お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2013年10月 → )

『魂のジュリエッタ』 (1964/イタリア)

   ↑  2013/10/21 (月)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ


魂のジュリエッタ [DVD]




●原題:GIULIETTA DEGLI SPIRITI
●脚本、監督:フェデリコ・フェリーニ
●出演:ジュリエッタ・マシーナ、サンドラ・ミーロ、マリオ・ピスー、シルヴァ・コシナ、ヴァレンティナ・コルテーゼ、カテリーナ・ボラット、フレデリック・レデブール 他
●映画プロデューサーの夫と、裕福だが慎ましく暮らしている平凡な主婦ジュリエッタ。結婚生活もうまく行っていると思っていた15年目の記念日。酔って帰宅した夫はそれをすっかり忘れたフリをして、大勢の仲間を連れてくる。客の中には霊媒師や占い女がいて、彼女に不吉な予言をする。案の定、就寝中に夫が別の女の名を呼んだ。ジュリエッタは夫が浮気していると思うと気が気でない。やがてジュリエッタの憂鬱が始まり、それは幻想と現実、過去とが錯綜する世界へと変じていく・・・。



NHKのハイビジョンシネマで初めて観たのですが、いやもう冗談じゃなくて腰を抜かしそうになりました。一瞬3Dで飛び出してくるのか!?かと思うほど、鮮烈過ぎる原色が目にしみます。一歩間違えれば「奥さん、ちょっとお疲れじゃないですか?」と言いたくなるようなストーリーにもかかわらず、そこはこの脳天を直撃するフェリーニ・マジックが、観る者をシュールで幻想的な世界へと誘ってくれます。


小柄で子供のような顔をしているのに、時々目が光るようにオンナの本性が浮かび上がるマシーナ・・・・そのアンバランスな感じが、奇抜で抽象的でグロテスクな洪水の中で彼女の存在感をクッキリと浮かび上がらせていたことに感動。『8 1/2』の女性版と言われているように、この映画はジュリエッタ個人(或いはフェリーニ&マシーナの夫婦関係)の精神世界を巡る極私的な旅。

『魂のジュリエッタ』のような映画について、私の陳腐な言葉なんかで改めて語るのは何とも野暮な行為ですが・・・それでも一言残しておきたい!幼少期に演じた"殉教する聖女"と自分を重ね合わせ、"火炙り"からも連想されるように深層心理でカトリックという宗教の枠や「こうあるべき」と自身をがんじがらめにしてきた社会的常識からはみ出ることを恐れながらも、その呪縛から解放されようとしていく終盤は特にパワフルで、一瞬たりとも目が離せなかった。「火刑台とバイバイしような!」というおじいちゃん、あなたがこの映画の要です。





  カビリアの夜[DVD]

ジンジャーとフレッド [DVD]


『魂のジュリエッタ』は『カリビアの夜』から8年ぶりにマシーナがフェリーニ作品に復帰したことが話題にもなりましたが、二人の関係は途中別居期間を挟むなどそう容易いものではありませんでした。それでも、1985年に再び『ジンジャーとフレッド』で彼女を再登場させ、1992年度のアカデミー賞「名誉賞」受賞の際には "I cannot name everyone, only one name, of an actress who is also my wife. Thank you, dearest Giulietta. And please stop crying." マシーナへの感謝の言葉を溢れんばかりに述べ、二人の姿は多くの映画ファンたちの涙を誘いました。


プレゼンターは、ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニ!惜しみない敬意と拍手がおくられる中、年を重ねた彼らに表彰されるフェリーニとマシーナの姿は、今見ても胸がいっぱいになります。

しかしこの約半年後、イタリア映画界を代表する"映像の魔術師"フェデリコ・フェリーニは、遂にこの世に別れを告げることになります。イタリアは彼の葬儀を国葬として執り行ない、ニーノ・ロータの曲で葬送が行われました。そしてその5か月後、マシーナもこの世を去ることに。フェリーニが息を引き取った1993年10月31日は、二人の結婚50周年を祝うはずだった金婚式翌日のことだったといいます。マシーナは、笑顔で映る夫フェデリコの写真と一輪の赤いバラを手に、アカデミー賞の夜に身に着けていたスパンコールのイブニングドレス姿で埋葬されました。そして夫フェリーニと共に、生後まもなく亡くなってしまった我が子と3人で、フェリーニの故郷リミニにある美しいお墓で眠っているのです。


Storie d'Amore del Novecento - Giulietta Masina e Federico Fellini
マシーナとフェリーニの間には様々なことが起こっていたはずなのだけれど、彼女はこう答えていました。「その後は、いつも私のところに戻ってくるのよ」と。躰もお尻も巨大でグラマラスな美女に目がなかったフェリーニ監督は、入院中も美人の担当看護師さんを自慢したくて友人に電話をかけていたほど(笑)!でも、生涯のパートナーは、小柄で可愛らしく知的なジュリエッタ・マシーナでした。少数派だとは思うけれど、私はこの映画が好きなんです。解き放たれたような笑顔を見せる"ジュリエッタ"のアップで締めくくられるこの映画は、やっぱりマシーナのために作られたような気がするからです。

    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・
    ・

ま、でもこんな映画の企画も進められているようなんですけどね、巨匠!(笑)
 美人女優アビー・コーニッシュ、フェデリコ・フェリーニの恋人役に
『Fellini Black And White(原題)』は、1957年、フェデリコ・フェリーニがアカデミー賞授賞式のためロサンゼルスを訪れた際、恋に落ちてしまったエピソードを描くもので、アビー・コーニッシュはその恋の相手のベティーという名の獣医を演じる。フェリーニはその年、映画『カビリアの夜』でアカデミー賞外国語映画賞を受賞している。
[シネマトゥデイ映画ニュース]2012年9月12日
美人女優アビー・コーニッシュが、映画『フェリーニ・ブラック・アンド・ホワイト』でイタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの恋人役に決定したとDeadline.comが報じた。





■この記事に関連する映画制作国、地域 : イタリア映画 

FC2共有テーマ : ★イタリア映画★ (ジャンル : 映画

  2013/10/21 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『レッド・ライト』 (2012/アメリカ、スペイン) 

   ↑  2013/10/15 (火)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー






●原題:RED LIGHTS
●監督、脚本、編集:ロドリゴ・コルテス
●出演:ロバート・デ・ニーロ、キリアン・マーフィ、シガーニー・ウィーヴァー、トビー・ジョーンズ、エリザベス・オルセン、ジョエリー・リチャードソン、クレイグ・ロバーツ 他
●大学で物理学を教えるマーガレット・マシスンと助手のトム・バックリーは、超能力の存在を疑問視する立場からその科学的な解明を行ない、巷で“超能力者”と呼ばれる者たちの嘘を次々と暴いていた。ある日、40年前に一世を風靡し、その後表舞台から姿を消していた伝説の超能力者、サイモン・シルバーが活動再開を宣言した。トムはマーガレットにサイモンの調査を進言するが、彼女はかつてサイモンと対決して敗れた苦い過去から、トムに自制を求める。しかし、トムは忠告を振り切って単独でサイモンの調査を始める。すると、それを境にトムやマーガレットの周囲で不可解な現象が次々と起こり始める・・・・。




まるでデ・ニーロを主役とばかりにミステリアスな雰囲気ゴリ押しで「どや!」と訴えかけてくる日本版のポスターは、見当違いも甚だしいです。そんな映画じゃありません。






どこか常に痛々しさを滲ませる、寂しそうな瞳が印象的なキリアン・マーフィー。
ハッタリ演技がこの上なく似合うデ・ニーロ。
息子の脳死状態に自分を責めるシガニー・ウィーバー。


ラストにはいわゆる"どんでん返し"があるのですが、正直このドラマの重みに比べたらちょっと露骨過ぎて拍子抜け・・・でしたが、それを差し引いたとしても観終わった後にそれ以上の静かな感動が湧き上がってきました。


超能力や超常現象といった非現実的な要素をとことんド派手に扱いながらも、『レッド・ライト』という映画は人間の心の弱さ、本当の自分を偽って生きることの辛さを三者三様に表した人間ドラマだったのだなぁと。私にはそう感じられました。


心の奥深いところにズーン!と響いてくるような音楽も印象的。
静寂を切り裂くように重々しく鳴り響き、まるで根幹から何かを崩し去るようにも感じられるほどの大音響に「これは絶対に映画館で観るべきだった!」と今更ながら痛感しました。

が、この映画は複数回観ることによって、様々な角度から登場人物の行動や"現象"を観ることが出来るので、映画館の音響にはかなわないぶんDVDで何度もこの映画を堪能することが可能です。「実際には胃癌だった」と判明した"誰か"の母親の話は、一体"誰"がそう告げたのか?と2度目に観た時に考えたらとても切なくなってしまった・・・。







キリアン・マーフィ演じるトム・バックリー。
『レッド・ライト』の後半からは、彼と一緒に観る側も追い詰められ、惑わされ、揺さぶられ、恐怖さえも抱えながら物語を追っていくことになるのですが、"超常現象の嘘"を暴くのにバックリーには正義感のようなものが見られないところに、何かザラリとしたものを感じながら観続けました。

彼は何を知りたいのか?
それをずっと追いながら。

ラストのバックリーの行為。あれは、シガニー・ウィーバー演じるマーガレットに、本当は「彼は大丈夫なんだよ、あなたは安心していいんだよ」と伝えてあげたかったからなんだろうな、それをしてあげられなかったことを悔いているからなんだろうなと思ったら切なくて泣けてしまいました。







印象的だった言葉
「レッド・ライト」とは場にそぐわない不協和音のこと。超能力者には2種類の人間がいる――「自分は超能力者だ」と信じ込んでいる人と「自分の嘘は見抜かれない」と思っている人。「超能力者なんていないんだ!」と叫ぶバックリー。真実を手にする方法はただ一つ、何も期待しないこと。不純な思惑を持てば怪物を生みかねない。人は自分を知ることを否定する、でも永遠には否定できない。そして繰り返される「How did you do that!?」



エンドクレジット後にもう一度だけ現れる、開け放たれた窓に静かに揺れるカーテン。「これでもう自由なのだ」という安心感や安堵感を覚える、静かで印象的なカットでした。







それから・・・
これは『レッド・ライト』という映画を観て個人的に感じたことなのですが、アメリカの超能力ショーって"奇跡"として、救いを求める宗教的な側面が強いのかもしれないなと思いました。


確かに、日本でいうところの"弱みにつけこむ"とか単なる"インチキ"ということも強調されていましたが、宗教的な部分――イエス・キリストの奇跡や復活、神の啓示といった感覚に近いように感じました。「あの世がある」ということを暗にバックリーに言わせていることや、アメリカでの宣伝文句が"How much do you want to believe?"だったように、何か大きな力(奇跡)を信じたい気持ちがあるんだろうなぁ、それが利用されているんだろうなぁと。そんなところがちょっと興味深かったです。


ロドリゴ・コルテス監督インタビューはコチラから
 ロドリゴ・コルテス監督が語る映画『レッド・ライト』の狙いとは?



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2013/10/15 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』第3~5話まで観た感想

   ↑  2013/10/07 (月)  カテゴリー: 海外ドラマ
我が家が加入しているケーブルTVのオンデマンド配信で、今月「AXN 海外ドラマ セレクト」を選択したのは、この『クロッシング・ライン』が10月は5話まで配信されるから!というわけで、先週末は一気に5話まで鑑賞。で、まず、私がこのドラマを追っていくうえで必需品となるものは「ヨーロッパ地図」なのだーと痛感いたしました(涙)。


大きな地図で見る

何しろICCチームは犯人や犯罪現場を追ってヨーロッパ各地に飛んでいくんですもん、アッという間に鉄道やら高速道路やらで国境を越えていってしまうため「私は一体、今どこにいるのよ」状態に。特に第4話「ハイウェイ捕食者」では、ベルリンの高速道路とポーランドとチェコ?で、サービスエリアはどこだって?とほぼ涙目でした・・・。このように『クロッシング・ライン』では様々な都市でドラマが繰り広げられるため、欧州各国に住む視聴者は「次はあなたの住む街へ行くかもしれません」という楽しみもありなんだろうか(・・・いや、クライムサスペンスだから遠慮したいところか)。

【AXNミステリー】では10月,11月にかけて第1話から第6話までを放送予定としているようなので、以下は(私の簡単メモながら)ややネタバレが含まれていますため、未見の方やこれからこのドラマを観よう!と思われる方、今後の展開を楽しみにされている方、ネタバレを好まない方は、お控えいただくことを強くオススメいたします




 ↓     ↓     ↓


FC2共有テーマ : 海外TVドラマ (ジャンル : 映画

  2013/10/07 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

ドラマ鑑賞記録(その5) 『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』 (2013~ /フランス、ドイツ、アメリカ)

   ↑  2013/10/02 (水)  カテゴリー: 海外ドラマ
クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~

Crossing Lines [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,981から
(2013/12/16 21:42時点)


●原題:Crossing Lines
●製作総指揮/脚本:エドワード・アレン・バーネロ
●出演:ウィリアム・フィクナー、ドナルド・サザーランド、マルク・ラヴォワーヌ、トム・ヴラシア、ガブリエラ・ペシオン、ムーン・デイリー、リチャード・フラッド、ジュネヴィーヴ・オライリー 他
●国籍も、専門分野も異なる各国の精鋭ばかりが集められた特別捜査チーム。近年、EU(欧州連合)の設立により、開かれた国境、貿易、文化の影で、凶悪犯罪の国境もその境界を破られていた。多発する国を越えた犯罪。負の産物として増加の一途をたどるこの現状に、特別捜査チームは結成され、自身の持つ能力を最大限に活かし、ヨーロッパを恐怖に陥れる凶悪犯罪者に制裁を加えていく・・・!2013年6月に全米ネットワークNBCで放送スタートされたばかりの最新のクライム・サスペンス!




各分野のスペシャリストたちが各国から集められ、国際警察(インターポール)の特捜チームが国境を越えて起こる凶悪事件を解決していく姿を描いたクライム・サスペンス。

フランス・ドイツ・オランダ・チェコ・ポーランド・イタリアなどのヨーロッパ各地でロケが行われているように、これまでのドラマとは一味違ったこのスケールの大きさが、今後どのように物語に広がりを与えていくのかも見もの。これはもう、明らかに私の好きなジャンルのドラマですので観るしかありませんねー





とりあえずパイロット版の1&2話をみましたが、キャストは多言語使いのバイリンガル/マルチリンガルが多いので、言葉の違いが随所の散りばめられているのがまず面白いですね。各国の警察・軍隊事情も見えてくるし、同じ英語でも単語の使い方や言い回しの違いといった興味深さもあり。そういったところはフランス映画『スズメバチ』での、ドイツ・イタリア・フランス警察合同の護衛特殊部隊という設定の面白さを思い出しました。

初回ということで、メンバー各々が抱えている問題やバックボーン紹介といったところでしたが暗い感情が渦巻く複雑な内面を持った脆そうなフィクナー様・・・うーん、このお姿はきっとファンには堪りませんね(笑)!しかし一番ビックリしたのは、ジュネヴィーヴ・オライリー演じるシエナ・プライド ロンドン警視庁警部補。洗練された身のこなしと上流階級のイギリス英語で尋問のプロという一番キャラの立った役どころでしたが・・・・え!?エーッ!?ホントウニ!?



それからもう一つ、このドラマの大きな特徴といえば・・・・
猟奇的連続殺人事件の描き方や、捜査段階における犯人の心理・行動分析などが、まるでクアンティコのFBI行動分析課(BAU)が舞台のTVドラマ「クリミナル・マインド」っぽいなーと思っていたら、あぁやっぱり!元シカゴ市警の警察官でもあり「クリミナル・マインド」の第6シーズンまで製作総指揮を務めたエドワード・アレン・バーネロが、この「クロッシング・ライン」も製作していたのでした。

アメリカ中を専用機で飛び回っていたBAUですが、今回はヘリで国境を飛び越えてしまいました。今後、専用機がくるんでしょうか!?クリミナル・マインドのワールドワイド版といったところでしょうかね("クリマイ"についてはまたいつか・・・・)。そういえば犯人役を演じたエディ・ジェイミソン(Eddie Jemison)、「クリミナル・マインド」はもちろん「NCIS」や「ミディアム」など多数のドラマ出演を誇る役者さんで、いわゆる"よく見るお顔"でした。






初登場時はラクダシャツを着て冴えないおっさんマホーン(いやもうマホーンではない)でしたが、徐々に鋭い観察眼とズバ抜けた才能を披露していくあたり、今後の展開にも期待大です。そして、国際刑事裁判所の監察官ミヘル・ドルンを演じるドナルド・サザーランドの静かで迫力のある風貌、そして彼自身が発する存在感の重みがこのドラマをグッと引き締めていたように思います。彼が登場するだけで、画面の緊張感が違ってきますね。


さぁ、そして本国では、早くもシーズン2の製作も発表されており撮影もスタートした模様!!第2シーズンではゲストスターとしてキャリー=アン・モスやレイ・スティーヴンソンなども登場するとのこと。これは否が応でも期待値は高まりますねー。




■追記(2013年10月,11月)
というわけで、我が家が契約しているケーブルTVのオプションプランで、すぐに第3~10話までを続けて鑑賞してみました!

『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』第3~5話まで観た感想  『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』第7~10話まで観た感想
第3~5話まで観た感想        第7~10話まで観た感想



■さらに追記!(2014年8月)
というわけで、シーズン1日本での放送から丸1年!やった、シーズン2日本での放映決定おめでとう!!【クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~】シーズン2字幕版( 全12話)が、いよいよAXNミステリーにて 2014/09/21(日)22:00~第001話、09/28(日)22:00~第002話とスケジュールが組まれているようです。その他、 J:COMオンデマンドの【AXNミステリー Plus】の9月配信予定作品でも9月22日より順次配信される模様。アメリカやカナダではオンエアはないんですって・・・オカワイソウニ!!



FC2共有テーマ : 海外TVドラマ (ジャンル : 映画

  2013/10/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit