お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2012年07月 → )

『さよならをもう一度』 (1961/アメリカ)

   ↑  2012/07/27 (金)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





【DVD】さよならをもう一度/イングリッド・バーグマン


●原題:GOODBYE AGAIN
●監督:アナトール・リトヴァク
●出演:イングリッド・バーグマン、イヴ・モンタン、アンソニー・パーキンス、ジェシー・ロイス・ランディス、ダイアン・キャロル、ジャッキー・レイン、ミシェール・メルシェ 他
●トラック販売会社の重役ロジェと5年越しのつき合いの室内装飾家のポーラは、未だに結婚に踏みきれないでいる。ロジェには他にも遊び相手がいるようで気を揉むポーラだが、互いに束縛しないという不文律が二人の間にあるため、あからさまに嫉妬を表にも出せない。そんな時、ロジェから紹介された取引先のアメリカ人の一人息子フィリップの若い情熱にほだされ、彼との同棲生活に入るのだが・・・。



私は、若さと美貌で輝いていた頃よりも、その表情にしわが刻み込まれたイングリッド・バーグマンの方がずっと好き。彼女の人生に積み重ねられた哀しみと疲れと強さが垣間見えるから。少し演技過剰なところがいつもながら気になるけれど、女優として、女として、円熟期に入ったバーグマンの演技を堪能できる作品。






原作であるサガンの「ブラームスはお好き」に比べると、フランス人はイブ・モンタンだけで、国際派のバーグマン、『サイコ』のパーキンスという、英語とフランス語が入り乱れる不思議。「美人だけれど年のいったパートナー」が若い男に惚れられたのを見て、急に彼女の"価値"を思い出したかのように嫉妬する男。映画『さよならをもう一度』では、イヴ・モンタンのその身勝手さがうまい。


 
「もう少し一緒に歩きたい」「あなたが幸せだと思いたい」。恋によって生まれるエゴが、相手を苦しめるということに気づかない若さと残酷さ。若かりし頃のパーキンスの姿は、どうしても『サイコ』と被ってしまってちょっと怖かったりもしましたが(笑)、愛と孤独を描けるサガン、それを体現できるバーグマンが好き。

原作のポーラのイメージより少し苦味があるかな。でもそれは、生きた人間が演じる"熱"みたいなものなのかもしれない。彼女自身が発する、これまで生きてきたこと、起こってきたことの"証"のような。





【書籍】イングリッド・バーグマン、アラン・バージェス著 新潮社
バーグマンの回想記「マイ・ストーリー」の中に、本作品に関するとても興味深い記述があったので少し引用してみます。

わたしは記者会見の席でいった。「酷い映画って?」
「『さよならをもう一度』フランスでは『ブラームスはお好き?』という題のあれですよ」
「あの映画はフランソワーズ・サガンの小説にもとづくもので、パリでは大当たりをとりましたわ」
「しかし、ひどい映画だ ――ぞっとしますよ」
「いったいどこがそんなにひどいんです?」
「あなたはある男と同棲していて、やがて息子ほども年の違う青年を恋人にする。これは恥知らずなことですよ。それからずっとあなたを裏切ってきたし、これからも裏切りつづけるにちがいない同棲中の男のもとへと帰って行く。いったいこれはどういう映画なんです?」

 これがタフでシニカルなサンフランシスコの報道陣の反応だった!しかしそれは疑いもなくアメリカ人の物の考え方を反映していた。この映画はヨーロッパでは大成功だったが、アメリカではまったくの不入りに終った。
 「イングリッド・バーグマン マイ・ストーリー」イングリッド・バーグマン、アラン・バージェス著 新潮社 p465より

家庭のある身でありながらイタリアのロベルト・ロッセリーニ監督のもとへ走り、アメリカのメディアから一斉に大バッシングされてハリウッドを追放されたバーグマン。女性にはいわゆる「良妻賢母」という理想を求める教会による保守的な意見がまだまだ根強かった当時のアメリカのメディアが、この映画の"愛"について「さっぱり分からない」と評したのはとても興味深いなと思います。


【文庫】ブラームスはお好き 【文庫】優しい関係   

『さよならをもう一度』で描かれているポーラという女性象は、分別があり、自立していて、孤独で、美しい。そして、40歳。20代が永遠にあるように思える時期から、サガンはその先にあるものを知っていた。一瞬にして燃え上がる刹那的な恋に身を委ねること、狂気にも似た情熱からくる若さゆえの過ちなども十分知りながら・・・愛(amour=アムール)を知るサガンは、ほろ苦い女の人生を達観していた。

そして、1956年の『追想』でもコンビを組み、ハリウッドにカムバックしたバーグマンへオスカーをもたらしたアナトール・リトヴァク監督が、彼特有の国籍不明っぽさをうまく表している点。米国映画なのにフランス映画の香りがそこはかとなく漂うというその品の良さが、サガンのそれと似ていてまったく違和感がなかった。

この映画が、合理的で理想的な"アメリカ映画"として見えないのは、こういった要素からくるのかもしれません。






最後に↑このシーンについて。

ポーラ(バーグマン)とロジェ(モンタン)が楽しくナイトクラブで飲んでいるところへ、ぐでんぐでんに酔っぱらったフィリップ(パーキンス)がやってくるという、この「エピック・クラブ」のセット撮影に、『追想』で共演した大スターがエキストラで出演していたとのこと!

えーどこどこ!?と何度か観直してみたのですが、どうもフィルム上ではうまく隠れているみたい。『さよならをもう一度』の撮影現場写真(画像右)を確認してみたら、大混雑したクラブの中央の方で飲んでいたみたいですね、ユル・ブリンナー様!因みに、フランソワーズ・サガンも同様にエキストラ出演していたとのこと。

先述の著書「マイ・ストーリー」でも書かれていますが、映画の内容とは裏腹に、撮影現場はバーグマンにとってとても楽しめた様子。よかったよかった(笑)



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : ロマンス映画 (ジャンル : 映画

  2012/07/27 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『スズメバチ』 (2002/フランス)

   ↑  2012/07/19 (木)  カテゴリー: アクション、パニック





【DVD】スズメバチ/ナディア・ファレス


●原題:NID DE GUEPES / 英題:THE NEST
●監督:フローラン・エミリオ・シリ
●出演:ナディア・ファレス、リシャール・サメル、ヴァレリオ・マスタンドレア、ブノワ・マジメル、サミー・ナセリ、サミ・ブアジラ、アニシア・ユゼイマン、マルシアル・オドン、パスカル・グレゴリー、マルタン・アミック、アンジェロ・インファンティ 他
●特殊警察の女性中尉、5人の窃盗グループ、初老の倉庫警備員。一見何の接点もなく決して手を組むはずのない3者が巨大倉庫を砦に、マフィアの戦闘部隊から集中砲火を浴びながらも、わずか4分間に数千発の弾丸が乱れ飛ぶという壮絶な戦いを繰り広げる本格派フレンチ・アクション。




7月14日、パリ祭当日。
スズメバチの生々しい習性を見せるドキュメンタリー番組から始まり、『荒野の七人』のテーマ曲のアカペラが流れ、軍隊の行進、着陸態勢の航空機内、ロッカールームでの男女の会話・・・・

こうやって滑り出すフランス映画『スズメバチ』は、話が全く繋がらぬまま時間の経過だけが示されていくのですが、このオープニングの突き放したこのクールさ!これはが本当にカッコイイ。

そして、まるでスズメバチの如く際限なく現れては不気味な動きをとるマフィアたちとの銃撃戦が始まり・・・・・これに私が惹かれないハズがないのです。






ジリジリと追い詰められていく冷たいまでの絶体絶命の状態。
息苦しいまでの絶望的状況。

過剰に煽り立てられることのない、ド派手だけれど冷静な銃撃戦は、自分が観たタイミングがこの映画のトーンにピッタリと合っていたのかもしれないけれど、どこかこうボルテージが上がるというか・・・ブンブンと不気味で不快な羽音に纏わりつかれながらも不思議な高揚感が。

ポスターデザインなんかだけ見ると、スタイリッシュ系のスマートなアクションものかとも思うんだけれど、ムダに感動的な人物描写や背景部分に時間を割いたりせず(そういった同情感を得ようともせず)、誰を主役に据えるということもなく客観的な視点を伴って、移民や犯罪など社会問題をさり気なーく織り込んだ本格派アクション映画でした。

こういう"骨太感"が私はとても好き。


【DVD】要塞警察 【DVD】アサルト13 要塞警察
元ネタとも言われるカーペンターの『要塞警察』や、イーサン・ホークの『アサルト13 要塞警察』は未見。比べてみたいなぁ。






そういえば、この作品。
私にとっては字幕が頼り!のフランス映画なのに、時々聞き覚えのある言葉が入るのでアレ?と思っていたら、「ドイツ・イタリア・フランス警察合同」の護衛特殊部隊が登場ということで、伊仏英語(ほんのちょっと独語)が、話しかける相手や内容によってチャンポンで入るという日本語字幕泣かせのやりとり(と言っても字幕の変化は何もなし)が随所に見られます。

これは「ドイツ人やロシア人どうしなのに途中から全員ずっと英語を喋る」なんてことが頻繁に起こるアメリカ映画とは違って、言語の使い分けという感覚は、ユーロ圏の作品らしい的確な表現だなぁと思いました。

アルバニア・マフィアといい、移民社会に生きる若者たちの犯罪模様といい、異文化社会を色濃く映し出すフランス映画には目が離せない魅力を感じます。





■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : フランス映画 (ジャンル : 映画

  2012/07/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『その男 ヴァン・ダム』 (2008/ベルギー、ルクセンブルク、フランス)

   ↑  2012/07/14 (土)  カテゴリー: アクション、パニック





★【送料無料】 DVD/洋画/その男ヴァン・ダム スペシャル・エディション


●原題:JCVD
●監督: マブルク・エル・メクリ
●出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、フランソワ・ダミアン、ジヌディーヌ・スアレム、カリム・ベルカドラ、ジャン=フランソワ・ウォルフ、アンヌ・パウリスヴィック、サスキア・フランダース、ディーン・グレゴリー 他
●90年代を席巻したハリウッドが誇る最強のアクション・スター、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、48歳。ジョン・ウーをハリウッドに招き、アクション映画の革命を起こした男。しかし、21世紀、そのスタイルは既に時代遅れ、ビデオストレート作品が続いてギャラは急降下。復活を期した作品は主演をセガールに奪われ、最愛の娘にも嫌われ、銀行口座は底をつく、挙句の果てに、たまたま立ち寄った地元の郵便局で強盗犯に誤認されてしまい・・・。



【DVD】ユニバーサル・ソルジャー 【DVD】ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン
その昔、試写会へよく行っていた時のこと。
新作映画の試写会というのは配給会社も話題作りに必死なので色々と趣向を凝らした上映会が多くて楽しいものですが、『ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン』の時はちょっと雰囲気が違いました。"特別上映"ということでナント元祖『ユニバーサル・ソルジャー』も当時上映されたのですが・・・・これはもう明らかに「2」だけでは間が持たないと判断されてしまったのがアリアリと伝わってくるような盛り下がり具合・・・。無言で次々と会場をあとにする人々の、あの妙に静か過ぎる雰囲気を今でもハッキリ覚えています。あんな悲しい試写会は、そうあることじゃありませんので。



そんな悲しいヴァン・ダム様ですが、私この『その男 ヴァン・ダム』すごーく好きでした。たぶんナンダカンダで3回は観ているはず!体力的にいっぱいいっぱいそうなヴァンダム父ちゃんが「頑張ってるな!」という長回しワンショットのオープニングにまず惹き込まれます。でもこのシーン、やっぱり一番最後に撮影されたものだそうです。ヴァンダム様にとっては結構ムチャアクションの連続ですから、ケガされたら他のシーン撮影に響きますもんね。映画の内容と被るようで、それを思って観るとちょっと物悲しい気分にもなりますね・・・


映画に登場してくるファンの言う言葉がいちいち合っていて、悲しいかな笑えてしまう。「アクション俳優」として旬を過ぎ、私生活もいっぱいいっぱい。でもファンには愛される不器用すぎるヴァンダム像に泣かされる。"ヴァン・ダム好き"でなくても、"映画好き"なら思わず心から応援したくなってしまいそうな俳優の姿がここにあります(ま、あくまでイメージ)。

時系列を入れ替えてみたり、ヴァンダムの心象風景や派手な銃撃戦を入れたり。また、郵便局やそこに集まる野次馬群衆シーンは、まるでシドニー・ルメット監督の75年作品『狼たちの午後』を観ているかのよう(主犯役のヘアスタイルもそのまんま!)。96分でよくまとめてあるなぁ。毎度感心してしまいます。


哀愁、不運、虚構と現実、ヴァンダム自身の本音や叫びを見ているような演技は、捨て身や自虐ネタなんていう言葉を通り越して"ドキュメンタリーなのか?"と思ってしまうほど。あの6分間の独白シーンはヴァンダム自身の完全アドリブで、監督以外の誰にも知られることも見られることもなく撮影したのだそう。映画という虚構に現実が入り込んだこの奇跡的な数分が、この映画を血の通った、シッカリと心のこもった作品に仕上げたのだと思う。そして、画面がふっと消えるあのラストの表情・・・こんなにも哀愁を帯びた燻し銀の演技、なかなか観られるものじゃないと思います。この映画、やっぱり私のお気に入りの作品です。

その男 ヴァン・ダム@映画生活




・・・というわけで。

話は自然に『エクスペンダブルズ2』になるわけです。あれだけ「メジャー映画に出たい!!」と叫んでたヴァン・ダム様でしたからね!!!
『エクスペンダブルズ2』公式サイト
「冷酷非情、残忍無比にして頭脳明晰、最強の戦闘能力も有する犯罪武装集団のリーダー。エクスペンダブルズ結成以来最大最悪の敵」という、かなりビッグな役をゲットしたヴァンダム様(右から三番目)。2012年10月公開ということで、久々に劇場公開のスクリーンでヴァンダム様を見られるチャンスかも!!こういう「お祭り映画」は、やっぱり映画館でドカンドカン観てみたいなぁ~。なんてったって「1」の方はDVD観ながらウトウトしちゃったので(笑)。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : ベルギー映画 

FC2共有テーマ : ヨーロッパ映画 (ジャンル : 映画

  2012/07/14 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

アメドラ記録(その1) 『コールドケース』『BONES』『Dr.HOUSE』

   ↑  2012/07/07 (土)  カテゴリー: 海外ドラマ
最近、映画を物凄い勢いで観ていたりします。ちょっと忙しい日々が続いているのですが、精神浄化の如く観続けています。ま、「観たい時期」と「書きたい時期」の波がある私は、そのうちまたブログ更新のエンジンもかかるでしょう!と呑気に構えています。オホホ

で、今回はせっかくなので、慣れ親しんでいる「アメドラ」のことを書き残しておこうかなと。ずっと見続けているのに一言も書いておかないのはちょっと寂しいので、今日はその中から三作品。ドラマを見ていると、良い気分転換にもなるんですよねー




『コールドケース 迷宮事件簿』(2003~2010/アメリカ)
【CD】Cold Case サウンドトラック 
●原題:Cold Case
●出演:キャスリン・モリス、ダニー・ピノ、ジョン・フィン、ジェレミー・ラッチフォード、トム・バリー、トレイシー・トムズ 他
●フィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」)を女性刑事リリー・ラッシュを中心とする殺人課のメンバー(未解決事件専従捜査班)が解決していく。製作総指揮は『CSI:科学捜査班』シリーズなどを手掛けたジェリー・ブラッカイマーとメレディス・スティーム。
●オープニング曲:『Nara』- E.S. Posthumus (上記動画は日本版)


未解決事件(コールドケース)が主題だけあって、毎回既に殺害されている被害者の人間ドラマが再現されるますが・・・やはり幼い子供が関わる再現はやはりツライもの。ですが「過去の事件だからこそ忘れ去ってはいけない」という信念を持つ担当チームメンバーの、温かな人間味や彼らの懸命さが救いとなって芯の強さが通っているドラマです。

最大の特徴は、"過去の事件当時"と"現在"の二時代にあわせて登場人物をそれぞれ二人設定させている点。ビックリするくらい本当によく似ていて、これだけの役者をキャスティングできるものだな~!と毎回感心させられます。事件当時の時代性を再現する緻密さも素晴らしくて、全く少しの手抜きも感じられません。それに毎回、事件が起こった当時のヒット曲が数曲使われるという演出も切なさ倍増。ただ、この贅沢なヒット曲のオンパレードのため著作権の問題でDVD化が難しくなっていると言われているそうです。


主人公の女刑事リリー・ラッシュの全く気取らない基本黒の「タイトパンツスーツ」、無造作に纏めた「ヘアスタイル」、そしてシミソバカスも丸見えの「シンプルメイク」も浮足立ったところがなくて私は大好き。でも中途半端にリリーの恋愛模様を描いたのはちょっと失敗だったんじゃないかと・・・・

難解な過去の事件だけあって行き詰ったり困難も多いけれど、そんな時に彼らを大きく後押ししてくれる上司のジョン・スティルマン警部補の存在感も大好き。理想の上司ですなぁ。「"過去"のことだから、"今"なら話せることもあるんじゃない?」というリリーの台詞が印象的。





『BONES―骨は語る』(2005~ /アメリカ)
【DVD】BONES ―骨は語る― シーズン5 【DVD】BONES ―骨は語る― シーズン6 DVDコレクターズBOX 
●原題:Bones
●出演:エミリー・デシャネル、デヴィッド・ボレアナズ、ミカエラ・コンリン、エリック・ミレガン、T・J・サイン、ジョナサン・アダムス、タマラ・テイラー、ジョン・フランシス・ダレイ 他
●「ボーンズ」と呼ばれる法人類学者の女性テンペランス・ブレナンを主人公に、現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決に導いてく姿を描く。米国では第7シーズンの放送が2011年11月3日より放送開始(全17話)されている。
●オープニング曲: 『Bones Theme』-The Crystal Method


科学技術的には同様のドラマの中でも最先端の部類だけれど、何故だかあまりリアリティーが感じられない分、気を楽にして見ているドラマの一つ。検死するブレナンを見ていると、私はパトリシア・コーンウェル原作小説の「検屍官」シリーズを思い出すんですよね。で、この「ボーンズ」の原案は法人類学者で作家のキャシー・ライクス。主人公ブレナンのモデル、だそうです。


主人公で法医学者のブレナンとFBI捜査官のブースが、くっつきそうでなかなかくっつかないところに「まったくもぅ~」と思いながら、結局途切れ途切れに4年くらい付き合って見ています。シーズンを重ねるにしたがって、毎回の事件と並行しながら研究所のメンバーたちに大きなドラマが出てくるところもいいですね。もうすっかり知り合い気分(笑)。

また、長年続いている人気のアメドラでは、各回有名な俳優がゲスト出演してくれるのも嬉しいもの。色々なドラマを渡り歩いていると「あ、この人、あのドラマでジャンキー役だった人だな」とか「この人、判事役で出てなかったけ?」なんていう"役者探し"も楽しみの一つ。BONESでもシーズン1-第11話「守りたいもの(The Woman in the Car)」に、あちこちのドラマで見かける印象的なアクター、ジェリコ・イヴァネクが出ています。

この方、アメドラ界の名バイプレイヤーで、遡れば「Xファイル」「シカゴ・ホープ」「アリー my Love」「24 -TWENTY FOUR-」「ER緊急救命室」といった基本ドラマへの出演はアタリマエ。もう出ていないドラマはないんじゃないか!?と思えるほどの華麗なる出演歴。それに加え、2008年には「ダメージ」でエミー賞ドラマ部門助演男優賞も受賞。映画も『ダイ・ハード4.0』『ハンニバル』『ダンサー・イン・ザ・ダーク』などメジャーどころもキッチリ。この人がいなければハリウッドは成り立たないんじゃないか!?と(勝手に)思っている大物脇役俳優さんです。





『Dr.HOUSE』(2004~2012/アメリカ)
【DVD】Dr. HOUSE/ドクター・ハウス シーズン1 DVD-BOX1 【DVD】Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン5 DVD-BOX 1 
●原題:House もしくは House MD
●出演:ヒュー・ローリー、ジェニファー・モリソン、オマー・エップス、ジェシー・スペンサー、ロバート・ショーン・レナード、リサ・エデルシュタイン、セーラ・ウォード 他
●診断医としての評価は高いが一匹狼で捻くれ者のハウスとそのチームが、他の医師が解明出来なかった病の原因をそれぞれ専門分野の能力や個性を生かして突き止めていく姿を描く医療ドラマ。
●オープニング曲:『Teardrop』- Massive Attack


正直言って、このドラマの4分の3くらいは全く理解できていません。だって病名やら薬品名、症状などの医療用語のオンパレードでまったく意味不明。でもそれだけに「な、何かタイヘンなことが起こっているんだ!!!」という緊張感だけは持って見ています(威張れることじゃないけど)。それでも私は「バイコディン」という単語を覚えました。最初は「バイク便」かと思ったけど鎮痛剤の名前でした、はい。因みに看護師の友人は、現場を正確に描写していて安心して見ていられる「ER」が医療ドラマでは一番好きだそう。


"医療ミステリー"ともいわれるこのドラマ。「人は誰しも嘘をつく」と固く信じる偏屈・無愛想の天才医師ハウスが、"弱き存在"である患者の人生と強引に向き合っていくスタイルがとても変わっています。患者は命を救われる代わりに、症状や病歴、その原因を探るため、家族や友人に隠してきた浮気や性癖、隠しごとなどそれまでの人生を丸裸にされてしまうんですから!時には家の中にまで勝手に押し入られることもしばしば・・・・。ドラマの主人公としては明らかに「イヤナヤツ」です。

が、一見、高飛車で無礼、患者のことをただの"症例からの興味"としてしか見ていないようなハウス(確かに彼自身もそう言っているけれど)が、自分の立場が危うくなろうとも、それが違法行為になろうとも、患者の命を救うためにギリギリのところで戦っている姿に、やはり惹かれてしまうところがあります。数少ない友人に対しても嫌味と悪態で応酬しては心を開こうしないハウスが、時に寂しげで孤独な表情を見せるところ・・・ココが主演のヒュー・ローリーのクールでセクシーな持ち味でもあり目が離せなくなってしまうところでもあります。

で、全然関係ありませんが、初めてこのドラマのタイトルを知った時、私は「大改造!!劇的ビフォーアフター」みたいな匠の技で家を直してくれる「Dr.ハウス」に感動させられるリフォームのドラマかと思っていました。全然違った~(笑)




FC2共有テーマ : 海外TVドラマ (ジャンル : 映画

  2012/07/07 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit