お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2010年09月 → )

total 2 pages  次のページ →  

『約束の旅路』 (2005/フランス)

   ↑  2010/09/30 (木)  カテゴリー: シリアス、社会派
8月鑑賞映画memo 第8弾『約束の旅路』





約束の旅路 デラックス版 [ シラク・M.サバハ ]


●原題:VA, VIS ET DEVIENS / GO, SEE, AND BECOME / LIVE AND BECOME
●監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
●出演:ヤエル・アベカシス、ロシュディ・ゼム、モシェ・アガザイ、モシェ・アベベ、シラク・M・サバハ 他
●1984年、干ばつによる飢饉や内紛を逃れ、隣国スーダンの難民キャンプへと辿り着いたエチオピアの母子。母親はそこで「エチオピア系ユダヤ人」だけがイスラエルに脱出できることを知る。母子はキリスト教徒だったが、母は9歳の息子を生かすため彼にユダヤ人と偽るよう命じ、ひとりイスラエルへと旅立たせるのだった。やがて少年はシュロモというイスラエル名を与えられ、リベラルな思想を持つヤエルとヨラムの夫婦の養子となる。新たな家族から大きな愛情を注がれるシュロモではあったが、実の母への思いは断ちがたく、また肌の色による壁や自分を偽り続けることへの後ろめたさが彼を苦しめ続けるのだった・・・。



「イスラエルが昨年11月から停止してきたヨルダン川西岸などでのユダヤ人入植地建設が9月26日に期限切れを迎え、入植予定地ではユダヤ人入植者らによって建設再開に向けた式典が開かれた」というニュースが入ってきました。入植再開にもかかわらず、イスラエルのネタニヤフ首相はパレスチナ自治政府・アッバス議長に【和平交渉継続】を呼びかけたとのこと。「交渉」にもならないことは目に見えているのに・・・。






この映画で描かれた「"ユダヤ人だけ"を救出する」というモーセ作戦(と後のソロモン作戦)自体、私は人道的支援とは異なる行為だと思っています。「救出」とはいえ、イスラエルの対パレスチナ政策に起因する(ユダヤ国家定着のため人口および入植者増加を目的とした)ものであり、同じ干ばつや貧困にあえぐキリスト教徒たちは選別され、救出の道は与えられなかったのですから・・・。

とはいえ、エチオピア系ユダヤ人(ファラシャ)が、太古の昔から聖地エルサレムへの"帰還"を夢見ていたのも事実です。旧ソビエト政権治下のエチオピアでは移民は禁じられていたうえ、襲撃、拷問、疲労、餓えや渇きなどで命を落とす者も何千人と出でも、彼らはイスラエルへの切符を手にできるスーダン難民キャンプを目指して歩き続けたといいます。過酷な道を、彼らは歩んできたのです。

そのため私はこの作品を「シオニズムベースの感動のプロパガンダ映画だったら本当に嫌だな」と、実は穿った気持ちで観始めたのですが、ユダヤ人とユダヤ教徒(とイスラエル)が抱える問題を、この映画は少年シュロモの成長とともにキッチリ浮かび上がらせていることに途中から気がつきました。

主人公はもちろん、周辺の人々を引き裂き苦しめたのは、次第にエスカレートしていくパレスチナとイスラエルの対立による「政策」に他なりません。ここに描かれる映画の人物の誰が悪いというわけではないのですよね。誰かを押し退けて自分一人が幸福になりたいわけでもない。それどころか、自分を犠牲にしてでも愛する家族を守りたいという感情が溢れ出ているのです(邦題の「約束の旅路」というと所謂シオンの地を思い起こさせますが、この映画を最後まで観ると「約束」という意味が原題の『Va, vis et deviens(英題「Go, live and become」)』という、シュロモへの母親からの言葉だとわかる)。自分が生まれた国の、宗教の、政治の、家族の、コミュニティの中で、それぞれが自分たちの信じる小さな幸せを願っているだけなのです。





加えて、この映画でユニークだなと思ったのは、少年シュロモをイスラエルで養子として迎え入れる家族の設定が「左派で無神論者」という点です。そうか、こういう人々もいるんだなと改めて感じさせられました。

そしてその養父親役のロシュディ・ゼムは、実際はイスラム系アラブ人という点も。
この面白いキャスティングには、監督の思いが伝わるようです。ゼム自身もインタヴューで言っているのですが、イスラエルでもパレスチナでも平和主義・共存を目指す人々はいるが、彼らは「非愛国主義者」として扱われてしまうとのこと。それでもこの映画は「共存」という希望を私達に僅かに見せてくれる光のようです。






母親と再会するため運命に立ち向かうシュロモが当然この映画の主人公なのですが、彼と結婚した女性サラの選択と存在こそがこの作品に込められた希望なのでは・・・という気がしてなりませんでした。

国家にも宗教にも人種にも翻弄されず、ただ目の前にいる青年だけを思うことのできる力。シュロモの出自を知った上で彼女が決断する行動。言葉にするのは簡単ですが、容易に出来ることではありませんし、ましてやそのような感覚を持ってサラが成長してこられたこと自体、私には奇跡にすら思えるのです。




手を握り合える所に友人がいたら、これほどまでに憎み合う世界はなかったかもしれない。
そう感じるこの思いは、そのまま私にも返ってくる想いです。イスラム教徒、キリスト教徒の友人はいますが、イスラエル人やユダヤ教徒の知り合いはいない(ユダヤ系はいたのかもしれないけれど)ため、彼らの痛みを私は本当は知らないのです。

私自身、曽祖父の代にアメリカへ移民した日系の家系ですが、彼らが大戦中に日系人収容所に収容されたからといって、私はアメリカ人全てを恨んでいるわけではないのです。

どの時代においても、人間どうしの絆や繋がりは国家や政策の犠牲になるものです。そしてそのことを忘れてしまうと、私達はいつの間にか知らない力に翻弄され、醜い争いへと身を投じることへと連鎖していくのです。世界が今、再び忘れ始めてきたことを、この映画は「ファラシャ」をテーマに静かに教えてくれるように感じました。

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 アラブ・中東映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2010/09/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

10年後のセレブのお顔拝見!

   ↑  2010/09/28 (火)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・
今日は、映画鑑賞memoの中休みです。
イギリス「デイリー・メール」の過去の記事から面白いものを引っ張ってきましたよ!

「2020年にはハリウッドセレブはどんな顔になっているのだろう!?」

というミーハーな話題です。ま、大体「セレブ」って何さ!という感じなのですが(笑)最近ブラピもお直しをしたようで、再び昔のようなツルピカお肌を取り戻したらしいですよ。で、こちらの記事ですが、犯罪科学の分野でも活躍するワシントン在住のフォト・モンタージュ・アーティストのジョー・ミュリンズ氏が、セレブたちの10年後を予想した写真の数々です。

ミュリンズ氏が最近の彼らセレブの顔写真をイジる際、最も重要にしたのは “普段の生活スタイル” だそう。
●加齢による自然なシワ
●幼い子供と一緒で笑いが絶えない生活
●イライラしがちで眉間にシワが寄ってしまう日々
●仕事の忙しさや睡眠量、食生活、体型
・・・などを考慮したのだそう。

ベッカム夫妻、マドンナ、ブランジェリーナ、パリス・ヒルトン、ブリちゃんの「10年後のお顔」を拝見できます。いや、しかし、考えてみたら「メンテナンス」に抜かりのない方ばかりなので・・・実は10年後も今と同じ顔だったりして(それが一番コワイかも)!

シェールとかデミ・ムーアとか、もうどこがどうなってるのか分からないくらいですもんねぇ。先月「アクターズ・スタジオ・インタビュー」のゴールディ・ホーンの回をみましたが、表情が固まっていて結構怖かった・・・

興味のある方はぜひ!
【Gosh, Posh, is this you in 2020? How our favourite celebrities might look in ten years' time 】
By Dailymail online



FC2共有テーマ : 映画関連ネタ (ジャンル : 映画

  2010/09/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『マルタのやさしい刺繍』 (2006/スイス)

   ↑  2010/09/18 (土)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ
8月鑑賞映画memo第6弾 『マルタのやさしい刺繍』




[DVD] マルタのやさしい刺繍


●原題:DIE HERBSTZEITLOSEN / LATE BLOOMERS
●監督:ベティナ・オベルリ
●出演:シュテファニー・グラーザー、ハイジ・マリア・グレスナー、アンネマリー・デューリンガー、モニカ・グブザー 他
●スイスの小さな村、トループ村。夫に先立たれ、生きる意欲を持てずにただ漫然と毎日をやり過ごす80歳のマルタ。そんなある日、彼女はふとしたきっかけから、若い頃に抱いた夢のことを思い出す。それは、自分でデザインして刺繍したランジェリーの店を開くこと。そして、ふさぎがちな彼女を心配していた友人たちの後押しで、もう一度夢に向かって動き出すマルタだったが・・・。



コレ、「スイスの可愛いおばあちゃん」のハートウォーミングなお話、と勝手に予想していましたが、意外や意外「保守的な地方の老人問題」というダークフォースにやられてしまいました。一見美しく見えるスイスの山村にも、老老介護だとか保守層の教会だとか、色々と住み難さはあるもんですねぇ。自分の夢を叶えるために頑張るマルタおばあちゃんに対して、息子さんやら村の実力者やらご近所の方々が「ひぇー」と思うようなエグい意地悪をしてきます。スイス人てば怖いですわ(笑)。


それと、細かいことを言う姑のようで申し訳ないですが、マルタの売り出すランジェリーというのが、ペローンとしたナイロン生地の結構大雑把な感じのデザインで「こ、これに注文が殺到か!?」とビックリしました(笑)。そりゃマルタの刺繍に価値があるんでしょうけれど、あまりその辺も刺繍の細やかな美しさみたいなものもあまりクローズアップされていなかったような・・・。ネットにupしてすぐに話題になるのもね、ちょっとトントン拍子過ぎたかな。



なーんて意地悪なことを書いていますが、おばあちゃんたちが知恵を出し合って頑張るたびに「負けるなー!がんばれー!」と自分もムキになって応援してしまったくらい力が入りました。年齢を重ねた上で新しいことにチャレンジしたり新しい価値観を受け入れるというのは、自分が思っている以上に難しいものだと(もう既に)私は思っています。頑固だけれど柔軟さもあり、チャーミングで好奇心が強く、まだまだ物事を面白い!と感じられる若い心を持ったこのおばあちゃんたち。つくづく、皺やらシミやらタルミなんかも増えますけれども、女どうし年をとっていくのもいいものだなと思いました。



因みに原題「Die Herbstzeitlosen」はコルチカム(イヌサフラン)というユリ科の植物の名前。イヌサフランの球根や葉には有毒成分であるコルヒチンが存在するので、誤って食べてしまうと命の危険もあるのです。一方、その花言葉は「永続」「頑固」「楽しい思い出」「悔いなき青春」「華やかな美しさ」 などなど・・・・。温かさの中にピリっとくる毒を持った面白い映画でした。


memo
■スイスは、スイスドイツ語、フランス語、イタリア語、インド・ヨーロッパ語系のロマンシュ語など多くの言葉が存在するため、なかなか映画が大ヒットに繋がりにくい国。しかし本作は小さな劇場での公開にも関わらず、多くの観客の共感を得て、同年公開のハリウッド超大作(ダヴィンチ・コード、パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト)を次々と抜き、堂々の動員数No.1に輝くなどの社会現象を起こした。

■監督は弱冠35歳の新鋭女性監督、ベティナ・オベルリ。『ファーゴ』『レザボアドッグス』のスティーヴ・ブシェミのもとで撮影技術を学んだ彼女は、本作では、エメンタール地方に住む自身の祖母の生活からヒントを得て、小さなコミュニティーが抱える問題を風刺しながらも、心あたたまる力強い作品を見事に描いた。

■主演はスイスの“グレート・レディ”こと、本国では誰もが知っているお茶の間の人気女優シュテファニー・グラーザー。88歳となる彼女は意外にも本作がスクリーン初主演。そんなシュテファニーのチャーミングな演技はスイス映画賞主演女優賞にノミネートされるなど、本国で高く評価された。

(『マルタのやさしい刺繍』公式HPより抜粋)

マルタのやさしい刺繍@映画生活



■この記事に関連する映画制作国、地域 : スイス映画 

FC2共有テーマ : 映画を楽しむ (ジャンル : 映画

  2010/09/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『幸せになるためのイタリア語講座』 (2000/デンマーク)

   ↑  2010/09/17 (金)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ
8月鑑賞映画memo第5弾 『幸せになるためのイタリア語講座』





幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版 / 洋画


●原題:ITALIENSK FOR BEGYNDERE / ITALIAN FOR BEGINNERS
●監督:ロネ・シェルフィグ
●出演:アンダース・W・ベアテルセン、ピーター・ガンツェラー、ラース・コールンド、アン・エレオノーラ・ヨーゲンセン 他
●冬、デンマーク・コペンハーゲン近郊のとある町。妻を亡くしたばかりのアンドレアスは、新任牧師としてこの町を訪れ、ホテルに泊まる。そのホテルのお人好しなフロント係ヨーゲンは、レストランで働く親友のハルにクビを宣告する役を上司から押しつけられ当惑する。そのヨーゲンへ秘かに想いを寄せているウェイトレスのジュリア。パン屋の店員オリンピアは偏屈な父親に閉口し、美容師カーレンはアルコール依存症の母を抱えていた。そんな彼らは、市の主催する週に一度のイタリア語初級講座で顔を揃えようとしていた。(allcinemaより抜粋)




修正のない自然光。奇をてらうことのない素朴な編集。温かな人間味を素のままで感じるとともに、まるでその場に居合わせたかのような、荒削りで生々しい匂いも同時に感じる。ドグマ映画(Dogme95)の厳しいルールがうまく功を奏した素敵な作品だなと思いました。特殊効果もなく、演出がかった音楽もありません。実験的であるがため、かえってそれらが意図的に感じたり厭わしく思われたりするのかもしれないけれど、それでもただ、人が純粋に映像のみで物語を伝えようとしている気持ちが、私には心地よく感じられました。物語と共にいるような安心感。


デンマークという国の人が、立ち行かなくなった人生と何とか向き合うために「イタリア語を習おうよ」という気持ちになるあたり(理由は人それぞれだけど)、これだけとっても私には十分に解りすぎるくらいわかって、ちょっとジーンときてしまった。皆、幸せになれますように。




このメモを保存した後、この映画の"感覚"を料理しながら幾度となく思い出すことがありました。玉ねぎを焦がさないように丁寧にゆっくり炒める感じ。さっくりした食感になるように、ふるいにかけた小麦粉を根気強く少しずつ加えて一生懸命混ぜる感じ。売っているお弁当や手軽なお惣菜、レストランの美しい食事などではなく、素材に自分で手をかけて美味しいものを作りたいと思う時の穏やかな気持ち。美味しいものは、意外と飾り気もなく簡素でシンプルだったりする気がします。


Dogme95「純潔の誓い」
■撮影はすべてロケーション撮影によること。スタジオのセット撮影を禁じる。
■映像と関係のないところで作られた音(効果音など)をのせてはならない。
■カメラは必ず手持ちによること。
■映画はカラーであること。照明効果は禁止。
■光学合成やフィルターを禁止する。
■表面的なアクションは許されない(殺人、武器などは起きてはならない)。
■時間的、地理的な乖離は許されない(つまり今、ここで起こっていることしか描いてはいけない。回想シーンなどの禁止である)。
■ジャンル映画を禁止する。
■最終的なフォーマットは35mmフィルムであること。
■監督の名前はスタッフロールなどにクレジットしてはいけない。


幸せになるためのイタリア語講座@映画生活



■この記事に関連する映画制作国、地域 : デンマーク映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : 映画を見て、思ったこと (ジャンル : 映画

  2010/09/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ニュースメーカーズ』 (2009/ロシア、スウェーデン)

   ↑  2010/09/17 (金)  カテゴリー: アクション、パニック
8月鑑賞映画memo 第4弾 『ニュースメーカーズ』





ニュースメーカーズ 【DVD】


●原題:GORYACHIE NOVOSTI / NEWSMAKERS
●監督:アンダシュ・バンケ
●出演:アンドレイ・メルズリキン、エフゲニー・ツィガノフ、マリヤ・マシュコーヴァ、セルゲイ・ガルマッシュ 他
●ある朝、モスクワの静かな街角は戦場と化した。武装強盗団が警察と交戦し、多くの犠牲者を出した挙句、強盗団は逃走。失墜した警察の威信を回復するため、報道官のカティアがたてた奇想天外なプラン。それは特殊部隊に小型カメラを装着させ、犯人逮捕の瞬間をテレビ中継しようというものだったが・・・。



久しぶりの【ロシア映画】ということで、ウキウキでレビューを書き切り、最後のエンターキーをパーン!と押しところで何故かデータがバシーッ!と消えてしまい、枕を濡らしたのは昨夜のことです。こんにちは。もう力が出ないよ~。

とりあえずmemoのまま掲載です(涙)。






ブレイキング・ニュース / 洋画


香港映画『ブレイキング・ニュース』のリメイクということですが、そちらは残念ながら未見のため単独で解釈。

モスクワの有名なロケーションに見慣れていないため「おぉ!ここで銃撃戦が!」とか、俳優陣の顔も見慣れないため「おぉ!あの俳優が!」などという馴れ合い感がなく非常に新鮮味を感じました。あ、アンドレイ・メルズリキンは『ミッション・イン・モスクワ』(2006/ロシア)でも主演しています。




この作品全体がロシア警察に対する皮肉で成り立っています。

そして、それと比較するかのようにちょくちょく引き合いに出されるのが、なんと我らが日本警察。ロシア警察に比べると、まだ日本の組織の方がマシに映っているんでしょうねぇ。

「日本の武装強盗の検挙率は76%だ。我が国は?」とか
「警察の緊急対応策に日本のようなマニュアルを!」とか。

長官のオフィスには日本刀が飾ってあったり、特殊部隊のランチが異常に日本びいきだったりとか←これはスゴかった(笑)!

人質家族のおじさんが、犯人一味に作ってもらった美味しいご馳走を前に、大切にとっていたまだ開けていないブランデー(アルメニア産の【アララット】)を「こうやって知り合えた記念に!」とか言ってウキウキと出してしまうとか(ま、これはよく考えると「ストックホルム症候群」かもなのですが、)犯人たちの方が冷徹な国家警察より人間味があるっていうことなんでしょうね。







作戦の特殊部隊が(一応)精鋭なのに対して、私服警官部隊のスミルノフおじさんたちは、ずんぐりむっくりで息切れしてるなんて対比が面白いです。オフィシャルウォーターを作ってド派手に作戦をぶち上げるところとか、笑いの小ネタがあちこちに効いています。

展開の速さ、味のある俳優陣に加え、ネット社会における国家組織の在り方なんかを上手く網羅したエンターテイメント作品に仕上がっていると思います。とにかく最後の最後までロシア警察を笑う部分などは、旧ソ連時代にはとてもとても考えられなかった映画作品だと思います。時代は変わりますねー!



■この記事に関連する映画制作国、地域 : ロシア・旧ソ連映画 

FC2共有テーマ : アクション映画 (ジャンル : 映画

  2010/09/17 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit