お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『少女ヘジャル』 (2001/トルコ)

   ↑  2015/09/08 (火)  カテゴリー: シリアス、社会派




少女ヘジャル [DVD]



●原題:Hejar/Büyük adam küçük ask
●監督、製作 、脚本: ハンダン・イペクチ
●出演: シュクラン・ギュンギョル、ディラン・エルチェティン、フュスン・デミレル 他
●一線を退き、孤独な生活を送る元判事ルファトが住むアパートが武装した警官に襲撃され、隣人一家が皆殺しにされた。たった一人生き残ったクルド人少女ヘジャルは行き場もなくルファトの部屋の前にたたずむ。クルド語しか話さないヘジャルとルファトの間に立って橋渡しをしてくれたのは、身分を隠し、トルコ人として偽って生きてきた家政婦のサキネだった。ルファトは、サキネとヘジャルにクルド語で話すのを禁じるのだったが・・・。トルコ国内で公開5ヵ月後に上映禁止となったものの、アカデミー賞外国語映画賞トルコ代表となった作品。




※この記事は、2013年のレビュー記事を再見・加筆したものです。
久しぶりにいい映画にあたりました。嬉しいなぁ。
で、ちょっと思い出したことを。

かの地に滞在していた頃、クルドの話が人々の口にのぼるたびに"良いクルド人""悪いクルド人"という単語をよく耳にしたものでした。貧しくとも問題を起こさず国内の政策に従い生きているクルディスタンと、クルド労働者党(PKK)武装組織に代表されるような反政府意識のあるクルディスタン。

そう、私にとってクルド問題は遠い国の遠い話ではないのです。
というのも、古い友人が"良い"側のクルド系出身だったから。軍隊でゲリラ部隊と銃を向け合っていた人間にとって、"悪い"側のクルディスタンは憎むべき存在でしかなく、話題に上るときは嫌悪の感情しかなかったように思います。

でも"悪いクルド人"なんて本当にいるのでしょうか。
誰の側から見た言い方なのでしょうか。







国全体が【クルド文化】や【クルド人】という存在を抑圧していた中、この作品は、羽交い絞めにされた力を解きほぐすような一筋の柔らかな光。私にはそう感じられました。

国家を持たない民として、最愛の家族まで失ってしまった幼いヘジャル。
だからこそ、その小さな体いっぱいに力の限りに叫ぶクルド語を誰も止められはしないのです。小さな少女の正直で痛烈なその思いは、観る側の心を最後まで揺さぶり続けます。

そして、クルド問題をトルコ国内で初めて取り上げ、この映画を製作したのが"女性監督"だったということも興味深いもの。

アラブ・イスラム世界の中では最も西欧文化にも近く、近代化された国家とはいえ、イスラーム世界ではほぼ見られない「自転車に乗る女性(しかも老齢!!)」をチャーミングに演出する軽やかさを見て、私はこの作品をいっぺんで好きになってしまいました。車を運転する女性のことを、地方ではまだあまり良く思われないほどなのですから・・・。



主人公の老人ルファトとヘジャルという2人を取り巻く人々の、その小さなドラマが丁寧に綴られていることにも温かみを感じます。家政婦サキネの人生、未亡人ミュゼェイェンの都会に暮らす孤独、そしてクルド人としての苦悩を抱えるエブドゥ。

たとえ政治的・民族的問題を抜きにして観たとしても、この作品の優しくも力強い印象はまったく変わりません。この映画、もっともっと広く知られてほしいなぁ。






むかし、クルド出身の人のお店に入って値段の交渉をしたことがありました。

明らかに「外国人」の私が友人から教えてもらったクルド語で話しかけたところ、「こんなことがあるなんてなぁ!」と店主のおじさんに大笑いされ、可愛らしい小皿セットのおまけを頂いてしまいました。表情がぱぁっと明るくなったあの店主の顔が忘れられません。この映画を観て、そんなことを懐かしく思い出しました。



※この映画の時代背景について 「少女ヘジャル」公式サイトより一部抜粋

トルコ国内でクルド人問題が最も激しかった頃の1998年、クルド人の存在そのものが拒否され、クルド語も話せなかった時期がこの映画の舞台となっています。しかし、現在ではクルドの民俗音楽のCDが発売されたり、クルド語による芝居の上演、一部の学校でクルド語教育が行われるようになっているとのこと。

軍部の影響力や、EU・米国に向けた政治的立場や思惑、国内世論など様々な政治的要因が絡み合って状況も変化しているようですね。


 Türkiye’nin ilk Kürtçe karnelerini aldılar【ZAMAN】
Türkiye’nin ilk Kürtçe karnelerini aldılar【ZAMAN】
トルコ初のクルド語小学校で、初のクルド語通知表を受け取る
(2015年1月24日付/ザマン紙)




関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : トルコ映画 アラブ・中東映画 

FC2共有テーマ : 心に残る映画 (ジャンル : 映画

  2015/09/08 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


ユルマズ・ギュネイ

ユルマズ・ギュネイ
この方はクルド人で、反体制運動で監獄に入れられているとき、フランスの映画界がフランス政府->トルコ政府に対し、彼に映画を撮らせるよう圧力をかけて、ギュネイは獄中から総指揮をとって、数本の映画を撮っています.
『群れ』、『敵』、『路』等が、1980年代中頃、日本でも公開されています.
ユルマズ・ギュネイはフランスへ亡命するのですが、すぐに病死してしまいました.

今は少し変わってきたのかもしれませんが、当時のトルコでのクルド人の扱いは、イラク等の国境の山岳地帯に暮らす民族で、他国から山岳地帯を勝手にトルコ領内に越境してきた人間、つまりトルコ国民とは認められない存在でした.
ギュネイは、その頃のクルド人の実態を描いています.
ちなみに彼は、クルド人、映画と言ったとき、知らない方が恥ずかしいほど有名な人です.
調べてみてください.

rumichan |  2016/08/03 (水) 23:33 [ 編集 ] No.438


はなまるこより

rumichan様、コメントありがとうございました。

>今は少し変わってきたのかもしれませんが、当時のトルコでのクルド人の扱いは、イラク等の国境の山岳地帯に暮らす民族で、他国から山岳地帯を勝手にトルコ領内に越境してきた人間、つまりトルコ国民とは認められない存在でした.
私は数年クルド人居住地域の近くに住んでおりました。義父はクルド系の出身でしたが、トルコ国民としてのアイデンティティの強い方でした。しかし一方で、彼ら親族たちがクルド人のことを話す時の雰囲気は"外国人"である私にはあまり知られたくないという明らかな"タブー"感がありありと漂っていたものです。また元夫は軍隊にいましたのでPKKとの戦闘についてもよく聞いていました。双方の関係はいったん落ち着いたかに見えていましたが、緊張感は逆に増してきており、クーデター未遂後のエルドアン体制が過激化していることなどから義姉たちも心配しているところです。

>ギュネイは、その頃のクルド人の実態を描いています.
ちなみに彼は、クルド人、映画と言ったとき、知らない方が恥ずかしいほど有名な人です.
調べてみてください

当時はトルコ側の意見を多く耳にしましたが、日本に戻ってきてクルド人側からの話やこの映画を観て以来、あの時出会ったクルド人居住地域の人々のことを思い出し、物事の様々な側面に気づかされた次第です。ギュネイ氏につきご教示いただきありがとうございました。また「パラダイス・ナウ」につきましてもご感想いただきありがとうございました。

rumichan様★ |  2016/08/04 (木) 20:13 [ 編集 ] No.439

コメントを投稿する 記事: 『少女ヘジャル』 (2001/トルコ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback