お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014/アメリカ)

   ↑  2014/12/27 (土)  カテゴリー: SF、宇宙、怪獣
 border=




オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]


●原題:EDGE OF TOMORROW
●監督:ダグ・ライマン
●出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ジョナス・アームストロング、ノア・テイラー 他
●謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。そんな中、軍の広報担当だったケイジ少佐は、ある時司令官の怒りを買い、一兵卒として最前線へと送られてしまう。しかし戦闘スキルゼロの彼は強大な敵を前にあっけなく命を落とす。ところが次の瞬間、彼は出撃前日へと戻っており、再び出撃しては戦死する同じ一日を何度も繰り返すことに。そんな過酷なループの中で、徐々に戦闘力が磨かれていくケイジ。やがて彼はカリスマ的女戦士リタと巡り会う・・・。桜坂洋の同名ライトノベルをトム・クルーズ主演で映画化したSFバトル・アクション大作。




久しぶりに新しい映画を観る余裕が出来たので、こんな時は!と迷わずトム・クルーズを選択。作品の善し悪しに関わらず【トム・クルーズ】というわかりやすい俳優が動いている姿を観るのはきっと爽快だろうなと思ったので。

そうしたらですね、この映画、オープニングからエンディングまでもう笑ってしまうほど様々な作品の寄せ集め・・・・と言っては表現が悪いですね、ハリウッドのアクション・SF・パニックもののテンプレートに忠実に作られていて、逆に言ってみれば「安心して見られるトム・クルーズ印映画」のように感じました。なので、新鮮味だとか驚きに満ちたとかいう充実感は持てなかったわけですが。






「親玉をやっつけろー!」的な闘い方はバーホーベンの『スターシップ・トゥルーパーズ』みたいですし、敵のグネグネ動きは『マトリックス』のイカ怪獣そのもの、何度も繰り返される戦地での風景は『プライベート・ライアン』のオマハ・ビーチのよう。おまけにソードを振りかざして闘うトムクルは、機動スーツのデザインと相まって時には『ラストサムライ』にまで見えてくる始末・・・

最初は利己的で臆病者の主人公が挫折し(ココが大事)、時に目標を見失いながらも(バイクに跨って疾走するシーンを入れたりね)、愛する者のために勇気を出し全力を尽くして前進し、遂には世界を救う!というのも、トム・クルーズが得意とする映画のヒーロー像ですしね。



物語の根幹ともなっているタイムループ展開は『ミッション:8ミニッツ』で体験したあの感覚と似ているので、既視感バリバリの中ついに私は睡魔に襲われそうになったわけですが・・・・主人公ケイジが異なる選択をすると新しい展開を見せ、更には物語が先へ進んでいく←これがちょっと面白いんですね。

最初はこの設定自体がゲームのようで、なんだか軽い扱いだなーなんて思っていたのですが、次第に何度もループし続け疲れ果てたケイジの挫けそうな思いや、愛してしまった彼女が命を落とす姿を何度も何度も見なくてはならないなんていう、生身の人間が持つ感情の重さが描かれるようになって初めて、やっと私もこの映画に対して感情が芽生えました。何度も何度もループし、また最初からやり直さなければならないなんて、普通は耐えられないですよね・・・





だからですね、本来ならこの映画に対して、主人公が乗り越えた先にあるドラマティック性に感動すべきなのかもしれないけれど、私はラストのあの1ショットを目にした時に「この監督さんはさすがだな~」と思いました。なんというか、これまでの全てのゴタゴタを万事オッケーにしてしまう物凄い楽観性のある、あの笑顔を入れてくるなんて!私ちょっと吹いてしまいましたもん(笑)。

そういえばプロダクション・ノートに、エミリー・ブラントのこんな言葉が載っていました。
ブラントはこう語る。
「できる限り最高の映画にしようという決意があれだけ強い人を私はほかに知らない。トムはどの瞬間も、どのシーンも、どの日も、最高の演技を目指し、妥協しなかった。彼はケイジを弱虫とかつまらない人間のようには演じなかった。ケイジは最初は役に立たず、兵士向きじゃないけど、努力するの。だからこそ、人は彼をもっと見ていたくなるんだと思う」

そうそう、これなんだろうな。トム・クルーズの映画を観てしまう理由は。彼が出れば何でも娯楽映画として成立してしまう。これって本当にスゴイことだと思います。最近ますます年齢を感じさせず、パワフルに映画制作&出演が続くトム・クルーズ。来年も沢山の映画ファンを楽しませてほしいな!と心から願っています。



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : アメリカ映画 (ジャンル : 映画

  2014/12/27 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


御無沙汰しております。
コメントありがとうございました。
【カウチポテト通信】の方は、この年末にスキンを変えようと思案しているので、もうすぐ工事中の表示になるので、こちらの方にコメントさせて頂きますね。
この映画は劇場で見ました。
近年のハリウッド作品の中では面白かったです。
ただ、最後の方はやっぱりハリウッドなのかなぁ…と。
原作が日本のモノなので、原作通りなのかも知れませんが…。
『ローズ』お好きなんですね。
私もジャニス・ジョプリンのファンだったので、ベット・ミドラーがジャニスになりきった姿を見て、迫力に圧倒されました。
コメディも出来るし(あの豪快な笑いが何とも言えません!)、シリアスも出来て、歌はバツグンにうまいのだから、私も何枚かアルバムを持っています。
ラストに響くローズのテーマは、見た人の心をとらえて放しませんね!
私が【カウチポテト通信】を始めたのは、色んな人に、もっと映画を、もっと音楽を知ってもらって、楽しんでもらいたい、と言う動機からです。
ブログを立ち上げて半年が経ち、来年からは、映画の内容を知ってもらえるような事(作品のレビュー)も考えているので、お暇な時に遊びに来て下さい。
今年もありがとうございました。
2015年が、はなまるこさんにとって、おさやかで、良い一年になりますように!

ロッカリア |  2014/12/29 (月) 11:19 No.331


はなまるこより

ロッカリアさん、こんばんは!
ご訪問&コメントまでいただきありがとうございました。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ロッカリアさんは映画館でご覧になったのですね。やっぱりこの手の映画は大きなスクリーンと迫力のサウンドシステムの中で観るのが一番効果的に楽しめるのかもしれませんね!

あの全てがまるーく収まるハッピーなラスト、あれはどうもハリウッド版独自のものらしいですよ。私も原作を読んでいないので詳細まではわからないのですが、日本版の原作はちょっと切ないみたいです・・・・。ハリウッド映画は、やっぱり万人受けするように作っているんですねi-201

>『ローズ』お好きなんですね。
>私もジャニス・ジョプリンのファンだったので、ベット・ミドラーがジャニスになりきった姿を見て、迫力に圧倒されました。

私は学生の頃に深夜の映画番組で観たのですが・・・・お風呂上りに「ちょっとだけ観ようかな」と思って観始めたものの、ミドラーの歌や演技のあまりの迫力に圧倒されてしまい、結局最後まで観て湯冷めして風邪を引いてしまった・・・という思い出(?)のある作品でもあるんですi-229 歌うということはこういうものなのか・・・と(湯冷めだけでなく)本当に震えがきたんですよ。

>私が【カウチポテト通信】を始めたのは、色んな人に、もっと映画を、もっと音楽を知ってもらって、楽しんでもらいたい、と言う動機からです。
ディープな話題や色々なジャンルやテーマが盛り沢山で、ロッカリアさんが本当に楽しそうにされているのが以前にも増してわかります!映画のレビューもぜひぜひ宜しくお願いいたします♪

どうぞ来年もまた宜しくお願いいたします。
ロッカリアさんにとってまた良い1年となりますようにi-1

ロッカリアさんへ★ |  2014/12/29 (月) 23:00 [ 編集 ] No.333


今年も残りわずかですね

年末のご挨拶に来させて頂きましたー。今年はあまりブログを更新できず、例年にないぐらいみなさんと交流が希薄でした。。涙。 反省です。

今年も1年間お世話になりました。
マクビールさんがいてくれるので何とかブログ続けてこれてます。
本当にマクビールさんとの出会いが、ブログ開設して良かったことです。
ありがとうございます。

来年も楽しくいきましょう
2015年が良い年でありますように(::)


PS: この作品は来年の目標です!

SxS |  2014/12/30 (火) 22:07 No.335


はなまるこより

S×Sさん、こんばんは!
2014年最後のコメントをS×Sさんに書けるなんてとっても嬉しいです♪

>年末のご挨拶に来させて頂きましたー。
また今年もこの季節がやってきましたもんね!年末といったらS×Sさんとのご挨拶ですよね(笑)!もう何年続けているでしょうねi-179

>今年はあまりブログを更新できず、例年にないぐらいみなさんと交流が希薄でした。。涙。 反省です。
泣かないでください~i-201私も全然更新できなくて・・・というか映画を観られなくて、そしてブログ間の行き来もできなくて、本当にそれだけが心残りでした。同じ心境ですねi-241

>マクビールさんがいてくれるので何とかブログ続けてこれてます。
>本当にマクビールさんとの出会いが、ブログ開設して良かったことです。
>ありがとうございます。

それは私の言うセリフですよ~i-190私も最初にお友達になってい頂いたのがS×Sさんでしたし、S×Sさんからは思い出に残る映画をたくさん教えていただきましたし!

ブログを続けるのって、実生活でも色々あったりして、開設からずっとずっと同じペースで同じようにしていくのはナカナカ難しいことですよねぇi-238
でも、私は映画がキライになることはまずナイと思いますので、映画が好きである限り、例えS×Sさんのブログが年2回の更新だとしても(笑)ずっとずっと気にかけておりますから~i-237
そして、何をおいても必ず年末のご挨拶だけには行かせていただきます!!(笑)

そうそう、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」もしご覧になったら、ぜひレビューをお願いいたします♪今から楽しみにしておきますね!

2015年もまた、S×Sさんにとって良い1年となりますようにi-228
そして、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
今年も残りわずかですが、どうぞ良い年をお迎えください♪

S×Sさんへ★ |  2014/12/31 (水) 21:58 [ 編集 ] No.336

コメントを投稿する 記事: 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014/アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback