お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

アメドラ記録(その4) 『LAW&ORDER クリミナル・インテント』 (2001~2011/アメリカ) ※ネタバレもやや含まれます

   ↑  2013/09/25 (水)  カテゴリー: 海外ドラマ
 

Law & Order: Criminal Intent - Premiere Eps [DVD] [Import]


●原題:Law & Order: Criminal Intent (別邦題:LAW & ORDER:犯罪心理捜査班)
●企画/製作総指揮:ディック・ウルフ
●出演:ヴィンセント・ドノフリオ、キャスリン・アーブ、ジェイミー・シェリダン、コートニー・B・ヴァンス、エリック・ボゴジアン、クリス・ノ-ス、アリシア・ウィット、ジュリアンヌ・ニコルソン、ジェフ・ゴールドブラム、サフロン・バロウズ、メアリー・エリザベス・マストラントニオ、ジェイ・O・サンダー、ジュリア・オーモンド 他
●2犯罪者の視点からその心理を分析し、難事件解決の糸口を見出す「ロー&オーダー」スピンオフ・シリーズ。NYPD配属ロバート・ゴーレンが証拠や供述を基に、その巧みな尋問術で犯人の動機を推理し心理的に追い詰めていく様子を描く。ヴィンセント・ドノフリオ扮するゴーレン刑事は、アメリカの現役刑事が「最もリアルに感じるキャラクター」と絶賛するだけあり、地に足着いたキャラクター像が魅力のひとつ。





"In New York City's war on crime, the worst criminal offenders are pursued by the detectives of the Major Case Squad. These are their stories."

大好きだったゴーレン&エイムズ刑事を追ってきた「クリミナル・インテント」ですが、いよいよファイナルとなるシーズン10(8話のみ)へ鑑賞突入となりましたので、記念に記事をUP。このドラマも思い入れが強すぎて、これで見納めかと思うと淋しい・・・。






↑懐かしきシリーズ初期の頃のメンバー。ゴーレン刑事(ヴィンセント・ドノフリオ)が細すぎてコワイ。彼が容疑者の心を覗き込むように、あの巨体を曲げて顔をジッと見つめる仕草は昔から変わらないですね。この印象的なカットは、シーズン最後までオープニングで使われ続けました。ゴーレン刑事にあんな風に顔を覘き込まれたら、私もう何だって話します!

CIシリーズ初期の頃のゴーレン刑事は、頭脳明晰、タフで博識すぎて変わり者ではあるけれどそこが「キレ者」という雰囲気の刑事に見えました。相棒の女刑事エイムスも同様ですが、ドラマ内では彼らがプライベートを明かすことはほとんどなく、証拠や証言などに基づいて一歩一歩着実に容疑者を追い詰めていく姿だけを追っていくという、とてもシンプルなスタイルを持つ刑事ドラマだったように思います。浮ついたところのないキャスト、全く無駄のないストーリー展開、息をのむほどに圧倒的なゴーレン刑事の容疑者への追及など。地味と言えばそれまでですが、その隙のない実直さが大好きなドラマでした。



しかし、シーズンを重ねるうちにそんなスタイルも少しずつ変化していきました。シーズン6第21話「最後の贈り物(Endgame) 」でのゴーレンの母親を巡る事件や、シーズン7第1話「命の埋め合わせ(Amends)」でのエイムスの過去の事件などを通して、彼らの弱さ、繊細さ、不器用さなどが露呈していくのでした。有能であるにもかかわらず周囲からは理解され難い彼らの"人間味"が増すことによって、観ている側も彼らの心に寄り添うように・・・まるでゴーレン&エイムス刑事コンビへの"理解者"のようになっていったんでしょうねぇ。

シーズン9第2話「ロイヤルティ/後編(Loyalty /Part 2)」で二人が(いったん)降板する際のエピソード、それまでずっと感じてはいた二人の間にある揺るぎない信頼感や絆が、どっと溢れるように表れた気がして泣けて泣けて仕方ありませんでした。キャスリン・アーブがファンとのtwitterでのやり取りの中で語っていたことですが、"あのシーン"でエイムズが本当に驚いた顔をしていたのはドノフリオによるアドリブだったからなのだそうです。これ以上ない同僚として言葉にならない2人の結びつきの強さ・・・シリーズを通して一番印象に残った思い出深いシーンとなりました。泣けた・・・・・・・






「クリミナル・インテント」を観始めた頃は、あの黒革のどでかいノート鞄(捜査必須アイテム)を持ってウロウロ歩くヴィンセント・ドノフリオの静かなるキレ芸にヒヤヒヤしたりドキドキさせられたりと主に彼を中心に観ていましたが、(最後の方はもう、虚ろな目をしたキレやすいテディベアみたいだった)ゴツイ体型のゴーレン刑事を、まるで小さい姉か母親か小型の番犬かのように見守るエイムズ刑事を演じたキャスリン・アーブ。ファイナルシーズンに向かうにつれて、私は彼女のあまりにリアルで繊細な演技にどんどん惹き込まれてしまいました。ファンたちの熱い要望に応えるように「シーズン10」がまるで二人の花道のように作られただけあるドラマです。やはり役者たちの底力もスゴイ。



↑ゴーレン&エイムズがちょっとオチャメなUSAネットワークのCIプロモーションCM






あ、そうそう。シーズン8から登場し、第9シーズンで主演となったジェフ・ゴールドブラム演じるニコルス刑事。私は彼の知的で穏やかな雰囲気、ミステリアスな過去、父親との確執を乗り越えていくエピソードなど、ゴーレン刑事の時の魅力とはまた一味違った「CI」でしたが、どれもとても好きでした。オマケのようになってしまいましたが(笑)彼の支えあってこそのラストスパートでしたので、ここにコメントを残しておこうと思います。



関連記事

FC2共有テーマ : 海外TVドラマ (ジャンル : 映画

  2013/09/25 | Comment (0) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: アメドラ記録(その4) 『LAW&ORDER クリミナル・インテント』 (2001~2011/アメリカ) ※ネタバレもやや含まれます


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

LAW & ORDER: クリミナル・インテント

2014年5月現在シーズン1のみ見ているドラマ。 主人公の風体と吹き替え版の際の声優さんから判断して体当たり系の刑事だとばかり思って見ていたのに頭脳明晰な役だったので馴染めなかったが、終…

海外ドラマ新番組情報 2014/09/16