と交替で履いて登校することにする。そんなある日、3等の商品が運動靴という小学生のマラソン大会が開催されることを知った兄は、妹のために出場して3等になるよう懸命に走るのだが・・・。





お父ちゃんが、ジュマ(金曜礼拝)で振舞われるチャイの準備をしながら、イマーム(モスクの先生、お坊様のような人)のクルアーンに耳を傾けて嗚咽する・・・

『運動靴と赤い金魚』に出てくるこのシーンを観ると、いつも私は胸を締め付けられるような思いがします。

経済的には決して恵まれないお父ちゃんは、恐らく学はないのでしょうが、とても信心深くてとても素直で、そして温かい。トルコ語が聞こえてくることから、そこはトルコ系移民が集まるモスクなのだと思うのですが、互いを思いやり、子供たちは当たり前のように親の手伝いをし、年長者を敬う・・・。





私の義父母が住む実家周辺は敬虔なムスリムが住む地方で、同じような風景を滞在中に何度か目にたことがありました。義母がキッチンで涙ぐんでいるのを初めて見た時は、何か悲しいことがあったのかと思い驚いたのですが、実はラジオから流れてくるクルアーン朗唱に聴き入って涙していたのだと分かり、私は何か純粋なものに触れたような気がして、その光景に衝撃を受けました。

義母たちが「このモスクは神様が向きを変えられたのよ」とか「この洞窟に蜘蛛の巣を張って預言者様を守られたのよ」とか、いわゆる「伝承」や「伝説」ではなく心から神様を信じている、神様に守られている、と感じていることに気づき、正直返答に困ったこともありました。

何しろ私は「ダーウィンの進化論」を教育された人間なので、神様が土から人間を作ったんだと今更言われてももうどうしようもないのですが、それでも彼らの「信じている」という尊い姿を見るたび、心揺さぶられるような思いがしたものでした。






「赤い金魚」の意味すること・・・

『運動靴と赤い金魚』では、クルドやイランに残る風習「幸せの象徴」=赤い金魚が、妹のために一生懸命走ったお兄ちゃんの足の周りに慈しむように集まってくる、忘れえぬ美しいシーンがあります。

原題の直訳は「天国(楽園)のこどもたち」となるのですが、「天国」というと日本ではどちらかというと"死"のイメージがあるため、『運動靴と・・・』という邦題にした、という話を耳にしたことがあります。一方、イスラームの世界観としては、天国は人々にとって最高の場所、楽園であり、そこに住まう子どもたちは汚れのない純粋な美しいものとして捉えられます。マジッド・マジディ監督自身は「運動靴と赤い金魚」というタイトルを付けたわけではありませんので、ここから彼が何かを意図しようとか主題にしようとしたわけではないんですね。あくまで"邦題"ですので、直接的な意味をここから掬うことは難しいでしょう。

しかし、イランでは「赤色」は再生や蘇りなどのシンボルカラーであり、「金魚」は縁起の良いものとしてお正月飾りで必ず見られるポピュラーな物です。また、所変わって中国では、真っ赤な飾り付けが施される春節の際にやはり「赤い金魚」が登場します。そして日本でも、女の子の無病息災などを祈願する雛祭りで、「吊るし雛」の飾りとして同様の「赤い金魚」を目にされることもあるでしょう。



つまり、赤い金魚の映る清らかな映像を見ていると、どこか幸福感に包まれるような思いがするのは皆さん同じではないでしょうか。

違いばかりが際立って目に付きやすい世の中ですが、本当は教育や信仰などは異なれど、私達は世界のどこかで、遠い歴史の中できっと繋がっているのだなぁと、この映画を観るたびにいつも私は思うのです。
清らかで優しい余韻を観る者に残す、とても大好きなイラン映画です。





そう、これは余談なのですが・・・
トルコ語と日本語は、助詞や疑問文などを難しく考える必要がないほど、文法から単語まで驚くほど似ています。大雑把に言ってしまうと、日本語と同じ構成で単語を繋げていけば意味が通じてしまうんですよ!

Kitaplarin  eline  gecmesine  ben de   cok  sevdim.
 (本が)   (手に)  (入って)  (私) (も) (とても) (嬉しいです)

ペルシャからシルクロードを渡って、遠いアジア、日本にも同じような風習や文化があることに、なんだか感動してしまうのです。


■この記事に関連する映画制作国、地域 : イラン映画 アラブ・中東映画 

FC2共有テーマ : お気に入り映画 (ジャンル : 映画

  2010/07/17 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『青春デンデケデケデケ』 (1992/日本)

   ↑  2010/07/14 (水)  カテゴリー: コメディ



青春デンデケデケデケ デラックス版 [DVD]


●監督:大林宣彦
●出演:林泰文、柴山智加、岸部一徳、ベンガル、浅野忠信、尾藤イサオ、永堀剛敏 他
●1960年代の四国の田舎町。ベンチャーズに憧れてロックバンドを結成した高校生たちの姿を軽妙でノスタルジックに描いた青春ドラマ。




個人的には大林宣彦監督作品に特に思い入れもなく、また1960年代という私の生まれる前の時代設定にはピンとくるものはない・・・のだけれど。もう、私の青春とかぶりまくりで、お母さん胸キュンものです(死語)!


主人公の「ちっくん」こと藤原君は、ベンチャーズの「パイプライン」のデケデケデケデケ~の音に稲妻に打たれる如く衝撃を受けて「高校でバンドをやるんだ!!」と心に誓うんだけれども、私の大学時代の青春はビートルズ一色(あ、もちろんリアル世代ではないですよ)。ヘフナーとかリッケンバッカーを持った男子ばかりのビートルズのバンドサークルだったので、私はちっとも可憐ではない青春時代でしたね(笑)。

この映画のようにみんなで集まって、ああでもないこうでもないと言いながらアツく練習してみたり。そうそう、「夏合宿」とかいってスタジオ付きの宿泊施設に泊り込んではクジ引きで即席バンド(普段では有り得ないメンバーが楽しい!)をやってみたり、「ドラえもん」を本気出して演奏してみたり、夜通しグラグラの頭でセッションしてみたり。

あの頃、面白いことが幾らでも思いついて、そしていつでも仲間がすぐ傍にいるからそれをスグに実行できたりして。それにね、文化祭。あぁそうですよ文化祭!この映画のように卒業最後の年が一番の思い出ですね・・・って、あれ?私映画の感想書いてるんだか自分の思い出を語ってるんだか分からなくなっています(笑)。





高校を卒業するところまでの、こっぱずかしくて青臭い、そして今から観ればかなり古くさい高校生たちの青春物語。ラストステージの後はどこか一抹の寂しさもやはり感じられるのですが、この続き、私には分かるんです。だからちっとも寂しくない!

一緒にバカなことをして喧嘩したり泣いたりした仲間も、今はみんなイイおじさんやパパ。楽器から離れた人も、まだまだオヤジバンドを続けている人も、ことあるごとに集まっては一次会の後はスタジオとってセッション!と、あの頃と同様「音楽」が皆を結び付けてくれています。

映画の中の彼らもきっと、社会の荒波にもまれたり失恋したり昇進したりしながらも、デンデケデケデケ~を聴くたびに胸キュンしては足をジタバタさせながらもまた歩いていけるんだろうなぁ、なんて。そんなこと、思ってみたりするわけです。

・・・というワケで。
あら~今日はとっても個人的な映画感想になってしまいました。これだけ客観性のない立場で映画鑑賞すると、感想なんていうより自分の中に映画そのものの風景を取り込んでしまうんですねぇ、スミマセン。今日はビートルズでも聴いてさっさと寝てしまおうと思います!




1Dもいいけれど、ビートルズだって今聴いてもカッコイイ!




■この記事に関連する映画制作国、地域 : 日本映画 

FC2共有テーマ : 映画 (ジャンル : 映画

  2010/07/14 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit