お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『めぐり逢わせのお弁当』 (2013/インド、フランス、ドイツ)

   ↑  2015/08/26 (水)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ




めぐり逢わせのお弁当 DVD


●原題:DABBA / 英題:THE LUNCHBOX
●監督、脚本:リテーシュ・バトラ
●出演:イルファン・カーン、ニムラト・カウル、ナワーズッディーン・シッディーキー 他
●ムンバイに暮らす主婦のイラ。すっかり冷めてしまった夫の愛情を取り戻そうと、お弁当作りに精を出す。ところが、その丹精を込めた4段重ねのお弁当が、なぜか早期退職を控えた男やもめ、サージャンのもとに届いてしまう。その日、お弁当箱は、きれいに空っぽになって帰ってきた。それを見て喜ぶイラだったが、ほどなく夫が食べたのではないと気づく。そこで次のお弁当には、きれいに食べてくれた見知らぬ誰かへのお礼の手紙を忍ばせるイラだったが・・・。




ブログをお休みする前に観ていた映画について、少しずつupしていこうと思います。

The-Lunchbox_20150823163408982.jpg
いわゆる"コテコテのインド映画"をイメージして「あまり馴染みがないなー」という方や「インド映画を観るのは初めて」「苦手かも・・・」という方でも、この映画はきっと大丈夫。

その国独自の生活を描いているにもかかわらず、この映画から受け取るのは間違いなくグローバル性・普遍性のあるストーリーで、「インド映画」というカテゴリーにありながらも主人公たちの想いが何の違和感もなく、静かに真っ直ぐ響いてくるのです。

それもそのはず。

脚本も手掛けたリテーシュ・バトラ監督はムンバイで生まれ育ち、その後経済学を勉強するためアメリカに渡り、卒業後経営コンサルタントをしたあとニューヨーク映画学校に入学。さらにロバート・レッドフォード主宰の「サンダンス・インスティテュート」に編入した経歴の持ち主なのです。


CAPTAIN-ABU-RAED.jpg
この感覚は、以前見たヨルダン映画『キャプテン アブ・ラーイド』ととってもよく似ているな、とも思いました。『アブ・ラーイド』のアミン・マタルカ監督も、ヨルダンからLAへと移住して映画制作の拠点を米国へと移した方でしたから、バトラ監督とバックグラウンドがよく似ているんですね。

懐かしい故郷を内側からと外側、両方の視点から見ることの出来る、あるいは見せることの出来る強みがそこにあるのです。


line.png




しかも『アブ・ラーイド』との共通点は、音楽の使い方にも。
『めぐり逢わせのお弁当』ではボリウッドで製作される「インド映画」の象徴ともいえる派手な音楽の使い方が一切見られません。ストーリーや登場人物たちの感情を音楽に置き換えることなく、生活音がアクセントとして上手く使われており、そこからごく自然に彼らの心の揺れが波紋のように伝わってくるのです。

例えば、今回サウンドデザインはドイツ人にやってもらいましたが、歌って踊ってのボリウッド映画では、楽曲がメインで、サウンドデザインはあまり使われません。
この映画は、曲は全体の10%以下に抑え、14カ所だけです。ほかは自然音をサウンドデザインとして取り入れています。ボリウッドではあまりない技術をほかの国の方に補ってもらいました。
『めぐり逢わせのお弁当』 リテーシュ・バトラ監督インタビュー【CINEMA JOURNAL】







映画の冒頭、主人公の女性イラは子どもがケガをしないか、雨に濡れないかをとても気に掛けて送り出し、何段ものお弁当を追い立てられるように仕上げ、時間通りにやって来る夫の職場へのお弁当配達人(ダッバーワーラー:डब्बावाला)に手渡すという、慌ただしくも孤独と閉塞感に包まれている彼女の日常が映し出されます。

イラの手で手際良く作られた美しいお弁当は、人から人へ、乗り物から乗り物へと次々に乗り継いで"送り主"のもとへと運ばれていく一方で、彼女はいつもマンションの上階から見送るのみ。若く美しいのに服装も装飾品も華美ではなく、お喋りする相手も上階に住むおばさんの声だけ、ということがわかります。そして、イラには目を見て話す相手がいない、ということも。


お弁当が誤配された相手は、妻を亡くし早期退職前の男性サージャン。
人を寄せつけず、孤独で寂しげな佇まいだったサージャンが、まるで子供のように美味しいお弁当を心待ちにしていく姿は可愛らしくもありました。美味しいものって、本当に人の心を開くんですよね。「美味しい」と言って全部食べてくれる相手にも。

メールも携帯も介さず、互いの手紙を読む時間が次第にかけがえのないものになっていることに、イラもサージャンも実はずっと気づいていなかったのかもしれません。でも、少しずつ、少しずつ、そのやり取りの中で二人の心が反響し合っていく過程からは彼らの感情が切実に伝わってきて、その淡い想いと迷いの先に何が起こるのか目が離せなくなってしまうのです。

そして、迎える二人の結末。
観る人それぞれに受け取り方は異なるのかもしれません。

それでも、そこには優しくも確かな希望が込められた風が吹き抜けた気がしました。イラが初めて自分の意志を持って下した決断。孤独の心から一歩前へと踏み出したサージャン。「間違った電車でも、人は時に正しい場所に着く」という印象的なフレーズがこの映画では幾度か繰り返されます。"正しい場所"とは何なのか、今でも時々考えることがあります。



スウェーデンなどヨーロッパの映画のほか、イラン映画にも興味があり、好きな映画監督について聞かれると、「小津安二郎、ルイ・マル、イングマール・ベルイマン、アッバス・キアロスタミ」といった監督の名前を挙げ、「それぞれ素晴らしい才能を持っているにも関わらず、決してそれを見せびらかすような作り方をしない。キャラクターに耳を傾けて、自然な形で物語を紡いでいく。そのような作り方がとても好き」
小津や黒澤にも影響を受けた。『めぐり逢わせのお弁当』のインド人監督が来日【Movie Collection】

そうです、この監督の感覚は、正しく小津映画、イラン映画、ベルイマン。

敢えて派手なアクションを起こさずとも、心の深いところにある想いが紡がれるようにしてデザインされているこの映画は、表立って感情を露わにすることなく内に秘めた情熱や奥ゆかしさなどを感じ取ることのできる日本人の感性に、最も相性が良い作品だと思うのです。







ころで。
「どうしてお弁当を自分で持っていかないのかな?」とか「女性の通勤はどうなっているんだろう??」とか、この映画を観始めてすぐに文化的側面のあれこれで頭が一杯になってしまった私は、実は鑑賞を一時中断して【インドの昼食】について少し調べてからもう一度リスタートしました。だって、この「お弁当制度」って、すごーく気になるでしょう!


エラー率わずか0.00000625%、驚異のインド式昼食配達システム「ダッバーワーラー」


1日20万食ものお弁当箱が、最低6回はダッバーワーラーのリレーによって中継され、配達→自宅に返却されてくるんですって。えー、自分で持って帰ってこないのかい。

インドでは3食とも調理された温かい食事をとるという食文化が根強い国です。その根本には、英領植民地時代まで遡るとイギリス式の食事が合わない、各家庭の宗教によって禁忌に触れるものが異なる、またはインド特有のカースト制度の問題などもあって「家族が調理した食事が一番」という確固たる理由があるのですね。

因みに、ムンバイでは通勤時間が長く、1時間半や2時間かかる人もいるので、時間を節約するために電車の中で野菜を切り、家に帰ってから料理をする女性がたくさんいるのだそう。映画の中でもそんな描写があって冗談かと思いましたけど、あれは本気だったんだ(笑)。食文化って本当に面白いですねぇ。
asicro interview 58 自分で作った物語だから自分の手で監督したい-リテーシュ・バトラ(監督)【ASIAN CROSSING】




そしていつも思うのですが、"食"や"料理"がモチーフとなっている映画というのは、たとえ行ったこともない遠い世界の国のお話であっても「食べ物」を介することで生活感がより身近に感じられる気がして大好きなのです。登場人物たちがお茶を淹れ、料理を取り分け、デザートを口にしながらお喋りする姿は、きっと万国共通。

機能的なインド式お弁当箱は、蓋を開けるとスープや煮込み、炒め物や作りたてのチャパティなどが魔法のように次々と現れ、思わず溜息が出そうになるほど・・・。『めぐり逢わせのお弁当』はアメリカ人の撮影監督とフランス人のカラリストを使っての作品ですが、彼らもきっとスパイシーな香りが漂うインド料理の数々に圧倒されたことでしょうね。


line.png



それからもう一つ、鑑賞中にすごーく気になっていたこと。
IT産業が発達しているハズのインドなのに、どうして事務所にパソコンがないの?どうして定規で線を引っ張ったりして紙書類のペーパーワークの山なの??ということ。これってもう、昭和の「社長シリーズ」のサラリーマンの世界ですもん。

セットにしてはリアルだなぁと思っていましたが、実際に撮影されたのは実在する政府の保険部門のオフィスなのだそう。
「インドはまだマニュアルで事務作業などしている会社は多いです。でもそれはわざとそうしているのですよ。すべてを近代化してしまうと人手がいらなくなるでしょう。そうすると人々の働き口が減ってしまう。だからインドでは人々が仕事を得られるように、わざと近代化を抑えているのです」
歌も踊りもないけど、大共感の感動がある!インド映画『めぐり逢わせのお弁当』の監督に直撃インタビュー


そう、それに職場での会話でも気づいたことが。
「インド映画」なのだから字幕に頼るしかない!と思っていたのですが、サージャンは英語で手紙を書き、会話している→あれ?サージャンの部下シャイクはムスリムだった→亡くなった奥さんの墓地はクリスチャン→そういえばイラはヒンドゥーだ、というさり気ない描写にも目がいくようになりました。

多民族、多言語、多宗教(or 宗派)という様々な文化的要素が凝縮されたインドの巨大なモザイク社会の一端が、こうやって映画の端々に見え隠れしていたのですね。



tapelinepink.jpg


れにしても。言うことが一々もっともな"おばさん"との会話は、窓越しで近所中に筒抜けじゃないか!とか思って観ていましたが、実はこれ、私もむかし中東生活の時に隣に住む義姉とやっていたので、なんだか懐かしいシーンでした(笑)。

話したい時は壁をドン!ドン!って叩くんですけどね、義姉の話の内容が「今日はこどもがオネショして大変よー」とか「旦那の靴下がクサイのよー」とか、もうホントどうでもいい話ばっかりで(笑)。女性って世界のどこに行ってもお喋りの内容のレベルは同じなのかもしれないなーなんて思いました。そして今日も、きっと世界のあちこちで女性たちはこうやって日々の鬱憤を晴らしているのでしょうね~!ウフフ



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : インド映画 

FC2共有テーマ : 個人的な映画の感想 (ジャンル : 映画

  2015/08/26 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『めぐり逢わせのお弁当』 (2013/インド、フランス、ドイツ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback