お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2016年05月 → )

『アイス・ジョーズ』 (2013/カナダ)

   ↑  2016/05/24 (火)  カテゴリー: アクション、パニック




アイス・ジョーズ [DVD]




●原題:AVALANCHE SHARKS
●監督:スコット・ホイーラー
●出演:アレクサンダー・メンデラック、ケイト・ノタ、エミリー・アディソン、ベンジャミン・イースターデイ、エリック・スコット・ウッズ、リチャード・グリーソン、ジーナ・ホールデン、ジャック・カリソン、エイミー・ニン 他
●スプリング・シーズンを迎えたマンモス・マウンテンでスキー客が次々と失踪。山に伝わる伝説の怪物「スカッカム」の仕業なのか!? 惨劇は続き、ついに姿を現したモンスター。それは雪の中を猛スピードで泳ぎ、地上の獲物に喰らいつく獰猛な人喰いザメ【スノー・シャーク】だった。神出鬼没のハンターに襲われ、大パニックに陥るスキー場。保安官のアダムや海兵隊員のウェイドは決死の戦いを挑むが、不死身の化物を倒す手段はない・・・!






雪の下から現れたサメがガブー!っとする映画です・・・・・


なぜか、スキーやスノボの滑降シーンはまるで専門PVかと思うほどメチャクチャ力を入れていて、どう見たって全体的に非常にバランスの悪い作品でして・・・・
(ちなみに撮影は、女性シネマトグラファーのIOANA VASILE)


この類の映画の"お約束"とも言える金髪巨乳のお姉さんたちもわらわら出てくるんですが、もう途中から全然区別がつかなくて。一体、誰がどの巨乳のお姉さんなのかさっぱりわからない。そしてなぜか、どうしてなのか、絶対に脱がない。1ミリたりとも脱がない!
(・・・私としては別にいいんですが)


若者たちがハメを外す→いつの間にか一人一人消えていく→それは恐ろしいモンスターの仕業→真実が明らかになると都合の悪い大人たちが事実を隠蔽→犠牲者が増える→正義の若者が死闘を繰り広げる→最後はエンディングで「ギャー!」と驚かす


【モンスターパニック映画】のド真ん中をいく、気持ちの良いほどオバカな物語でした。



逃げて逃げてー






この『アイス・ジョーズ』(原題は「雪崩鮫」)という作品を監督したスコット・ホイーラーという方は、前年作『ビーチ・シャーク』では【視覚効果スーパーバイザー】としてプロデューサーを兼任されていました。でも、ビーチ・シャークって・・・・。タイトル聞いただけでもちょっと圧されますがな。きっとシャークパニック系が好きな人には堪らないんだろうな。

この方、もともとは映像アーティスト出身なので、これまで数えきれないほど沢山の視覚効果満載B級映画を世に送り出してきた"実績"のある方なんですねー。

『アイス・ジョーズ』は、昨年の春、カリフォルニアのマンモスレイクで撮影したんだ。冬シーズンの終わりで心配もあったけれど、幸い天候や十分な雪に恵まれたよ。皆、この撮影で凍死するんじゃないかって恐怖もあったけど、幸いそうならなくて良かった。特にぼくたちは、ビキニ姿の女優たちを全編に渡って抱えていたからね
We shot “Avalanche Sharks” in Mammoth Lakes California last March. It was eating the end of the season so we got wonderful weather and luckily enough snow! Everyone had fears of freezing to death filming the movie, which fortunately didn't come to pass. Especially since we had some of the actresses in Bikinis for the whole movie.
【Scott Wheeler Q&A】


いや、そんな凍死の心配までして、雪山でビキニのお嬢さんたちを出す必要性は全くなかったと思います!全然!






でもこの映画の最も面白い点は、最後の最後にものすごい隠し玉を持ってきたところでしょう!


↑凄まじい愛想笑いで適当過ぎる「Yes, yes!」を繰り返す謎の日本人ヒロさん(笑)。この人、ただの光っている脇役だと思っていたら、最後にスゴイことをしてくれます。

そうかー、そうだったのか~と感心しながらこの映画を観終えました。そんな満足感があった自分がちょっと悔しかったり。なんだか負けた気がするのは気のせいかな?






実は、昨年観たSFスリラーの話題作『エクス・マキナ(原題:Ex Machina)』の日本公開が決まって以来、ここ最近はずっと最新の人工知能について調べたり読んだりしていました。AIの話題って1,2ヶ月もすると情報がどんどん進展していくので全然追いつかないんです。

だからね、この「おばか映画」にどれだけ癒されたことでしょうか(笑)。
意外とドキドキするんですよね。くるゾくるゾ・・・・ここでくるぞー!って。



はい、ガブー!っとね(笑)



■この記事に関連する映画制作国、地域 : カナダ映画 

FC2共有テーマ : 個人的な映画の感想 (ジャンル : 映画

  2016/05/24 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

立夏です! (映画の話はちょっと置いておいて・・・)

   ↑  2016/05/08 (日)  カテゴリー: 雑記φ(..)

5月です。立夏です。暦の上ではもう夏!夏なんですよ~。

先々月あたりよりプライベートのガタガタで一人イジイジとしていましたが、こんなモチベーション急降下の時によりによってネット環境が怪しくなり、なんとPC上のデータが破損するという事態に。もうこうなってくると、人間「わっははは!どうにでもなれー」状態で逆に気が楽になるもんです。ジタバタしても仕方ない。ちょっとずつ色々と立て直しまして、5月に入って完全復活です。コワイわねーヨカッタわねー。



映画もいくつか観ましたが、書きかけのレビューも飛んでしまったので、まぁ後々ゆっくり再upしていこうかなぁと思います。

それよりも、娘と一緒に出かけたり(↑画像はチビハナさんが大好きなネモフィラ)、ママ友やPTAでの活動、それと音楽の方へも力を入れたりと実に伸び伸びと過ごせましたよ。実はネットがないっていいことなのかも(笑)。

もともと何かに縛られるのがキライで、SNS系も苦手。LINEなんて絶対にイヤ。ツイッターも発信はほとんどせず、情報収集したり好きな人たちの日常を穏やかに眺められるだけで大満足です。ネットの画面と睨めっこして外が見えなくなるのがイヤなので、次の買い替えもスマホじゃなくてガラケーです(笑)←タブレット1台あるからそれで十分だ!






なんでしょうね、色々と拘らなくなると良い事もあるんですよ。

またまた「髪を切りたい病」に罹った私が、いつもの如く長年お世話になっているスタイリストさんにお願いしようと予約の電話を入れたら、なんとスケジュールが全然合わない。こんなことまでツイていない自分に本気でガッカリでしたが「違う方でもいいです・・・」と予約入れてしまいました。

が、当日行ってみると「今日はどうせ家でゴロゴロしているだけだから~」と、受付にいつものスタイリストさんが!しかも自分が勝手に来ただけだから指名料はいらないぜ!と。・・・神は私を見捨てなかった(笑) ま、美容院側としては次に繋がるわけですから「損して得取れ」なんでしょう。

でもやっぱり、ヘアカットって同じ人がいいんですよね。「それマジっすか」「超ヤバイっす」「ありえねー」とかいう「ダヨネーダヨネー」的意味不明な会話で気を遣わずにすむし、これまでのカルテからリクエストも通じやすいので「大木凡人みたいになったらどうしよう」とか怯えなくてすみますし、うなじの右側にヘンなうねりがあるのも言わなくてもちゃんと調整してもらえるし。本当に気が楽です。

髪も短く軽くなってサッパリです。らくだなー。
このまま、この良い流れにのっていこう!






埼玉県所沢市のゆるキャラ「トコろん」のテーマ曲「toko toko トコろん!!」を歌うJAY'S GARDEN。一度聴いたらアタマから離れません。
娘のハナ歌曲でもあったりします(笑)。

JAY'S GARDENはものすごくキャッチーでメロディアスで、信じられないくらい素直な曲ばかりなので、小学校や幼稚園・保育園などで子どもたちと活動を行ったりしていることもあり、本当にファンの年齢層が幅広く老若男女に愛されているグループです。

私ね「ぼくらはもう一人じゃない~」とかいうJPOPを耳にするたび「アホか。人間最後は一人に決まってるだろうが」と密かに思っていましたが、ごめんなさいJAY'S GARDENに出会ってから、ちょっと心改めて優しい大人に成長できました(笑)。


ライブの後で娘が「今日はトコろん来ないんですか」と聞きに行ったら「わー、今日は発注かけてないんだよねぇー」と大笑いして正直に答えてくれたリーダーののりぃさん。この後チビハナさんは、GW中3回もライブに行きましたよ。楽しい時間をありがとう!






最後に、4月に観た映画メモ。

『アイス・ジョーズ』 (2013/カナダ)
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 (2012/アメリカ)
『ピノッキオ』 (2002/イタリア)
『劇場版 STEINS;GATE シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ』 (2012/日本)
『セレンディピティ』 (2001/アメリカ)


再見あり、初見あり、ジャンルもいろいろ。

・・・そういえば、例のスタイリストさんに「最近どの映画を観るか、決めるのがだんだん苦手になってきた」と言ったら「そういう時は初心に戻るんですよ。自分は『インディ・ジョーンズ』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』だな!」って言ってましたねぇ。うんうん、それっていいアイディアだわ。・・・・でも、そこから何にするかまたちょっと悩むんだよなー(笑)。



FC2共有テーマ : 戯 言 (ジャンル : 映画

  2016/05/08 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit