お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ポルノグラフィックな関係』 (1999/ベルギー、フランス、ルクセンブルグ、スイス)

   ↑  2016/02/19 (金)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ





ポルノグラフィックな関係 [DVD]


●原題:UNE LIAISON PORNOGRAPHIQUE
●監督:フレデリック・フォンテーヌ
●出演:ナタリー・バイ、セルジ・ロペス、ポール・パヴェル、ジャック・ヴィアラ 他
●男と女は、互いの性的ファンタジーを分かち合おうと決めた。女は、パートナー募集の広告にこたえてやって来た男とホテルで一夜を共にして以来、毎週木曜に同じ部屋で二人は身体を重ねる。プライベートなことは聞かないことが暗黙の了解だったが、関係を続けていくうちに二人は・・・。



久々に【オトナ】な映画を。
2008年以前に観た作品なのでレビューをカットしていたのですが、今回再アップのために再見してみました。

前回観た時も「この映画、好きだな」と思っていたのですが、あれから私も年齢を重ねたからなのかな、さらに味わい深く感じました。出会いから別れまで、しっとりとした大人の恋の切なさが残る物語です。タイトルはやたら刺激的ですけどね。





私たちはプライベートには干渉しない、バックグラウンドも語らないと言いながらも、関係を続ける2人の間には微妙な感情が生まれてしまうんですね。不意を衝かれたように、予期せぬところで湧き上がる感情。


そりゃそうでしょう、ただの会話にしろフィジカルな関係にしろ、それは相手の反応があってこそのやり取りですからね。互いの感情に影響を及ぼし合うことは避けられないのでしょう。

"彼女"が泣いたのは、身体だけだと思っていた行為の中に愛情を見つけてしまったから。"彼"が涙を流したのは、そんな彼女の告白に心が満ちて自分の居場所を感じたから。

結局2人はすれ違っていくのだけれど、でも、分をわきまえた「大人」というのは、ヒリヒリとした愛を抱えていてもそれを相手に押しつけたり、相手のせいにしたりはしないものですね。「私たちは終わったのよ」「もう終わったんだ」とそれぞれ口にするのですが、それは身体いっぱいに相手を求め、心から愛した結果。そして、悲しみも孤独もすべて自分の中で引き受けて、その痛みすら糧にしてしまう。・・・こういう恋愛観、好きだなぁ。





恋愛における一瞬の輝きを、一生続くかのように描くことをしないこの映画は正直です。
そのラスト5分が私を惹きつけて止みません。人生を自分の足で踏み分けて歩いてきた大人の愛を見せつけてくれるからです。


“私が『ポルノグラフィックな関係』で演じた役は「Elle(=彼女)」という名前です。それ以上のことを私は知りませんでした…。家族構成や、職業、社会的地位、名前もわかりませんでした。でも、ダイアローグとそれぞれの場面のもつ力のおかげで、私は私が演じてきた女性の中でも、彼女が最も気に入っていて、最もよく知っている女性だと感じています。本当のところ、私に与えられた最も美しい役なのです。” 
ナタリー・バイ
アンスティチュ・フランセ東京 ナタリー・バイ特集『ポルノグラフィックな関係』

ナタリー・バイの2パターンあるメイクやファッションも、女性の"本質"が垣間見えてハッとさせられます。上質な大人の恋愛映画。おすすめです。


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 ベルギー映画 

FC2共有テーマ : 映画レビュー (ジャンル : 映画

  2016/02/19 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『ポルノグラフィックな関係』 (1999/ベルギー、フランス、ルクセンブルグ、スイス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback