お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『パリは霧にぬれて』 (1971/フランス、イタリア)

   ↑  2010/04/23 (金)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー






パリは霧にぬれて / 洋画


●原題:La maison sous les arbres
●監督:ルネ・クレマン
●出演:フェイ・ダナウェイ、フランク・ランジェラ、バーバラ・パーキンス、モーリス・ロネ、カレン・ブラック 他
●ある理由からパリで暮らすアメリカ人の夫婦ジルとフィリップ。パリに越してきて以来、夫婦の間には微妙な溝ができ、そのためか妻のジルは記憶障害に悩まされていた。夫フィリップはもとは優秀な科学者であったが、いまは作家として細々と収入を得ていた。そんなある日、彼らの幼い息子と娘が謎の失踪を遂げるのだった・・・。



1970年代の哀愁漂う"ムードミュージック"にどっぷり浸らせていただけるジルベ-ル・ベコーに乾杯。セーヌ川をゆくボートに頼りなく身を預けるフェイ・ダナウェイのなんとも儚げな美しさが印象的なオープニングです。

「子供誘拐サスペンス」とは聞いていたものの、きっちり犯人を追い詰める追走劇というわけではなく、どちらかというと、愛情は残っているのに夫婦としての関係に影が差している不安定な関係の2人の「心情サスペンス」といった方がよさそうです。誘拐や犯人追及自体にそれほど緊張感がないため『太陽がいっぱい』のクレマン監督作品として考えると、少し期待外れな気もします。


しかしながら、一方で精神的不安定から記憶障害を抱えるフェイ・ダナウェイのじわじわ広がっていく絶望感や、上の娘が向けるどこか悲しげな視線、サーカスの揺れる空中ブランコなど、いくつかの印象的なシーンが後々思い返すと不思議な余韻を残す作品に仕上げているのかもしれません。





またこの映画、物語の肝となる「誘拐事件」が、こちらの期待を知ってか知らずかなかなか起こらないんです。幼い子供が楽しそうにはしゃいで走り回ったり、繋いだ手をするりと離して駆け出していくシーンがくる度「今、誘拐されるのか!?」「いやここか!?」なんて、体の血がスーッと引いて冷たく感じるような軽い目眩がしました。それはとても繊細で、微妙な具合に張り詰める独特の空気感に感じられ、ある意味女性的な生理を持つ映画だなぁ・・・と感心させられました。

誘拐犯やジルの記憶障害についての説明が十分ではないため、一から十まで全ての謎を解決しないと気がすまない!という方にはあまり向かない“曖昧”な作風ではあります。確かに大傑作とは言えないかもしれませんが、肌寒い雨が降り続くような日に、なんとなく力を抜いて眺めてみるのにピッタリな、そんな映画かもしれません。




【memo】
原題「La maison sous les arbres」(=「The house under the trees」)が
   「la maison sons les arbres」(=「The house sounds the trees」)と記載されている誤データも多数あり。意味がまったく違いますよね。

また、原作者アーサー・カバノーの訃報時のニュースには「"THE DEADLY TRAP"の"Arthur Cavanaugh"」と記載されているため、英語圏でのタイトルはこちらだったのかも。インパクト重視の流通時の力技かな?再販時には「DEATH SCREAM」なので、もうどんな映画なのか原型を留めておらず悲しい限り。
イタリア版は「Unico indizio: una sciarpa gialla」(=「唯一の手がかり:黄色いマフラー」)。そのまんまだ(笑)!


パリは霧にぬれて@映画生活



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : フランス映画 (ジャンル : 映画

  2010/04/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『パリは霧にぬれて』 (1971/フランス、イタリア)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback