お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ザ・ファイター』 (2010/アメリカ)

   ↑  2011/03/25 (金)  カテゴリー: アクション、パニック



ザ・ファイター COLLECTOR'S EDITION【Blu-ray】 [ マーク・ウォールバーグ ]


●原題:THE FIGHTER
●監督:デヴィッド・O・ラッセル
●出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・レオ、ジャック・マクギー 他
●マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーの兄弟。兄のディッキーは町の期待を一身に背負う名ボクサーだったが、短気で怠惰な性格からすさんだ毎日を送っていた。一方異父弟のミッキーは、地道な性格。兄と母に言われるがままに試合を重ねるが、どうにも勝つことが出来ない。そんなある日、ディッキーが薬物に手を出し逮捕されてしまい、ミッキーも事件に巻き込まれてしまうのだったが・・・。
●ゴールデン・グローブ賞をはじめとする、2010年度の各映画賞を席巻。主演のマーク・ウォールバーグの演技もさることながら、薬物中毒の元ボクサーである兄役に扮したクリスチャン・ベイルは、大幅な減量を行い、歯並びを変え髪の毛を抜くという驚異の役作りで助演男優賞を総ナメにした。



キャッチコピーは「どん底からしか見えない 頂点がある」

いやぁ、もう何だかコウフンしましたよ!
不安定な日々の中、この『ザ・ファイター』を観ている間だけは、久しぶりに何かに集中できたような気がします。そんな意味でも観られて良かったなぁ。Gyao!のオンライン試写会で鑑賞させていただきました。感謝!!






「実話」を基にしているという強みと、予告編を観るだけで大体の結末は分かってしまう「スポーツ物」ということで、気持ちの良いほど物語はポンポン進み、起承転結もハッキリしていて非常にわかりやすい作品でした。

ボクシングの試合は(映画以外で)あまり観たことのないような自分でしたので、男同士でボコボコと殴り合う汗臭い&泥臭い話だと思いこんで結構な覚悟をしていたのですが・・・家族や恋人との絆、ドラッグ中毒の話などをうま~く織り込んださり気ない温かさと、熱い熱いボクシング魂が見事にマッチした、後味爽やかな人間ドラマとなっていました(久々なので、ちょっと甘めの採点になっているかな(笑)。


また、この映画は恐らくボクシングファンにとっては本気の感動ものなのかもしれません。
公式サイトから、ちょっと抜粋してみますね。
■ミッキー・ウォードとは
1965年10月4日生まれの、アイルランド系アメリカ人。貧しい家庭で育ち、早くからボクシングに打ち込む。(中略)・・・94年、ボクシングが忘れられずに再起を決意。その後9連勝を飾り、タイトルも獲得。02年には元世界王者のアルツロ・ガッティとの試合が連続3回組まれた(中略)・・・いずれも素晴らしい熱戦となったこの試合はすぐに話題となり、02年度の【リングマガジン・ファイト・オブ・ザ・イヤー】に選出される。ドリームマッチでもない普通のノンタイトルの試合がこのような扱いを受けるのは極めて異例。ウォードはこの3試合目を最後に現役を退き、3度の激闘を通じて友人となったガッティのスパークリングパートナーやトレーナーを務めた。

私はこのプロフィールを鑑賞後に読んだのですが、主人公ミッキーを演じたマーク・ウォルバーグのこの映画に対する実に半端ない入れ込みようが、何の知識もなく観た私にもビシビシと伝わってくるほどでしたので、あぁこの映画は本当に特別なものだったのだなぁと大いに納得。これを知って観てみると、尚更その思いは強くなるかもしれません。


チャラチャラの姉さんたち、すごく良い味出していて私大好きでした!




それとやっぱり特筆すべきは、アカデミー賞助演男優賞を獲ったクリスチャン・ベールでしょう。このかたは「デニーロ・アプローチ」とでもいうのでしょうか(上のあらすじのところにも書きましたが)今回は本当に髪まで抜いています。歯も動かしたそうです。

この肉体改造も目を見張りますが、やはり演技だって素晴らしい!
過去の栄光からは今や遠く、落ちぶれて情けない薬中の有様であっても、弟と家族、ボクシングへの愛情を決して消し去ることのできない強い魂が見え隠れする、大胆かつ繊細な演技がとても印象的でした。アカデミー賞の獲得、よかったなぁ・・・!

そして迎えるラスト。この試合は、もう観ている自分も思わず力拳握りしめてぐわぁ~っ!!と見入ってしまうような、思わずパンチの手が出そうになるほどの大激闘で、本当に私興奮状態でした。映画ってスゴいですね(笑)。ヘッド、ボディ、ヘッド、ボディなんですよ!(←ちょっと覚えた)

エンドロールには、実際の兄弟が出てくるという嬉しいカットもあります。彼らの誰が誰なのか、まったく表示されなくても一目瞭然のキャラクター。キャスティングがバッチリとハマったのだなぁと、心から感心してしまいました。そしてそして、久々に映画を観るにあたって気持ちの良いグッドチョイスが出来たことも、嬉しい私です。
映画を観られて、本当によかった!



2011年3月26日 丸の内ピカデリー他にて全国順次ロードショー!!




■追記■
劇中、兄のディッキーが歌うビージーズの「ジョーク」(I started a Joke)が心に残ります。

I started a joke
which started the whole world crying.
But I didn't see, oh no
that the joke was on me, oh no.

I started to cry
which started the whole world laughing.
Oh If I'd only seen
that the joke was on me.

僕がジョークを言ったら
世界中が泣き出した
わからなかったんだ
それが僕のことだったなんて

僕が泣き出したら
世界中が笑い出した
もっと早く知っていればよかった
僕のことを笑っていたのだと






■追記(2011.4.22)■

「第83回(2010年度)アカデミー賞授賞式」を、やっと振り返る
『ザ・ファイター』は【アカデミー賞助演男優賞】と【助演女優賞】を獲得しましたが、
授賞式の模様の方が面白かったので(笑)【「第83回アカデミー賞授賞式」を、やっと振り返る】という記事を書いてみました。
「第83回アカデミー賞授賞式」を、やっと振り返る



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : アメリカ映画 (ジャンル : 映画

  2011/03/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『ザ・ファイター』 (2010/アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback