お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『バベットの晩餐会』 (1987/デンマーク )を観直してみました

   ↑  2010/06/20 (日)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





【送料無料】バベットの晩餐会 HDニューマスター/ステファーヌ・オードラン[DVD]【返品種別A】


●原題:BABETTE'S FEAST / 英題:BABETTES GASTEBUD
●監督:ガブリエル・アクセル
●出演:ステファーヌ・オードラン、ビルギッテ・フェダースピール、ボディル・キュア 他
●19世紀後半のデンマークの海に近い静かな村。プロテスタントの牧師を父に持つ2人の美しい姉妹がいた。牧師の他界後も村の人々たちとともに信仰を深め、質素な生活を続けていた。そんなある日、かつて村に宿泊していたオペラ歌手からの紹介でパリ・コミューンの中で夫と子どもを失ったバベットというフランス人女性が使用人としてやってくることに・・・
●1988年アカデミー賞「外国語映画賞」受賞作品。



これほど品のある映画を見つけることって、なかなか難しいんじゃないでしょうか。それでいて、時々垣間見える「人生」への優しい眼差しとユーモアがたまらなく温かい。

こういう映画を見つけられたことは、どうしようもなく嬉しいものです。

信仰を守りながら質素に暮らす牧師とその美しい娘姉妹。フランスで家族を失い、姉妹のもとへ使用人としてやってくるバベット。それぞれの人生のただ一瞬に心通わせた大切な人々。この小さな漁村に暮らす素朴な老人たち。

彼らの想いは、バベットの開いた晩餐会を通して人生の最終段階を迎えた時に、最も崇高で美しいものへと昇華されていくのです。何でも求めすぎる物質過多な現代では、およそ考えられないような“贅沢”を味わって・・・。人生の本当の喜びとは何か?信仰とは?愛とは何か。晩餐会のシーンに心を寄り添わせ、自分の心の声にそっと問いかけてみませんか。


     ・
     ・
     ・
     ・

【2010年6月20日 追記】
『バベットの晩餐会』というタイトルながら、物語は牧師の娘姉妹マーチーネとフィリパを中心に進んでいきます。慎ましく生きる姉妹と彼女らを想う男性、そして村人たちとの交流という物語をこれまで何度繰り返して観たか知れません。

でもなぜか今回は、バベットの姿をずっと追ってしまいました。

夫と息子を亡くし、自らの命も危ぶまれる中フランスから亡命せざるを得なかったバベット。パリでは位の高いシェフとして思う存分その腕を揮い、地位のある人々をもてなし、きっと不自由のない幸せな生活を送っていたであろうバベット。

苛酷な道を辿ってきたはずの彼女ですが、この映画の中で描写される限り、取り乱したり、何かを憎んだりする様を一度たりとも見せないんですね。与えられた生活の中を淡々と生き、重要な決断をする時は、自然の中で1人凛と佇む。自身の力では到底及ばない運命に巻き込まれようとも、バベットの揺るぎない生き方は決して失われてはいません。

このバベットの毅然とした姿が物語の中心をスッと通っているからこそ、牧師の娘姉妹や彼女らを取り巻く人々の堅固でいて温かな心を一層確かなものに引き立てているのではないかと思うのです。





マーチーネと士官ローレンス、フィリパとオペラ歌手アシール・パパン。

皆、淡い想いを胸にそっと秘めてそれぞれの道で生きていくことを選択します。賭け事や享楽に染まった生き方をしていたローレンスが牧師の家での集会でそれを悟るシーンがとても素晴らしい。また、神を讃える賛美歌ではなく男女の愛を歌うということに当惑するフィリパの慎み深い思い。

生きる道を選ぶということ。さだめられたものを知ること。温かなユーモアで寓話的に描かれるこの映画において、唯一力強い視点がここにあるのです。





「プロテスタント」と「カトリック」の違いは、バベットの開く晩餐会においても重要な要素となっています。

質素な暮らしに疑問を抱いたこともない人々は、見たことも触れたこともないフランス料理=魔女の饗宴に魂をとられるのでは・・・と恐れをなし、これまでお互い年をとって気難しくなり諍いばかりだった態度から一致団結、飲酒などの享楽的な食事を拒否して信仰を守ることを誓い合います。


そして、今や将軍となったローレンスを迎えて始まる晩餐会。

ここからの出来事は、映画の中でじっくりと味わうことにしましょう。
ただ言えるのは、バベットの一世一代のこの晩餐会は、将軍も平凡な市民もわけ隔てなく料理の前でひとつにさせ、平等に至福の時を与えたということ

それはそう、まるで神の御前のように・・・。

バベットだから出来たことなのだと、今になって私は強く思うのです。






【2016年3月10日 さらに追記】

牧師様の生誕100年のお祝いの晩餐会で出されたメニューは・・・

食前酒は辛口のシェリー、アモンティヤード。
つき出しには、シュー皮の生地にチーズ混ぜ焼いた「グジェール」を。
姉妹が悪夢にうなされたフランス料理の極上の珍味「ウミガメのスープ」。
シャンパンは1860年の「ヴーヴ・クリコ」。
ブリニスにサワークリームとたっぷりのロシア産キャビアをのせた「ドミドフ風」。
そして将軍が若い頃に一度だけ食べて忘れられなかった「うずらのフォアグラ詰めパイケース入りソースペリグルディーヌ」。
チーズのあとに出されるデザートはドライフルーツで飾られた「ババのラム酒風味」。
そして最後は厳選されたフルーツを。


本格的なフランス料理のフルコースで使われるおびただしい食器の数々、冷蔵のない時代なのでシャンパンを冷やす氷の山、フランスからの輸送費などなど・・・

バベットが宝くじで当てたという1万フランは、今でいうと500万から1千万円という大変な金額です。これをお金ではかるというわけではありませんが、姉妹と村の人々のために開かれた晩餐会のために1万フランすべてを使い切ったバベットの想いは、どれほど深いものだったのでしょう。


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : デンマーク映画 北欧映画 

FC2共有テーマ : 映画と料理 (ジャンル : 映画

  2010/06/20 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんにちは!
二ヶ月前にコメント頂いていたのに、こちらに気付かなくてごめんなさい!
ここ最近ブログ友達のみなさんがこの作品をご覧になっていて、やっとわたしも見ることができましたよ~。
静かなバベットブームがやってきてる!?

>与えられた生活の中を淡々と生き、重要な決断をする時は、自然の中で1人凛と佇む。自身の力では到底及ばない運命に巻き込まれようとも、バベットの揺るぎない生き方は決して失われてはいません。

そうそう、海辺で考えてましたよね。
彼女が弱々しい姿を見せたのはあの家にやってきた時だけでした。きっと、まだ家族を失ったばかりの頃…。
姉妹やあの村に優しく迎え入れられてからは、自分のできることをひたすらやって。
世間話で支払いを煙に巻く姿なんて、ホントたくましいです(笑)

>生きる道を選ぶということ。さだめられたものを知ること。温かなユーモアで寓話的に描かれるこの映画において、唯一力強い視点がここにあるのです。

ラストでバベットを抱きしめるくだりが印象に残りましたが、ここでもお姉さんとは違う部分が見えましたね。
再見するまで、この姉妹はバベットの”動”とは反対で、”静”でしかないと思ってました。

>バベットの一世一代のこの晩餐会は、将軍も平凡な市民もわけ隔てなく料理の前でひとつにさせ、平等に至福の時を与えたということ。

これが彼女の望みで、やるべき事だったんでしょうね~。
記事を書いた後、革命について調べて自分の勘違いに気付いたりしたんですが、描かれていない亡命に至るまでの経緯も、晩餐会後のみんなの様子を見たらバベットはずっと変わらず自分を貫いてきただけなんだろうなぁと思えました。
本当に素晴らしい作品だと思います。

宵乃 |  2014/04/07 (月) 12:08 [ 編集 ] No.282


はなまるこより

宵乃さん、大変遅くなりました~!!本当に申し訳ありません。
ここ数日、生活のリズムがうまく作れずにバタバタやっておりました。。。スミマセンi-201それで、ちょうど(?)昨日洗濯機が壊れてしまい、今日修理屋さんがくるまでラッキーなことに時間が空いたので、ほぉぉぉぉッ!と一息勝手につけたところです♪宵乃さんのコメントをゆっくり読むことができて嬉しいです~

そうそう!バベットの晩餐会、最近GyaoでもUpされていてちょうど「おぉ!」と思っておりました。しかも
>ここ最近ブログ友達のみなさんがこの作品をご覧になっていて、やっとわたしも見ることができましたよ~。
>静かなバベットブームがやってきてる!?

だなんて、嬉しい限りです^^大ブームがくると嬉しいです♪

この映画は、むかし深夜TVでビデオテープに録画したものをずーっと大事にとっておいた宝物でした。ソフト発売されているものは超高値でしたので・・・私には手元にあるノイズ入りまくりの映像でしたが、でもそれが逆にこの物語を深く膨らませてくれたように思います。高画質で見たら、どんな風に感じるのかなぁ~

>姉妹やあの村に優しく迎え入れられてからは、自分のできることをひたすらやって。
>世間話で支払いを煙に巻く姿なんて、ホントたくましいです(笑)

前回観た時は、バベットの"運命"を受け入れる姿や日常を淡々とおくる彼女の強さにとても惹かれましたが、そうそう、食料品店での彼女のチャッカリ具合なんかもあってユーモラスさもありましたよね!

>描かれていない亡命に至るまでの経緯も、晩餐会後のみんなの様子を見たらバベットはずっと変わらず自分を貫いてきただけなんだろうなぁと思えました。
あぁ、そうですね、宵乃さんが書かれている"自分を貫いてきただけ"という言葉に、自分のこの映画に対する感想もジンワリ理解できてきた気がします。バベットのきっと変わらずに生きている姿は美しいほどですね。

私には信仰というものがないので、信仰を大事にして生きる姉妹や村に人々の生活は興味深くて面白い描写にすら思えましたが、でもそこへフランスからやってきたバベット(と他男性2人)がもたらしたものがとても優しく描かれていて、この映画が素敵だなぁと思う理由にもなったのかも・・・と今更ながら思いました。

将軍やオペラ歌手の二人が、この村や姉妹のことをずっと忘れられずに胸の奥に大事にしまって生きたように、私もこの映画のことをずっと大切にしていきたいです。宵乃さん、本当に素敵なコメントをありがとうございました!

宵乃さんへ★ |  2014/04/10 (木) 09:50 [ 編集 ] No.283

コメントを投稿する 記事: 『バベットの晩餐会』 (1987/デンマーク )を観直してみました


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback