お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 (2011/日本)

   ↑  2011/10/29 (土)  カテゴリー: コメディ
「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」公式サイトへ



サラリーマンNEO 劇場版(笑) [ 小池徹平 ]


●監督:吉田照幸
●出演:小池徹平、生瀬勝久、田口浩正、中越典子、入江雅人、堀内敬子、マギー、山西惇、田中要次、大杉漣、篠田麻里子、郷ひろみ、麻生祐未、宮崎美子、平泉成、沢村一樹 他
●NHKのイメージを覆す斬新なスタイルで人気を博すコント番組「サラリーマンNEO」を映画化したコメディ。社長命令によりシェアNo.1を目指すことになった、万年業界5位のNEOビール社。中西課長(生瀬)率いる営業一課では、珍妙なビールが次々提案されるが、なかなかピンとこない。ところが、新入社員の新城(小池)が、その場しのぎで口にした企画がなぜか通ってしまい、物語は大きく動き出す・・・!




またまたGyao!のオンライン試写会にて鑑賞。もう私のクジ運もこれまでか・・・!?


夜、DVDを入れ替えたりする≪入力切替≫の時なんかに目にしていたNHKの「サラリーマンNEO」。

田中要次が演じる「いーちゃん部長」とか、沢村一樹の「セクスィ部長」、平泉成の「新入社員の早川くん」、麻生祐未が「あなたぁぁぁ」とか叫ぶコントくらいなら私も知っていました。・・・あれ、結構知っているな。あと私にとってはウッチャンナンチャンたちと「劇団SHA・LA・LA」をやっていたイリポンこと入江雅人が出ているとか。なんというか、一昔前に民放の深夜番組で流行っていたパロディ系のコント番組を彷彿とさせるものがありますよね。懐かしいニオイです。それがなんと、劇場版になったそうで!
・・・NHK、調子に乗ってきたな。





neo3.jpg neo2.jpg
あぁ~でもでも。
コピー機の紙づまりを放置するヤツが許せないOLとか、すごいわかりますね。同じ事思ってましたね。あと、プリンターで出した自分の紙を持っていかずに放置しているヤツとか!そうそう、そういう狭い世界の話がいいんですよね。ま、わざわざ映画化するまでの話でもないように思うんですけれど(正直なところ)。

しかも予算が少ないであろうことがヒシヒシと伝わってくるチープなセット。TV版から豪華にパワーアップしたものとは全く思えません。というかする気もないのでしょうが。

ただそこは天下のNHK。冨士眞奈美やら伊東四朗やら大杉連なんかをバンバン出して、郷ひろみも本人役で登場。なんとなく「人海戦術」という言葉が浮かぶ作品でした。テレビで見るような(良い意味での)胡散臭いチープな雰囲気を、大きなスクリーンでうまく活かすことってなかなか難しいんでしょうねぇ。





それでも「サラリーマン」と呼ばれ、会社という枠組みの中で年代もバラバラ、趣味が合う人たちの集まりでもなく、家族よりも長く一緒に過ごさなくてはいけない同僚や上司たちの顔が浮かび、一生で大きなスポットライトを浴びることもなく、ただ日々黙々と働く人間にとっては「そうそう!もうホント嫌になっちゃうんだよな!」と小さく共感できたりするちょっと温かな物語です。人を馬鹿にしたり蔑んだりするような笑いではないところが、私は一番好きでした。


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : 日本映画 

FC2共有テーマ : コメディ映画 (ジャンル : 映画

  2011/10/29 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』 (2011/日本)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback