お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『The Station Agent』 (2003/アメリカ)

   ↑  2013/05/18 (土)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ
The station agent【Official website】 
●監督、脚本:トーマス・マッカーシー
●出演:ピーター・ディンクレイジ、パトリシア・クラークソン、ボビー・カナヴェイル、ミシェル・ウィリアムズ 他
●孤独を愛する青年フィンは、同じ鉄道クラブに所属する鉄道愛好家仲間でアフリカ系の中年男ヘンリーの経営する鉄道模型店で働いていた。ところがある日、ヘンリーは帰らぬ人となってしまい、彼からの遺言でニューファンドランドにある古い駅舎を受け取ることになる。辺鄙な田舎町の駅舎でひっそりと静かな新生活を始めようとしたフィンだったが、移動コーヒー店を開いている陽気なジョーや、オリヴィア・ハリスという中年女性など一風変わった人々と出会っていくことに・・・。




世間を静かな感動に包んだトム・マッカーシー監督の2007年『扉をたたく人』が私に合わなかった~!!という衝撃は当ブログに(正直に)前回UPしましたが、一方で「丁寧で上質な作品づくりをされる監督さん」という好印象も強く持ち、彼の作品をもう少し観てみたい!という気持ちにさせられました。俳優としても活躍しながら、初監督でインディペンデント・スピリット賞の脚本賞を受賞したという『The station agent』。でも、この作品日本で未公開→DVD化もされていなかったというじゃありませんか。

ミシェル・ウィリアムズやパトリシア・クラークソンなど、日本での知名度も高い俳優陣を使っており、IMDbRotten Tomatoesといった映画サイトでもすごく評判が高い。気になって気になって・・・・結局AmazonでUK版を購入してしまいました。とても素敵な映画でしたよ!観られてよかったー





マンハッタンのホーボーケン。主人公のフィンはDwarfism(小人症)であり、その見た目からか自ら硬い鎧を纏うようにして他人との関わり合いをシャットアウトしている。

彼の鋭く陰のある、そして知的な表情にオープニングから引き込まれてしまいました。深みのある低い声も、とても魅力的。まずこの主人公に引き込まれた時点で『The Station Agent』は大成功しているんだと思います。「この映画はきっと間違いない!」と予感させてくれるものがあるんです。



「何もない所」だったはずなのに、新天地ニューファウンドランドで幸か不幸かユニークな人たちばかりに囲まれてしまうフィン。父親が倒れて仕事を引き継いでいるスタンド店員ジョーの、人生を楽しもうとする賑やかで開放的な明るさが彼らを牽引してくれるのだけれど、皆、それぞれに孤独や悲しみや苛立ちや怒り、困難を抱えている。もちろん一人でいれば傷付かないけれど、それでは大切な人を守ってあげることもできない。

それぞれの方法、それぞれの距離感で、良い方向を見つけるように踏み出していく過程が、控えめながらも印象的な音楽・風景・人物描写の積み重ねの間に感じられるのが心地よかったです。自分の疲れた心に沁み渡りました・・・




フィンが小学校のこどもたちに「飛行船」と「機関車」のことを尋ねられて、ふと考えるラストがとてもいいなと思いました。本当に何気ないことなんだけれど、鉄道オタクだったフィンが思いがけない所で思いがけない質問を受け、まるで新しい世界を開いたような瞬間を見た気がして。

映画の冒頭、孤独の檻で自らを囲っていたような彼ではとても考えられない、穏やかな雰囲気に包まれてリラックスした表情を見ていたら、何とも言えない安堵感と解放感がこちらにまで伝わってきて、観終わった後にはふんわりとした幸せな気持ちが残りました。

ほっこりと穏やかに観られる、とても上質で素敵な映画でした。セリフが飛び交うような映画ではないので、こんな私でも何とか観られましたが、ぜひ日本でもソフト化してほしいなぁ。





ピーター・ディンクレイジ
ピーター・ディンクレイジ【私だけのハッピーエンディング 公式サイト】
主演を務めた当作品は2003年のサンダンス映画祭で作品賞を受賞した。その後、翌年のSAG賞最優秀男優賞、インディペンデント・スピリット賞の賞最優秀男優賞にもノミネートされ、エンターテイメント・ウィークリー誌で年間有望スターのトップ5に名前があり、ピープル誌の"最もセクシーな男"の号に特集された。
映画『私だけのハッピーエンディング』公式サイトより一部引用

『私だけのハッピーエンディング』では、ユーモアもあるダンディなエスコートサービス役でその魅力を存分に魅せてくれましたが、この『The Station Agent』でも彼の人を惹きつける力は素晴らしいな!と思いました。ディンクレイジを見ていると、オトコの魅力、セクシーさって何なのかわかる気がします。



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 日本未公開作品 (ジャンル : 映画

  2013/05/18 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『The Station Agent』 (2003/アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback