お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

こんな時は、映画のはなし

   ↑  2015/12/11 (金)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・
今日は風が強かったですねー。

仕事が終わって、強風の中、頭がメドゥーサみたいになってやっと駅に到着
「さぁ帰るぞー」とエスカレーターを上って改札へ向かおうとしたら、ものすごーく困った顔で疲労困憊した外国の方とバッチリ目が合ってしまい、すごい勢いで「◯◯線の△△駅はどこですか?」と、明らかに英語が母国語ではない国の人らしい英語で聞かれました。
・・・・・ちょー、場所が全然違うわよー


「はいはい、じゃあまずこのエスカレーターを一度下りてね、ここの線路沿いをずーっと左に歩いていって、今度は高架下をくぐるんですよ、で、駅ビルに入って、またエスカレーターを上がってね、そうすると改札が見えますよ」






・・・・・・なんて言えない!!
とてもじゃないけど、こんな困り顔の人に言えない!



なんだか本当に悲愴な表情をしていたので
「説明するのが難しいから一緒に行きましょう」と言ったら









「お~助かります!」って大喜びされました。

こういう時こそ「ペイ・イット・フォーワード」だ、オスメント先生!






歩きながら話を聞くところによると・・・
彼はロシアから日本の大学に来ていて、いつもは別のキャンパスなんだけれど今日は「Bonen-kai」でこちらのキャンパスに初めて1人で来たのだとか。乗り換えを間違えてしまい、何人かに道を聞いたけれど「ごめんなさい」「わかりません」て素振りをされて困惑していたところだったのね。


そ、そうか、ロシアか・・・
ロシア→プーチン→シリア→トルコ→二国間関係が超悪化→世界が困惑(今ココ)
ロシア→サファリパークのトラが餌のヤギと仲良くなったよね(こんな話題いらないか)


ロシアとほぼ接点のない私の頭の中では良い話題が浮かばず「うー」と一瞬困ったけれど、そう!こういう時はね、私は映画の話を振ってみたりするんです。

映画のタイトルって「原題」はなかなか浮かばないものですが、俳優の名前とか監督名を言うと「えー!そんな人を知ってるのー」と、自分の国のことを知っているんだ!という親近感がわくみたいですよ。

以前ニュージーランドの人と話した時は、ニュージーランドって映画産業のスタートが1990年代くらいからという"映画史"がとても浅い国だったので、TV映画シリーズの俳優の名前を出したら本当に驚かれて「日本でも有名なのか!」とか勘違いされたり(笑)、イタリアではマストロヤンニの話を出したら「あんた幾つだ!?」とか結構本気で言われたり けっこう話が広がるんです。



line.png


で、今日はロシア映画の出番ですよ。
これまで【ロシア映画】【旧ソ連映画】を観る機会があってホントよかった


この前はたまたまチュフライ監督の『誓いの休暇』を再見していたし、『オーケストラ!』や『ホワイトアウト』のアレクセイ・グシュコフおじさんも好きだったし。


私の英語の発音はヘンだし、人名だってロシア語読みが出来るわけではないので「アレクセイ?アレクサイ?」とか言い合っているうちに「OH!! Aleksey Guskov!?」だけで二人で大喜びになる展開に(笑)。「あれは何の映画だったでしょうか!?」「あ、ラストは言っちゃだめです!!」のクイズ状態で盛り上がりをみせ、あっと言う間に目的の改札まで送り届けられました。

で、キップを持たせて、私の任務もここで終了。




その後「武士か!」と思うような丁寧な日本式お辞儀を改札で何度もしてくれたので、
つられて私もペコペコお辞儀


なんかドサクサでメールアドレスを頂きましたが、英文を書くのが一番苦手なので私メールはしないと思うし、それにもう一生会うことのない人でしょうけれど、日本で迷子になった時に『キン・ザ・ザ』の話をして送ってくれたオバサンがいたぜー!って覚えていてくれるといいなーと思いました。

で、またその後は強風の中をメドゥーサになって、例の改札まで戻りましたよ。
なんだか今日は、急に【ロシア映画】が身近に感じられた日になりましたハハハ 映画って話が通じるとおもしろいものだなー。



関連記事

FC2共有テーマ : 戯 言 (ジャンル : 映画

  2015/12/11 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


日本の良心!!

きっとその方は、日本には素晴らしい女性がいると感動したと思いますよ。
困っていたところを助けてもらった上に、ロシア映画の話で盛り上がったなんて、私なら一生ものの思い出として、思い返してはほっこりすると思います。
それにしても外国の方にも臆せず対応していてカッコいいです!
映画の話題はグローバルなんですね。覚えておきます!

宵乃 |  2015/12/12 (土) 11:16 [ 編集 ] No.392


はなまるこより

宵乃さん、こんばんは♪
コメント拝読して赤面です(笑)。

まー"素晴らしい女性"だなんてi-229i-201そんなそんな!!
私も海外で"外国人"だった時に、手伝ってもらったり助けてもらったりしたコトが山ほどあって
そんな人を見ると、やっぱり不安な気持ちが伝わってくるようで
放っておけなくなっちゃうんですよねi-203

しかも、私の英語は中学生・・・いや今の小学生レベル程度のものなのですが、
英語を母国語とする友人がなんと1人もいないおかげか、
その適当な英語でも別にいいや!という恥じらいのなさが幸いしているのかと思っています(笑)。

>私なら一生ものの思い出として、思い返してはほっこりすると思います。
そうですか~!じゃあ、覚えていてくれたら嬉しいなぁ^^

>映画の話題はグローバルなんですね。覚えておきます!
これは日本語学校で働いていた時に気が付いたことなんですよ~。みんな自分の国の映画の話や俳優の話になると、すごーく喜んでいたのが印象的でした。アメリカ人は例外ですけどネ(笑)。
映画もコツコツと観ているといいことありますね!i-237

宵乃さんへ★ |  2015/12/12 (土) 21:45 [ 編集 ] No.393

コメントを投稿する 記事: こんな時は、映画のはなし


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback