お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2012年02月 → )

total 2 pages  次のページ →  

『ミルコのひかり』 (2005/イタリア)

   ↑  2012/02/29 (水)  カテゴリー: シリアス、社会派





ミルコのひかり [ ルカ・カプリオッティ ]


●原題:ROSSO COME IL CIELO
●監督:クリスティアーノ・ボルトーネ
●出演:ルカ・カプリオッティ、シモーネ・グッリー、アンドレア・グッソーニ、アレサンドロ・フィオーリ、ミケーレ・イオリオ、フランチェスコ・カンポバッソ、フランチェスカ・マトゥランツァ、パオロ・サッサネッリ 他
●1970年代初頭のイタリア、トスカーナ地方。10歳のミルコは映画を愛する少年だったが、銃の暴発で両目の視力を失ってしまう。当時のイタリアでは、盲目の少年は普通の学校教育を受けることが出来なかったため、全寮制の盲学校へ転校させられることに。心を閉ざしがちだったミルコはある日、テープレコーダーを見つける。“音”との出会いに新鮮な喜びを感じるミルコ。そして、彼の優れた聴力に気づいた担任の神父が救いの手を差し伸べるのだった…。




イタリア映画界で活躍する盲目のサウンドデザイナー、ミルコ・メンカッチ(Mirco Mencacci)の少年時代の実話に基づく感動ドラマ。実はあまり期待もせずに前情報ナシで観たのですが、これはよかった!

盲学校の生徒役には実際に目の不自由な子どもたちをキャスティングしているとのことで、視覚にハンディキャップを持ちながらも生き生きとしている"子どもらしい"言動のあれこれが、物語を瑞々しくリアルに映し出してくれます。






原題の『ROSSO COME IL CIELO』は「空のように赤い」という意味。
これは盲学校に入ったミルコが初めて友人になったフェリーチェに、色が見えていた時の世界を教えてあげる時の会話から。

"Il rosso come il cielo al tramonto."

台詞の中では「夕焼け空」と言っているのですが、このシーンだけでもミルコの物事に対する観察力、洞察力、そして表現力がどんなに豊かな子供なのかが染み入るように伝わってくる美しくて印象的な場面でした。

この映画には、"目に見える"という手段では伝達が出来ない代わりに「言葉」で表現しようとする力が台詞の端々に見られ、その豊かさからは「目では見えないこと」の重さや大切さが自然と心の内に入ってくる不思議な力があります。





「私は見たんだ、偉大な音楽家が演奏する時――目を閉じるのを。なぜかな?音楽に耳を澄ますためさ。音楽が変化してもっと強く大きくなるんだ。からだ全体で感じるんだ。」

視覚を失ったことで心を閉ざしていたミルコの心を開いたジュリオ神父の言葉。
偶然にもミルコは、その後イタリア映画界屈指の音響編集者となるわけですが、彼の"音"に対する才能は視覚を失ったことで更に研ぎ澄まされ「イマジネーション」の翼を羽ばたかせることに。水の音、鳥たちの声や、風が吹き抜ける音・・・・

ミルコが音の世界から物語を生み出し、それが皆の心を強く惹き付け、制約のない壮大なファンタジーの世界へと誘っていく――そして盲目の子どもたちの"自由と権利"をも勝ち取っていく力になるとは、きっと誰も想像できなかったことでしょう!



暗がりを歩く時。
目隠し鬼ごっこをする時。
コメディ映画で大笑いする時。
お話に合わせて音を創り出していく時。

子どもたちの生き生きとした姿に心動かされるものがあります。




"Hai cinque sensi Mirco, perché ne vuoi usare solo uno?"

先述のシーンでの、ジュリオ神父のもう一つの言葉。手で触り、匂いを嗅ぎ、音に耳を澄まして自然に向き合おうとする他の生徒を後目に「僕は目が(微かに)見えるから、皆と同じような授業は受けない」と頑なに態度を崩そうとしないミルコに対し「僕も見えるけれど、それだけじゃ足りない。君には五感があるね、ミルコ。でもどうして1つしか使おうとしないの?」と。

目で見えることがすべてではない、目が見えることで世界を知っているわけではない、可能性はたくさんあるのだと。この映画を観ていた自分自身にも深く響いてくる言葉でした。
良い映画に出会えたことが嬉しい一時でした。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : イタリア映画 

FC2共有テーマ : ヒューマン・人間ドラマ (ジャンル : 映画

  2012/02/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ブラザーズ・ブルーム』 (2008/アメリカ)

   ↑  2012/02/24 (金)  カテゴリー: コメディ


ブラザーズ・ブルーム [ エイドリアン・ブロディ ]


●原題:THE BROTHERS BLOOM
●監督:ライアン・ジョンソン
●出演:レイチェル・ワイズ、エイドリアン・ブロディ、マーク・ラファロ、菊地凛子、ロビー・コルトレーン、マクシミリアン・シェル 他
●詐欺師兄弟のブルームとスティーブン。彼らは子供の頃からカモを見つけては金を騙し取り、世界中を旅する生活をしていた。20年の月日が経ったある日、弟のブルームは嘘で塗り固めた自分の人生に嫌気がさし、詐欺師を辞め、モンテネグロで生活を始める。しかし兄スティーヴンと仲間のバンバンに居場所がばれ、新しい仕事の話を持ちかけられる。これを最後に詐欺家業から足を洗うという約束で渋々引き受けるブルームだったが・・・。




主演にはオスカー俳優エイドリアン・ブロディや、確かな演技が光るマーク・ラファロ、知的で清楚な魅力素敵なレイチェル・ワイズ、ユニークな存在感を誇る菊地凜子の4人。脇を固めるのはイギリスドラマ「心理探偵フィッツ」や『ハリー・ポッター』シリーズで有名なロビー・コルトレーンに、オーストリアの名優マクシミリアン・シェルが。

で、これほどのメインキャストが揃っていながら、てんでバラバラ、しかもやる気がないのかと心配するほどローテーションな雰囲気を醸し出しながら、突如として息を吹き返したように張り切りだすという・・・。これは役者のせいではなく「カッコよくしちゃおうぜ!」的な編集のせいなのかもしれません。久々に感じる演技と演出の不協和音に驚愕しながら、怖いもの見たさで結局最後まで観てしいました。うぇーん






何より「言葉をほとんど発しない」という"変人"役を、菊地凛子がそれに乗ってしまったような薄っぺらい演技で"遊んでいる風"なのが、どうも観ていて居た堪れなくまりました。今回よく分かったのが、こういう「粋で洒落た雰囲気作り」に酔っている作品が本当に本当に苦手だということ。日本ではDVDスルーというのも、私は納得できます。ガッテンガッテン

ただ、やっぱりどんな映画にも「良いところ」はあって、世間知らずで純粋なレイチェル・ワイズのキュートさ(&病院着でお尻丸出しになるという笑いへの度胸の良さ)には女性の私でも参ってしまうし、ダイヤモンドドッグの眼帯を始め、シーンごとにチェンジされる帽子やサングラス、手袋といったファッショナブルな衣装やアイテムの数々には強いこだわりを感じるものがあるし、よく聴くと使われている音楽も素敵でした。


それと、ラスト!

マーク・ラファロの魅力を借りて言うならば、きっとあの後ドアの向こうからバンバンがやって来て・・・・と思わずにはいられませんでした。「詐欺」の話なんだもの、嘘でもいいから幸せなラストを思い浮かべたいですよ。映画からの解釈としては全く的外れだろうとは思うけれど、それでもやっぱり騙して欲しいなと。そこだけ妙に強く印象に残りました。



今回この予告編を初めて見てみたらこの映画の総てを物語っていて、あららこれだけで十分だったわ~とも思いました。2分半で十分な映画を2時間近く観た私って一体・・・・



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : アメリカ映画 (ジャンル : 映画

  2012/02/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ハイジ』 (2005/イギリス)

   ↑  2012/02/19 (日)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ



ハイジ ファミリー・エディション [ エマ・ボルジャー ]


●原題:HEIDI
●監督:ポール・マーカス
●出演:エマ・ボルジャー、マックス・フォン・シドー、ジェラルディン・チャップリン、ダイアナ・リグ、ポーリン・マクリン、ジェシカ・クラリッジ、サム・フレンド 他
●両親を亡くし、叔母に育てられたハイジは、山奥に住むおじいさんに預けられる。人を殺したなどという物騒な噂のあるおじいさんだったが、ハイジはすぐになつき、おじいさんも明るく元気なハイジと仲良くなっていく。ヤギ飼いのペーターとその家族とも仲良くなったハイジ。しかし、ある日、突然デーテ叔母さんが現れ、フランクフルトのお金持ちのお嬢様クララの遊び相手にさせるため、アルプスから勝手に連れ出してしまう。世界的に有名な児童文学を完全映画化。




日本版のDVDジャケット、かなり嘘なんですよ~
この映画は、アルプスの高山を"天候の変わりやすい薄曇りや凍てつく雪景色"として、またクララの住むフランクフルトは"グレーがかった暗いトーン"で当時の生活感をリアルに映し出しています。それをいかにも「アルプスの少女☆ハイジ♪」という雰囲気満でキュートピンクに彩るという"あざとさを"を全面に打ち出したジャケットデザインには、ちょっとがっかり。

ヨハンナ・スピリ原作の名作児童文学「アルプスの少女ハイジ」を忠実に映画化したということに、もっとどっかりとした誇りを持ってデザインして欲しかったです。山でのチーズ作りや質素な食事風景など、地味だけれど生活感のある描写は映画ならではの温かみがあって、それがとても良かったのになぁ。






むかし人を殺したという噂のある"おんじ"が、あの『エクソシスト』のメリン神父ことマックス・フォン・シドーだという、もし子どもが知ってしまったら大泣きして逃げ出しそうな配役や、ジェラルディン・チャップリン演じる「ロッテンマイヤーさん」(出た!!)が躾には異常に厳しいのに食べ方がとても汚いという、その人の持つ本質・人間性のようなものを生々しく見せてくれるキャラクター像が炸裂している点など「こども映画」とはいえども見応えがあり、かなり好きでした。

人間の捻じ曲がった深層心理描写に程よく毒があり、大人の目線で観る分にも十分楽しめるものだと思います。



そしてなんといっても『ハイジ』を観るにあたって、もう一つ期待していたのは最大の山場である「クララが立った!」がいつやってくるのか!?ということ。

・・・ところが映画の展開自体がかなりの駆け足なので、これが「あっ」という間に終わってしまうんです。ナンダツマンナイ

おまけにですよ、「クララ、今立っていたじゃない!」と興奮するハイジとおじいさんが「さぁ、こっちにきてごらん、さぁ!!!」と、あんな岩ゴツゴツの山の斜面でいきなりクララを歩かせようとするんです。うぉーアブナイじゃないのよー!今歩いたばっかりの子になにするんですかね、スっ転びますよ。お母さんそれを見て自分がうぉーと立ち上がりそうになるくらいちょっと怖かったです。実写ならではのサスペンスでしょう!(笑)





というわけで、原作をダァーっとなぞったという意味では、かなりスピード感のある『ハイジ』ではありました。我が家の子どもはまだちょっと小さすぎて、ソリで雪山を滑降するシーンにしか興味が向きませんでしたね。

アルプスの大自然を観られてよかったなぁ、なんて呑気に思いながらエンドロールを眺めていたのですが、最後の方にVFXチームの名前がバンバン並んで出てきたんですよね。あぁ、今の時代はこんな古典でナチュラルな映画でもVFXは欠かせなくて、きっとあの大自然の景色も消したり加えたりされていたんでしょうねぇ・・・。なんだか「おしえて~アルムのもみの木よ~♪」がちょっと懐かしくなってしまいました。




■この記事に関連する映画制作国、地域 : イギリス映画 

FC2共有テーマ : イギリス映画 (ジャンル : 映画

  2012/02/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『モンテーニュ通りのカフェ』 (2006/フランス)

   ↑  2012/02/12 (日)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ




モンテーニュ通りのカフェ [ セシール・ド・フランス ]


●原題:FAUTEUILS D'ORCHESTRE / 英題:AVENUE MONTAIGNE
●監督、脚本:ダニエル・トンプソン
●出演:セシル・ドゥ・フランス、ヴァレリー・ルメルシェ、アルベール・デュポンテル、クロード・ブラッスール、クリストファー・トンプソン、ダニ、ラウラ・モランテ、シュザンヌ・フロン、シドニー・ポラック、ギョーム・ガリエンヌ、アネリーズ・エスム、フランソワ・ロラン、ミシェル・ヴュイエルモーズ 他
●パリ8区、モンテーニュ通り。この通りからは美しく聳え立つエッフェル塔が見える、パリきっての豪奢な地区。劇場、オークションハウス、有名メゾン、由緒あるカフェ、そして出会いと別れ。そのカフェに集うのは、演奏を控える著名ピアニスト、自分の生涯のコレクションを競売にかけようとしている美術収集家、舞台の初日を迎えようとする女優など。様々な思いを持った人々の人生が、実在する“カフェ・ド・テアトル” で交差していく・・・。




フランスの名女優シュザンヌ・フロンの遺作。そして彼女の孫役は、生命力いっぱいに溢れるセシル・ドゥ・フランス。演劇にも音楽にも美術にも先入観を持ったず知ったかぶりもしない、真っ白な心で向き合う彼女の清涼感のある快活さは、シュザンヌ・フロンの映画人生のフィナーレを美しく飾ってくれました。これだけでもう、ステキなキャスティングだなぁと、オープニングだけでこの映画が好きになってしまった!

含蓄のある言葉が風が吹くようにさり気なーく流れていくという、フランス映画によく感じられるあの独特の空気を感じるたび、私はいつも「フランス映画には何かマジックがあるんじゃないか!?」と思ってしまう。今回もそんな映画でした。ただ、観ていて「これはきっと女性が描いた世界観だろうなぁ~??」なんて思っていたら、やっぱり女性監督作品だったんですね。だって、話があまりに乙女チックなので・・・(笑)。しかも監督、ご自慢の"イケメン息子"と共同脚本を手掛けた上に、オイシイ役で出演もさせています。あぁ、ママン強し。




優しい孫に愛されるおばあちゃまや、パニックで涙目だけれど一発逆転の愛すべき女優、周りからの信頼が厚くアートに囲まれた仕事を立派に勤めあげる劇場管理人、名ピアニストの全てを支え彼から強く愛されている妻、文句なく裕福なリッチマンの後妻さんなど。

様々な女性達の人生模様が映し出されるけれど、誰をとってみても皆本当に素敵。この映画の場合、申し訳ないけれど男性たちは(どんなに苦悩に満ちた人生にあがこうと)皆女性陣の人生の脇役でしかないようにも感じてしまいました。自分の人生のステージととことん向き合う、そのしなやかさが羨ましいほど素敵な【フランス女の人生】。「アラサー女子」とか言っていつまでも可愛さを気取ってオンナノコしている場合じゃないです。因みに私は「女子」とか「女子会」という言葉が恥ずかしい。堂々と「婦人会」でいいじゃないか(笑)!

私の知らない世界・・・フランスの特別セレブな人達のお話なのに、ふわりと心が温かくなって優しい気持ちになれるのは、どんな人であれ人生について回る孤独や苦悩、失望、情熱、豊かさ、痛み、安らぎなどを正直に見せてくれる映画だからかも。「フランス人は孤独を尊び、人生を愛する」とも言うけれど、そんな懐の深さや心の豊かさ、私も欲しいところです。



音楽を愛する人、演劇を愛する人、芸術を愛する人、そして人生を愛する人の心に真っ直ぐ軽やかに届く、甘い夢のような映画でした。フランス映画って、出会うたびに何故かいつもドキドキします。

モンテーニュ通りのカフェ@映画生活




■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2012/02/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ピラミッド 5000年の嘘』 (2011/フランス)

   ↑  2012/02/07 (火)  カテゴリー: ドキュメンタリー、アニメ
『ピラミッド 5000年の嘘』公式サイト




ピラミッド 5000年の嘘


●原題:THE REVELATION OF THE PYRAMIDS
●監督、脚本:パトリス・プーヤール
●原作、脚本:ジャック・グリモー
●世界4大文明の一つ、古代エジプト文明の象徴として世界中にその名を知られるギザの大ピラミッド。これは紀元前2700~2500年代に建造されたと伝えられるピラミッドの中でも最大規模を誇り、クフ王の墓というのが常識である。しかし、私たちが今まで教えられ、学んできたことが、すべて“嘘”だったとしたら・・・。ピラミッド、それは歴史が仕組んだはるかなるミステリー。



Gyao!のオンライン試写会にて鑑賞です。
今回子どもに選ばせてみたところ、見事に当ててくれました。無欲って素晴らしい!





ギザの大ピラミッドの謎と衝撃の"事実"を解き明かす!!というフランス発のドキュメンタリー映画。「多方面から冷徹な科学の視点で検証が行われ、各々の分野の第一級の専門家の数々の驚くべき証言が、これまでの常識の無理、不合理を追及し、突き崩し、まったく新たなピラミッド像を浮かび上がらせる」ということですが・・・いきなり日本語のナレーションから始まるので、無人の博物館で流れているビデオみたいでかなり動揺してしまいました(笑)。更に「今、ここに真実が!」とか「衝撃の発見!」とか「嘘だったのです!」とか、どうなんでしょう、作りがTVの特集番組のようです。

これをわざわざ映画にして制作したのは、所謂「トンデモ学説」にならざるを得ないこの"新たなるピラミッド像"というものを広く訴えたかったからなかな??・・・・と疑問を抱いていたら、パトリス・プーヤール監督の来日時のインタビュー記事にその答えが書かれていました。
監督が本作をドキュメンタリーにしようとした理由は2つある。「1つはどうしてピラミッドができたのか?ってことを理解したいという思い。もう1つは怒りです。初めてグリモーさんが私をエジプトに連れて行って見せてくれたものは、どんなエジプトの書物にも書かれていないものでした。それを見た時、エジプトの学者たちがこのような事実を隠していること、世間に見せないのは正直じゃないと思ったんです。しかもその事実は、彼らの仮説を全て否定するもので。私は真実を知りたかったし、この情報を世界中の人々に開示すべきだと思ったのです」。衝撃作『ピラミッド 5000年の嘘』の監督、エジプトの学者たちに物申す!【Walkerplus】より





  【雑誌】ムー 2012年02月号「大ピラミッドと太古宇宙戦争の謎」
映画の中ではエジプトのピラミッドの他にも、イースター島のモアイ像、ペルーのオリャンタイタンボ遺跡やクスコのアウカイパタ遺跡、ナスカの地上絵、マチュピチュ、その他にも中国の西安にある古代遺跡などワンサカ出てきますので「世界の七不思議」とか雑誌「ムー」などが好きな方には堪らないものかも。

古代遺跡に共通してみられる象形文字の発達やミイラ、暦、天文学の高い知識、建築物の耐震性などの関連性を解き明かし"驚くべき新展開"としてドドーン!と新説をぶち上げてくれます。「これを偶然と呼べるのか!?」と強調されるのですが、一つの説を導き出すのに他説や他の解釈が置き去りになる方法は、結局それまでと同じようだな、とも感じました。

確かに超古代ミステリーに対して心躍る壮大なる内容なのですが、これを映画にするのであれば「天使と悪魔」シリーズのラングドン教授あたりに出てきてもらう"物語"でいけばかなり面白かったのではないかな!?と思ってしまいました。何故ならですね「ドキュメンタリー映画」と呼ぶには・・・どうも作りが怪しすぎるんですもん(笑)






ただ個人的には、地理学的なものよりも数学的見地から検証した黄金数の不思議やルクソール神殿のラムセス2世像の美しさに圧倒されるものがありました。そこには天文学的、あるいは芸術的にも調和のとれた美しさが確かに存在しています。

これを考え出すと哲学や宗教学にまで話が広がりそうですが「大ピラミッドが何の目的で、いかにして作られたか?」は解明されなくとも、ここに見える数学的な美しさは"事実"です。DNAの二重螺旋構造から宇宙の法則までもが持つ、優美な規則性と同じように。

人類にまだまだ「不思議」が沢山あっていいと思います。壮大で遥かなるロマンを感じさせるものは、そうやって人々が集い、語り合いながら共に生きていける柱にもなるのですから。この映画を観終わってから受け取った「メッセージ」を、自分なりに宇宙や地球についてあれこれ思いを巡らせる"きっかけ"とするのも楽しいかもしれません。


2012年2月18日(土)、新宿バルト9、丸の内TOEI他全国ロードショー!!

※この映画をご覧になった方なら白熱!「ピラミッド5000年パネルディスカッション」は、かなり興味深い内容かもしれません。ご覧の際には、映画に関するかなりの【ネタバレ】が含まれていますのでご注意を・・・
【Ustream】動画説明より
2月18日公開映画『ピラミッド 5000年の嘘』公開記念
ピラミッドの真実に迫れ!「白熱ピラミッド5000年パネルディスカッション」の生中継アーカイブです。この「ピラミッド 5000年の嘘」は古代エジプト文明の象徴として世界中にその名を知られるギザの大ピラミッドの謎に迫り、定説の嘘を突き崩し、古代文明の真実を導き出そうとする衝撃の歴史ミステリー『ピラミッド 5000年の嘘』。本作の公開を記念し、古代エジプト、ピラミッドにゆかりの深い有識者の皆様をお呼びして、5000年の謎に迫るパネルディスカッションの模様をチェックして、あなたも「歴史の承認になってください!」
★パネラー
○飛鳥昭雄(サイエンスエンターテイナー)○アミール・ゴネイム(ARGトラベル代表取締役)○菊川匡(古代エジプト美術館館長)○倉橋日出夫(作家考古学ジャーナリスト)○大地舜(グラハム・ハンコック「神々の指紋」翻訳者)○宮下佐江子(古代オリエント博物館 学芸部長)




■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : ☆試写会☆ (ジャンル : 映画

  2012/02/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit