お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『リード・マイ・リップス』 (2001/フランス)

   ↑  2016/09/30 (金)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー





リード・マイ・リップス [DVD]



●原題:SUR MES LEVRES / 英題:READ MY LIPS
●監督:ジャック・オーディアール
●出演:ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ドゥヴォス、オリヴィエ・グルメ 他
●土地開発会社で多忙な日々を送る難聴のカルラ。刑務所帰りで保護観察中のポールという男性アシスタントを雇うことになるのだが、彼と接するうちに彼女の生活も徐々に変化していくように。やがてポールはある犯罪を企て、カルラも否応がなしに手を貸していくことになる・・・。仏国内で最も権威ある「セザール賞」で、2002年『アメリ』のオドレイ・トトゥが有力と言われた中、エマニュエル・ドゥヴォスが『リード・マイ・リップス』で主演女優賞を獲得した作品。





久々に、ゾクゾクっときた映画。

物語全体に漂うこの独特の色気は、もしかしたらちょっとした"マニア向け"なのかもしれませんが。決して美男美女とは言えない男女2人が放つギリギリの官能性と、「フィルム・ノワール」のハードボイルドな硬質さを併せ持つ、このほの暗さといったら・・・!

しかもね、実はこの映画、今回"再見"なんです。
それなのに、これだけ心揺さ振られてしまったということは・・・・以前の私はこの映画の一体何を見ていたのかしら。 いや・・・当時の私には見えなかった、見えていなかったのかも。

あぁ映画って、本当に出会うタイミング・観るタイミングが大切ですね。







日常生活に氾濫する、耳を塞ぎたくなるような他人の話や興味のない耳障りな騒音。そんな時、カルラは「補聴器」を切って周囲から自身をシャットアウトします。難聴故に、彼女は音に惑わされない。

一方で、彼女は知りたい情報を密かに手に入れるため、離れた場所の人々の唇を読んで会話を盗み聞くこともできる・・・。彼女が孤独なのは単に「難聴だから」なのではなく、周囲の人々との間に通常は見ることのできない隙間や溝を見抜くことができるからかもしれません。

そして、"普通"や"慎ましさ"を装いながらも、心の奥底では昂るような刺激を求め、抑えきれないほどに溢れ出す大胆さに惹かれている。

そう、彼女は"強か"なのです。




ヴァンサン・カッセル演じるポールがじわじわと発する危険な色気と、それに抗えなくなっていくカルラとの抜き差しならない関係。

振り子が大きく揺れるように行ったり来たりする最悪としか思えない状況の中で、最終的にどう決着をつけるのか(再見なのに!)息を詰めて見守っている自分がいました。


誰にも言ってはいけない秘密と、極限の危機的状況を共有した二人。



 「真夜中のピアニスト」

   「預言者」

  「君と歩く世界」



他人には見せたくない生々しさを感じさせるリアリズムの中で、人間の弱さや孤独を描くことに定評のあるジャック・オーディアール監督は、主人公カルラを弱者どころか「力のある女」として描きました。

『リード・マイ・リップス』は、この手の「フランス映画」のラブストーリーとして見ると意外とも思えるラストだと思うのですが、それは『預言者』のように乾いた叙情を得意としながらも、暗闇を照らすような優しさを見せてくれるオーディアール監督からの"愛情"のようにも思えました。

10年前とはまた違う感想です。




関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : 個人的な映画の感想 (ジャンル : 映画

  2016/09/30 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


良い再見になったようですね

ホント、映画のタイミングって大切です。ベストな時に見ると、魔法にかかったように(もしくは解けたように?)別物に見えてきたりしますから。

>周囲の人々との間に通常は見ることのできない隙間や溝を見抜くことができるからかもしれません。

細かいところは忘れてますが、こういうところを映像で上手く伝えていた印象です。彼女の孤独や息苦しさ、押し込められてくすぶり続けていた情熱が伝わってきたような。
自分の感想を読み返すと、彼女に依存心を見たようですが、ああいう状況でけっこう対等にやり取りしてたというのを振り返ると、確かに強い女性かも。

ラストはもうすっかり忘れてしまったので、私も10年目の再見をいつかしてみようかな~。

宵乃 |  2016/10/02 (日) 11:47 [ 編集 ] No.443


はなまるこより

宵乃さ~ん!やっとこの映画再見しましたよー
(再見するまでものすごく時間がかかっているのが自分でもスゴイと思いました。えらいスローペース!笑) でも不思議なのですが、先月、物凄く物凄くこの映画を観たくなって「今この時を逃したら次は東京オリンピックの時になってしまうかも!」くらいの勢いで鑑賞しましたi-203

>ベストな時に見ると、魔法にかかったように(もしくは解けたように?)別物に見えてきたりしますから。
これ、100回書いてもいいくらい同感です!魔法が解けて「なんじゃこりゃ!」とガッカリすることもあるので映画ってコワイ(オモシロイ)ですよねi-190

>彼女に依存心を見たようですが
そうそう、依存なのか利用しているのか恋愛感情なのか、どれも微妙な感じのバランスなんですよね。しかも宵乃さんが書かれている「浅ましい」「利己的」「下品」この辺りが正にギリギリで!こういう正直すぎるところに惹かれてしまうのかなー

>ラストはもうすっかり忘れてしまったので、私も10年目の再見をいつかしてみようかな~。
実は私もラストをすっかりキレイにさっぱり忘れていたので、再見なのにドキドキものでした(笑)。こんなに引き込まれるのにどうしてラストを忘れてしまっていたのだろう??・・・と自分でも思ったのですが、きっとこの映画はラストがどうのこうのという点はあまり重要ではないのかもしれませんね。宵乃さんも私もキレイに忘れているくらいですし!(笑)
主人公のキャラが印象深すぎて、これだけでこの映画はもう十分成立しているのかもしれませんねi-229

宵乃さん、でもまた10年後くらいに是非観てみてください。その時の感想がまた楽しみです^^

宵乃さんへ★ |  2016/10/02 (日) 20:16 [ 編集 ] No.444

コメントを投稿する 記事: 『リード・マイ・リップス』 (2001/フランス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback