お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ロックアウト』 (2012/フランス)

   ↑  2016/04/11 (月)  カテゴリー: アクション、パニック





ロックアウト Blu-ray



●原題:LOCKOUT
●監督、脚本:スティーヴン・セイント・レジャー、ジェームズ・マザー
●制作、脚本:リュック・ベッソン
●出演:ガイ・ピアース、マギー・グレイス、ヴィンセント・リーガン、ジョセフ・ギルガン、レニー・ジェームズ、ピーター・ストーメア 他
●西暦2079年。囚人の冷凍保存により脱獄率0%を誇る刑務所MS-1。そこは、宇宙に浮かぶ究極の監獄だった。地球軌道上に浮かぶその刑務所を訪れた大統領の娘エミリーが囚人に捕らえられ、500人もの凶悪な囚人が解き放たれてしまう。そこで米国政府は、スパイ容疑で逮捕された腕利きCIA工作員スノウに"釈放"と引きえにエミリーの救出を依頼する。彼は地上80キロ上空に浮かぶ宇宙刑務所に乗り込み、凶悪犯500人を相手に単独で任務を遂行するのだが・・・!!




年度初めの4月というのは、気が張り詰めることが多い日々ですね。
こういう時は間違っても【ミヒャエル・ハネケ映画】とか見ちゃいけませんねぇ。グッタリきますから。あと【アンゲロプロス作品】とか。寝ちゃいますから。あ、別な意味で爆睡して身体は休まるかな(笑)。

というわけで、今月は完全に"自分のため"の【オバカ映画祭り】を開催!
今夜はこれを更新したらぐっすり眠れそう~






この映画、何だか色々な意味で大笑いさせてもらって、自分の中では大ヒットです。

春の新生活がスタートして、ちょっとした緊張感のある中でパァ~っと観られる映画として選んでみたところ、これが思った以上にツボに入りまして。正直『ロックアウト』という作品は"ザンネン映画"の部類に入ってしまうのでしょうが、でも私は・・・

こんなおちゃめマッチョなガイ・ピアースを見たかったんだー!
大満足だー!



だって、いわゆる【米国アクション映画】の「あるある設定」をいちいちおちょくっているとしか思えない"遊び感覚"に思いっきりくすぐられるんです。

憎まれ口叩きながらダクトを這いずり回るピアースはブルース・ウィリスを彷彿とさせるし、ピアースがスタントなしで挑戦したというモモンガ飛びは「いや、あり得ないあり得ない!」とツッコミ入れたくなるトム・クルーズ芸みたい。囚人たちがゾンビみたいにドワァァァァァ!!っと追い掛けてくるシーンなんかもう大笑い。



ピアースが演じる主人公スノーは、近未来では時代遅れとなったタバコをふかし、ぼやきとジョークを連発しながら、単独でミッションをこなすタフガイ。製作陣が『ニューヨーク1997』や『ロマンシング・ストーン/秘宝の谷』のような「痛快な80年代のアクション作品を意識した」と語るように、ピンチのときでもジョークをカマし、ここぞという場面でズバ抜けた生存本能を発揮する。
痛快! そして最強! 映画『ロックアウト』で80年代ヒーローが復活【ぴあ映画生活】
そう、この80年代っぽいムサ苦しさ&ダサさが堪らないのよ。
しかも、これでも一応【フランス映画】というのが、もうメチャクチャ(笑)






こうなるともう「楽しんだもの勝ち!」の映画ですね。


「あ、これはまだ作り途中なんですね」と一言申し上げたくなるような、ショボショボのCGの破壊力と言ったらないですし。或る意味スゴイっちゃあ凄いんだけど。

そして、いくら"未来設定"とはいえ、外部用作業スーツみたいなのを着たまま大気圏突入して→そのまま適当なパラシュートで降りてくるというクライマックスの宇宙からの帰還シーンなんて、まぁ深いこと考えんなよ!的なやりたい放題感いっぱい。ジワジワきます。

こういうの、わたし大好きですねぇ、もう。「ダメな子ほどカワイイ」とはよく言ったもの。ほんとスッカスカなんですけど、あぁなんという愛すべき映画なんでしょう。ここまでくるとオマエが大好きだー!と叫ばずにはいられない。







おちゃめマッチョなガイ・ピアースのキャラだけで押し込んだような映画でしたが、これシリーズ化してくれたら、ハイ!わたし観ます。スタローンの刑務所映画『ロックアップ』と合わせてもらって【テレ東 刑務所マッチョ祭り】をやってくれたら、ハイハイ、わたし絶対観ます!

だからね、次作は、ツ◯ヤだけにレンタル独占させるなんてそんな了見の狭いことをやってちゃいけませんよ、ねぇ!こんな素敵な映画はみんなで楽しまないとほんと勿体ないです。
ってこれはちょっと褒めすぎね。


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : フランス映画 (ジャンル : 映画

  2016/04/11 | Comment (4) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんにちは!


この映画観ました、なんだか馬鹿馬鹿しいノリが少し面白いんですよね~(笑)
もう色々と内容は忘れてしまいましたが、
なんか作業用のスーツみたいなので大気圏突入できちゃう
シーンが「ありえないだろー!」と爆笑させてくれて好きでした。
特にガイ・ピアース萌えしない私が
観てもなかなか笑わせてくれて楽しかったので、
これはきっとガイ・ピアースな人にはたまらないでしょうね(笑)

GW札幌はずっと雨&雪でした。。
まだ気温5度くらでーす。





タマ |  2013/05/04 (土) 11:21 No.111


はなまるこより

タマさん、こんにちは♪

そうだ!やっと思い出しました!!
私、この映画の"面白かった感想"を絶対どこかで読んだ記憶があったんですよ~i-201
最近は特に誰か他のかたのレビューをもとに【映画選択】をしている私なのですが
きっとタマさんのレビューの印象が潜在意識に刷り込まれていたんですね!
バスを待っている間の時間つぶしで入ったツタヤでしたが
なんか妙な自信を持って借りてしまいました(笑)ヨカッタ~!タマさんだったんだ~i-175
すごく軽~く楽しめる映画で大満足でした^^ありがとうございました♪

私は出先からでしたが、タマさんのレビュー採点表を見ながらニヤニヤしていました(笑)
また改めてお伺いしたいと思います♪

そうそう、そちらは本当に気温の低下で、雪まで降ってしまったようですね!
ニュースにビックリでした・・・で、また少しすると今度が猛暑がやってくるんでしょうね・・・
激動の北海道ですねぇ!!!i-282
まだあと少し、温かくしてお過ごしくださいね^^

タマさんへ★ |  2013/05/04 (土) 20:55 [ 編集 ] No.112


コメントありがとうございました♪

おはようございます!
記事の導入から面白かったです。映画って観るタイミングを間違うと睡眠薬よりよく効きますよね(笑)
はなまるこさんの言うとおり「ロックアウト」は緊張をほぐすには丁度いい脱力系SFアクションだったと思います。

そうそう「ダイハード」やゾンビ映画、「ミッション・イン・ポッシブル」は私も連想しましたよ~。色々狙ってますよね。雑な大気圏突入シーンも大好きです。
ピアースさん演じるキャラも相まって、マジで今の今までフランス映画ということを忘れてました(汗)

>ここまでくるとオマエが大好きだー!と叫ばずにはいられない。

わかるわかる(笑)
きっとピアースさんも、そんな気持ちで演じてたんでしょうね。楽しんでるのが伝わってきました。
この作品を好きな仲間がいて嬉しいです♪

宵乃 |  2016/04/12 (火) 10:09 [ 編集 ] No.420


はなまるこより

宵乃さん、さっそくありがとうございます~!!

>この作品を好きな仲間がいて嬉しいです♪
こんなにこの映画についてアツク語れる相手がいるなんて、私たちは幸せですね!(笑)

宵乃さんも書かれていたことなんですが、確かに"囚人をコールドスリープ"なんて設定からしてズレズレですよねi-229 なんの意味もないという(笑)。この突っ込みどころ満載さがまったく憎めない映画でした♪

>そうそう「ダイハード」やゾンビ映画、「ミッション・イン・ポッシブル」は私も連想しましたよ~。色々狙ってますよね。
ね!そうですよね!それがいい味出しているんですよね!
それなのに、公開当時のキャッチコピーが
「リュック・ベッソンが再び描く、誰も見たことのない未来」
なんて堂々と書かれていて「i-88いや、結構見たことあるんだけど!」とメチャクチャ思ってました。これ、突っ込んでほしい系のコピーだったのかな?(笑)

宵乃さんの描くガイ・ピアース、いやもしかしたら囚人の方かな?(笑)をいつか見てみたいですi-178
またこの映画とご縁がありますように!^^

宵乃さんへ★ |  2016/04/12 (火) 19:35 [ 編集 ] No.421

コメントを投稿する 記事: 『ロックアウト』 (2012/フランス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

「ロックアウト」 もっと深掘りを

予告で「リュック・ベンソン!」て大々的に言っていたから、彼の監督作品かと思って観

はらやんの映画徒然草 2016/05/01