お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2016年02月 → )

『ザ・ドア 交差する世界』 (2009/ドイツ)

   ↑  2016/02/25 (木)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー




ザ・ドア ~交差する世界~ [DVD]



●原題:DIE TUR / 英題:THE DOOR
●監督:アノ・サオル
●出演:マッツ・ミケルセン、ジェシカ・シュヴァルツ、ヴァレリア・アイゼンバルト、トマス・ティーマ 他
●自らの不倫中に娘を事故で亡くし、妻にも愛想を尽かされ全て失った画家のダビッド。自暴自棄となった彼はある日自殺を試みるが、そこで不思議な扉を発見する。その扉は、娘を失ったあの日に繋がっていた。信じられない思いながらも、ダビッドは扉のあちら側にいる娘を救出することに成功する。ところが、安堵もつかの間ダビッドは不審人物と見なされ襲われてしまい、勢い余ったダビッドは相手を殺してしまう…のだが、なんと相手は“もう1人の自分”だった・・・





映画配給会社【GAGA】が運営するオンラインシアター。
今日の映画は、この「青山シアター」で鑑賞です。

GAGA.jpg
私は無料の会員登録だけしてあるのですが、これまで数回ほど最新作のオンライン試写会に当選したり、年に一度のアカデミー賞主要部門のレース予想や無料配信もあったりして、ちょこちょこですが利用させていただいています。

現在は「未体験ゾーンの映画たち 2012-2015」で上映された作品の中から人気作を一挙配信!ということで、2016年3月25日(金)まで誰でも無料で1作品鑑賞出来ます

「未体験ゾーン」ということなので、ラインナップとしてはホラーとかホラーとかホラーとかばっかりで「私もう絶対ムリ!!」な勢いだったのですが、私の好きなスティーブ・カレルやライアン・ゴズリングの出演作品など面白そうなミステリーやコメディ系もあったので1作品に絞るの、最後までけっこう悩みました(笑)。







というわけで、今回はドイツ映画『ザ・ドア 交差する世界』に決定。


決め手は、主演のマッツ・ミケルセン(画像左)
"北欧の至宝"と呼ばれ、『007 カジノ・ロワイヤル』での悪役ル・シッフルや、米国ドラマ「ハンニバル」でのレクター博士など国際的に活躍する名優であり、いつもどこか憔悴したような、深い孤独を感じさせるクールで寂しげな目がインパクトに残る俳優さんです。

※画像右は北欧ミステリーの火付け役とも言われた「THE KILLING/キリング」に出演していたお兄さんのラース・ミケルセン。渋いです。


マッツ・ミケルセン主演作品として、当ブログでは『アフター・ウェディング』を過去に紹介していますが、最近では第65回カンヌ国際映画祭で男優賞受賞した『偽りなき者』が話題になり、またデンマーク発の西部劇『悪党に粛清を』もいよいよ5月からレンタル開始され、私の「北欧映画ってヘビーな内容が多くて苦手だわ・・・」という後ろ向きな気持ちを今少しずつ持ち上げてくれているのが、このマッツさんなのです。


因みに、私がいつもすごいなと思うのは、マッツ・ミケルセンが出演する映画の言語バリエーションの豊富さです。

彼はデンマーク語の他に、スウェーデン語、ドイツ語、英語、ロシア語、フランス語を話すそうなのですが、それは様々な国の言葉の映画をたくさん観ることによって習得していったのだそう。先の『アフター・ウェディング』では確かヒンディー語でも話していましたしね。英語を母語としない欧州俳優のこういったバランス感覚が私はとても好きです。

・・・・なんてすごく褒めておきながら、時々「ミッツさん」だったか「マッツさん」だったか分らなくなったりもします。本当にごめんなさい。







この『ザ・ドア 交差する世界』は、過去と未来を繋ぐ扉がもたらす【パラレルワールド】を舞台としたSFサスペンス。

ですが、互いに干渉し合わない並行世界(時間差はあり)の話なので、この類の映画にありがちなタイムパラドクスに頭が混乱したり矛盾や複雑さを気にしたりすることは一切ありません。

どちらかというと、主人公ダビッドが別の世界線にいる"自分"を殺して"同一人物"として生きていこうとする中で(ここはサスペンス)、果たして同じ愛する人と共に生きていけるのか? "誰か"を犠牲にしたことによるその代償は?という、人間ドラマに重点が置かれた物語のように感じました。



"一番大事な時に大切な物を守り切れなかった"という、背負いきれない絶望に打ちのめされ、何もかもを失った主人公ダビッドの痛々しさ。その彼の荒んだ心の中の風景のように、凍てついた冬の世界で見つけた季節外れの青い蝶に誘われて、過去の"あの時"に戻ったダビッド。

自分の失敗を恥じ、過去を悔やみ続けたきた彼は、今度こそ娘の命を救うのです。

もし、ここでやり直せたら?
自分が願っていた通りの世界になるのか?




「"パパ"に何をしたの?」

運命は残酷。
歯車は一度外れたら決して元通りにはならず、"誰か"を犠牲にした上での代償は重く、悲劇が悲劇を生んでいくのです。

もう一度人生をやり直せたとしても「それが最良の選択だった」と、どの時点で決まるのでしょう。今、愛している人の手を決して離してはいけない、人生に後戻りなどなくとにかく前を向いて生きていくしかない。悲劇の起こったあの場所に座り込む主人公のラストシーンに胸が痛みました。・・・・・・切ないです。

■この記事に関連する映画制作国、地域 : ドイツ映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/02/25 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ポルノグラフィックな関係』 (1999/ベルギー、フランス、ルクセンブルグ、スイス)

   ↑  2016/02/19 (金)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





ポルノグラフィックな関係 [DVD]


●原題:UNE LIAISON PORNOGRAPHIQUE
●監督:フレデリック・フォンテーヌ
●出演:ナタリー・バイ、セルジ・ロペス、ポール・パヴェル、ジャック・ヴィアラ 他
●男と女は、互いの性的ファンタジーを分かち合おうと決めた。女は、パートナー募集の広告にこたえてやって来た男とホテルで一夜を共にして以来、毎週木曜に同じ部屋で二人は身体を重ねる。プライベートなことは聞かないことが暗黙の了解だったが、関係を続けていくうちに二人は・・・。



久々に【オトナ】な映画を。
2008年以前に観た作品なのでレビューをカットしていたのですが、今回再アップのために再見してみました。

前回観た時も「この映画、好きだな」と思っていたのですが、あれから私も年齢を重ねたからなのかな、さらに味わい深く感じました。出会いから別れまで、しっとりとした大人の恋の切なさが残る物語です。タイトルはやたら刺激的ですけどね。





私たちはプライベートには干渉しない、バックグラウンドも語らないと言いながらも、関係を続ける2人の間には微妙な感情が生まれてしまうんですね。不意を衝かれたように、予期せぬところで湧き上がる感情。


そりゃそうでしょう、ただの会話にしろフィジカルな関係にしろ、それは相手の反応があってこそのやり取りですからね。互いの感情に影響を及ぼし合うことは避けられないのでしょう。

"彼女"が泣いたのは、身体だけだと思っていた行為の中に愛情を見つけてしまったから。"彼"が涙を流したのは、そんな彼女の告白に心が満ちて自分の居場所を感じたから。

結局2人はすれ違っていくのだけれど、でも、分をわきまえた「大人」というのは、ヒリヒリとした愛を抱えていてもそれを相手に押しつけたり、相手のせいにしたりはしないものですね。「私たちは終わったのよ」「もう終わったんだ」とそれぞれ口にするのですが、それは身体いっぱいに相手を求め、心から愛した結果。そして、悲しみも孤独もすべて自分の中で引き受けて、その痛みすら糧にしてしまう。・・・こういう恋愛観、好きだなぁ。





恋愛における一瞬の輝きを、一生続くかのように描くことをしないこの映画は正直です。
そのラスト5分が私を惹きつけて止みません。人生を自分の足で踏み分けて歩いてきた大人の愛を見せつけてくれるからです。


“私が『ポルノグラフィックな関係』で演じた役は「Elle(=彼女)」という名前です。それ以上のことを私は知りませんでした…。家族構成や、職業、社会的地位、名前もわかりませんでした。でも、ダイアローグとそれぞれの場面のもつ力のおかげで、私は私が演じてきた女性の中でも、彼女が最も気に入っていて、最もよく知っている女性だと感じています。本当のところ、私に与えられた最も美しい役なのです。” 
ナタリー・バイ
アンスティチュ・フランセ東京 ナタリー・バイ特集『ポルノグラフィックな関係』

ナタリー・バイの2パターンあるメイクやファッションも、女性の"本質"が垣間見えてハッとさせられます。上質な大人の恋愛映画。おすすめです。


■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 ベルギー映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/02/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

最近の、試写会と牧場のはなし

   ↑  2016/02/11 (木)  カテゴリー: 雑記φ(..)
 
先月のことになりますが、私の住む地域でも結構な積雪がありました。
朝、雪に慣れないチビハナさん(と私)は、登校班の集合場所までヨロヨロと前進(笑)。


で、ちょうどこの翌日と翌々日が映画の試写会日だったのです。
『ザ・ウォーク』 (2015/アメリカ) ※試写会レビュー 第1弾
『ブラック・スキャンダル』 (2015/アメリカ) ※試写会レビュー 第2弾



試写会って18時とか19時、スタートが遅いんですよねぇ。
私はシングルマザーになった時に「これだけは譲れない」と決めたことがありました。チビハナさんが眠る時は絶対一緒にいる、ということ。なのでこの試写会も端から無理だと思い、ささっとお断りしようと思っていました(もちろん、新作だから観たかったですけれど!)。

ところが、それを知った実家の両親が「いいじゃない。チビちゃんのことはやっておいてあげるから、たまには行っておいで~」って言ってくれたんですよ。年末年始頑張ったし、そろそろ自分の時間を作ったらいいじゃない、と。

映画の神様が降りてきたー!!(笑)

ほーんと久々ですよ、映画の試写会なんて。チビハナさんが生まれる前・・・いやもっと前だ、独身時代に行ったきりかな。しかも、夜、自分の時間だけのために出かけるなんて~。

・・・・でもなんだか落ち着かなくてですね。
結局、21時半に映画が終わった後、猛ダッシュで電車に飛び乗って帰ってきてしまいました(笑)。チビハナさんが眠る時に離れているのは、これが初めてなんですもん。

翌朝。ガバっと飛び起きたチビハナさんは、私のフトンをめくって「あれ、寝た時はバァバだったのに、ママに変わってる!! It's magic!!!」と喜んでいました。夜に母ちゃん帰ってきて寝ただけのマジック(笑)。

やっぱり映画は落ち着いて観られないとダメですね。
今度は来週、チビハナさんが学校に行っている間に『オデッセイ』、ゆっくり観に行ってきます。今度はダッシュしなくても大丈夫だもんね。


・・・・で、今後観たいなーと思っている【新作映画】三作品。
movies01.jpg
近未来の人工知能ロボット社会を描いたSF映画『オートマタ』
太川さんの決断力と蛭子さんのコミュ力に手に汗握る『ローカル路線バス乗り継ぎの旅 THE MOVIE』
クリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットという役者陣なら観るしかない『マネー・ショート』







続いては、牧場のはなし。
お休みの日に、チビハナさんと牧場に行ってきました。


今、チビハナさんは国語の授業で『スーホの白い馬』をやっているところなんですけれど、家で音読の宿題を聞いている時に「あ、そうだ、馬、見に行こうか!」と急に思い立って行ってきました。でもねー、白い馬はいなかったです。



乳牛がたくさんいて、のんびり草を食べていました。
豚とかロバ、ウサギや鶏もいて・・・・



なんといっても、搾りたての牛乳をたっぷり使った自家製のジェラート!
これが食べたくて来たのかもしれない(笑)。
濃厚で、でもさっぱりとした口当たりが心地よくて大好きです。

もうすぐ桜の季節。
また、一緒に食べに行こうね!
あれ、ちがう、見に行こうね!だ(笑)。




 『ハイジ』 (2005/イギリス)
なんだかね、以前観たイギリス映画『ハイジ』を思い出しました。
ヤギのミルクで作ったチーズをライ麦パンに挟んで食べるサンドイッチ。
そうだそうだ、春にはお弁当を持っていこう!

きょうは映画と関係のないお話でゴメンナサイ。


FC2共有テーマ : 戯 言 (ジャンル : 映画

  2016/02/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

『ブラック・スキャンダル』 (2015/アメリカ) ※試写会レビュー 第2弾

   ↑  2016/02/03 (水)  カテゴリー: シリアス、社会派
 
●原題:BLACK MASS
●監督:スコット・クーパー
●出演:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン、ベネディクト・カンバーバッチ、ロリー・コクレイン、ジェシー・プレモンス、ケヴィン・ベーコン 他
●1975年、サウスボストン。アイリッシュ系ギャングのボス、ジェームズ・バルジャーは、イタリア系マフィアと激しい抗争を繰り広げていた。一方、弟のビリーは州の有力政治家として活躍していた。そこに、バルジャーの幼なじみジョン・コノリーがFBI捜査官となって戻ってきた。折しもFBIはイタリア系マフィアの掃討を目標に掲げており、功名心にはやるコノリーは、バルジャーにある提案を持ちかけるのだが・・・。





顔を白塗りにしたり、珍妙なコスチュームなんかで観る者を煙に巻く演技を連発してきたジョニー・デップが、久々に本領発揮!

彼が時折見せるデリケートで感傷的な表情。そしてそのすぐ裏に見え隠れする破壊的な狂暴性。ハゲ頭で冷酷なブルーアイズ。「こんなジョニデを見たかった!」という欲求を存分に満たしてくれる映画です。

最初から最後まで首尾一貫、不穏な空気が流れまくり。特に、皆裏切ることがわかっていて話が進むので虚しさが余計に募るという重々しさに加え、「くるぞくるぞー」というジョニデお得意の緊張感溢れるバイオレンスが要所要所で炸裂するので、ドス黒い雰囲気が充満している映画でもあります。実話ですからね、重い・・・・。



line.png


この映画を観賞し始めてからすぐ、なんだか既視感のようなものを感じました。「スコセッシ作品?あれイーストウッド映画かな?」とか。そう、よく考えてみたら『ブラック・スキャンダル』の舞台は米国ボストンなんですね。

アメリカ建国からの古い歴史を持つ街ボストン。
その南部(South Boston)通称サウシー地区はアイルランド系移民が多く暮らす界隈。ここがこの映画の舞台です。

もともとマフィアやギャングが生まれた背景には、カトリックの国からやってきたアイルランド系やイタリア系といった移民たちの貧しい生活(低賃金労働や宗教差別)がありました。街の世話役として貧しい庶民の就職などサポートをする一方、そこで起こった犯罪は「Code of Silence(沈黙の掟)」で覆い隠され、義理と忠義の帝国が築き上げられることに。

やがて彼らのパワーは政治やビジネスの世界奥深くまで入り込んでいき、そのラインの区別はつかなくなっていくのです。親子代々ギャングとか、兄はギャングで弟は政治家とか。スゴイ世界ですね。


たとえばね、以下は4作品とも全てボストンを舞台にした映画です。

『ミスティック・リバー』

『ディパーテッド』

『ゴーン・ベイビー・ゴーン』

『ザ・タウン』



ベン・アフレックが脚本・監督・主演を務めた『ザ・タウン』の舞台はボストン北東部に位置する犯罪多発地域チャールズ・タウン。さらにベンの弟ケイシー・アフレックが主演の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』はサウシーに隣接するドーチェスター地区が舞台。そして、この『ゴーン~』の原作者デニス・ルヘインによる『ミスティック・リバー』はボストン南部の物語として設定されています。また、『ディパーテッド』に登場するギャングのボス(ジャック・ニコルソン)は本作『ブラック・スキャンダル』のジミー・バルジャーがモデル。

"犯罪物"というジャンルだからなのか、或いは古い街並みや訛りという言葉から醸し出されるものなのか、ボストンを舞台にした映画作品の雰囲気はどれも独特の重々しさがあります。

権力の腐敗、汚職、欲望の絡み合う複雑な人間関係。表からは見えない人間の不道徳な部分、陰惨な面が描き出される映画が幾度も作られ続けるのは、やはり人間、こういった後ろ暗い部分に惹かれてしまうところがあるのかもしれませんね。


line.png



で、ますます映画の話から飛んでしまうのですが、そんなボストンを舞台にした映画を"パロディ"にした動画があります。

SNL出身でコメディアンのセス・マイヤーズが司会を務める「レイト・ナイト・ウィズ・セス・マイヤーズ」で放映したもので、ボストンのアクセントから犯罪映画の「あるある」的な"お約束の展開"に至るまでを茶化したフェイク映画の予告編です。

ボストン訛りをよく表す[a:]の発音で、「Boston(ボストン)」を「Baaston(バーストン)」と言ったり、"park the car in Harvard yard."というボストンアクセントを表現する有名なフレーズも"お約束"で決めてきます!"R"の音を発音しない話し方(parkはpahk(パーク)、carはkah(カー))は、よくRの音に弱いと言われる日本人の英語に近いので「日本人には真似しやすい!」とまで言われています(笑)。イギリス英語に近い感じがするのは、やはりこの地域が出来上がってきた歴史が大きいのかな。






さてさて。話は逸れに逸れましたが、やっと『ブラック・スキャンダル』について。

ギャングとFBIが手を組んだ“アメリカ史上最悪のスキャンダル”とも言われ、ウサマ・ビンラディンに次ぐ最重要指名手配者だったとまで言われた伝説のギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー。

ということで、まぁこれはショッキングでセンセーショナルな事件ではあるんでしょう。実際、2011年6月、81歳にしてジミーが御用となった時、アメリカでは臨時ニュースとして速報で伝えられ、メディアは暫くこの話題でもちきりだったそうですから。

が、これを映画にして、実際に地元ギャングの影響を受けるような生活をしたことのない日本人の私が観たところではですね「はぁそうなんですか・・・」としか言いようがないんです。だってFBIだったらこれくらいのことしてるんだろうな、という米国ドラマの観過ぎなのかも知れませんが大した驚きもなく。なんでしょう【ザ!世界仰天ニュース】なんかを見て「へぇー」と言う感じなんですよ。【奇跡体験!アンビリバボー】でもいいんですけど。



極悪人の心情や事件の全貌に迫った!!という新たな試みらしいものも特になく、事実を客観的に積み上げていくのであれば「仰天ニュース」なんかの再現映像でもいいような気がするし。ジョニデが殺気立った狂犬病みたいなキレッキレの役柄がピッタリで、それを演じてみたい、見てみたいという気持ちも解らないではないですが。

曲者俳優であるケビン・ベーコンがFBIの上司役だったので、ここで何かドカン!と展開があるのかなと思いきや、法の番人としての意識が非常に高い不正に厳しい、ただの人だったので逆にビックリした。何もないのか!(笑)


line.png


しかもですよ、私は今日、これだけは言いたい。
ベネディクト・カンバーバッチ、ほとんど絡まないんですよ!
これこそがアンビリーバボー(涙)。。。

blackmass100.jpg
↑日本での宣伝を見ると、ポスターもそうですが"アンサンブルキャスト"っぽく、カンバーバッチがででーん!と出ているじゃないですか。私はFBIの汚職事件には全然興味がなくて「カンバーバッチが出ている!」という下心?だけでこの映画の試写会に元気よく出向いて行ったくらいだったものでショックも倍増。

「彼(ウィリアム・バルジャー)の話も映画化できるほどの内容だが、今作ではほとんど描いていない。兄が犯罪組織のトップで、弟は政界のトップにいるなんて、まさにシェイクスピアの舞台劇のようだが、彼らがお互いを助け合ったかはわからない。人々が兄ジェームズに恐怖を感じて弟のウィリアムの選挙などで批判(攻撃)することを恐れていたことや、一方でウィリアムが上院議会の議長を務めていたため、警官や捜査官がジェームズを捕まえることをちゅうちょしたことなどの証拠もない。ただ、そんな環境を想像しただけでも怖いね」と明かした。
ジョー・バーリンジャー監督インタビュー:最重要指名手配のギャングのボス、ジェームズ・J・バルジャーを描いたドキュメンタリーとは?【シネマトゥデイ】

「2人(*注)が互いの立場をどう守り、フォローしあっているかについてはあえて描いていない。そこには触れず、2人が強い兄弟愛で結ばれていることだけを示して、あとは観客の想像に任せることにしたんだ」
(*注)ジョニー・デップ演じる凶悪犯ジミー・バルジャーと、ベネディクト・カンバーバッチ演じる政治家ビリー・バルジャー
ベネディクト・カンバーバッチ インタビュー:映画『ブラックスキャンダル』公式サイト Pproduction Notesより


描いてほしかった!ここを見せて欲しかった!
カンバーバッチのどす黒い腹の奥底を見てみたかった~
(・・・あ、でもここだけの話、絶大な権力者だし、ご存命だし、ヘンなことは言えませんものね・・・・)


line.png



兄は20世紀を代表する凶悪犯罪のお尋ね者で、弟は絶大な権力を揮った民主党の大物上院議員だなんて、なんでしょう、このバルジャー兄弟の凄まじいほどのコントラスト
アメリカってスゴイ国ですねぇ。

ウィリアム・バルジャー。
1960年から40年以上に渡りマサチューセッツ州の政界で支配的な力を揮ってきた政治家。1978年以降、20年近くマサチューセッツ州議会上院議長を務め(歴代最長期間)、その後はマサチューセッツ州立大学の総裁職に。彼は70年代アメリカで公民権運動やアファーマティブ・アクション(差別是正措置)といった人種差別問題の中で「差別撤廃に向けたバス通学」(各人種の生徒数の均衡を保つよう、強制的に通学させるのが目的)に真っ向から反対し、国家の介入・干渉に対して抵抗を示して支持された政治家でもあります。



そして、『ブラック・スキャンダル』の映画でもそうですが、実際に彼が兄とどのように関わったのか?という証拠や証言というのは一切あがっていないと言われています。

ただ、ニュースや新聞記事などを読むと、逃亡中の兄ジミーと電話で会話したことを大審院で認めながらも「兄の容疑は冤罪だと信じたい」と議会委員会で証言したり、また捜査当局へは「兄が見つかるような協力はしない」と捜査への協力を拒むなど、実はこの映画の中で最もダークなのは弟ビリーなのではないだろうか!?と思ってしまうほど。


「誰にも見られなければ、なかったのと同じことだ」
映画の中で、ジミー・バルジャーが息子に言い聞かせるセリフですが、この教え、実はビリーも実践していたのでは・・・。確実に、誰にも何にも証言も証拠もとられていないのですから。彼の本当の政治人生、事実を知ったらビリーの人生よりも黒い闇が広がっていたりして。いやいや、まさかまさか、そんなそんな・・・


そして、この映画。エンドロールが逸品です。
ここに出てくる実録映像が、わたし一番怖かったです。背筋が凍りました。
そう、この映画で一番不気味で恐怖を感じたのは、あの『セブン』のタイトルデザイナー、カイル・クーパーによるエンドクレジットかもしれません。
・・・後味の悪さとともにゾワゾワっときますよ。








まぁそれにしても、よく世の親御さんたちは「どんなことでもいいから、好きな事、得意な事を見つけて一番になりなさい」とか言いますけれど、バルジャー家のお母ちゃんは一体どんな育て方をしたんでしょう!? 息子たちは本当に"その世界"で一番になりましたよ。うーん、そんな子育て論の方がじわじわと気になります。ほんと、すごい兄弟だ・・・・



■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/02/03 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit