お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

このページの記事目次 ( ← 2017年05月 → )

最近の、庭仕事と映画の話

   ↑  2017/05/27 (土)  カテゴリー: SF、宇宙、怪獣
春はやっぱり何かと忙しくなりますから、その反動で映画もたくさん観たくなってしまうんです。それで、先月から観た映画の数が38作品とか、まぁこれは一体どういうこと!?状態に。

確かに途中までは「あぁブログにどうやってまとめたらいいのやら」とか「次は何を書こうかな・・・・」とかモヤモヤしていたのですが、途中から「ブログに書くのは諦めちゃえー、私の体力(睡眠確保)の方が大事なんだもーん!\(^o^)/」とか完全に開き直ってしまいました(笑)。


去年から庭の片隅で始めたハーブたちが再び元気に枝葉を伸ばしてくれています。株を整理して植え替えをしたり、種まきをしたりと、春は忙しくなりますが土いじりをしていると無心になれて落ち着きます。風が吹いたり葉に触れるだけで、ふわーっと良い香りがしますしね。



パセリやキャラウェイなどは、毎朝パパっと摘んできてはサラダに。見て食べて香って、一石三鳥!



庭の真ん中では、キュウリやピーマン、ミニトマト、ナス、インゲン、エンドウマメが、こちらも元気に育っています。






映画の方は前述した通りの状態なのですが、1本だけどうしても映画館で観たい新作があったので観て参りました。エイミー・アダムス主演のアメリカ映画『メッセージ』です。


『メッセージ』 (2016/アメリカ)




●原題:ARRIVAL
●監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
●出演:演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー 他



ただでは終わらないだろうなと思ってはいましたが、私ラストで号泣してしまったんですよ。

完全に映画の世界とシンクロしてしまったんでしょうね、あーもう本当にお恥ずかしながらエンドロールの直前にこの感情がグワーっと溢れてしまってオイオイ泣いてしまいました。すすり泣きとかいうレベルじゃなくて、大号泣。

2013年の『複製された男』での独特の映像表現に完全に魅了されてしまった私にとっては、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督はやはり特別な存在でして、なんといっても私を映画の世界に引き込んだあの『ブレードランナー』の続編、『ブレードランナー 2049』に抜擢された方ですからね!中毒性が高いのです。

単独記事で書こうかな、とも考えたのですが、私の言葉なんかを並べたっていつまでもこの気持ちには追いつかないと思うので、この記録だけで終了。


忘れないだろうなぁ。
回り灯籠のように、人生への想いが巡る映画です。




■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画館で観た映画 (ジャンル : 映画

  2017/05/27 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit