お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2015年09月 → )

『セイ・エニシング』(1989/アメリカ)

   ↑  2015/09/24 (木)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





セイ・エニシング [DVD]


●原題:SAY ANYTHING
●監督:キャメロン・クロウ
●出演:ジョン・キューザック、アイオン・スカイ、ジョン・マホーニー、リリ・テイラー、エリック・ストルツ、ジョーン・キューザック 他
●キックボクシングに熱中する青年ロイドが憧れるのは、成績優秀才色兼備のダイアン。高校卒業を迎え、ロイドは彼女にアタックしようとするが、友人たちは「高嶺の花」を相手に無謀だとアドバイスする。そんな周囲の心配をよそに、意外にも2人は心を通わせていく・・・。『バニラ・スカイ』のキャメロン・クロウ監督のデビュー作。




恋に落ちるその眩しい瞬間をこれほどまでに瑞々しく見せてくれる映画を私はその時まで知らなくて、学生だった頃の私は本当にこの映画に夢中になってしまったものでした。


・・・・と、ところが!
今回改めて観直してみたら、あの時の生き生きとした気分はどこへやら、まるでティーンエイジャーの子どもを見守る"親の立場"で観ている自分に対してかなりの衝撃を受けました(ショック!!)。あぁ、もうあんな時代はかえってこないんだわ~

ただ、逆に考えてみると・・・この映画とは間違いなくピッタリのタイミングで出会えていたということなんだろうなぁとしみじみ思いました。たぶん、10代の終わりの頃、深夜のTV放映で観たのが最初だったと思います。あれから何度も繰り返し観てきた『セイ・エニシング』という作品に共鳴・共感できた時代が私の中にあったという幸せだけは、これからもきっと色褪せることはありません。大切な思い出の一つです。






少年時代から音楽ジャーナリストとして活躍したキャメロン・クロウ監督は、その非凡な感性や文筆の才を発揮して、映画制作の際には必ず自ら脚本を書いています(『バニラ・スカイ』はちょっとだけ例外かな?)。彼の映画作品数は決して多いわけではないけれどいつも温かみがあって、それにココゾ、という時にかかる音楽がとてもいい!

言葉では言い表せないその眩しさを、丁寧に切り取ってフィルムに焼き付けたクロウ監督の映像・音楽・ユーモアのセンスにはやっぱり脱帽です。


この映画には確かにキラキラと輝くような魅力がいっぱいあって、若い頃から個性派だったリリ・テイラーやエリック・ストルツたちのユニークな存在感や、ジョン・キューザックの実姉ジョーンとの自然なやりとりも温かく、若かりし頃のジョン・キューザックの柔らかな魅力にいつの間にか引き寄せられてしまいます。

「"ガラスがあるから気をつけて"って、言ってくれた」
そんな自然なセリフ一つ一つに、この映画の魅力が詰まっているような気がするんです。人を信じる心の軸がまったくブレない主人公たちのことを、今観てもとても羨ましく感じます。

「恋は誰でもできる」ようにも言われますが、自分とは違う誰かを想ったり愛したりするのにも生まれもった"才能"のようなものを持っている人がいるんじゃないかな?と、この映画のジョン・キューザックを見て、今の私は思うのでありました。






ところで『セイ・エニシング』という映画は、2007年プレミア誌の【The 100 Greatest Movie Lines】という名台詞100選にも選ばれました。ジョン・キューザック演じる主人公ロイドが、恋に破れた時にずぶ濡れになりながら姉に電話した時の言葉がそれでした。


"She gave me a pen. I gave her my heart, she gave me a pen."
(彼女はペンをくれたよ。僕はハートを捧げたのに、彼女がくれたのはたった一本のペンだった)


また、アメリカでもっとも手厳しくて有名な映画評論家ロジャー・イーバート氏の『セイ・エニシング』評は、「人生を教えてくれる映画。真の知性と娯楽性に富んだ、奇跡と言える作品。しかもそれは、感動的な奇跡」という最高のものでした。素晴らしい!!
"SAY ANYTHING" is one of those rare movies that has something to teach us about life. It doesnt have a "lesson" or a "message," but it observes its moral choices so carefully that it helps us see our own. That such intelligence could be contained in a movie that is simultaneously so funny and so entertaining is some kind of a miracle.
シカゴ・サンタイムズでのRoger Ebert氏によるレビューより


ちなみに彼のレビューサイト【Roger Ebert.com】の中にある「GREAT MOVIES」のコーナーでは、沢山の名作映画たちと一緒に『セイ・エニシング』も紹介されているんですよ。おぉーなんだか自分の中で特別な思いのある映画がこのような形で評価されているのを見ると、自分が作ったわけでもないのに舞い上がるほど嬉しくなってしまうなー(笑)!






ジョン・キューザックは以前、ハリウッドの超大作『2012』に出演した際のインタビューで、"商業性のある作品とアート的な作品を交互にやることによってバランスをとっている。自分が作りたい映画への資金にもなるしね!"ということを話していましたが、確かにシリアス、シュール、コメディ、アクションといった様々な分野を縦横無尽に往ったり来たりする彼の作品選びには絶妙なバランス感覚が見受けられます。

そんなキューザックが、「アクターズ・スタジオ・インタビュー(Inside the Actors Studio)」に出演した際に、演技者として役とどう向き合っているのか?を学生たちに語った言葉が印象的だったので、ここに引用しておこうと思います。

INSIDE THE ACTORS STUDIO INSIDE THE ACTORS STUDIO:JOHN CUSACK
"役者と言うのは自ら傷つく仕事だ。普通の人は心の闇の部分に触れないようにするが、役者は逆だ。自分の中にあっても隠したり否定したくなる部分だが、演技とはそういう自分の影を具現化し人前にさらす事なんだ。自分の影をさらけ出す場所、それが演技だと心得るんだ"



ジョン・キューザックという俳優は忘れ難いほど強烈なインパクトを残す役者でもなく、またスタイルを毎回変えて驚かせてくれるような演技をするでもなく・・・正直どこが特色なのかちょっと分からないような、でも不思議なほど素直な感情表現をする役者さんだなぁと思っていましたが、彼のこのように答えているのを見てから深く納得しました。『セイ・エニシング』での、彼の演じた人間味豊かなロイドという青年の魅力にまっすぐ繋がったからです。

芸能一家の出とはいえ、生き馬の目を抜く実力主義世界のハリウッドで息の長い成功を収めている彼自身も、何かブレない軸を持っているんだろうなぁ。そんな気がします。




tapelinepink.jpg

「セイ・エニシング」続編シリーズ、クロウ監督とJ・キューザックの抗議で制作中止に
 ‘Say Anything’ Series In Jeopardy Over Cameron Crowe Objection【Deadline.com】
キャメロン・クロウ監督、ジョン・キューザック主演の傑作青春映画「セイ・エニシング」(1989)の続編を、20世紀フォックス・テレビジョンがテレビシリーズとして制作することが報じられたが、これに対してクロウ監督とキューザックが不快感を示して抗議をした結果、企画が中止になったことがわかった。
 (中略)
クロウ監督はこの続編企画について何も知らされていなかったようで、自身のTwitterを通じて公式に「阻止する」意向を明らかにした。またキューザックも、Twitterで同シリーズに対する関与を問われると、「とんでもない」と不快感を示した。クロウ監督とキューザックの意向を受け、すでに一般のファンのあいだにも反発が広がっており、企画続行は困難になったとされる。
 ※映画.com速報 2014年10月14日より一部引用

この映画は間違いなく【ハッピーエンド】で終わっているのですが、今改めて観直してみると、ロイドとダイアンは、もしかしたらその後うまくいかなかったかもしれない・・・大人になってから微かにそう思うラストシーンを見ながら、このニュースを思い出しました。

「割れたガラスに気をつけて」
人が無意識に発した優しさにたった一度でも触れたことがあるのなら、この作品のファンが大切にしているのは、それぞれの道を歩むことになった二人のその後をドラマで見ることなんかではなく、傷ついたり、喜んだり、受け入れたり、失ったりしながら二人が一緒にいるだけで完璧だった夏の思い出、ただそれだけなんです。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : アメリカ映画 (ジャンル : 映画

  2015/09/24 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ピッチ・パーフェクト2』(2015/アメリカ)の主題歌「フラッシュライト」を・・・

   ↑  2015/09/17 (木)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・
超実力派シンガーであるジェシー・J姐さんの「Flashlight」が新作映画のPVで発表されてから、私はこの曲が好きでずっと聴いていたのですが、今年の学祭OB・OGライブで「これを"アコースティックver"でやったらいいんじゃない!?」と提案→可決!




もともとは、2012年に全米で口コミから人気に火がつき予想を超えるスマッシュ・ヒットとなったアナ・ケンドリック主演の【アカペラ・パフォーマンス】が売りの映画なので、音楽を愛する仲間や、或いは恋人や大切な人たちへの想いが込められている素敵な歌になっていて、なんかね・・・ぐっとくるのです。あ、体調不良ではないですし、アタマもまだ大丈夫なのでご心配には及びません(笑)。


Jessie J - Flashlight (from Pitch Perfect 2)
※歌詞は著作権の問題のため、ほんのり一部のみ。和訳はこんな感じ、という意訳。

When tomorrow comes, I'll be on my own
明日になったら、ひとりぼっち
Feeling frightened up, The things that I don't know
まだ見知らぬことに怯えてる
When tomorrow comes Tomorrow comes Tomorrow comes
明日になったら 明日が来たら 明日が来てしまったら・・・

And though the road is long  I look up to the sky
この先の道は長くて  私は空を見上げる
In the dark I found, I stop and I won’t fly
暗闇の中で私は気付くの 踏みとどまって、逃げたりしないって
And I sing along, I sing along, then I sing along
だから私は歌うわ 声を合わせて 一緒に歌うの

I got all I need when I got you and I
一緒にいられれば 何も怖くない
I look around me, and see sweet life
周りを見回せば「人生は素晴らしい」って思えてくる
I'm stuck in the dark but you're my flashlight
今は暗闇から抜け出せないけれど、あなたが照らしてくれる
You're gettin’ me, gettin’ me through the night
あなたが行く先を照らしてくれる

Cause you're my flashlight 
あなたが照らしてくれるから 
You're my flash light, you're my flash light
あなたは私の光 私の道を照らしてくれる光







Jessie J and Queen London 2012 Performance
ジェシー・J姐さんとの出会いは2012年のロンドン・オリンピックでの閉会式で、ブライアン・メイとロジャー・テイラーと共に登場して「We Will Rock You」を歌い上げた時
女性でこの格好良さはあり得ない!!と鳥肌ものでした。




↑AMA授賞式のパフォーマンスで、テイラー・スウィフトがノリノリなのに対し、サム・スミスとロードがめちゃくちゃ照れているところがカワイイ

本当は、アリアナ・グランデ&ニッキー・ミナージュとコラボした↑「Bang Bang」の方がウケはいいのかもしれませんが、出入り禁止になりそうだし、その前に子どもを持つ親として今年はPTAの役員もやっているので全力で止められると思います。
ですので、歌詞・和訳の紹介はここではあえていたしません(笑)。





「ピッチ・パーフェクト2 」(2015年10月16日 全国ロードショー)


■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 音楽映画 (ジャンル : 映画

  2015/09/17 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『少女ヘジャル』 (2001/トルコ)

   ↑  2015/09/08 (火)  カテゴリー: シリアス、社会派




少女ヘジャル [DVD]



●原題:Hejar/Büyük adam küçük ask
●監督、製作 、脚本: ハンダン・イペクチ
●出演: シュクラン・ギュンギョル、ディラン・エルチェティン、フュスン・デミレル 他
●一線を退き、孤独な生活を送る元判事ルファトが住むアパートが武装した警官に襲撃され、隣人一家が皆殺しにされた。たった一人生き残ったクルド人少女ヘジャルは行き場もなくルファトの部屋の前にたたずむ。クルド語しか話さないヘジャルとルファトの間に立って橋渡しをしてくれたのは、身分を隠し、トルコ人として偽って生きてきた家政婦のサキネだった。ルファトは、サキネとヘジャルにクルド語で話すのを禁じるのだったが・・・。トルコ国内で公開5ヵ月後に上映禁止となったものの、アカデミー賞外国語映画賞トルコ代表となった作品。




※この記事は、2013年のレビュー記事を再見・加筆したものです。
久しぶりにいい映画にあたりました。嬉しいなぁ。
で、ちょっと思い出したことを。

かの地に滞在していた頃、クルドの話が人々の口にのぼるたびに"良いクルド人""悪いクルド人"という単語をよく耳にしたものでした。貧しくとも問題を起こさず国内の政策に従い生きているクルディスタンと、クルド労働者党(PKK)武装組織に代表されるような反政府意識のあるクルディスタン。

そう、私にとってクルド問題は遠い国の遠い話ではないのです。
というのも、古い友人が"良い"側のクルド系出身だったから。軍隊でゲリラ部隊と銃を向け合っていた人間にとって、"悪い"側のクルディスタンは憎むべき存在でしかなく、話題に上るときは嫌悪の感情しかなかったように思います。

でも"悪いクルド人"なんて本当にいるのでしょうか。
誰の側から見た言い方なのでしょうか。







国全体が【クルド文化】や【クルド人】という存在を抑圧していた中、この作品は、羽交い絞めにされた力を解きほぐすような一筋の柔らかな光。私にはそう感じられました。

国家を持たない民として、最愛の家族まで失ってしまった幼いヘジャル。
だからこそ、その小さな体いっぱいに力の限りに叫ぶクルド語を誰も止められはしないのです。小さな少女の正直で痛烈なその思いは、観る側の心を最後まで揺さぶり続けます。

そして、クルド問題をトルコ国内で初めて取り上げ、この映画を製作したのが"女性監督"だったということも興味深いもの。

アラブ・イスラム世界の中では最も西欧文化にも近く、近代化された国家とはいえ、イスラーム世界ではほぼ見られない「自転車に乗る女性(しかも老齢!!)」をチャーミングに演出する軽やかさを見て、私はこの作品をいっぺんで好きになってしまいました。車を運転する女性のことを、地方ではまだあまり良く思われないほどなのですから・・・。



主人公の老人ルファトとヘジャルという2人を取り巻く人々の、その小さなドラマが丁寧に綴られていることにも温かみを感じます。家政婦サキネの人生、未亡人ミュゼェイェンの都会に暮らす孤独、そしてクルド人としての苦悩を抱えるエブドゥ。

たとえ政治的・民族的問題を抜きにして観たとしても、この作品の優しくも力強い印象はまったく変わりません。この映画、もっともっと広く知られてほしいなぁ。






むかし、クルド出身の人のお店に入って値段の交渉をしたことがありました。

明らかに「外国人」の私が友人から教えてもらったクルド語で話しかけたところ、「こんなことがあるなんてなぁ!」と店主のおじさんに大笑いされ、可愛らしい小皿セットのおまけを頂いてしまいました。表情がぱぁっと明るくなったあの店主の顔が忘れられません。この映画を観て、そんなことを懐かしく思い出しました。



※この映画の時代背景について 「少女ヘジャル」公式サイトより一部抜粋

トルコ国内でクルド人問題が最も激しかった頃の1998年、クルド人の存在そのものが拒否され、クルド語も話せなかった時期がこの映画の舞台となっています。しかし、現在ではクルドの民俗音楽のCDが発売されたり、クルド語による芝居の上演、一部の学校でクルド語教育が行われるようになっているとのこと。

軍部の影響力や、EU・米国に向けた政治的立場や思惑、国内世論など様々な政治的要因が絡み合って状況も変化しているようですね。


 Türkiye’nin ilk Kürtçe karnelerini aldılar【ZAMAN】
Türkiye’nin ilk Kürtçe karnelerini aldılar【ZAMAN】
トルコ初のクルド語小学校で、初のクルド語通知表を受け取る
(2015年1月24日付/ザマン紙)




■この記事に関連する映画制作国、地域 : トルコ映画 アラブ・中東映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2015/09/08 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

ヒースロー空港の"Welcome Back"に癒される「Life's for Sharing」 (2010年)

   ↑  2015/09/01 (火)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・
今日からいよいよ9月。
終わってしまう夏の寂しさと、徐々に深まっていく秋が感じられる大好きな季節です。
でも、降り続く雨で乾かない洗濯物や、「おかあさん!因みに携帯は今どこですか?」とついて回る◯◯◯バンクのお兄さんと闘ったりしていると(わたしゃアナタのおかあさんじゃないわい)「あーもう、一息入れたいよー」という時もあったり・・・

そんな時に見ているのが、ドイツの通信大手ドイツテレコムの携帯電話子会社T-Mobileが ≪Life's for Sharing≫ というキャンペーンスローガンのもと作成した3分間のCM。

たまたまその場に居合わせて巻き込まれてしまった一般の人々の、驚き、戸惑い、照れ笑いや笑顔、恋人や家族の再会を見ていると、いつの間にか幸せな気持ちになれるのが不思議です。





この"ウェルカム・バック パフォーマンス"に巻き込まれた、ロンドン在住のヘンリー・チャーチさんという方のインタビューが正直でよかった(笑)!↓
「ワシントンDCから夜通しのフライトで帰ってきたんだ。入国ゲートを出たら隣にいた女の人が突然歌い出して"この人ちょっとおかしいんだな"と思ってたら、空港にいる全員が僕を見ながら「ウェルカム・ホーム」を歌い出した!本当にびっくりしたよ。何が起こってるかわからなかった。帰宅して友人や家族に言ったんだけど誰も信じてくれなかった。このCMを見てみんながわかってくれることを望むよ」
T-Mobileの集団ダンスCMが帰ってきた!今度はロンドン・ヒースロー空港「Welcome Back」【white-screen.jp】



このCMは≪Life's for Sharing≫というスローガンそのままに、楽しいひとときを映像に残そうと携帯を向けている、つまり誰かとその思いをシェアしようとしている人々の姿も映し出しています。

エンターテイメント性の高い広告でありながらこれをきちんと成し遂げているのがスゴイ!と思うと同時に、【life】って人生とか命、元気とか暮らしとか本当に幅広く意味を捉えられますが、こうやって日々の一瞬一瞬や記憶を誰かと共有していくことが【life】に繋がっていくのかなーとも思ったり。

広告ってメッセージ性がストレートに出るものが多いですが、これは短篇映画のような余韻もあって好きなCMです。そうそう、演奏は全て"ボイスパーカッション"という人の持つ力強さを感じさせてくれるところなんかも魅力のひとつかも。


※T-Mobileは、この1年前に放映したT-Mobile: "Life's for sharing (Dance)"で、2009年のカンヌ国際広告祭で(金賞こそ逃したものの)様々な部門で多数受賞しているツワモノだったりします。






  LOVEACTUALLY005

因みに、この動画の舞台は大好きな映画『ラブ・アクチュアリー』のオープニングとエンディングで登場するロンドンのヒースロー空港の到着ゲートだったりします。

空港って大好きです。
出会い、別れ、再会といった人間模様がドラマチックな場所であり、あの"非日常空間"がいいんですよねぇ・・・

新橋で仕事をしていた時、残業の後や、とにかく1人になりたくなった時などモノレールで羽田空港まで行って、展望デッキから轟音の中で離発着する飛行機をぼーっと眺めていました。このままどっか行っちゃうぞー!!とかけっこう本気で思いながら(笑)。離陸する飛行機を1機ずつ見送っているだけで元気が出てくるのってどうしてでしょうね。





こちらはメイキング



0:10 Etta James - At Last
0:37 Mel Thorme - Coming Home Baby
0:56 Mark Morrison - Return Of The Mack
1:19 Iggy Pop - The Passenger
1:40 Thin Lizzy - The Boys Are Back In Town
1:55 Kaiser Chiefs - Oh My God
2:06 Aretha Franklin & George Michael - I Knew You Were Waiting (For Me)
2:26 Peters and Lee - Welcome Home



FC2共有テーマ : 戯 言 (ジャンル : 映画

  2015/09/01 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit