お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ブルーノのしあわせガイド』 (2011/イタリア)

   ↑  2013/03/28 (木)  カテゴリー: コメディ
 映画『ブルーノのしあわせガイド』公式サイト
●原題:Scialla! (Stai sereno)
【イタリア映画祭2012】タイトル:シャッラ/いいから! 
●監督:フランチェスコ・ブルーニ
●出演:ファブリッツィオ・ベンティヴォリオ、フィリッポ・シッキターノ、バルボラ・ボブローヴァ、ヴィニーチョ・マルキオーニ 他
●ローマで著名人のゴーストライターや家庭教師をしながら気ままな生活を送る中年男ブルーノは、ある日、教え子ルカの母親から、自分が留守にする半年の間、ルカを預かってほしいと頼まれる。しかも、ルカは15年前にブルーノとの間にできた子どもだという事実を告げられる。ブルーノはルカに父親であることを隠しながら、一つ屋根の下で暮らし始めるが・・・。イタリア映画界で長く脚本家として活躍中のフランチェスコ・ブルーニが、50代にして初監督・原案・脚本を手がけたハートウォーミングな1作。



Gyao!映画
4月13日(土)より、シネスイッチ銀座他にて公開!!のイタリア映画作品を「オンライン試写会」にて鑑賞。






さて、この映画。なんだかテンポや構成がズレているなぁ~と思いながら観ていました。あ、でもこれは良い意味での感想なんです。

変に映画を見慣れてしまうと、ある場面やセリフなどから何か悪いことが起きるんじゃないか?という「フラグが立つ」瞬間を感じ取ってしまうことがあって、思わずそれに揺さ振られておかしな緊張感を勝手に抱いてしまいがちです。でもこの『ブルーノのしあわせガイド』は、そんなものを跳ねとばしてくれる"善意"のパワーが流れているのを感じました。それが何よりも心地よくて、こんな時代のイタリアでこういう映画が生まれていたことが本当に嬉しかったりもして。

鑑賞前にあらすじを読むと「父子の感動的な心の寄り添い」なんかをちょっと期待してしまうわけなんですが、意外や意外、この物語は"あるトラブル"が起きて新しい展開を見せる時は、ほとんどもうラストだったりします(笑)。で、この映画の大半は、二人それぞれの何となく抱えている"もやもや"を映していきます。目的がわからない、何もできない、そんなモヤモヤした気持ち。

うつ伏せの寝姿もキュウリ嫌いなところも同じ二人。「なんで僕たち母子を捨てたんだぁ」とか「息子よぉぉ」とか、そういう親子の情に対する説教じみたありがちな展開(わたしベタですかね・・・)が一切、まったく、ちっとも起こらないんです。これは私にとって予想外に新鮮なシナリオで、こんなに押し付けがましさや作りこみを感じず、気取らない素直な清々しさは久々かもしれない!そんな気持ちがしました。






ま、考えてみれば、この映画の登場人物たちもちょっと面白いんですよね。詩や文学、音楽に親しむポルノ女優のティナの気っぷの良さはカッコイイですし、トリュフォーの『大人は判ってくれない』の鑑賞会を無理強いするヤクの売人チェチェレだとか。

主人公ブルーノだって変わっています。イタリア人だけれど女にはもうそれほど興味もなくてサッカー嫌い。しかもローマにいながらベネツィア方言を話す彼はバールで「北部人!」と野次られる始末(笑)。そういえばブルーノが街中をバイクで走るシーンは、ナンニ・モレッティ監督(やはり元は北部出身)が『親愛なる日記』の中でヴェスパを乗り回していた姿を思い起こさせるものでした。


向こう見ずで強がるルカは悪ぶってはいるけれど、悪質なものに惑わされず物事の本質を見抜く力と聡明さを持っている。それはきっと、愛情深く育った子だからなんだろうなぁ。彼のリュックに"Verità x Stefano Cucchi"(=The truth about Stefano Cucchi)と書かれているのも、2009年に起こったステファノ・クッキ事件(警察や刑務所の権力濫用による少年の死亡事件)に対する抗議、彼の意志の強さを表しているのかも。

イタリア社会で以前から問題になっている若者の間にはびこる薬物問題の危うさを扱いながら、そんな世界を優しく吹き抜けていく風のような映画だなぁと思いました。『ブルーノのしあわせガイド』は、マンマの愛情に始まりマンマの愛で終わる、そんな物語なんですよ。






ところで、この映画の原題でもありイタリアのラッパー Amirが歌う主題歌の「Scialla!」

映画の中にも登場する「Scialla!(シャッラ)」とは、数年前にイタリアのローマっ子の間で流行り、今では日常語として使われている若者言葉。「STAI SERENO(スタイ セレーノ)=まあいいから、落ち着いて」の略で、英語で言う「take it easy」にあたる。
公式サイトには書かれてあって、実際2009年にイタリアで流行語となった若者言葉で、人気TV番組『Amici』の中で使われたのが発端だったようです。

ただ、もう一つの語源もあって、それはアラビア語の「インシャーァッラー(inshallah)から来ているという説。

本来はムスリムの間で使われるアラビア語の「神の御心のままに」という意味ですが、例えば待ち合わせの時間を決めておいて「まぁ(神様がそう決められたなら)インシャーッラ間に合うと思うよ」とか「インシャーッラー(神様が決められたことなら)行けたら行くよ」と使われたりして、毎回友人たちに口癖のように言われる度に「何がインシャッラーだ、自分の意思で来ーい!」とか思っていた私はあまりに日本人でしたが(笑)、確かに「Scialla(シャッラ!)」という音も「まぁ何とかなるよ、どうにかなるんだよ」という意味も、非常に似た使われ方なんですよね。この説、けっこうしっくりくるような気がします。

『ブルーノの幸せガイド』の中でも、登場する従業員や使用人といった人々が移民だったりするシーンが見られます。もし、そうやって渡ってきた言葉が新しい社会に根付いていたのだとしたら、そんな面白さをも表しているリアルでピッタリな原題だなぁとも思いました。「Scialla!」を歌うAmirもエジプト移民二世だそうです。


4月13日(土)より、シネスイッチ銀座他にて公開!!


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : イタリア映画 

FC2共有テーマ : ★イタリア映画★ (ジャンル : 映画

  2013/03/28 | Comment (4) | Trackback (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

職務経歴書の見本 |  2013/11/25 (月) 12:25 No.197


はなまるこより

職務経歴書の見本様、コメントを残していただきありがとうございました。
また是非お寄りくださいませi-179

職務経歴書の見本様★ |  2013/11/27 (水) 22:52 [ 編集 ] No.198


おはようございます!
この作品、Gyaoで配信していたので観ました。

>「フラグが立つ」瞬間を感じ取ってしまうことがあって

わかります!
こういうのを感じると、ちょっと擦れてしまったかなぁと思いますよね(笑)
その点、この作品は仰るとおり型に嵌らないというか、のらりくらりとかわして行く感じでした。
あらすじを知らずに観たので、彼が息子だという事にも驚いたんですよ~。

>向こう見ずで強がるルカは悪ぶってはいるけれど、悪質なものに惑わされず物事の本質を見抜く力と聡明さを持っている。

友人がヤクをやっていても、頑なに断ってましたもんね。こういうのって結構難しい事だと思うので、感心しました。
お母さん、ひとりで子育て頑張りました!

>「何がインシャッラーだ、自分の意思で来ーい!」とか思っていた私はあまりに日本人でしたが(笑)

あはは、確かにそんな風に言われ続けたらイラッときそう(笑)
アラビア語のが語源という説にも納得です。
不思議な感覚をもった作品でしたね。

宵乃 |  2014/04/23 (水) 07:46 [ 編集 ] No.284


はなまるこより

宵乃さん、大変お返事が遅くなって申し訳ありません。
最近、時間的(それに精神的にもi-202)余裕があまりなくなっている日々が続き、ブログの方も更新が出来なくなりつつありますが・・・こうしてコメントいただけた時に【映画愛】を思い出して時間を作っていきたいと思います!!貴重なコメントをありがとうございました(;──;)

この映画、Gyaoで配信されていたんですね!時が経つのは早いものです~。

>型に嵌らないというか、のらりくらりとかわして行く感じでした
本当に"のらりくらり"でした(笑)!
勝手に悪い想像なんかをしてしまって私は振り回されまくりでしたが(笑)、なんだかこの"のらりくらり感"って確かにちょっとイタリアっぽいかなーとも思いましたi-179今でもミョーに忘れられない映画です。

>あらすじを知らずに観たので、彼が息子だという事にも驚いたんですよ~。
あらすじを知らずにみたら、きっとこの映画の印象ってだいぶ違うでしょうね!私は「父息子の話」としてしか見ていなかった(見られなかった)ので、そんな宵乃さんが羨ましいです~

>アラビア語のが語源という説にも納得です。
>不思議な感覚をもった作品でしたね。

そうなんですよねぇ。イタリアも移民問題や経済問題が深刻になったり、若者のドラッグ使用問題など色々暗い話題が多かったのですが、そんな中ですごく素直な映画が作られていてちょっとビックリしたのと同時に、それがこの映画の雰囲気をちょっと不思議に感じさせてくれたような気もしました。イタリア映画、もっと日本でも公開して欲しいなー♪と思います。

宵乃さんとこの映画についてお話できるなんて、本当に本当に嬉しかったです♪ご訪問ありがとうございましたi-190

宵乃さんへ★ |  2014/04/27 (日) 15:51 [ 編集 ] No.286

コメントを投稿する 記事: 『ブルーノのしあわせガイド』 (2011/イタリア)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

ブルーノのしあわせガイド / Scialla!

初イタリア映画のような気がします。 元教師で、現在はゴーストライターと家庭教師と言う経歴のブルーノ。ある生徒の母親から、自分の留守中息子ルカを預かって欲しいと言われる。

勝手に映画評 2013/05/01

映画「ブルーノの幸せガイド」毎日の繰り返しも、考え方次第なのかも

映画「ブルーノの幸せガイド」★★★★ ファブリッツィオ・べンティヴォリオ、 バルボラ・ボブローヴァ、ヴィニーチョ・マルキオーニ、 フィリッポ・シッキターノ出演 フランチェス

soramove 2013/06/05