お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『赤ちゃんの逆襲』 (2003/フランス、スペイン)

   ↑  2010/09/13 (月)  カテゴリー: コメディ
8月鑑賞映画memo 第2弾 『赤ちゃんの逆襲』





★DVD/洋画/赤ちゃんの逆襲/ALBD-5323S


●原題:MAUVAIS ESPRIT / MEAN SPIRIT / MALA LECHE
●監督:パトリック・アレサンドラン
●出演:ティエリー・レルミット、オフェリエ・ウィンテル、レオノール・ワトリング、ミシェル・ミューラー 他
●建築家を夢みる冴えない絵描きシモン。ある日彼は、自分が学生時代に描いたデザインとそっくりな建物を見つける。この建物の責任者で建築業界の大物ヴァンサン・ポレルが自分のアイデアを盗作したと確信した彼は、さっそく抗議に向かうがあっさり追い返されてしまう。挙げ句にポレルの車にひかれて死んでしまうのだった。ところがなんと、死んだはずのシモンは憎きポレルが待ち望んでいた彼の赤ちゃんとして生まれ変わるのだった。なんとかして恨みを晴らそうとあの手この手でポレルを困らせる赤ちゃんのシモンだったが・・・。(allcinemaより一部抜粋)



我が子の「赤ちゃん時代」が懐かしくなる1本。ミルクの後のゲップやウン○だって、ちーっとも汚ないなんて思わなかったんだよな~とか色々思い出してしまいました。

ティエリー・レルミットは、日本公開のフランス映画でよく目にする俳優の一人ですが、私はどうもこれまで観た彼の出演作品とはウマが合わなかったんですよね。ところがこの映画では、彼って赤ちゃんの扱いがとっても上手なんですよ!で、たったこれだけのことで彼への見方が変わってしまい、コメディながらも赤ちゃんへの愛情がじーんと伝わってくるもんですから、これまでになくレルミットに感情移入して見入ってしまいました。


↑いい役者じゃないですか(笑)。


そうそう、それとカルメン役のレオノール・ワトリング。『マルティナは海』『トーク・トゥ・ハー』の彼女です!あぁ、今回はポップで可愛らしい役だったので、いやーお母さん安心しましたよ。

出産や赤ちゃんの扱い方・育て方などは国によって色々違うことがあるので、特に乳幼児が出てくる映画って観ていて興味深いのですが、この作品では赤ちゃんがまだ首が座らないうちにビョーンと手を引っ張って起こしているのを見てストーリーとは関係のないところで「おぉっ!!」とハラハラしてしまいました(笑)。赤ちゃん危機一髪シーンが"ふんだん"ですので、どうぞ小さなお子さんがいらっしゃる方は気を確かにしてご鑑賞くださいね。

赤ちゃんの逆襲@映画生活




関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : 映画を楽しむ (ジャンル : 映画

  2010/09/13 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『赤ちゃんの逆襲』 (2003/フランス、スペイン)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback