お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

まもなく5月!といえば【イタリア映画祭】です!

   ↑  2017/04/28 (金)  カテゴリー: 映画いろいろ・・・
イタリア映画祭2017 公式サイト

毎年ゴールデンウィーク中に有楽町で開催されるイタリア映画祭
残念ながら今は行けませんが、でも独身時代は私のGW恒例行事となっていたものでした。なので、毎年この時期になると行けないとは分かっていてもなんだかちょっとソワソワしてしまうんですよね。


映画祭ってね、大好きなんです。


今まで短編映画やデジタルシネマ、中東映画など様々な映画祭に足を運びましたが、そこに集まってくる人たちの情熱というか、映画愛なんかでムンムンするある種のオタク的雰囲気も大好きですし(笑)、今現在作られている映画作品なので新しい空気を直に感じることが出来るのも素敵ですよね。それに、映画監督や出演俳優などのトークセッションがあったりして!これがもう、わたくしの興奮度マックスの要素となったりします!





そういえば以前【イタリア映画祭】の座談会で、来日された映画監督が開口一番、

「こんなに素敵な陽気の休日に、こんなに沢山の方がわざわざ真っ暗な映映画館に来て下さるなんてビックリです、わっはっは!」

みたいなことを仰ったら、私のすぐ横に座ってらしたイタリア人と思われるご婦人が

「あなたね、そんな事言ってるからイタリア映画界がどんどん廃れるのよ!日本人の方がイタリア映画をそれだけ愛しているのか理解しなさい!」

とバチーンと意見されて会場苦笑い・・・ということがありました(笑)。

自転車泥棒 Blu-ray


で、「この中で『自転車泥棒』をご覧になったことのある方、挙手お願いします」という監督さんに対して、会場のほぼ全員が手を挙げるという事態にステージ上の監督&若手俳優さんたちも驚く驚く!ま、だってね、緑眩しいこんなに素敵なシーズンにわざわざ暗闇にやってくるのは、相当なイタリア映画好きに決まってますからね(笑)。日本人全員が1948年の『自転車泥棒』観ているわけではありませんもんね!








そうそう、【イタリア映画祭】と言えばもう一つ、私には忘れられない思い出があるんですよ!

ある年のこと。
6時間6分にも及ぶ長編映画『輝ける青春』上映にあわせて、主演のルイジ・ロ・カーショさんが来日していました。イタリア映画批評家協会賞でも作品賞など7部門を受賞した大作です。←関係ないですけど、私はクッション持参しましたよ!6時間ですもん(笑)。

輝ける青春 プレミアム・エディション [DVD]


映画は途中インターミッションを挟んだ【前・後編】という二部上映だったのですが、その休憩中に事件は起こったのであります・・・・・・

私は一人になれる誰もいない廊下を見つけたので、そこで前編のまるで嵐のようなイタリア史と家族の物語に圧倒されたまま、映画を思い返してその世界観に浸っておりました。

と、その時!
私が寄りかかっていた壁のすぐ横の扉がパカっと開いたかと思うと、なななんと先ほどまでスクリーンの中にいた顔の人がヒョッコリ顔を出したのです。そしてすぐに「あれ?」という顔をして「Scusi(ごめんなさい)」と恥ずかしそうに言ったかと思うと、あっという間にドアの後ろの人に引っ張られたのか苦笑いしたまま扉の中へと消えて行ってしまいました・・・・・(ドアを間違えた!とかなんとかゴチャゴチャ聞こえていましたが笑)


今のってなんなのぉぉーーーーーーーーーーーーーーーっっ!?

そう、私のわずか数センチの所から顔を出した人、それは、今観ていた映画で主演していたルイジ・ロ・カーショさんご本人だったのです。ヒエェェェ~ですよ。人間ってあまりに驚くと本当に何が起こったのか理解できないものですね。後編の開演時間になったのですが、私はもうヨロヨロ状態。後編始まっても暫くはアタマの中真っ白でした(笑)。



上映後には、当時勉強していた大事なイタリア語のテキストにサインを頂くことができました(左側)。私の名前やらメモがあるのでその辺りはぼかしてございます。

右側の方はですね、同じ『輝ける青春』や『夜よ、こんにちは』でロ・カーショと共演し、翌年には『愛はふたたび』で主演し来日した女優マヤ・サンサさんのサインです。



幸運にも私は2年連続でそれぞれ会場でサインを頂き、少しだけ話をすることができました。お二人とも、とても控え目でシャイで物静かな雰囲気だったのが印象的でしたが、私のヘタなイタリア語に一生懸命耳を傾けけてお話してくださった優しくて温かな方でした。本当に良い思い出です。







日本では「イタリア映画」というと、ヴィスコンティやロッセリーニ、フェリーニ、デ・シーカ、パリゾーニ、ベルトルッチなどの有名監督やその俳優たち、セルジョ・レオーネに代表されるマカロニ・ウエスタン、ダリオ・アルジェントなどのホラー映画、近年ではロベルト・ベニーニやナンニ・モレッティ、そして何よりジュゼッペ・トルナトーレ監督の『ニュー・シネマ・パラダイス』が有名ですね。

ペッピーノの百歩 [DVD]

向かいの窓 [DVD]

家の鍵 [DVD]

Le Conseguenze Dell'Amore [Italian Edition]


シリアスで深みのある素晴らしいイタリア映画は近年でも数多く生み出されていますが、現実問題として、よほどのことがなければ日本のマーケットでは強力なプッシュもなく、単館上映でちょっとした話題になったままハリウッド映画などに圧されてフェードアウトする・・・というパターンが多いですもんね。

国内ではなかなかではお目にかかれない日本未公開作品を観るなら、やっぱり映画祭に足を運ぶしかないのでしょう!うーん、私は暫くの間、こっそりとチェックしておくだけにしておきましょうっと。楽しみはきっとまたいつか!



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : イタリア映画 

FC2共有テーマ : 映画賞・映画祭 (ジャンル : 映画

  2017/04/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: まもなく5月!といえば【イタリア映画祭】です!


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback