お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『レディL』 (1965/イギリス)

   ↑  2010/05/22 (土)  カテゴリー: コメディ
  
●原題:LADY L
●監督:ピーター・ユスティノフ
●出演:ソフィア・ローレン、ポール・ニューマン、デヴィッド・ニーヴン、フィリップ・ノワレ、ミシェル・ピッコリ 他
●80歳の誕生祝いにロンドンから帰ったレディ・レンディルは、彼女の自伝を書きたいと申し出るパーシー卿に対して、これまで誰にも打ち明けたことのない驚くべき自分の秘密を打ち明ける。実はレディLは、理想の男性を夢見た若かりし頃、パリの娼館の洗濯女だったというのだ。そしてそこで出会ったアナーキストのアルマンと恋に落ちたことで、彼女の人生は急展開していくことに・・・!ロマン・ギャリーの原作を『トプカピ』(1964/アメリカ)でアカデミー助演男優賞をとったピーター・ユスチノフが脚色・監督。



「ソフィア・ローレンのコメディ映画」ということだけで、予備知識もなくいきなり鑑賞。
すると・・・えーっ!ソフィア・ローレンとポール・ニューマン!? 驚いてしまいました。


映画ではそれぞれ見慣れている二人が、こうして同じ画面の中で恋人同士を演じているなんて本当に新鮮!子供にとって夢の共演だった『忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ』(1984/日本)を観た時の、あの飛び上がりたいほどの嬉しい気分を思い出しました。


あぁ、しかも、ローレンのもう一人の相手役に紳士のデヴィッド・ニーヴンとは!んもぅ素敵すぎる!夢の共演にうっとり~ですよ。煌びやかなセットや衣装もいっぱい、ユスティノフおじさんのユーモアも楽しいスターもいっぱい、そして本物の群集シーンなどで豪華な映画気分を盛り立ててくれます。

が、しかし。
けっこうな勢いで話がデタラメであり、あまり内容に突っ込んではいけない微妙な作品になっていることは否めませんでした。話の中核であるところのソフィア・ローレンの女心の細やかな描写がイマイチなのがマイナス要因の決定打でしょう。貧乏短気のアナーキスト、アルマン(P・ニューマン)に惚れ続けているという設定がどうにも弱いですし、また、どこまでも彼女を守り全てを与えてくれる大富豪レンディル(D・ニーヴン)に心を開いているようで動かない"女心"もあやふやで、結果的に人物設定的には全く入り込めない物語になってしまいましたねぇ。まぁしかしながら、その可愛らしいデタラメな雰囲気は十分楽しめますので、細かな(?)部分は言いっこナシということにしちゃいましょう!!




そういえば、鑑賞中「ハリウッド映画の『グレートレース』なんかと感じが似ているなー」なんて思っていたら、両作品とも同じ1965年の製作映画でした。あちらもナタリー・ウッド、トニー・カーティス、ジャック・レモン、ピーター・フォークというスター揃い踏みの豪華時代物コメディ。のほほん、とした雰囲気がとても似ています。

・・・考えてみると、この1965年というのは世界史でよく出てきた年号なのですが、アメリカは北ベトナムに対して北爆を開始、国内ではマルコムXが暗殺されるなどアフリカ系アメリカ人の解放運動も激化、中国は文化大革命へと動き出し、世界各国ではベトナム反戦運動が拡大し始めるという激動の時代でしたね。多くの人の目に遠い世界の現実問題を映すきっかけとなる映画がある一方で、現実味のない夢のような物語を人々が映画に求め、また必要とするのはどの時代でも同様なのでしょう。そしてまた、それこそが映画が作られ続ける理由の一つなのかもしれませんね。


レディ L@映画生活





【memo】
気になって1965年製作映画を調べてみたら、ちょっと面白かったです。
やっぱり似たような豪華絢爛映画『素晴らしきヒコーキ野郎』。さらに以前このブログでもupした『スペース・モンスター/宇宙怪獣の恐怖』に、なんとあの名作『死霊の盆踊り』も(笑)!! さぁ、時代は一体何を求めていたのでしょうねぇ。




関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : イギリス映画 

FC2共有テーマ : 映画の感想 (ジャンル : 映画

  2010/05/22 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『レディL』 (1965/イギリス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback