お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 (2014/アメリカ)

   ↑  2016/01/19 (火)  カテゴリー: コメディ





シェフ 三ツ星フードトラック始めました


●原題:CHEF
●監督:ジョン・ファヴロー
●出演:ジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、オリヴァー・プラット、ボビー・カナヴェイル、エムジェイ・アンソニー、ダスティン・ホフマン、ロバート・ダウニー・Jr 他
●LA。一流レストランのシェフ、カールは大物料理評論家ラムジーの来店を受け、自分らしい料理で勝負に出たいと望むが、店のオーナーに命じられていつものメニューを提供。だがラムジーに酷評された上、彼にキレる様子の動画がSNSで拡散し、解雇される。故郷マイアミでカールはキューバサンドイッチの魅力を知り、フードトラックで売ることを決心。元妻との間の幼い息子パーシーらとトラックで移動販売をしながらLAに向かう。




次々と手際よく料理の下ごしらえをして、市場へ買い物に出て新鮮な食材を選び、スパイシーな燻製ソーセージ"アンドゥイユ"入りのサンドを子どもと一緒にバクバク食べる・・・・!


こーんな美味しそうなオープニングで見ないワケにはいかないでしょう!
昨年観た映画のレビューがまだまだ何本も残っているのですが、今年はこの映画でスタートすることに決めました。

だってね、主人公のシェフ カールは、一人息子のために完璧な【グリルチーズ・サンドイッチ】を作る人なんですよ。


バターをたーっぷり塗ったパンを熱々のオイルがひいてある鉄板の上で綺麗にトーストして、その上にチェダーやフォンティーナ、ゴーダなど3種類くらいのスライスチーズをのせ、こんがりキツネ色になったら2枚を重ねてぴったりサンド。で、再び外側にバターを塗って、チーズが中からジュワーっと溶け出してきたら出来上がり!・・・お、お腹すいた。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、すごい量のチーズだとかベーコン、卵などがジュージュー焼ける良い音が立つ映画なので、ダイエット中の方とかGI値を気にしている人、空腹に耐えられない人などは絶対見ない方が身のためだと思います。







この映画は何がスゴイかっていうとね、悪い人が全然出てこないんです。

フードトラックという新事業を始めるにあたっても、資金繰りの心配なんて全然ない。主人公の周囲は気が良くて協力的で、忠誠心があって素敵な仲間たちばかり。ドン底に落ちたのもSNSのせいにはしているけれど、それだってビッグチャンスになるのが今の世の中。ストーリーは超王道ド真ん中です。

ま、ちょっと気が立っている時なら「人生こんな甘かないわ!ウガー!」と上出来人生に文句の一つでも言いたくなるものですが、今の私は違う。ちょうど"菩薩の心"に達したところなので「いいじゃないいいじゃない。こんな美味しくて幸せな人生もありじゃな~い」なんて軽くかわしてしまった。


だって元嫁は別れても主人公のことをすごく心配している超美人のキャリアウーマンで、しかもリッチ。恋人はやたらセクシーで、主人公の作る料理にメロメロ。皆、このおじさんに胃袋を掴まれたんですよ、きっと。


熱々のオリーブオイル&ニンニクでたっぷり香り付けをして、岩塩、赤唐辛子、黒こしょう、刻み立てのパセリ、レモンとパルメザンチーズを加えた「Spaghetti Aglio E Olio」。そう、ペペロンチーノですね。

↑これをただ食べるだけのために美脚も露わで妖艶なスカヨハのシークエンスが用意されているくらいですからね、もうなによ、メタボの主人公モテモテですやん。






ま、それもそのはずで、この映画の主演・脚本・監督・製作を務めたのは「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴロー。
主人公のモデルは、「アイアンマン」シリーズが大ヒットしたため、映画評論家やマスコミから流行監督の地位に甘んじているとレッテルを貼られたファヴロー自身かもしれない。本作は「アイアンマン」シリーズよりずっと少ない製作費だが、おいしい料理を作れると主張したいシェフにファブローの想い・本音が込められた。
シェフ 三ツ星フードトラック始めました【wowowシネマ】番組紹介/解説より



"膨満感"だと?"客に媚びる"だと?俺は誰にも媚びない!何様だ?ただ食って、悪口を吐き散らす。こっちは必死でやってんだ。スタッフ全員だ!傷つくよ。あんな記事、誰でも傷つく!店が潰れたらどうする気だ!何が評論家だ!

「俺だって傷つくんだぁぁ!」と悪態ツキまくるこのシーン。どう見ても料理の話じゃなくて、ファブローの映画制作における心の叫びにしか見えないところが、ある意味この映画のハイライトかと。ビジネスなのだからヒットする作品を作らなくてはいけない、観客や世の批評も気にしなくてはいけない。でも自分のイマジネーションは大事にしたい。本当に描きたいものを作り出したい。そんな彼の思いがこの映画を作らせたんでしょうね。

甘いんですよ、確かに。
ロードムービーとしても展開は中途半端だし、ラストは帳尻合わせのように超強引なハッピーエンドだし。なんで急に「キューバサンド」なんだよ~とか、どうして最後はそうなっちゃうんだよ~とか色々意地悪を言いたくはなるのですが、ま、ここはひとつ「ご馳走様でした」の一言で片づけちゃいましょう。ファヴローの晴れ晴れとした顔、よかったですから。







ここから先は余談です。
カールの人生を変えたキューバサンドのように、私にも忘れられないメニューが1つあるんですよねぇ。


↑これ、お世辞にも全然美味しそうとは言えないでしょう(笑)。
でもね、良い思い出があるのです。

ナポリにいた時、ホームステイ先の長男君が私がホームシックにならないようにと作ってくれた梅干しをのせたお味噌の雑炊&照り焼きチキンです。それに日本酒と、付け合せにトマトのオリーブオイル焼き。



人懐っこくて陽気な典型的「ナポリ男」で、美味しいお酒と食事と大好きなマンマと当時妊娠中の超セクシーな彼女がいればもうご機嫌。夜11時くらいでもバルコニーでギターをかき鳴らしては大声で歌いまくって、バナナの皮を道路にポイー!と捨てるバカ男でしたが(笑)、人を楽しませよう、笑わせようとしてくれる心根の優しい人でした(今や二児のパパ!!)

いつの間にか醤油や味噌、日本酒や梅干し、割り箸も用意してくれていたんですね。


行き詰った仕事も婚約も全部白紙に戻して人生やり直す勢いでナポリに来た27歳の私は「日本が恋しいわ・・」とかこれっぽっちも思っちゃいなかったのですが、長男君がすごく嬉しそうに振舞ってくれたその心遣いが胸にしみてちょっと涙がね・・・。そうしたら「これじゃよけい日本を恋しがっちゃったじゃないのー」「泣いちゃったじゃないのー」「味が違うんじゃないのー」って皆でワァワァ言い合ってました。ゴメンナサイヨ~

でもね、本当に本当に、この雑炊美味しかったんですよ。マンマも、長男君の彼女も、彼女のマンマも「日本食って美味しいね!」って一緒に食べました。ずっとずっと忘れられない光景です。



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 最近観た映画 (ジャンル : 映画

  2016/01/19 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


あれの邦題の元ネタ作品ですか(笑)

こちらは面白いと色んなところで聞いてますが、はなまるこさんもお好きだったんですね。
バターとチーズとバターと…と聞いてるだけで胃がもたれそうですが、匂いまで伝わってきそうな料理映画は好きです♪

>カールの人生を変えたキューバサンドのように、私にも忘れられないメニューが1つあるんですよねぇ。

心温まるエピソードですね(ホロリ)
そんなことしてもらった日には私も間違いなく泣いちゃいます!
はなまるこさんの涙にあたふたしたり、みんなで美味しく食べる様子が目に浮かんできて…。
本当にステキな家族だなぁ♪

宵乃 |  2016/01/20 (水) 10:11 [ 編集 ] No.396


はなまるこより

宵乃さん、こんばんは^^
ほんと「シェフ!」とか言われると、アレレどっちだったかな??と間違ってしまいそうに・・・i-229
「三ツ星!」とか流行っているんですかねぇ(笑)

>バターとチーズとバターと…と聞いてるだけで胃がもたれそうですが、匂いまで伝わってきそうな料理映画は好きです♪
そうなんですよねーどれだけバター使うんだよ!っていうくらい、バンバン塗ります(笑)。
いやホント、脂質・糖質・動物性タンパク質の圧倒的勝利な料理が多いので、映像的にはかなり美味しそうなのですが栄養的には大丈夫なのか!?と心配になったりもi-201何しろ主人公がメタボなので説得力あり過ぎですね(笑)

>本当にステキな家族だなぁ♪
はい、本当にそうでした!i-237
すごくお世話好きの、遠慮のない、めちゃくちゃ騒がしい家族でしたが、そのぶん色々な思い出をもらえました。モチロン美味しいピザや果物などの食べ物、あと映画を沢山見せられたのでそんな思い出も沢山できました。そうだ、いつかイタリアで観た映画の話なんかも時間があったら書いてみたいと思います♪なんだか懐かしくなってしまいました^^

宵乃さんへ★ |  2016/01/20 (水) 21:14 [ 編集 ] No.397

コメントを投稿する 記事: 『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 (2014/アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback