お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『砂漠でサーモン・フィッシング』 (2011/イギリス)

   ↑  2013/11/27 (水)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ


砂漠でサーモン・フィッシング【Blu-ray】


●原題:SALMON FISHING IN THE YEMEN
●監督:ラッセ・ハルストレム
●出演:ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス、アムール・ワケド、トム・マイソン、レイチェル・スターリング、コンリース・ヒル 他
●アラブの大富豪からの「イエメンでサケを釣りたい」という依頼を受けた水産学者のジョーンズ博士。そんなことは絶対無理だと相手にしなかったものの、何とイギリス外務省後援の国家プロジェクトに発展。ジョーンズは、イエメンの大富豪の代理人ハリエットらと共に無謀な計画に着手することに・・・!



イエメンで鮭釣りを (エクス・リブリス)

Salmon Fishing in the Yemen


原作は、釣りを愛する国イギリスで40万部を記録したベストセラー小説。思いっ切り期待させてくれるユニークで奇想天外なタイトルですが、実話ではなくフィクションでした。もし現実に起こったら「奇跡体験!アンビリバボー」なんかでやってくれそうな内容です(笑)。



あーしかしですね、正直にバッサリ言ってしまいますが、編集がけっこう雑で物語には深みがなく、底の浅い上滑りした印象になってしまって本当に本当に残念でした。イエメン人のシャイフは突然すごく深くて哲学的な含蓄のある言葉を発したりするのに、それがもう全然物語に絡んでこなくて、しかも全く響かない!これほど響かないお言葉も珍しいんじゃないか!?と思ったりも。テロリストたちも、メディア戦の政治的駆け引きも、サーモン・プロジェクトも、不倫もアリのラブロマンスも、時々出てくるコメディ要素も、どのエピソードもあまりに中途半端すぎるので「これはもしや、どこかで何かをバッサリカットしたんじゃないのか!?」とハルストレム監督の心配をしたくなったほど。私は『ギルバート・グレイプ』の繊細さがとても大好きだったので、この大雑把な出来の映画がなんだか不思議にも感じました。





ただ、もしこの映画で嬉しかったことを挙げられるとすれば、それはハルストレム監督の透明感溢れる作風は変わらず健在で、それがきちんとキャストの演技に反映されていたこと。

 border=
イエメンでの鮭釣りが可能になる!!その時に『砂漠でサーモン・フィッシング』という映画では、まんまんと水が湛えられた壮大なダムの景色をバックに、ムスリムであるシャイフがクルアーンのオープニングといえる第1章「開端章 الفاتحة(アル・ファーティハ)」を静かに朗誦(礼拝かな?)し、ユアン・マクレガー演じるジョーンズ博士はこれを聴きながらそっと目を閉じてハリエットと二人、静かにダムの前に佇むシーンを映し出していました。

イエメンといえば、アメリカ、アルカイダ、テロ、南北の部族問題やサーレハ前大統領の退陣から現在に至るまでの政情不安など、厳しい状況下での話題が多いのが現実でしょう。でもこの映画では、ここでムスリムが最も大切にし、きっと中東に暮らしたことのある人ならば一度は耳にしたことのあるであろう有名なスーラをさり気なく登場させました。クルアーンの朗誦というのは、信仰とは全く無関係の人間でも聞き惚れてしまうような美しい響きがあり(私には仏教のお経のように聴こえる)、シャイフの言う"宗教や国や政治を超えたところ"で人々が共鳴し合える瞬間を、ハルストレム監督は彼らしくとても丁寧に切り取ったのだなぁと思いました。

以前からちょっと不思議だったのですが、スウェーデン出身のラッセ・ハルストレム監督は様々な国や地域の文化を背景とした映画を本当にさり気なく撮っていて、それは何故なのだろうなと。そのヒントらしき監督の言葉をインタビューの中に見つけたので、ちょっとここに残しておこうと思います(相変わらず大雑把な意訳)

マイライフ・アズ・ア・ドッグ[Blu-ray]


やかまし村の子どもたち [DVD]


ギルバート・グレイプ [DVD]


サイダーハウス・ルール [DVD]


ショコラ [DVD]


シッピング・ニュース 特別版 [DVD]


ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男 [DVD]


HACHI 約束の犬 [DVD]



――私は、リアルな感情にこだわりたいのです。俳優にそう演じてもらいたい場合、撮影する土地の背景や文化の違いなどはそれほど重要ではありません。一番大事なのは、世界のどこにでもある普遍的な経験や感情なのです。どんな場所であろうと問題はありません。私にとっては、それらが"異質なもの"になることはないのです。――
Interview: Director Lasse Hallstrom of “Salmon Fishing in the Yemen”【Beliefnet】
“リアルな感情”にこだわり。『砂漠でサーモン・フィッシング』監督が語る【ぴあ映画生活】








あ、それとそれと、この映画で最も大健闘していたのは、何と言ってもクリスティン・スコット・トーマスの完全に振り切れた演技でした!控えめながらも内なる情熱を秘めた美女だった・・・あのクリスティンが「チッ!」とか舌打ちしながら「役たたずのバカが!」なんて辺りを蹴散らしまくって突き進む首相広報官役を楽しそうに演じていたのがインパクト大でした。美人が年を取って横暴な役をやると、ホント面白くなるんだよなぁ~

それとユアン・マクレガーが、鯉のことを「KOI-Carp」と言っていたこと。錦鯉というのは日本で生まれた鑑賞用の鯉のことなんだけれど、英語圏では食用鯉や野生鯉を「Carp」と呼び、鑑賞用鯉(つまり錦鯉)を日本名のまま「Koi」と呼んでいるのだそう(Carp-錦鯉の歴史【MCF Japan】より)。へぇへぇ~!

  Koi Carp Magazine
しかもイギリスには、錦鯉飼育の専門誌↑「Koi Carp Magazine」という人気雑誌まであるんですって、奥様ご存知でした?映画では「英国には200万人の釣りマニアがいて専門雑誌もあります。[釣りタイムズ][マスと鮭][淡水魚釣り][バス・マニア]・・・・・」なんてジョーンズ博士も言ってましたけど、ホント色々な世界があるんですねぇ~。




関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : イギリス映画 

FC2共有テーマ : 映画を見て、思ったこと (ジャンル : 映画

  2013/11/27 | Comment (4) | Trackback (2) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんばんわ

お金持ちの気ままな願望を叶えるため、沢山の人たちを巻き込んでの大プロジェクトでしたよね。
ただ、ホントはなまるこさんのおっしゃるとおり「大雑把」な映画でしたた・・・・。
2人のラブロマンスも、かなり唐突な気がしましたし、兵士である彼が可哀相に感じましたよ~。
1番印象に残ってるのはワタシもクリスティン・スコット・トーマスです。
低めのドスの効いた声で迫力ありましたねぇ~。
彼女の出てるシーンはくすっと笑えました☆
KOI-Carpは、「Carp=鯉」と認識していたので、鯉のダブル?なんじゃ?
と思ってたのですが、さすがははなまるこさん。
観賞用をそう呼ぶのですか。
また1つ勉強になりました←疑問に思っても調べないコ。

感想文は来月の1月にUPします。そしたら又遊びに参りますね♪

mia☆mia |  2013/12/03 (火) 20:46 No.201


はなまるこより

mia☆miaさん、コンバンハ♪
mia☆miaさんもご覧になられていたんですねーっ
しかも「大雑把」という賛同者が居てくださって嬉しいです(笑)

実はこの映画、公開当時から個人的にすごーく楽しみにしていた作品でして、
いつのまにか期待値が高く高く高~くなってしまっていたので
「あ、こんな感じだったのか・・・・・」とテンションも余計に下がってしまいましたi-201
あ、でもクリスティン・スコット・トーマスは、ホント良かったですよねぇi-199
そうそう!「KOI-Carp」については、たまたま子どもと魚の英語について
話題にしていた時期と重なったので、ついでに調べてみただけなのです(笑)
私もこの映画のおかげで1つ勉強させてもらえました♪
これでこの映画もヨシ!としておくことにしましょーかi-229

mia☆miaさんの記事、楽しみに待っていますi-178はやく1月にならないかなぁ~i-190

mia☆miaさんへ★ |  2013/12/04 (水) 20:14 [ 編集 ] No.202


今年もヨロシクお願いします。

はなまるこさん、こんばんわ。
やっと記事がUP出来ました^^
今年もヨロシクお願いいたします。(^O^)

おバカなワタシと聡明すぎるはなまるこさんでは、同じ映画を見ても感想と
感想文がこうも違うかと本当に恥ずかしくなるのですが、本年も飽きずに
お付き合い下さると嬉しいです♪

エミリー・ブラント出演の映画を年に3本は見てる気がします。
超売れっ子ですね・・・。


mia☆mia |  2014/01/11 (土) 20:04 No.225


はなまるこより

mia☆miaさん、コンバンハ&こちらこそ今年も宜しくお願いいたします♪

すごい!mia☆miaさん、この映画を観たのはもう1か月以上前になるんですよね。
い、一体どれだけストックがあるんでしょうか・・・・(;◔ᴗ◔;)凄すぎる・・・・

>おバカなワタシと聡明すぎるはなまるこさんでは、同じ映画を見ても感想と
>感想文がこうも違うかと本当に恥ずかしくなるのですが、本年も飽きずに
>お付き合い下さると嬉しいです♪

何を仰いますか~!私なんかアタマがスッカスカでして、この映画で今覚えているコトと言えば
ユアン・マクレガーがシャイフを守るのに、釣竿でシュルシュルー!!とやったことらい(笑)
あとはやっぱりクリスティン・スコット・トーマスが子どもとゲームやってたとか
「あのバカめ!!」とか悪態ついていたことくらいですi-237
↑全然レビュー書いた意味がない(笑)!!

では早速mia☆miaさんのブログにも遊びに参りまーす♪
コメント&TBもありがとうございました~o(*゚▽゚*)o

mia☆miaさんへ★ |  2014/01/11 (土) 22:00 [ 編集 ] No.227

コメントを投稿する 記事: 『砂漠でサーモン・フィッシング』 (2011/イギリス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

砂漠でサーモン・フィッシング

砂漠でサーモン・フィッシング [DVD](2013/06/08)ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント 他商品詳細を見る 【SALMON FISHING IN THE YEMEN】 制作国:英国  制作年:2011年 砂漠で鮭釣りがしたいーイエメンの大富豪・シャイフのそんなありえない 夢の実現を依頼された、釣りだけが取り柄の水産学者・ジョーンズ博士。 パートナーとして現れたのは...

miaのmovie★DIARY 2014/01/11

-

管理人の承認後に表示されます

 2016/12/08