お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2014年03月 → )

『人生に乾杯!』 (2007/ハンガリー)

   ↑  2014/03/27 (木)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ




人生に乾杯! / 洋画


●原題:Konyec – Az utolsó csekk a pohárban
●監督:ガーボル・ロホニ
●出演:エミル・ケレシュ、テリ・フェルディ、ユーディト・シェル、ゾルターン・シュミエド 他
●ヨーロッパの小国ハンガリー。かつて運命的な恋に落ちたエミルとヘディも、いまや81歳と70歳の老夫婦。時代も変わり、年金だけでは家賃の支払いにも事欠く日々。そんなある日、ヘディの大切なイヤリングまで借金のカタに取られる事態に。見かねたエミルは年代物の愛車チャイカに乗り込むとひとり郵便局へと出向き、ついに強盗を決行。最初は当惑気味のヘディもやがて夫と合流、ふたりは手を取り合って逃避行へと繰り出すが・・・。



【ハンガリー映画】って、実は初めてだった!
というわけで、まずはハンガリーの歴史的背景についてまとめメモを。学生時代に世界史を習ったことがない私にとって、映画は歴史の勉強も兼ねていたりします。アリガタイ~



大きな地図で見る




第2次世界大戦後はスターリン指導のソ連の影響下に置かれ、1949年には東側諸国の一つの社会主義国家として「ハンガリー人民共和国」に。1956年にはスターリン批判を巡ってソビエト連邦軍とワルシャワ条約機構軍が進攻し【ハンガリー動乱】が起きる。政権交代により1968年には経済改革が行われ、市場経済が導入。1980年代、ソ連のゴルバチョフ書記長によるペレストロイカ以降は民主化が推し進められ、西欧流の社会民主主義を志向する「ハンガリー共和国」となる。1989年にはオーストリアとの国境線の鉄条網を撤去して東ドイツの人々のオーストリア国境通過を認めるという【ヨーロッパ・ピクニック計画】が起こり、後のベルリンの壁崩壊へと向かわせる契機に。一連の【東欧革命】後にソ連は崩壊、ハンガリーは社会主義から資本主義へと体制転換し【旧東欧の優等生】と呼ばれるほどの経済成長を遂げ、2004年にはEUにも加盟。ところが2008年の世界金融危機がEU市場を直撃し、ハンガリー経済も大きく後退。ハンガリー航空やブダペスト交通公社など元国営企業も経営破綻するなど、財政危機に陥り国民経済は失速することに。その後、IMF支援のもとで何とか持ち直し、2014年現在ではインフレの鎮静化や雇用環境改善などにより景気回復基調が明確になってきていると言われています←今ココ

また、ハンガリーは国民の自殺率が非常に高い国としても知られています。もともとハンガリーの自殺率は世界的に高く、社会主義時代には常に世界第1位だったほどでしたが、体制移行後もインフレと失業率の増加などで貧富の差が広がったことなどもあり、依然として深刻な社会問題として捉えられています。理由としては、東部と西部(西部の方が裕福)、首都圏と周辺地域、都市と農村地域の間に根強く残る格差問題や、年金制度改革や高齢者の所得保障問題などが主な原因として考えられているようです。10年ほど前は高齢者(75歳以上)男性の自殺率の高さが特徴と言われていましたが、2012年WTOによる資料では45~54歳層の多さが目立ってきているようです。ハンガリーと同様、やはり自殺率の高い日本人としても他人事とはいえない問題ですね・・・・・

参考資料:盛田 常夫 政治経済コラム「ハンガリーは資本主義経済か」ハンガリー治安情勢 在ハンガリー日本大使館~最近の話題から~世界最高水準の自殺率の構造を探る ニッセイ基礎研 REPORT1900年~2010年 主要国の自殺率(人口10万人当たりの自殺数)ハンガリー経済・金融概況





最近なんだか「高齢者映画」にすごく弱くて参ってしまう。
今はすっかりオジイチャン、オバアチャンになってしまった人たちが、昔は情熱と勇気を持って人生を切り開いてきたこと、時代を築き上げてきたこと・・・・誰にでも若い時があったなんて当たり前のことだけれど、でもこの映画を観るにあたってハンガリーという国が辿ってきた道のりを見つめ直してみたら、彼らの存在がさらに尊いものに思えて泣けてしまった。主人公のエミルが81歳ということは、上に書いたこの戦後激動の歴史を辿ってきた人なんだもの。



↑若かりし日のおじいちゃんとおばあちゃん    ↑強盗で指名手配されたおじいちゃんとおばあちゃん

『人生に乾杯!』なんていうハートフル系の邦題が付けられているこの映画ですが、そんなノリノリの気持ちで見られるものじゃありません。本当は高齢者の高い自殺率をも背景とした、ハンガリーの医療・年金・介護・福祉といった社会保障制度への痛烈な批判が込められているように思います。

ハンガリーでは、1998年の年金制度改革によって導入された「3つの柱」(①従来からの賦課型の公的年金、②民間の年金ファンドによって運用される強制加入型の個人積立年金、③任意加入型の故人積立年金)を並立させた【混合型の年金制度】が、短期的な政権交代が重なったこともあって2010年に挫折しているんですね。若い時代にはイデオロギーも含め国際政治の荒波に飲み込まれ、苦労を重ねてきた人生なのに「年金だけではもう生活できない!」と政治に翻弄されるおじいちゃんたちの怒りが、ダイレクトに伝わってくるってもんです。これはもう立派な反社会体制映画!アメリカン・ニューシネマと同じ流れ!



警察の追跡も包囲網も体当たりで次々に突破していく、希望の見えない逃走劇。
海に面していない内陸国ハンガリーに生きたヘディおばあちゃんが「人生の心残りは、海を見てみたかったこと」なんて呟く姿は『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を思い起こさせるし、まるで『バニシング・ポイント』としか思えない主人公の行く手を塞ぐパワーショベルのダメ押し的な登場に、わたしゃラストを迎える辺りには「もーおじいちゃんたちにこれ以上酷い結末を迎えさせないでぇぇ!!」と胸が痛みまくりでした。

が、しかし。その割にはかなりツメの甘いラストで、逆に大いに笑わせてもらいました。このくらいユルくても私は全く構いません!(笑)




そういえば、原題の「Konyec」はロシア語の"Конец"からきた「The End(おしまい)」という意味なんだそうですが、原題にはもうひとつ、邦題にはない「Az utolsó csekk a pohárban」というサブタイトルが付けられています。これは"コップの中の最後の一滴"という意味。

旧ソ連体制によるハンガリーの共産主義時代の「終わり」がもたらしたもの、あるいは人間として、人生の終わりに見えてくるもの。最後とはいえど、きっちりとそこに存在したコップの1滴。最後は海に出会えたかな。


A színésznő, akit megszépítettek az évek: Földi Teri Keres Emil
長きにわたってハンガリー映画界に貢献してきたベテラン俳優、お二人に乾杯!
A színésznő, akit megszépítettek az évek: Földi Teri  Keres Emil



■この記事に関連する映画制作国、地域 : ハンガリー映画 

FC2共有テーマ : 映画感想 (ジャンル : 映画

  2014/03/27 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

無事、卒園

   ↑  2014/03/21 (金)  カテゴリー: 雑記φ(..)

我が娘、チビはなまるこ(仮名)が無事幼稚園を卒園することが出来ました!ジャジャーン

数日前に行われた「おわかれパーティー」では、おかあさんこれ以上水分出ません!てなくらいにオイオイ泣いてしまったのでしたが、卒園式当日は、堂々と卒園証書を貰う娘の姿を晴れやかな気持ちで見守ることが出来ました。うぇーん、本当によかった。

娘は非常に偏った記憶力のためか、一定のパターンがあるものは科目に関わらず丸暗記してしまう特徴が3歳ごろから顕著でしたが、小学校に入ってからは「応用、工夫する力」「自分で判断する力」を沢山の経験の中でゆっくりと育んでいってほしいなぁと思います。あー4月から小学生だなんて信じられない!



それと、これは私自身の考え方なのですが。
子どもというのは基本的な社会性が身についているのなら、強制的なノーマライズで"個性"を失わせることの方が怖いように思ってきました。実際、私自身もかなりヘンテコな人間だったので娘を見ていると「あ、私の遺伝なのかも」と思うことがあるのですが、母が伸び伸びと育ててくれたおかげで私は無事にここまで生きてくることができました(笑)。

「チビはなまるこちゃん(仮名)って、マイワールド炸裂ねぇ!」なんて笑われる、ちょっと変わり者の娘なので確かに今後はイジメが怖いです。女の子の世界ってシビアですし、今の子どもたちの世界は本当に難しい。でも「リスクを恐れずに物事に立ち向かっていく姿勢」や「大好きなことや興味のあることへの集中力や情熱」という部分を活かして、このままユニークな魂を持ったまま生きていってくれたらいいな!と思います。




で、今、娘は"ことば"に夢中。

異なる言語を使う家庭の場合、「同じ人間が異なった言語を混ぜて話すのは、子どもが混乱するので良くない」と言われていたので、生まれた当初は私とは日本語のみ、ここ数年は【イマージョン・プログラム】で英語遊びをしてきた娘でした。が、最近ではそれでも足りなくなってきたようで、結局家でも私に英語でアレは何だコレは何だと聞いてくるように。でも私だってネイティブじゃないですもん、そろそろギブっすよ しかも私が勉強しているイタリア語までちゃっかり一緒に覚えてきてしまって、一体どうなるんだ。

和英えじてん

英和えじてん


一度間違ったことを教えると、そのやっかいな記憶力のため後々大変なことになるので、最近は「自分で調べることが大事なんだよ」とかカッコいいことを言ってみて娘に英和&和英のこども辞書を持たせてみたら、朝起きた瞬間からベッドの中で読んでいたりしてビックリ。この本、単語の下にある例文がとても良く出来ていて大人が読んでも面白いんです。娘が使わなくなったら私が貰おうっと!(笑)



FC2共有テーマ : ママのひとりごと。 (ジャンル : 育児

  2014/03/21 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『めまい』 (1958/アメリカ)

   ↑  2014/03/13 (木)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー
 

めまい(Blu-ray)


●原題:VERTIGO
●監督:アルフレッド・ヒッチコック
●出演:ジェームズ・スチュワート、キム・ノヴァク、バーバラ・ベル・ゲデス、トム・ヘルモア、ヘンリー・ジョーンズ、エレン・コービイ 他
●かつて同僚を転落死させてしまったトラウマから極度の高所恐怖症を患う元刑事ジョンの前に、ある日旧友が現れる。昼間から夢遊病者のように不可解な行動を取る旧友の妻マドレイヌの調査を依頼され、ジョンは早速彼女の尾行を始めるのだったが、そんなある日、彼の目前でマドレイヌは海に身を投げてしまう・・・。




『ロープ』 (1948/アメリカ)   『舞台恐怖症』 (1950/イギリス) ※ネタバレ注意!
『ロープ』 (1948/アメリカ)    『舞台恐怖症』 (1950/イギリス)

ヒッチコック映画作品は、これまでに学生時代から長~い時間をかけて学校の図書館のLDやVHS、TV放映やDVD-BOXなんかでコツコツと観てきたような気がします。それでも1936年以前のものはまったく手つかずの未見状態。改めて確認してみると、まだまだ未見のものが沢山ありますなぁ・・・

第3逃亡者(1937)、バルカン超特急(1938)、巌窟の野獣(1939)、レベッカ(1940)、海外特派員(1940)、断崖(1941)、スミス夫妻(1941)、疑惑の影(1942)、逃走迷路(1942)、マダガスカルの冒険(1944)、闇の逃避行(1944)、救命艇(1944)、白い恐怖(1945)、汚名(1946)、パラダイン夫人の恋(1947)、ロープ(1948)、山羊座のもとに(1949)、舞台恐怖症(1950)、見知らぬ乗客(1951)、私は告白する(1953)、ダイヤルMを廻せ!(1954)、裏窓(1954)、泥棒成金(1955)、ハリーの災難(1955)、知りすぎていた男(1956)、間違えられた男(1956)、めまい(1958)、北北西に進路を取れ(1959)、サイコ(1960)、鳥(1963)、マーニー(1964)、引き裂かれたカーテン(1966)、トパーズ(1969)、フレンジー(1972)、ヒッチコックの ファミリー・プロット(1976)




"映画"というものを知り尽くしているヒッチコック監督作品は、カメラアングルや光の当て方、小道具やセットの位置に至るまで完璧に練り上げられており、そこに展開される巧みなストーリーはまるで豪華なディナーのよう!観る者を楽しませてくれるサービス精神を感じます。スパイ・サスペンスの巧みさに唸ったり、異常心理の犯人の登場にドキドキしたり、悪趣味スレスレのブラックユーモアにヒヤヒヤさせられたり、軽快に繰り広げられる丁々発止のやり取りにクスリとさせられたり。

そのため、あまりに有名で長年未見のままだったこの『めまい』にも、そんなヒッチコックセンスを期待して観始めたのですが・・・・「どうも他の作品とは何だか違うぞ」と、これまでにない"嫌悪感"を感じて途中降板しそうになるほど、息も絶え絶えで観終えた作品となってしまいました(第1回目鑑賞)。


何等かの恐怖症、消息を絶つ人間、不安定な精神状態・・・そういったいつものモチーフは見られるものの、それらは全て物語の途中で木端微塵。技術的な部分や実験的芸術性がただ飛び抜けているように思え、更に正直に言うなら、この映画が発している"何か"がもう気味悪くて仕方なかったんです。これまでは物語のエッセンスであっても程よくカモフラージュされていたブロンド美女への執着、覘き趣味や死体愛好といった倒錯的・偏執的な愛などが、この『めまい』ではパワー全開、全面に押し寄せてくるんですもん・・・・ジェームズ・スチュワート、ここまでやったのか・・・・

コントロール不能な運命を目の前にした主人公の緊張感は、いつものヒッチコック作品で見られるような期待の展開とはならず、狂気と正気の間を行き来する心理サスペンスは、ズルズルと泥沼に入り込んでいくかのような嫌悪感に変わって終わってしまいました。世間の高評価とのあまりの落差に、90分過ぎたあたりからは「あ、もしかしたら今日の自分は体調が悪いか機嫌が悪いのかもしれない!」と思うことにして、しばらく寝かせてから改めて観てみましょ!と決めていた(放っておいた)作品となっていました。





で、今年に入ってからもう一度チャレンジしたんですよ。健康状態の良い時に。
あぁ、観直しておいてよかったです。初見時には振り回されまくった主人公が執拗に抱く"愛情"への抵抗感が薄まり、冷静に彼らの姿を追うことに集中できたことで、だいぶ印象が変わったのだと思います。


不思議ですね、以前は主人公の行動すべてが不気味で、精神の均衡さえも崩しながら愛する女性の影を求めていく姿をどうしようもなく気味悪く思ったものでしたが、今回はそんな彼の姿があまりに痛々しく、そして不憫に思えてなりませんでした。マデリンの面影を求めて彷徨うスコティ。そのカットには「ONE WAY」という道路標識が映っていたり、また悲痛なまでに鳴り響くバーナード・ハーマンの音楽など、二人の絶望的な行く末を語っているようで特に胸に刺さりました。彼との愛に翻弄されて苦しむキム・ノヴァクの姿にやっと目が行ったのも、今回の大きな収穫です。尾行シーンだけは「や、やっぱり長すぎる・・・」と相変わらず思いましたけど(笑)。

男女の愛にこれだけ強いフォーカスを当て、しかも悲恋物語を描いたヒッチコック監督。この映画だけは妙に感情的・個人的なお話として、他の作品にはない情緒を感じます。

それはきっと、私が最初に出会ったヒッチコック作品が『知りすぎていた男』だったために余計強く感じるのかもしれません。スリルもミステリーも音楽の使い方も絶妙、ユーモアも忘れない巻き込まれ型サスペンスの傑作!(だと信じている)『知り過ぎていた男』が、私の中で揺るぎない存在感を放っているからです。もしもヒッチコック作品との出会いがこの『めまい』だったとしたら・・・私は彼の作品を好きになれたかな!? 今回そんな風にも思いました。


■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画を見て、思ったこと (ジャンル : 映画

  2014/03/13 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『天使の恋』 (2009/日本)

   ↑  2014/03/03 (月)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ




 

天使の恋 スタンダード・エディション [ 佐々木希 ]


●原作:sin
●監督、脚本:寒竹ゆり
●出演:佐々木希、谷原章介、山本ひかる、大石参月、七菜香、加賀美早紀、深水元基、酒井若菜、吹越満 他
●他人を引きつけるカリスマ性を持つ女子高生・理央。過去のトラウマから人を信用することができず、お金だけに価値を感じ、自分に役立つ人間で周りを固めようとする彼女は、17歳になったある日、35歳のサエない大学教授に出会う。この出会いによって、初めて人を愛することの意味を知った理央だったが・・・。



Gyaoで違う映画を観ようと思ったら間違ってクリックしてしまい、気が付いた時にはオープニングが始まっていたので「これもきっと何かの縁か!」と思うことにして、そのまま突入した映画です。





いやー、「佐々木希の演技がヒドイ」「とにかくヒドイ」という批評しか聞いていなかったので、そこまでヒドイヒドイと言われたら「どれだけヒドイんですか!?」と逆に好奇心にかられるじゃないですか。それはもう、怖いもの見たさのような、肝試しのような気持ち満々で覘いてみましたが・・・

えー、そんなに悪くないよのぞみん。覚えたセリフを一生懸命棒読みして頑張っていましたよ(笑)。まぁ、こちらはあらかじめ心構えは出来ていたし、世の中にはもっとヒドイ映画なんていっぱいあるのだから自分も耐性がついていたのかもしれませんが。そこまでボコボコに言われるほどではないと思いましたよ。ま、お世辞には演技がお上手で・・・とは言えないけれど。

やはりモデルさんだからなんでしょうね、セリフのないほんのちょっとした瞬間にとても美しい表情を見せてくれたりして、そんな一瞬を発見してハッとさせられるのも楽しいものでした。それにそのたどたどしい演技が、彼女が演じるリオのスレっぷり(嫌悪感)から遠ざけて彼女の一途さを表すのに一役買っていたと思います。カワイイッテ得ダヨネ・・・・







ただ、物語自体があまりに酷すぎてそちらの方に泣けてきました。これを【映画】と言ってはいけない気がするなー。

とりあえず、レイプ、いじめ、援交、自殺、闘病、記憶喪失なんていう定番キーワードをテンコ盛りにして「ほいっ純愛話を作ってみたよー♪」という頭の中だけで作り上げたような薄っぺらいお話からは、何も得るものがありません。まずはおうちの人を呼んできなさいね、っていう話ですよ。それにだいたい高校生であの私服って、このセンスはどうなんだろうか。チョットワタシニハ ワカラナイ・・・

それと、ナオコちゃんの件。あれは、その後の"恋"なんてやってられないようなトラウマものでしょう。「先生いなくなっちゃった、きっと罰が当たったんだウェーン」とかそんなバチとか言ってるレベルの話じゃないですからリオちゃん。普通は立ち直れないですよ。・・・それよりトモコちゃん、あんな事件の後にこんな絵を描いていていたりして、私は本気で気が触れたのかと思いましたよ。ちょっと怖いよトモコちゃん!



↑谷原さんが一番生き生きしていたシーン。この映画の中で最も素晴らしかったです。酒井若菜さんもお疲れ様でした。

企画や原作、脚本の酷さには辟易しましたが、この映画が最後までちゃんと仕上がったのはカメラさんや音響さん、照明や美術さんなど裏方の方々の立派な仕事のおかげでしょうね!日本映画、がんばってー。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : 日本映画 

FC2共有テーマ : 邦画 (ジャンル : 映画

  2014/03/03 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit