お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

【CMAミュージック・フェスティバル 2013】

   ↑  2014/02/28 (金)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・
昨年の【アカデミー賞】は、司会のセス・マクファーレンのブラックジョークは下品で最悪、更にホワイトハウスからの演出でオバマ大統領夫人の登場なんかもあったりして、久々のがっかりアカデミー賞だったため、当ブログでも完全スルーで参りました(今年はどうかな?)。

そこで今日は、何度見ても元気が出る【CMAフェスティバル】の模様を代わりにUpしようと思います。この、ナッシュビルで開催されるカントリーミュージックのフェアを米ABCテレビが放送してくれているのですが、Youtubeにその番組が丸ごと上がっているのを見つけてしまった!・・・ウーン、でもさすがにこれはマズイだろうということで、主に私の好みのアーティスト&曲だけをご紹介。≪カントリー≫と言っても、ロックありポップスありです。
※CMAとは:Country Music Association(カントリーミュージック協会)の略称




 
オープニングはキャリー・アンダーウッドが歌うガンズの「パラダイス・シティ」

この曲は昔、私がビートルズバンドの時にも演ったことがあって、誰がピー!って笛を吹くかでもめた思い出が(笑)。テイラー・スウィフトとはまた違う、パワフル&ワイルドな魅力でこの祭典の開幕を華々しく飾ってくれたアンダーウッドでした。この人は芸達者でいつも楽しませてくれるなぁ!




 CMA festival little big town lbt2.jpg
今一番お気に入りの Little Big Town(リトル・ビッグ・タウン)の「Pontoon」

真っ直ぐカントリーでありながら、渋セクシーでバランスの良い男女4声ボーカルグループ。4人の歌唱力の素晴らしさは勿論のこと、スタイリッシュでエンタテイメント性のあるカントリーだなんて、ほんとクール!!ちなみに黒髪のカレン・フェアチャイルドと、面長ダークブラウンヘアの方のジミ・ウエストブルック(見えないけれど左端にいる)はご夫婦なんですよ。




 
そして、ここにシェリル・クロウも参戦。素敵すぎる。

いつの間には50代に突入していたシェリル姐さん。私もEvery Day Is a Winding Roadですが、姐さんの曲を聞くと元気が出ます。まだ小さな男の子たちを抱えながらも、うつ病、乳ガン、髄膜腫を乗り越えてもなおこの若々しさにはただただビックリ。がんばろう!




 
テイラー・スウィフト、キース・アーバン、ティム・マックグロウとの3人でコラボした「Highway Don't Care」

どんどん洗練されて、ますますキメッキメになってきたテイラー・スウィフト。この恋多きお人形さんのようなお嬢さんは、いつも「カブキロックス」を彷彿とさせる髪の振り乱し&もうアンタどれだけ長いんだ!?という脚を「これでもか!これでもかっ!!」と見せつけてくれますが、これにはニコール・キッドマン夫のキース・アーバンも霞みまくり。テイラー・スウィフトって若いのに自分の見せ方をよく知っている人だわー。




 CMA lenny kravitz
レニクラ&ジェイソン・アルディーンの「アー・ユー・ゴナ・ゴー・マイ・ウエイ」

エキサイティングなステージの中でも盛り上がったのはレニー・クラヴィッツの登場!
【白人の音楽】と言われるカントリーミュージックというジャンルのフェアにおいて、有色人種である彼の存在感は色々なものを超越しているようで本当にカッコイイ。さらに、スキンヘッドでクールな女性ベーシストゲイル・アン・ドロシー(Gail Ann Dorsey)が着ていた北斎の浮世絵柄をモチーフにしたような着物チックなドレスは、アルディーンのキャトルマン(カウボーイハットみたいな帽子)と、ロックなレニクラという組み合わせで何だか凄い雰囲気を醸し出していました。ほんと、かっこいい。





『歌え!ロレッタ 愛のために』 (1980/アメリカ)

歌え!ロレッタ 愛のために [DVD]


まだお若かった頃のトミー・リー・ジョーンズ&シシー・スペイセクが夫婦を演じた、C&W歌手ロレッタ・リンの伝記映画。リンが15歳で結婚した当時の10代からを二人が演じているのもスゴイけれど、主演女優賞でオスカーを獲ったスペイセクの吹き替えなしの熱唱が本当に素晴らしい!

この映画をTVで観た学生時代に彼女の歌声がとても好きになってしまって、ビデオテープで繰り返し観たのです。「カントリーミュージック」というジャンルが耳に馴染んだのもこの映画の影響なんだろうな。





Shania Twain - You're Still The One
そして決定打はコレ。むかし、遠山顕先生の「ラジオ英会話」を聞いていた時に流れてきたシャナイア・トウェインの「You're Still The One」にノックアウトされてしまった私。会社勤め時代は彼女の曲が元気の源だったなー。

シャナイアといえば日本のCMでの「UP!」なんかも有名で、爆発的な人気を誇ったカントリー歌手となりましたが、その後、夫の不倫→離婚などによって歌手活動も休止、寂しく思っていました。しかし!2012年よりベガスでのショーで華々しく復帰し、再び美しく元気な姿を見せてくれるように(祝)。この人はスゴイ美貌の持ち主でありながら「あら、アタシって美人?そう?がははは!」みたいなサバサバしたところがちょとサンドラ・ブロックみたいで、私が大好きなタイプの女性であります。映画も良いけど、時には音楽もすごいパワーを与えてくれますよねー。



関連記事

FC2共有テーマ : 映画 (ジャンル : 映画

  2014/02/28 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんにちわ☆

アメリカに生まれてもないくせに、カントリーミュージックを聴くと
落ち着くのはナゼでしょう?^^
シェリル・クロウ、ワタシも好きでした☆
シャナイアはいつ見ても年齢不詳な感じデスね。
この歌、懐かしいです(^O^)

素敵な記事をありがとう!!

mia☆mia |  2014/03/02 (日) 13:06 No.251


はなまるこより

mia☆miaさん、こんばんは~♪
コメント残していただき、ありがとうございましたi-175

>アメリカに生まれてもないくせに、カントリーミュージックを聴くと
>落ち着くのはナゼでしょう?^^

うわー、この気持ちよくわかります!
あのノンビリとした雰囲気と歌声に何の違和感もなく入っていけますよねーi-189

>シェリル・クロウ、ワタシも好きでした☆
>シャナイアはいつ見ても年齢不詳な感じデスね。
>この歌、懐かしいです(^O^)

歌を歌う人たちって、不思議と年を感じさせないものがありますよね。みんな若い!!
シャナイアはベガスでの公演の様子や、最近出演したTV番組を見てみたら
オキレイなままでしたが、やや"木の実ナナ化"してました(笑)

>素敵な記事をありがとう!!
いえいえ!mia☆miaさん、いつも楽しいコメントをありがとうございます♪♪

mia☆miaさんへ★ |  2014/03/02 (日) 22:10 [ 編集 ] No.253

コメントを投稿する 記事: 【CMAミュージック・フェスティバル 2013】


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback