お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『その男 ヴァン・ダム』 (2008/ベルギー、ルクセンブルク、フランス)

   ↑  2012/07/14 (土)  カテゴリー: アクション、パニック





★【送料無料】 DVD/洋画/その男ヴァン・ダム スペシャル・エディション


●原題:JCVD
●監督: マブルク・エル・メクリ
●出演:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、フランソワ・ダミアン、ジヌディーヌ・スアレム、カリム・ベルカドラ、ジャン=フランソワ・ウォルフ、アンヌ・パウリスヴィック、サスキア・フランダース、ディーン・グレゴリー 他
●90年代を席巻したハリウッドが誇る最強のアクション・スター、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、48歳。ジョン・ウーをハリウッドに招き、アクション映画の革命を起こした男。しかし、21世紀、そのスタイルは既に時代遅れ、ビデオストレート作品が続いてギャラは急降下。復活を期した作品は主演をセガールに奪われ、最愛の娘にも嫌われ、銀行口座は底をつく、挙句の果てに、たまたま立ち寄った地元の郵便局で強盗犯に誤認されてしまい・・・。



【DVD】ユニバーサル・ソルジャー 【DVD】ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン
その昔、試写会へよく行っていた時のこと。
新作映画の試写会というのは配給会社も話題作りに必死なので色々と趣向を凝らした上映会が多くて楽しいものですが、『ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン』の時はちょっと雰囲気が違いました。"特別上映"ということでナント元祖『ユニバーサル・ソルジャー』も当時上映されたのですが・・・・これはもう明らかに「2」だけでは間が持たないと判断されてしまったのがアリアリと伝わってくるような盛り下がり具合・・・。無言で次々と会場をあとにする人々の、あの妙に静か過ぎる雰囲気を今でもハッキリ覚えています。あんな悲しい試写会は、そうあることじゃありませんので。



そんな悲しいヴァン・ダム様ですが、私この『その男 ヴァン・ダム』すごーく好きでした。たぶんナンダカンダで3回は観ているはず!体力的にいっぱいいっぱいそうなヴァンダム父ちゃんが「頑張ってるな!」という長回しワンショットのオープニングにまず惹き込まれます。でもこのシーン、やっぱり一番最後に撮影されたものだそうです。ヴァンダム様にとっては結構ムチャアクションの連続ですから、ケガされたら他のシーン撮影に響きますもんね。映画の内容と被るようで、それを思って観るとちょっと物悲しい気分にもなりますね・・・


映画に登場してくるファンの言う言葉がいちいち合っていて、悲しいかな笑えてしまう。「アクション俳優」として旬を過ぎ、私生活もいっぱいいっぱい。でもファンには愛される不器用すぎるヴァンダム像に泣かされる。"ヴァン・ダム好き"でなくても、"映画好き"なら思わず心から応援したくなってしまいそうな俳優の姿がここにあります(ま、あくまでイメージ)。

時系列を入れ替えてみたり、ヴァンダムの心象風景や派手な銃撃戦を入れたり。また、郵便局やそこに集まる野次馬群衆シーンは、まるでシドニー・ルメット監督の75年作品『狼たちの午後』を観ているかのよう(主犯役のヘアスタイルもそのまんま!)。96分でよくまとめてあるなぁ。毎度感心してしまいます。


哀愁、不運、虚構と現実、ヴァンダム自身の本音や叫びを見ているような演技は、捨て身や自虐ネタなんていう言葉を通り越して"ドキュメンタリーなのか?"と思ってしまうほど。あの6分間の独白シーンはヴァンダム自身の完全アドリブで、監督以外の誰にも知られることも見られることもなく撮影したのだそう。映画という虚構に現実が入り込んだこの奇跡的な数分が、この映画を血の通った、シッカリと心のこもった作品に仕上げたのだと思う。そして、画面がふっと消えるあのラストの表情・・・こんなにも哀愁を帯びた燻し銀の演技、なかなか観られるものじゃないと思います。この映画、やっぱり私のお気に入りの作品です。

その男 ヴァン・ダム@映画生活




・・・というわけで。

話は自然に『エクスペンダブルズ2』になるわけです。あれだけ「メジャー映画に出たい!!」と叫んでたヴァン・ダム様でしたからね!!!
『エクスペンダブルズ2』公式サイト
「冷酷非情、残忍無比にして頭脳明晰、最強の戦闘能力も有する犯罪武装集団のリーダー。エクスペンダブルズ結成以来最大最悪の敵」という、かなりビッグな役をゲットしたヴァンダム様(右から三番目)。2012年10月公開ということで、久々に劇場公開のスクリーンでヴァンダム様を見られるチャンスかも!!こういう「お祭り映画」は、やっぱり映画館でドカンドカン観てみたいなぁ~。なんてったって「1」の方はDVD観ながらウトウトしちゃったので(笑)。



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : ベルギー映画 

FC2共有テーマ : ヨーロッパ映画 (ジャンル : 映画

  2012/07/14 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんばんは!

お久しぶりです~


私もこの映画好きです(笑)
特に、ヴァンダムファンなわけでは
ないんですが、

もう笑って泣けて、泣けて笑って
リアル筋肉ドキュメンタリー
な感じがツボに、はまってしまって

筋肉祭りだったはずのエクスペ1は、
なんだか、筋肉ほぼメインは3人位じゃん!な
筋肉詐欺で私は途中で飽きてしまいましたが、
これは2が気になりますね~♪


札幌も暑くなってきました~

最近地上波でトイストーリーが放送していて
もしかして?マクビールちゃんも、バズの
オモチャ持ちながら観てるのかな~、なんて
思いながら観ていました(笑)

タマ |  2012/07/15 (日) 00:55 No.19


はなまるこより

おぉぉ、タマさんおはようございます♪
私もご無沙汰しており申し訳ないです・・・
が、毎回更新のたび記事は楽しみに読ませていただいております!
コメントなかなか残せなくてスミマセン~i-201

そうそう、タマさんも以前この映画の記事ありましたよね!
哀愁漂うこの映画、男性から見るとますます良いんでしょうね。
ヴァン・ダムの演技に、生まれて初めて目頭が熱くなった記念すべき映画です(笑)

あ、それと我が家の子どもは、最近バズを放り投げて
今は「ミッキーマウス・クラブ・ハウス」というのに夢中なんですよi-232
同じディズニーではありますが・・・・もう買ってやらん!!子どもってすごく薄情だー!!(笑)

タマさんへ★ |  2012/07/15 (日) 09:59 [ 編集 ] No.20

コメントを投稿する 記事: 『その男 ヴァン・ダム』 (2008/ベルギー、ルクセンブルク、フランス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback