お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『(ハル)』 (1996/日本) ※ラストの展開について触れています

   ↑  2015/03/27 (金)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ



(ハル) [DVD]


●監督:森田芳光
●出演:深津絵里、内野聖陽、山崎直子、竹下宏太郎、戸部正午、鶴久政治、宮沢和史、山下博幸、戸田菜穂 他
●速見昇は“ハル”というハンドル名でパソコン通信の映画フォーラムにアクセスする。仕事も恋もうまくいかず鬱屈していたハルに、励ましのメールを送ってきたのは(ほし)という人物だった。互いの実像をわからないまま二人は次第に本音を伝え合うようになるのだが・・・。





一人でもきちんとエプロンをして、食事を作って、後片付けをして、村上春樹と宮沢賢治が好きで、廊下を掃除して、洗車をして。(ほし)が丁寧に生活し、そして、そのきちんきちんとした日々の隙間に自分ではどうしようもない悲しみを抱えているということが、この日常生活とメール画面の文字を交互に映し出す手法によって沁み込むように伝わってきます。

ページを捲るたびに主人公の心の情景が広がっていく、まるで動く風景が見える"読書"のような映画です。十数年ぶりにこの作品と再会したことになるのですが、当時はおそらく新鮮で実験的であっただろう映画なのに、今回は何とも言えない心地よい感覚に包まれました。





1996年の公開当時、Windows95の登場で一般家庭にPCがどんどん入ってきたとはいうものの、ネット社会はまだまだ未成熟。そのためでしょうね、パソコン未経験世代からは「実際に顔と顔を合わせることのない薄っぺらい人間関係を象徴している」という冷めた批評なんかをチラホラ見かけ、当時この映画に大共感していた私としてはガッカリしていました。やっぱり一般的な感覚じゃないのかなぁと。

というのも、実際私も1998年頃のチャットルームに出入りしていた人間(大オフ会も企画したりしたもんだ)なのです。文字だけの会話で他愛のないことばかり、ほぼ毎日仕事が終わって帰宅して寝るまでの一時、ヴァーチャルな世界で過ごしたものでした(ちょっと遠い目・・・)。大学を出たばかりの私は、そこで様々な職業や地域の人たちと"通信"できるのが、とっても新鮮だったんです。


閑話休題。


そんなわけで、この映画を知るにあたって、まずは森田芳光監督の以下のインタビューを読んでみました。

僕が影響を受けた本は、マクルーハンの作品です。
マクルーハンはメディアがどう人間に影響を及ぼすのか?ということを研究していた人です。 「世界」や「メディア論」が有名ですね。彼の本によって、テレビとかラジオとかいろんなメディアを、人間がどう用いて、そしてそのメディアによって、どう変わるかということを学びました。僕のメディアへの興味にとても影響を与えた人です。僕にとっては、ソクラテスやプラトンの話と同じで、マクルーハンのメディア論が哲学といってもいいかもしれません。
「(ハル)」という映画は、まだインターネットが流行る前の「パソコン通信」を舞台にしているんですが、これもマクルーハンに出会っていたから、すぐに「ああ、これは新しいメディアになるな」と思うことができたんだと思います。
森田芳光監督インタビュー 映画「わたし出すわ」公開記念 森田芳光監督の本棚【Booklog】

マクルーハン理論―電子メディアの可能性


メディアはマッサージである: 影響の目録


メディア論―人間の拡張の諸相



この映画を観た後でマーシャル・マクルーハンのメディア論(=テクノロジーやメディアは人間の身体の"拡張"であるという主張)を読み、更に
メディアの歴史の時代区分は、『話し言葉の時代・文字の時代・電気の時代』の3つに分かれ、文字によって書かれた書物は『自分一人でいたい(他者に文字・書物と触れ合う時間を邪魔されたくない)という欲求』を強化する一方、遠くにいる人たちを結びつけ『理念・思想・知性を介した人間関係の形成原理』を生み出す効果もある。
マーシャル・マクルーハンのメディア論:メディアの歴史とナショナリズム【Es Discovery】
とされる解説サイトを読みだした辺りから、この微妙な時代の恋愛観が俄然面白くなってきてしまいました。・・・いつもこうやって横道に逸れていってしまうな~






で、色々考えた末に結局辿り着いたのは・・・・

テクノロジーやメディアやネット社会云々と言っても、この物語はれっきとした「純愛映画」だったんだよなぁというところに戻ってきてしまったんですよね。それも古典的純愛もののド真ん中じゃないかと。思えば、顔を見たことのない相手と文を交換し、心を通わせ、相手を想う・・・・これって紫式部の時代と同じだとも思うんですが!

王朝の恋の手紙たち (角川選書)

角川短歌ライブラリー 和歌で楽しむ源氏物語 女はいかに生きたのか


ま、電子メールやチャットと手紙では、相手に自分の言葉が届けられる時間的間隔や、紙に焚きしめられた薫物の香り、文字の美しさなど手に取って五感で感じることが出来るかどうかの違いなどはあるかもしれませんが、投げっぱなしの言葉の羅列ではなく相手を思いながら綴った文章の交換という意味では、平安時代の恋愛と似た部分もあるんじゃないかなぁと。

それにこの時代、家に帰ってパソコンを立ち上げて「メールが一通届いています」なんて、今でいうポストを開ける感覚と似ているわけで。肉体的な魅力や関係も介在しないため、奥ゆかしい"純愛"と感じるのかもしれません。



たぶん二人の共通点は、それぞれの人生に起きた悲劇だとか喪失感を乗り越えるために、自分の生き方を模索している、前を向いていることだったんだろうな。

(ハル)は、落ち込んだり後悔したり失敗もある中で、新しい出会いや発見もあったりして。「あすの天気」みたいに、彼はとにかく前向きで真っ直ぐな人でした。会おうと思えば(ローズ)のように思い切って実際に会うことも可能だったのだろうけれど(実際に現実世界で顔を合わせてもハンドルネームで呼び合うところなんかはリアルで笑ってしまいます)、通り過ぎる新幹線の中から一瞬だけ互いの存在を確認するという、切ないような歯痒いような方法を選択した二人。

ネット上で言葉を交わしてきた相手が本当に実在するんだ、現実に存在するんだ、ということを確かめたいと思うようになった(ほし)の気持ちは、人と人とが実際に出会ってコミュニケーションを求めるという本来の意味での"人間関係"と何ら変わらないと思います。ただ、実際に会うまでは相手はまだ自分の"一部"であり、現実世界で実際に出会ってから、初めて本当の"二人"になるんだろうな。これからが、本当の"はじまり"なんですね。






そういえば、この映画、(ほし)が『ヒッチコックの「裏窓」みたいの好き。ああして人の生活を眺めていたい。』と言っていたように、登場人物たちの生活を窓ガラスの外から映すカットを多用していて、メール画面という主観を表に出しながらも、どこか他人様の人生を外から覘き見ているような感覚にもさせてくれました。



それに覘き見るといえば、この映画、色々と時代の先を読んでいた気がします。
【ネット恋愛】という新しい時代の出会い方を見せたのは勿論ですが、例えば【ストーカー】という言葉が出てくるほんの少し前に、相手をつけ回して職場まで追いかけ写真を撮るような男を出してみたり、彼女に置いて行かれて「それなら結婚しよう!」とも言わず刺激的な(ローズ)にもなびかない【草食系男子】のハシリを見せてみたり(笑)。あ、でも、モトカノの「そういう流れだし。英語好きだし。」のやり取りには吹いてしまいました。彼氏じゃなくて英語の方を選ぶのかよ!という(笑)。こういいうサッパリした女性の考え方、私大好きです。





最後に。
DVDに収録されている監督インタビューの中でとても納得したことを抜粋。



主役に深津絵里と内野聖陽を起用した理由は何ですか?
真面目に芸能界生きてる、って人達を使いたかったんですよ。深津絵里とか内野とかね、真面目そうじゃないですか。真剣に芝居を考えて、真剣に芸能界を生きてる、って感じがして、芸能界から離れてもね、私生活も本当に真摯に生きてるって感じがしたんですよ。

村上春樹の小説を登場させることにどのような意味が?
例えば主人公がどんなものを食べて、どんな机でモノを書いて、どんな椅子に座って、どんな文房具を使ってるかってやっぱり見ますよね。それで、あのホシっていう女の子は絶対村上春樹の小説が好きな女の子であろうという設定で始まったんですよ。(中略)村上春樹の本の並べ方も、すごくこだわってるんですよ。だから図書館で彼女は勤めるんですけど、その時も自分の本棚と同じ並べ方じゃないとダメみたいなね。



line.png


 くちびるに歌を』 (2014/日本) ※ラストの展開に少し触れています

今年の3月に日本映画『くちびるに歌を』 (2014/日本)の辛口レビューを書いた時、"日本の映画って、外国映画に比べて身近すぎる描写のためか見方も厳しく辛めになってしまうのかもしれませんが。" と書いた私ですが、やっぱりそういうことではないんだな、と今回改めて思いました。最も身近に感じられる日本映画だからこそ、どんなに繊細なテーマであっても、きちんとした人物描写があればその共感性はずっとずっと鮮やかになっていくものなんだと。

この映画と再会できて本当に良かったです。日本映画って、やっぱりいいものです。



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : 日本映画 

FC2共有テーマ : 邦画 (ジャンル : 映画

  2015/03/27 | Comment (2) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんにちは、コメント&TBありがとうございました。
そうそう、ほしの生活が丁寧に描かれていて、それがあるからメールのやり取りも深みが増してましたよね。
本棚の村上春樹と宮沢賢治は何度も映していて印象に残りました。
はなまるこさんの「"読書"のような映画」という表現がとてもしっくりきます!

>思えば、顔を見たことのない相手と文を交換し、心を通わせ、相手を想う・・・・これって紫式部の時代と同じだとも思うんですが!

おぉ、確かに。まさに平安時代の男女のようです!!
目からうろこでした。日本人は昔から想像力で彩りながら愛を育んできたんですね。当時、この作品を薄っぺらい人間関係とこき下ろした人たちに教えてあげたいです!

>『ヒッチコックの「裏窓」みたいの好き。ああして人の生活を眺めていたい。』と言っていたように、登場人物たちの生活を窓ガラスの外から映すカットを多用

ここも気付いてなくて、記事を読んでなるほどと頷いてました。本当に丁寧に作ってある作品なんだなぁ。監督のインタビューも読めてよかったです!

はなまるこさんの濃密なレビューを読めただけでも、記事を書いた甲斐がありましたよ~。再見のきっかけになれて光栄です♪

宵乃 |  2015/03/28 (土) 16:40 [ 編集 ] No.354


はなまるこより

宵乃さん、こんばんは!TBもありがとうございました☆
これで宵乃さんが描かれた素敵なほしのイラストにスグに飛んでいけますi-178うれしいです。
ありがとうございました♪

>日本人は昔から想像力で彩りながら愛を育んできたんですね。当時、この作品を薄っぺらい人間関係とこき下ろした人たちに教えてあげたいです!
ねぇ本当ですよね!!宵乃さんが仰るその"想像力"ですよね、これで薄っぺらいどころか、本人同士にとっては(あ、確かこれまでのメールのやり取りを見返しているいるシーンなんかもありましたが)きっと濃密な時間だったんですよね。
今はネットというとネガティブなイメージの方が何かと多い時代になってしまいましたが、映像や音声や通信回線などあまりに便利になってしまったせいで"想像力"が入り込む余地もなくなり、人間味も削がれていってしまったのかもしれませんねi-241

>ここも気付いてなくて、記事を読んでなるほどと頷いてました。本当に丁寧に作ってある作品なんだなぁ。
私もですね、今回久々の再見ということで多分物語の展開を知っていたためか、映像をゆっくりと見られたんだと思うんです。それで、森田監督がこの映画でどんなことをやってみたかったのか?ということがちょっと考えられたのかなぁと思います^^;

他にも、最初はほしが見知らぬ相手とコミュニケーションをするということで人工知能【HAL】が登場する「2001年宇宙の旅」へのオマージュなんじゃないか?という説を今回初めて目にしたりして、なんだか色々とこの映画に対しての思いがさらに深まりました。

本当に宵乃さんの記事に大感謝です!ありがとうございましたi-189

宵乃さんへ★ |  2015/03/29 (日) 21:06 [ 編集 ] No.355

コメントを投稿する 記事: 『(ハル)』 (1996/日本) ※ラストの展開について触れています


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

映画「(ハル)」観ました

製作:日本’96 監督:森田芳光 ジャンル:ロマンス/青春【あらすじ】“ハル”というハンドル名でパソコン通信の映画フォーラムに参加した速見昇。それがきっかけで、(ほし)という人物とメールのやり取りが始まる。お互い相手の実像を知らないまま、二人は次第に本音を伝え合うようになり…。GyaOで3月31日まで。 パソコン通信という言い方とか色々と時代を感じたけども、顔文字とか変わらないし、...

忘却エンドロール 2015/03/28