お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ザ・ドア 交差する世界』 (2009/ドイツ)

   ↑  2016/02/25 (木)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー




ザ・ドア ~交差する世界~ [DVD]



●原題:DIE TUR / 英題:THE DOOR
●監督:アノ・サオル
●出演:マッツ・ミケルセン、ジェシカ・シュヴァルツ、ヴァレリア・アイゼンバルト、トマス・ティーマ 他
●自らの不倫中に娘を事故で亡くし、妻にも愛想を尽かされ全て失った画家のダビッド。自暴自棄となった彼はある日自殺を試みるが、そこで不思議な扉を発見する。その扉は、娘を失ったあの日に繋がっていた。信じられない思いながらも、ダビッドは扉のあちら側にいる娘を救出することに成功する。ところが、安堵もつかの間ダビッドは不審人物と見なされ襲われてしまい、勢い余ったダビッドは相手を殺してしまう…のだが、なんと相手は“もう1人の自分”だった・・・





映画配給会社【GAGA】が運営するオンラインシアター。
今日の映画は、この「青山シアター」で鑑賞です。

GAGA.jpg
私は無料の会員登録だけしてあるのですが、これまで数回ほど最新作のオンライン試写会に当選したり、年に一度のアカデミー賞主要部門のレース予想や無料配信もあったりして、ちょこちょこですが利用させていただいています。

現在は「未体験ゾーンの映画たち 2012-2015」で上映された作品の中から人気作を一挙配信!ということで、2016年3月25日(金)まで誰でも無料で1作品鑑賞出来ます

「未体験ゾーン」ということなので、ラインナップとしてはホラーとかホラーとかホラーとかばっかりで「私もう絶対ムリ!!」な勢いだったのですが、私の好きなスティーブ・カレルやライアン・ゴズリングの出演作品など面白そうなミステリーやコメディ系もあったので1作品に絞るの、最後までけっこう悩みました(笑)。







というわけで、今回はドイツ映画『ザ・ドア 交差する世界』に決定。


決め手は、主演のマッツ・ミケルセン(画像左)
"北欧の至宝"と呼ばれ、『007 カジノ・ロワイヤル』での悪役ル・シッフルや、米国ドラマ「ハンニバル」でのレクター博士など国際的に活躍する名優であり、いつもどこか憔悴したような、深い孤独を感じさせるクールで寂しげな目がインパクトに残る俳優さんです。

※画像右は北欧ミステリーの火付け役とも言われた「THE KILLING/キリング」に出演していたお兄さんのラース・ミケルセン。渋いです。


マッツ・ミケルセン主演作品として、当ブログでは『アフター・ウェディング』を過去に紹介していますが、最近では第65回カンヌ国際映画祭で男優賞受賞した『偽りなき者』が話題になり、またデンマーク発の西部劇『悪党に粛清を』もいよいよ5月からレンタル開始され、私の「北欧映画ってヘビーな内容が多くて苦手だわ・・・」という後ろ向きな気持ちを今少しずつ持ち上げてくれているのが、このマッツさんなのです。


因みに、私がいつもすごいなと思うのは、マッツ・ミケルセンが出演する映画の言語バリエーションの豊富さです。

彼はデンマーク語の他に、スウェーデン語、ドイツ語、英語、ロシア語、フランス語を話すそうなのですが、それは様々な国の言葉の映画をたくさん観ることによって習得していったのだそう。先の『アフター・ウェディング』では確かヒンディー語でも話していましたしね。英語を母語としない欧州俳優のこういったバランス感覚が私はとても好きです。

・・・・なんてすごく褒めておきながら、時々「ミッツさん」だったか「マッツさん」だったか分らなくなったりもします。本当にごめんなさい。







この『ザ・ドア 交差する世界』は、過去と未来を繋ぐ扉がもたらす【パラレルワールド】を舞台としたSFサスペンス。

ですが、互いに干渉し合わない並行世界(時間差はあり)の話なので、この類の映画にありがちなタイムパラドクスに頭が混乱したり矛盾や複雑さを気にしたりすることは一切ありません。

どちらかというと、主人公ダビッドが別の世界線にいる"自分"を殺して"同一人物"として生きていこうとする中で(ここはサスペンス)、果たして同じ愛する人と共に生きていけるのか? "誰か"を犠牲にしたことによるその代償は?という、人間ドラマに重点が置かれた物語のように感じました。



"一番大事な時に大切な物を守り切れなかった"という、背負いきれない絶望に打ちのめされ、何もかもを失った主人公ダビッドの痛々しさ。その彼の荒んだ心の中の風景のように、凍てついた冬の世界で見つけた季節外れの青い蝶に誘われて、過去の"あの時"に戻ったダビッド。

自分の失敗を恥じ、過去を悔やみ続けたきた彼は、今度こそ娘の命を救うのです。

もし、ここでやり直せたら?
自分が願っていた通りの世界になるのか?




「"パパ"に何をしたの?」

運命は残酷。
歯車は一度外れたら決して元通りにはならず、"誰か"を犠牲にした上での代償は重く、悲劇が悲劇を生んでいくのです。

もう一度人生をやり直せたとしても「それが最良の選択だった」と、どの時点で決まるのでしょう。今、愛している人の手を決して離してはいけない、人生に後戻りなどなくとにかく前を向いて生きていくしかない。悲劇の起こったあの場所に座り込む主人公のラストシーンに胸が痛みました。・・・・・・切ないです。

関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : ドイツ映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/02/25 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


お久しぶりです

お久しぶりです、SxSです!
2016年、新年の挨拶しておりませんでした!
今年も宜しくお願い申し上げます!
・・・といっても・・もうブログも更新しておらず・・復活の予定もないのが現実です。。
引き続き映画は好きで観ているのですが・・

最近いかがお過ごしですか?

SxS |  2016/02/28 (日) 21:07 No.404


はなまるこより

わー、S×Sさんこんばんはi-190
きっとお忙しいでしょうに、コメント残していただいて本当にありがとうございます。

昨年末はご挨拶に伺えなくて本当に本当にごめんなさい!!
実は年末年始に身内の入院等がありましてバタバタしておりましたi-201
http://afternooncinema.blog.fc2.com/blog-entry-419.html
↑このあたりに書いてあります。。。i-238

>・・・といっても・・もうブログも更新しておらず・・復活の予定もないのが現実です。。
>引き続き映画は好きで観ているのですが・・

ブログを更新するのは労力かかりますもんね~わかりますわかりますi-195
でも、今でも映画はご覧になっているんですね♪よかったーi-178

私は最近、やっとまた映画館通いが始まって
以前より新作映画を観る率が上がってきたんですよ^^
これでやーっとS×Sさんやmia☆miaさんに追いつけそうです(笑)

まだ日本には帰国されないのかな?
いつか伊勢丹オーチャード、いや高島屋でしたっけ?でオフ会しましょうね(笑)!!
今年もまたどうぞ宜しくお願いいたしますi-190

S×Sさんへ★ |  2016/02/28 (日) 22:03 [ 編集 ] No.405

コメントを投稿する 記事: 『ザ・ドア 交差する世界』 (2009/ドイツ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback