お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2017年03月 → )

『THE KILLING/キリング』シーズン2 (2009/デンマーク)

   ↑  2017/03/14 (火)  カテゴリー: 海外ドラマ
FORBRYDELSENII01.jpg





THE KILLING/キリング シーズン2


●原題:FORBRYDELSEN II / 英題:THE KILLING II
●企画・脚本:ソーレン・スヴァイストゥルップ
●出演:ソフィー・グローベール、ミケル・ビアクケーア、モーテン・スアバレ、ケン・ヴィセゴー、ニコラス・ブロ、プレーベン・クレステンセン、シャロテ・グルベア、スティーネ・プレトリウス 他
●シーズン1の「ナナ・ビルク・ラールセン殺人事件」から2年後。 捜査に没頭するあまり、家族も、パートナーも警察内部での信用も失ってしまったサラ・ルンドは、コペンハーゲンを離れ国境検問所で働いていた。たった一人ひっそりと生活しているサラのもとに、元上司のブリックスから連絡が入る。ある記念公園で発見された女性弁護士の遺体の事件捜査を手伝ってほしいという。一度は断るものの、サラ・ルンドはコペンハーゲンを訪れ、捜査協力を申し出るのだが・・・。




さぁ!まずは張り切って余談から!!
二十四節気の「啓蟄」が過ぎて、冷たかった土の中から虫さんたちも出て参りまして、いよいよ春分が目の前よ!というのにーですよ、今年に入ってこの2か月ちょっとなんだか色々とありすぎていけませんでしたのよ。

昨年泣いた「四十肩」が復活気味となり、その予感に怯える中で「ぎっくり腰」勃発。間髪入れず滅多に風邪をひかない娘が1月に2回も風邪(not インフル)でダウン、そんなバタバタの時にわたくし先週、左手の小指先を包丁でさっくりと・・・・

これだけあると「あれまたか」と意外と開き直ってしまい、取れてしまうのか繋がっているのかを確認して、一人黙々と片手を上げて止血して、押さえて、今日確認したら指先、ちゃんと繋がっていました。さぁここまでくれば何も怖くない。今年も張り切ってまいりましょう!・・・・と言いつつ、今日はまだリハビリモードで(笑)。







当ブログ【PC版】の右サイドに「映画&ドラマ ひとことレビュー」というコーナーがひっそりあるんですが、このデンマークドラマのシーズン1についてはそちらでちょこっとだけ触れたことがあります。で、最近どうしてもシーズン2&3を観たくなりまして。



今回もシーズン1同様、"11月"に起きた事件を【1捜査日=1話】で描き、事件発覚から解決までの10日間を全10話で描いていく仕様となっております。

前回シーズン1は全20話で、もう進みが遅いわ、物語は暗いわ、捜査のツメが甘いわでなんでこんなにストレス感じながら見続けるハメになってしまったんだよーと思いながらの完走でしたからね、今シーズンは10回ですよ楽勝でしょう!

・・・なーんて思っていたら、それがドッコイですよ。主人公のルンドさんは今シーズンも猪突猛進でブン投げ放題。な、なんと、相も変わらず全然成長していなかった!(セーターは新しいの着ていたけど)


でもね、そこが何というか。懐かしいというか親近感というか「完全無欠の女刑事」とは程遠いこの主人公の生々しい人間臭い魅力でありまして。やっぱり最後の最後まで食い入るように見入ってしまいました。







「THE KILLING/キリング」シーズン2のみどころ。
それは、対テロ法案を中心にデンマーク国内での政治的駆け引きを盛り込みながら、軍や政界を巻き込んでの捜査がスウェーデンやアフガニスタンといった国外にも渡り、その中でやっぱり巻き起こされるルンド刑事のムチャっぷり。これに尽きるでしょう!

国際問題にまで発展しかねないという、そのスケール感に加わるヒヤヒヤ感。どういうパワーアップの仕方をしているんだ、このドラマは(笑)。


ニコラス・ブロ演じるトマス・ブク法務大臣(名前がまたね、本当にブクブク太っている)の、「こんな世界ではいけないんだ!」という強い正義感が様々な政治家の思惑や政局の中でゆらゆらと揺れ動く有様は、見ていて「おまえ、どうしたいんじゃ!」と言いたくもなるのですが・・・・・でもでも、これが人間なんだろうなぁ。

ルンドも含め、このドラマの人々は誰一人として格好がつかず、不器用なんです。酷い失敗もするし、手痛い目にも合って、誰かを傷つけ、取り返しのつかない悲劇を起こしたりもします。でもそんな面をオーバーな感傷で飾り付けたりすることなく、そこを痛々しいままで鋭く強く突きつけてくるんですよ。ここがやっぱり北欧ドラマ独特の"ほの暗い魅力"なんだと私は思っていて、うーん、やっぱり見ずにはいられないんですよね。


line.png



ラーベンの一人息子、健気なヨナスくん。どうか彼だけはすくすくと育っていけるよう守ってあげてほしいです。"彼"が最後に語ったことが真実かどうかはさておき、ラーベンはきっと、今度こそ、本当に立ち直れない。

あぁもう、それが解ったラストがともかく重くて重くて・・・・ヨロヨロになりながら観終えたシーズン2でした。


シーズン3の感想はいつになることやら~




■この記事に関連する映画制作国、地域 : デンマーク映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : 海外ドラマ (ジャンル : 映画

  2017/03/14 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit