お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

ドラマ鑑賞記録(その5) 『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』 (2013~ /フランス、ドイツ、アメリカ)

   ↑  2013/10/02 (水)  カテゴリー: 海外ドラマ
クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~

Crossing Lines [Blu-ray] [Import]

新品価格
¥2,981から
(2013/12/16 21:42時点)


●原題:Crossing Lines
●製作総指揮/脚本:エドワード・アレン・バーネロ
●出演:ウィリアム・フィクナー、ドナルド・サザーランド、マルク・ラヴォワーヌ、トム・ヴラシア、ガブリエラ・ペシオン、ムーン・デイリー、リチャード・フラッド、ジュネヴィーヴ・オライリー 他
●国籍も、専門分野も異なる各国の精鋭ばかりが集められた特別捜査チーム。近年、EU(欧州連合)の設立により、開かれた国境、貿易、文化の影で、凶悪犯罪の国境もその境界を破られていた。多発する国を越えた犯罪。負の産物として増加の一途をたどるこの現状に、特別捜査チームは結成され、自身の持つ能力を最大限に活かし、ヨーロッパを恐怖に陥れる凶悪犯罪者に制裁を加えていく・・・!2013年6月に全米ネットワークNBCで放送スタートされたばかりの最新のクライム・サスペンス!




各分野のスペシャリストたちが各国から集められ、国際警察(インターポール)の特捜チームが国境を越えて起こる凶悪事件を解決していく姿を描いたクライム・サスペンス。

フランス・ドイツ・オランダ・チェコ・ポーランド・イタリアなどのヨーロッパ各地でロケが行われているように、これまでのドラマとは一味違ったこのスケールの大きさが、今後どのように物語に広がりを与えていくのかも見もの。これはもう、明らかに私の好きなジャンルのドラマですので観るしかありませんねー





とりあえずパイロット版の1&2話をみましたが、キャストは多言語使いのバイリンガル/マルチリンガルが多いので、言葉の違いが随所の散りばめられているのがまず面白いですね。各国の警察・軍隊事情も見えてくるし、同じ英語でも単語の使い方や言い回しの違いといった興味深さもあり。そういったところはフランス映画『スズメバチ』での、ドイツ・イタリア・フランス警察合同の護衛特殊部隊という設定の面白さを思い出しました。

初回ということで、メンバー各々が抱えている問題やバックボーン紹介といったところでしたが暗い感情が渦巻く複雑な内面を持った脆そうなフィクナー様・・・うーん、このお姿はきっとファンには堪りませんね(笑)!しかし一番ビックリしたのは、ジュネヴィーヴ・オライリー演じるシエナ・プライド ロンドン警視庁警部補。洗練された身のこなしと上流階級のイギリス英語で尋問のプロという一番キャラの立った役どころでしたが・・・・え!?エーッ!?ホントウニ!?



それからもう一つ、このドラマの大きな特徴といえば・・・・
猟奇的連続殺人事件の描き方や、捜査段階における犯人の心理・行動分析などが、まるでクアンティコのFBI行動分析課(BAU)が舞台のTVドラマ「クリミナル・マインド」っぽいなーと思っていたら、あぁやっぱり!元シカゴ市警の警察官でもあり「クリミナル・マインド」の第6シーズンまで製作総指揮を務めたエドワード・アレン・バーネロが、この「クロッシング・ライン」も製作していたのでした。

アメリカ中を専用機で飛び回っていたBAUですが、今回はヘリで国境を飛び越えてしまいました。今後、専用機がくるんでしょうか!?クリミナル・マインドのワールドワイド版といったところでしょうかね("クリマイ"についてはまたいつか・・・・)。そういえば犯人役を演じたエディ・ジェイミソン(Eddie Jemison)、「クリミナル・マインド」はもちろん「NCIS」や「ミディアム」など多数のドラマ出演を誇る役者さんで、いわゆる"よく見るお顔"でした。






初登場時はラクダシャツを着て冴えないおっさんマホーン(いやもうマホーンではない)でしたが、徐々に鋭い観察眼とズバ抜けた才能を披露していくあたり、今後の展開にも期待大です。そして、国際刑事裁判所の監察官ミヘル・ドルンを演じるドナルド・サザーランドの静かで迫力のある風貌、そして彼自身が発する存在感の重みがこのドラマをグッと引き締めていたように思います。彼が登場するだけで、画面の緊張感が違ってきますね。


さぁ、そして本国では、早くもシーズン2の製作も発表されており撮影もスタートした模様!!第2シーズンではゲストスターとしてキャリー=アン・モスやレイ・スティーヴンソンなども登場するとのこと。これは否が応でも期待値は高まりますねー。




■追記(2013年10月,11月)
というわけで、我が家が契約しているケーブルTVのオプションプランで、すぐに第3~10話までを続けて鑑賞してみました!

『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』第3~5話まで観た感想  『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』第7~10話まで観た感想
第3~5話まで観た感想        第7~10話まで観た感想



■さらに追記!(2014年8月)
というわけで、シーズン1日本での放送から丸1年!やった、シーズン2日本での放映決定おめでとう!!【クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~】シーズン2字幕版( 全12話)が、いよいよAXNミステリーにて 2014/09/21(日)22:00~第001話、09/28(日)22:00~第002話とスケジュールが組まれているようです。その他、 J:COMオンデマンドの【AXNミステリー Plus】の9月配信予定作品でも9月22日より順次配信される模様。アメリカやカナダではオンエアはないんですって・・・オカワイソウニ!!



関連記事

FC2共有テーマ : 海外TVドラマ (ジャンル : 映画

  2013/10/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: ドラマ鑑賞記録(その5) 『クロッシング・ライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~』 (2013~ /フランス、ドイツ、アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback