お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2016年01月 → )

『ザ・ウォーク』 (2015/アメリカ) ※試写会レビュー 第1弾

   ↑  2016/01/22 (金)  カテゴリー: アクション、パニック
 
●原題:THE WALK
●監督:ロバート・ゼメキス
●出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール 他
●少年時代に綱渡りに魅せられ、以来、独学でその技術を磨いてきた青年、フィリップ・プティ。彼にとって綱渡りとはアートであり、自己表現の方法だった。そんな自らの欲求を満たしてくれる舞台を求めていた彼は、エッフェル塔を抜いて世界一の高さになるというニューヨークのツインタワー建設の記事を目にする。その瞬間、この地上110階、高さ411mのワールドトレードセンターで綱渡りをしたいとの欲望に取り憑かれたプティ。さっそく大道芸人仲間のアニーをはじめ、この壮大な夢を共有してくれる仲間を集め、入念な準備に取りかかるプティだったが・・・。




試写会で【3D上映】というのは初めての体験になりました。


シアター入口で≪おしぼり≫を頂いたんですけどね、「えー、こんなのいらないわい」ってすぐにバッグにポイっと入れちゃいました。・・・・・が。

イヤイヤイヤイヤイヤ!! 絶対いるわコレ!


↑「手汗が大量に出る」って本当でした。ごめんなさい。
この映画、高所恐怖症の人や心臓の悪い方は、絶対に観ない方がいいです。人間って本当に手の平から"滝汗"が出るんですよ。スキーのリフトで足をブラブラさせて乗るだけでも私ダメなのに、なんでよりによってこの映画の試写会に行ったんだろう。もうバカバカ。観る側も体力勝負を試されます!







この『ザ・ウォーク』という映画は、主人公フィリップ・プティの心の内を掘り下げて描写することなど目もくれず、「フィリップたちはワールドトレードセンターに潜入できるのか!?」「誰にも見つかることなくワイヤーを張れるのか!?」そして「高所でのワイヤーウォークはうまくいくのか!?」という、このスリルを存分に味わえ~!のアトラクション的要素に重きを置いた疑似体験ものといったところ。

この潔さ、爽快です。

常に最先端のVFXを活かしたビジュアル重視の作品を得意とするゼメキス監督作品らしさでもありますね。
情熱を持った登場人物が出てくるストーリーと映画的なスペクタクルがそろうと、とてもエンタテインメント性にあふれた映画のレシピとなるんだ。(中略)最初に思いついたイメージは、フィリップがワイヤーに1歩目を踏み出し、眼下にニューヨークの街が広がっている映像。映画らしいイメージだと思った。
地上411mで空中闊歩 ロバート・ゼメキス監督が語る『ザ・ウォーク』【MTV JAPAN】


「マン・オン・ワイヤー」スペシャル・エディション


我が儘で身勝手な子どものようでもあり、また一方でその純粋さが周囲の人々の心も虜にしてしまうプティの人間的魅力については、2008年度のアカデミー長編ドキュメンタリー賞受賞作品『マン・オン・ワイヤー』で観れば十分、ということなのでしょう。






ただ、今回ちょっと残念に思ったこと、改めて気になったことがありました。
それは、どうしてもコンピューター処理に頼らざるを得ないゲーム画面のような映像の"軽さ"です。

thewalk04.jpg
thewalk04vfx.jpg

個性的な演技派俳優であるレヴィット独特の温もりや鬼気迫る"狂気"など、生身の人間の肉体から発せられる熱や重みといった存在感があまり感じられず、彼の息遣いさえもどこか削ぎ落とされているように感じました。

Q.フィリップを演じる上で、監督はジョセフにどのようなことをリクエストしましたか?
ゼメキス監督:面白いことに、僕はジョセフにワイヤーウォークをマスターすることは求めなかったんだよ。彼自身が学びたいと主張したんだ。僕はワイヤーウォークのシーンを、デジタルで描こうと思っていたんだけどね。でも彼はワイヤーウォークを学びたがった。もちろん、その意見はすぐに採用したよ。
地上411mで空中闊歩 ロバート・ゼメキス監督が語る『ザ・ウォーク』【MTV JAPAN】



クリストファ・ノーラン監督作品『インセプション』より

『インセプション』での無重力アクションシーン。
このメイキング映像で見せたレヴィットの動きの美しさといったらもう!実物大の巨大なセットを建造してそれを回転させるという、デジタル技術を出来るだけ使わない実写志向のノーラン監督らしさが存分に発揮されたシーンでしたが、レヴィットの身体能力の高さは『プレミアム・ラッシュ』でも折り紙つき。

NYに在住しているフィリップ・プティ本人から特訓を受けたというレヴィットは、ほぼスタントなしでワイヤーウォークを行ったのだそう。だからなのでしょう、大道芸のシーンや田舎町での沼の上での綱渡りなど、VFX満載とは言えない場所での地味なワイヤーウォークはどれも美しくて楽しげでした。

実際に411mの高さでやってくれ!とは言いませんが(トム・クルーズならやりかねない・・・)、あまりに分かり易いコンピューター処理による特殊視覚効果は逆にこの実話をファンタジーのようにしてしまい、「落ちる?」「おちない!?」「落ちそう!!ギャー」という"高所アトラクション映画"という枠に圧し込めてしまったような気がします。魅力的なレヴィットの良さをもっともっと活かしてほしかったなぁ。



さて、ここで突然ですがレヴィットファンの皆さんに嬉しいニュースです

『ザ・ウォーク』では、ファンなら悶絶死しかねない素敵なサービスショットがあります。
私の隣で観ていた女性は堪らず「・・・ブー!!」って吹いてました(笑)。一見華奢でキュートな笑顔を見せる彼ですが、実は脱いだらスゴイ系の細マッチョ。彼の魅力に参ってしまった女性ファンは必見です。これは絶対お見逃しなく!
↑大事な事なので2回言いました。









それからもう一点。この映画の他にはない特色を。


『ザ・ウォーク』という映画は、今はなきワールドトレードセンターをとてつもなく巨大で美しい存在として描くことに意味を持たせているような気がしました。

資本主義経済のシンボルだった世界貿易センター。
建設当初は、近未来的で四角い無機質なデザインが「味気ない」「個性がない」と好意的に受け取られていなかったと言われています。

また、映画の中で多くは語られませんが、この頃のアメリカは71年に発生した急激なインフレと失業に対処しきれぬまま経済力が衰退。これに伴い、米国主導下で構築されてきた戦後世界の構造も足元から崩壊しつつある時期でした。ビジネスマンの中にヒッピーがいたり、フィリップ・プティの綱渡り成功(逮捕)を伝える新聞の脇には「ニクソン大統領辞任」の文字が見られるなど、当時の社会的背景は僅かに描かれています。

“なんと、無謀な!”思わず、息を飲んだ ―『マン・オン・ワイヤー』クロスレビュー【Web Dice】
※フィリップ・プティが渡る実際の映像

人々の権力に対する猜疑心。自由への憧れ。価値観が崩れ始め「何かが狂っている」と感じ始めた空気の中、常識に囚われず何も恐れず「なぜそんなことをするのか?」の問いに「理由なんてない」と真っ直ぐに答えたフランス人、フィリップ・プティによる史上最も美しき犯罪

2001年9月11日。多くの人々の命が失われ、崩壊し、アメリカ人の心に衝撃と哀しみをもたらした場所。2つのビルの間を一本のワイヤーで繋ぎ、命綱なしで一歩ずつ渡っていく彼の姿は、今だからこそ「前へ進んでいくんだ」という"希望"の象徴のようにも感じられました。

観るなら絶対、映画館がオススメの作品です。



仲間が集まってくる過程がちーっとも解せませんでしたが、若かりし頃のウィノナ・ライダーをもっとスウィートにした感じのシャルロット・ルボンが可愛すぎるのでそんなのなかったことにしちゃおう!「Les Carottes sont cuites」(=人参は煮えた)というフランス語らしい諺が印象的でした。
2016年1月23日(土)より全国ロードショー




■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画館で観た映画 (ジャンル : 映画

  2016/01/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 (2014/アメリカ)

   ↑  2016/01/19 (火)  カテゴリー: コメディ





シェフ 三ツ星フードトラック始めました


●原題:CHEF
●監督:ジョン・ファヴロー
●出演:ジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、オリヴァー・プラット、ボビー・カナヴェイル、エムジェイ・アンソニー、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr 他
●LA。一流レストランのシェフ、カールは大物料理評論家ラムジーの来店を受け、自分らしい料理で勝負に出たいと望むが、店のオーナーに命じられていつものメニューを提供。だがラムジーに酷評された上、彼にキレる様子の動画がSNSで拡散し、解雇される。故郷マイアミでカールはキューバサンドイッチの魅力を知り、フードトラックで売ることを決心。元妻との間の幼い息子パーシーらとトラックで移動販売をしながらLAに向かう。




次々と手際よく料理の下ごしらえをして、市場へ買い物に出て新鮮な食材を選び、スパイシーな燻製ソーセージ"アンドゥイユ"入りのサンドを子どもと一緒にバクバク食べる・・・・!


こーんな美味しそうなオープニングで見ないワケにはいかないでしょう!
昨年観た映画のレビューがまだまだ何本も残っているのですが、今年はこの映画でスタートすることに決めました。

だってね、主人公のシェフ カールは、一人息子のために完璧な【グリルチーズ・サンドイッチ】を作る人なんですよ。


バターをたーっぷり塗ったパンを熱々のオイルがひいてある鉄板の上で綺麗にトーストして、その上にチェダーやフォンティーナ、ゴーダなど3種類くらいのスライスチーズをのせ、こんがりキツネ色になったら2枚を重ねてぴったりサンド。で、再び外側にバターを塗って、チーズが中からジュワーっと溶け出してきたら出来上がり!・・・お、お腹すいた。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、すごい量のチーズだとかベーコン、卵などがジュージュー焼ける良い音が立つ映画なので、ダイエット中の方とかGI値を気にしている人、空腹に耐えられない人などは絶対見ない方が身のためだと思います。







この映画は何がスゴイかっていうとね、悪い人が全然出てこないんです。

フードトラックという新事業を始めるにあたっても、資金繰りの心配なんて全然ない。主人公の周囲は気が良くて協力的で、忠誠心があって素敵な仲間たちばかり。ドン底に落ちたのもSNSのせいにはしているけれど、それだってビッグチャンスになるのが今の世の中。ストーリーは超王道ド真ん中です。

ま、ちょっと気が立っている時なら「人生こんな甘かないわ!ウガー!」と上出来人生に文句の一つでも言いたくなるものですが、今の私は違う。ちょうど"菩薩の心"に達したところなので「いいじゃないいいじゃない。こんな美味しくて幸せな人生もありじゃな~い」なんて軽くかわしてしまった。


だって元嫁は別れても主人公のことをすごく心配している超美人のキャリアウーマンで、しかもリッチ。恋人はやたらセクシーで、主人公の作る料理にメロメロ。皆、このおじさんに胃袋を掴まれたんですよ、きっと。


熱々のオリーブオイル&ニンニクでたっぷり香り付けをして、岩塩、赤唐辛子、黒こしょう、刻み立てのパセリ、レモンとパルメザンチーズを加えた「Spaghetti Aglio E Olio」。そう、ペペロンチーノですね。

↑これをただ食べるだけのために美脚も露わで妖艶なスカヨハのシークエンスが用意されているくらいですからね、もうなによ、メタボの主人公モテモテですやん。






ま、それもそのはずで、この映画の主演・脚本・監督・製作を務めたのは「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴロー。
主人公のモデルは、「アイアンマン」シリーズが大ヒットしたため、映画評論家やマスコミから流行監督の地位に甘んじているとレッテルを貼られたファヴロー自身かもしれない。本作は「アイアンマン」シリーズよりずっと少ない製作費だが、おいしい料理を作れると主張したいシェフにファブローの想い・本音が込められた。
シェフ 三ツ星フードトラック始めました【wowowシネマ】番組紹介/解説より



"膨満感"だと?"客に媚びる"だと?俺は誰にも媚びない!何様だ?ただ食って、悪口を吐き散らす。こっちは必死でやってんだ。スタッフ全員だ!傷つくよ。あんな記事、誰でも傷つく!店が潰れたらどうする気だ!何が評論家だ!

「俺だって傷つくんだぁぁ!」と悪態ツキまくるこのシーン。どう見ても料理の話じゃなくて、ファブローの映画制作における心の叫びにしか見えないところが、ある意味この映画のハイライトかと。ビジネスなのだからヒットする作品を作らなくてはいけない、観客や世の批評も気にしなくてはいけない。でも自分のイマジネーションは大事にしたい。本当に描きたいものを作り出したい。そんな彼の思いがこの映画を作らせたんでしょうね。

甘いんですよ、確かに。
ロードムービーとしても展開は中途半端だし、ラストは帳尻合わせのように超強引なハッピーエンドだし。なんで急に「キューバサンド」なんだよ~とか、どうして最後はそうなっちゃうんだよ~とか色々意地悪を言いたくはなるのですが、ま、ここはひとつ「ご馳走様でした」の一言で片づけちゃいましょう。ファヴローの晴れ晴れとした顔、よかったですから。







ここから先は余談です。
カールの人生を変えたキューバサンドのように、私にも忘れられないメニューが1つあるんですよねぇ。


↑これ、お世辞にも全然美味しそうとは言えないでしょう(笑)。
でもね、良い思い出があるのです。

ナポリにいた時、ホームステイ先の長男君が私がホームシックにならないようにと作ってくれた梅干しをのせたお味噌の雑炊&照り焼きチキンです。それに日本酒と、付け合せにトマトのオリーブオイル焼き。



人懐っこくて陽気な典型的「ナポリ男」で、美味しいお酒と食事と大好きなマンマと当時妊娠中の超セクシーな彼女がいればもうご機嫌。夜11時くらいでもバルコニーでギターをかき鳴らしては大声で歌いまくって、バナナの皮を道路にポイー!と捨てるバカ男でしたが(笑)、人を楽しませよう、笑わせようとしてくれる心根の優しい人でした(今や二児のパパ!!)

いつの間にか醤油や味噌、日本酒や梅干し、割り箸も用意してくれていたんですね。


行き詰った仕事も婚約も全部白紙に戻して人生やり直す勢いでナポリに来た27歳の私は「日本が恋しいわ・・」とかこれっぽっちも思っちゃいなかったのですが、長男君がすごく嬉しそうに振舞ってくれたその心遣いが胸にしみてちょっと涙がね・・・。そうしたら「これじゃよけい日本を恋しがっちゃったじゃないのー」「泣いちゃったじゃないのー」「味が違うんじゃないのー」って皆でワァワァ言い合ってました。ゴメンナサイヨ~

でもね、本当に本当に、この雑炊美味しかったんですよ。マンマも、長男君の彼女も、彼女のマンマも「日本食って美味しいね!」って一緒に食べました。ずっとずっと忘れられない光景です。



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 最近観た映画 (ジャンル : 映画

  2016/01/19 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

2016年ブログはじめ

   ↑  2016/01/11 (月)  カテゴリー: 雑記φ(..)
2016年がスタートして、もう10日経ってしまいました・・・・
今年1年も皆様にとりまして すばらしい年となりますように!
それからもちろん、良い映画にも出会えますように!


 
元旦まで身内の入退院で忙しかったので、残りのお正月休みはチビハナさんと思う存分、自宅でゆ~っくり過ごしました。

ホッとしたからかな、甘いものが欲しくなってココア&チョコレートのパウンドケーキを作ったり、小粒イチゴが沢山手に入ったので一緒にジャム作りをしたり。

しかしですね、レモンをちょっと入れ過ぎて【酸味満点ジャム】になってしまった・・・
年始から身の引き締まる思いですわ!!






ころで。当サイトは前身ブログ時代を入れると今年でなんとちょうど10年目となりました。10年って!

日本語で思い切り話せる相手がほぼいない生活の中、明らかに日本語の思考力が衰えていく自分が怖くなって「それじゃあ好きな映画のことでも書いてみますかね」程度の気持ちで始めたのが開設のきっかけでした。ま、今現在、もはや思考力そのものが怪しくなってきましたけどね・・・

それから10年の間。
映画配信サービスやiPhoneの登場、SNSの広まりなど時代は目まぐるしく過ぎていき、私のライフステージもイベントも激変。今年は前職場の方から「Kamelioの【映画】テーマでブログを発見しました!」という年賀状をいただき、あまりに驚いて血の気が引いた、いや逆だ、今年最初の鼻血が出るかと思いました・・・ブー



うーん。2015年は本格的な仕事への復帰もあって、映画を観られる余裕がなかったんですよねぇ・・・。だってまだまだ娘と一緒に遊びたいですからね!シャボン玉も沢山やった!

昨年は友人のライブでステージに上げてもらって「恋するフォーチュンクッキー」踊っちゃったり(私じゃない)、実は刑事であるママ友から警察音楽隊のイベントに誘っていただいて楽器にも触れられたり、交通安全ポスターの宿題を描かせて頂いた教習所の広報の方と偶然会って、幼稚園時代のお友達と思い切り遊べるイベントを教えていただいたり、そうそう、水族館とプラネタリウムにも2回ずつ行けました。ペンギンがねー本当にカワイイ 映画もいいですけどね、やっぱり娘と一緒にあちこち出かけられて私はラッキーでした。

今年はゆっくりですが、きちんと映画を観て、きちんとレビューを書き残していけるような時間も作っていけたらいいな。心新たにしたいと思います。

2016年、どんな1年になるかな。
私はまた今年も新しいことにチャレンジしていこうと思っています!
きっと大丈夫!なハズだと思う!(笑)
どうぞ宜しくお願いいたします!



  2016/01/11 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit