お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『大いなる幻影』 (1937/フランス)

   ↑  2012/12/31 (月)  カテゴリー: ロマンス、ドラマ
2012年も、もう残り数時間。
実はこの映画作品、数か月前に観たものなんですが、長い時間をかけて少しずつ少しずつ調べていたのでレビューを完成させるのにもう半年もかかっていることに!遅すぎるやん!(笑)。いやー、しかしせっかくなので年内中にUPさせたいな~と思い、ここ何日かでラストスパートいたしました。今年最後の思い出です。

来年2013年は、少しペースを落としてゆっくりじっくり腰を据えた年にしていきたいと思います。また、この場から大変失礼いたしますが、当ブログスタート時より温かな言葉をかけていただきました皆様にも深く深く感謝申し上げます。どうか皆さまにとりましても、穏やかで楽しく素敵な一年となりますよう心よりお祈り申し上げます。どうぞ良いお年を!

はなまるこ





『大いなる幻影』 (1937/フランス)




DVD/洋画/大いなる幻影/FRT-172


●原題:LA GRANDE ILLUSION
●監督:ジャン・ルノワール
●出演:ジャン・ギャバン、ピエール・フレネー、エリッヒ・フォン・シュトロハイム、ディタ・パルロ、ジュリアン・カレット、マルセル・ダリオ、ジャン・ダステ 他
●第一次大戦末期。フランス軍大尉ボワルディユと少尉マレシャルは、偵察中にドイツ軍の砲撃を受けて捕虜となる。彼らはユダヤ人のローゼンタールと脱走計画を練るが、収容所所長のラウフェンシュタインは、ボワルディユらを厚遇していた。滅びゆく貴族という同じ立場の二人は、奇妙な友情と尊敬の念で結ばれていく。巨匠ジャン・ルノワールの代表作。




1958年の再公開時に「この映画は、人と人との繋がりについて描いた物語だ」と、ジャン・ルノワール監督自身がトレーラーで力強く述べたことのある『大いなる幻影』。この問題が解決できないなら我々はこの美しい世界にさよならを言わなくてはいけない、とも。それだけにこの作品は、人々への敬意と人生への慈しみに溢れています。



この映画に出てくる人々は皆善意の心を持っていて、彼らは敵国同士や出自や身分階級、人種の違いなどありながらもそこに芽生える友情や愛情を忘れずにいます。しかし、戦時下という状況は彼らの命運を悲劇的に分けることにもなり、そこに生まれてくる反戦的、ヒューマニスティックな人間模様に、観る者は時代を超えて強く心動かされるのではないかと思うのです。





ところで、日本版wikipediaには「撮影編集が済んだ時点で半ばいい加減な形で「大いなる幻影」と決められた」と記されているこの映画ですが実際にはそのようなことは全くなく、フランス語圏や英語圏の資料を見るときちんとした由来があることが分かります。

 【ペーパーバック】The Great Illusion(Europe's Optical Illusion)
第一次世界大戦以前の1909年に発売され以後、国際的ベストセラーとなったイギリスのノーマン・エンジェル(Norman Angell)の著書『The Great Illusion(Europe's Optical Illusion)(大いなる幻想)』のタイトルからとられている、と広く知られているからです。

ノーマン・エンジェルによる「世界各国の貿易や投資といった経済的相互存の深まりが戦争を抑止する」という楽観的主張――戦争は廃れて過去のものになり、貿易と産業が国の繁栄の鍵になる。軍事侵略の莫大なコストから得られるものは何もない。戦争は無益で非合理的なものであるという思想――は、その後第一次世界大戦が勃発したことにより皮肉にもにまさしく「大いなる幻想」となってしまいました。

しかし、エンジェルは国際平和のための長年の活動により、1933年度にはノーベル平和賞受賞者となっています。彼のこの理想主義的理論は、反戦への強い信念や人間への敬意を込めて描いたジャン・ルノワール監督によって生み出された映画『LA GRANDE ILLUSION(大いなる幻影)』というタイトルとして、立派に生きているのです。
■ノーマン・エンジェルについての参考資料:吉川宏 著「ノーマン・エンジェルの国際主義」北大法学論集



そう、この『大いなる幻影』が制作されたのは1937年(昭和14年)ですが、日本で公開されたのはもっと後のことでした。
昭和十三年といえば日本が中国戦線を拡大し、戦果に酔っていた年だ。このような平和的思想の、そして貴族的美意識を織りこんだヒューマニスティックな映画が許可されるはずがない。『大いなる幻影』の日本での上映は1947年(昭和24年)のことになる。
■「映画は人生のお友だち」コピーライターズ・シネマ倶楽部:『夢の美学とその実現』文・朝倉勇 より引用



「捕虜は人道をもって取り扱うべし」と規定されたハーグ陸戦条約(1899年採択)が忠実に守られる、高貴な魂を持つ人間の姿やその尊厳、そして騎士道精神が息づいている戦場での人間同士の絆。この映画を通してずっと語られてきたテーマは、いよいよ国境を越えるか!?というクライマックスシーンでも裏切られることはありません。

武力衝突や紛争の絶えない現代においては、このテーマこそ「大いなる幻影」と映るかもしれません。しかし私は、信念や理想の映画化には意味があると思うのです。ローゼンタールがラストに言う「That's all an illusion」という言葉の重みを、現代に生きる私自身もしっかりと受け止めなくてはならないと思うのです。




さてさて。この映画についての参考文献を読んでいてちょっと興味深い点がありました。『大いなる幻影』で象徴的に流れる曲「IL ÉTAIT UN PETIT NAVIRE (小さなお舟があったとさ)」について。ここに一部引用しておきたいと思います。


あの脱走時に笛で吹かれるメロディでもあり、フランス語圏では良く知られた古くからの童謡(民謡)です。

ド・ボアルディユ大尉が、マレシャルたち二人の脱走を助けようと城壁にのぼってこの曲を吹く。夜の中に、彼はシルエットとして浮かび、幻想の世界だ。フリュートは澄んだ音色で古城に響きわたり、ドイツ兵は意味を図りかねて混乱する。彼は笛を吹きながら高みへとのぼっていく。収容所長の制止もきかずに。「ちっぽけな航海さ」といわんばかりのファンタジックで、シンボリックなシーンだ。二人の脱走も「ちっぽけな航海」だろうし、戦争も、貴族の命運も、人生そのものが「ちっぽけな航海なのさ」といっているのでもある。(中略)この曲は、脱走組にもついてまわる。二人が、難渋しつくす冬の山野でこの曲は歌われ、歌詞が(たしか)字幕に出る。小舟で海に漕ぎ出して行った男の歌詞が、脱走成功の何の保障もなく難行する男たちにかぶさって、ユーモラスな効果をあげる。ジャン・ルノワール監督の映画づくりのみごとさである。
■「映画は人生のお友だち」コピーライターズ・シネマ倶楽部:『夢の美学とその実現』文・朝倉勇 より引用

私が観たDVD版では、脱走時にやけっぱちになって歌うシーンでの歌詞は字幕には出てこなかったのですが、フランス語文化圏の背景が身に付いていない自分にとっては、こういった楽曲の使い方を知ることができてとても新鮮でした。「IL ÉTAIT UN PETIT NAVIRE (小さなお舟があったとさ)」に親しみを持っていたのなら、同じシーンを観た上でのこの映画に対して持ち得る思い(切なさや滑稽さなど)の深さは、随分と違ったものになることでしょう。異文化圏の映画を観る時に、知らなければ知らないままで通り過ぎてしまいそうなことですが・・・。





≪おまけ≫
ところで、この作品はあまりに「名作!」と言われるクラシック映画でしたので一度は観てみたかった作品のひとつだったのですが、さっそくワクワクしながら鑑賞したところ・・・なんだかアレレ??"既視感"が。

        『第十七捕虜収容所』 (1953/アメリカ)
そうそう!これは1953年のアメリカ映画でビリー・ワイルダー監督作品の『第十七捕虜収容所』と似ているのでは!?と、すぐに思い当りました。もちろん、制作順はルノワール監督の『大いなる幻影』が16年も先なのですが・・・

LA GRANDE ILLUSION3 LA GRANDE ILLUSION2
脱走作業で穴を掘った砂を軍服や作業着の下に隠してはとこっそり捨てるシーンや、おどけ役で女装してダンスするコミカルなシーンなど、私でも気づくような小さなエピソードでソックリな点がいくつか見られました。


 【ペーパーバック】Stalag 17, Billy Wilder(著)
それであまりに気になってしまったので、どうしてかな?と思い調べてみたところ『第十七捕虜収容所』の脚本および解説が載った「Stalag 17」に、Jeffrey Meyersによるイントロダクションで以下のような記述が見つかりました。ちょっと引用しておきたいと思います。
The film was also influenced by Jean Renoir's Grande Illusion (1937).
In both pictures prisoners of war dig a tunnel to escape, desperately try to amuse themselves and boredom, and maintain a light-hearted attitude in order to survive. They put on a show (some dressed in women's clothes) and sing a patriotic song to keep up their spirits. They are friendly with the German guard, who is rather comic in his rigid militarism, and even manage to control him. And the intravenous line that hangs down after Boeldieu's death inspired the looped and hanging light cord in Stalag 17.Wilder's film, however, is quite different from Renoir's humanistic, antiwar expression of international brotherhood. He transform the chivalric self-sacrifice of the offer class into a bitter drama of egoism and betrayal.
― Billy Wilder, "Stalag 17" the complete screenplay, with an introduction by Jeffrey Meyers(1999), University of California Press ―

ここに書かれてあることを要約してみると・・・・
両作品に共通しているのは、囚人たちは脱走のための穴を掘り、退屈せず生き残っていくために陽気でいようと努め、時には女装したり、人間性を維持するためにも愛国的な歌を歌い、警備側のドイツ兵とのやり取りなどもコミカルに描かれているという点・・・・つまり、ズバリ『第十七捕虜収容所』はジャン・ルノワールの『大いなる幻影』の影響を受けているということ。そして『大いなる幻影』において、ボワルディユ大尉に付けられた"静脈ライン"は『第十七~』の"ぶら下げ電球のコード"に影響を与えたということ。おぉなるほど~。さらに、ルノワールの描いたヒューマニスティックで国境を越えた人間愛や反戦表現や自己犠牲的な騎士道精神を、ワイルダーは裏切りとエゴイズムのほろ苦いドラマに置き換えた、ということも。なるほど、大納得でした。

もともと1953年の『第十七捕虜収容所』は、ドナルド・ビーヴァンとエドモンド・トルチンスキーによるブロードウェイの舞台劇を原作とした作品でしたで、ビリー・ワイルダー監督は『大いなる幻影』からインスパイアされた彼らしいユーモア(オットー・プレミンジャー演じる収容所所長の風刺など)を織り交ぜた、というわけなんでしょうね。


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : フランス映画 

FC2共有テーマ : フランス映画 (ジャンル : 映画

  2012/12/31 | Comment (9) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんばんは

おはようございます、そして
あけましておめでとうございます♪

いや~1年すぎるの早すぎますね(笑)

我が家は相方が年越しは実家に帰るので
猫のジャックと二人の年越しです!

なんだか最近は映画を観てもあまり、面白く
感じれなかったり、なんだり、、映画自体
に飽きちゃったのかな~とか思う今日この頃な
んですが。。

やっぱり、たまに面白い作品に巡り合えたりな
感じで(笑)

なんだか、そんな感じで、いつも通り
また適当なのですが、2013年も映画ブログ適当に
書いて行こうかな感じです(笑)

今年も良いお年でありますよーに♪
そしてコメントでいただいた、グーグルリーダー??
それって何?と思って調べました(笑)

わたくし少々時代に取り残されています
アナログです(笑)

世の中大変で、色々ありますが
今年は、みんなが多少良い年と思えるような
年であればいいなと思いました。


タマ |  2013/01/01 (火) 02:10 No.86


はなまるこより

タマさーん!
あけましておめでとうございます☆
2013年、最初のコメントをありがとうございました♪
美味しいお酒を飲んでジャックくんとヌクヌクお過ごしでしょうか(笑)?

>なんだか最近は映画を観てもあまり、面白く
>感じれなかったり、なんだり、、映画自体
>に飽きちゃったのかな~とか思う今日この頃な
>んですが。。

これスゴク分かります!
もっとこう、新鮮な目で観られたらいいのになぁとか。
映画って数を重ねるといいこともありますが、
慣れのようなものが出てきてしまうと、なかなか難しいものですよねぇ。。。
ただそのぶん「アタリ」に出会った時の嬉しさは格別ですよね^^

というわけで・・・
2013年もタマさんの紹介される映画をたーくさん参考にさせてくださいね♪
どうぞ宜しくお願いいたします♪
あ、私も超アナログ人間ですよー
ビデオテープだって、まだまだ大事にしております~i-229

タマさんへ★ |  2013/01/01 (火) 22:27 [ 編集 ] No.87


映画評論のブログも上には上がいるものですね。

こんにちは。
ロス・アンジェルス在住の大湾節子です。

夫が本、DVD、そして、今は辞書を集めるのが趣味で、というより生きがいでたくさん集めています。

本や辞書は私には縁がないのですが、
DVDを一人で毎晩見ています。

北欧、イタリアを見終わって、今はフランスの映画を観ています。
皆古い作品ばかりです。

監督も俳優さんたちもすでにこの世を去っていますが、名作はいつまでも残ります。
元気なうちに昔の名画を観ようと、時々居眠りをしながら、頑張って観ています。
この歳になってみると、映画の良さがわかって、楽しみが倍増します。

英語の字幕を読みながらストーリーを追っていますが、
細かいところがわからず、翌日は必ず日本語で検索して、内容を確認しています。

日本題がわからないので、原題や英語題を記入して、その前に「フランス映画」と入れると、日本語のサイトにぶつかります。

今朝はたまたまあなたのサイトを見つけました。
素晴らしいですね。
読みやすいこと。
情報が充分入っていること。
色々な意味で、『A+のブログ』です。
それで、一言コメントを残しています。

今アメリカではオバマ大統領が「911」の後の捕虜の拷問の調査書類を公開しました。

どの国にも歴史上に恥部があるが、それを、勇気を持って公開することに意味があると言っています。
同じ間違いを犯さないためです。
オバマ大統領は拷問に反対していますが、ブッシュ大統領やチェーニー副大統領(共和党タカ派)は拷問を認可しています。
チェーニー副大統領は自分ならまた同じことをすると公言していました。

人質と自分の国の人間と同じ人格で扱っていないからでしょう。

『大いなる幻影』のオープニングでは、囚人なのにとても良い待遇を受けているので、事情がよくわからなかったのですが、ルノワール監督の意図や信念は人間すべて『同じ』という立場から人間性を述べたかったのでしょう。

DVDには、ジャン・ルノワール監督のインタビューが入っていますが、彼は本当に円満な感じのアーティストですね。

アメリカでは今北朝鮮の政治家を暗殺する映画が放映されようとして、色々と問題が起こっています。

なぜ人々は人の心を怒らせる映画を作るのでしょう。
若い頃映画を作りたいと志した私には理解できません。

この作品も私の大好きな作品の一つになりました。

私のブログでは映画評論を書く時間もないので、プロフィールに好きな映画名を書き入れることにしました。

これから時間がある限り、昔の映画を鑑賞します。
毎朝、素晴らしい「はなまるこさんのサイト」を訪問させていただきます。
これからもよろしくお願いいたします。

http://ameblo.jp/romantictravel

大湾節子 |  2014/12/19 (金) 03:19 [ 編集 ] No.324


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  2014/12/19 (金) 03:48 No.327


はなまるこより

大湾様

はじめまして。
まずは何度もコメントを入れて頂きました件、大変なお手数をおかけいたしました。誠に申し訳ございませんでした。

コメント欄を改めて確認させて頂きましたところ、当方でかけておりましたキーワード設定の中に引っ掛かりがあったようで、只今解除させていただいた次第です。大湾様からいただきましたコメントはそのまま保存されておりましたので、さっそくUPさせていただきました。

++++++++

先ほどですが、大湾様のブログのをまだほんの少しなのですが拝読させていただきました。まるで、遠く広く、まだ知らない世界へ連れて行っていただいたような不思議な錯覚に陥りました。人生も経験も未熟な私のような者に大変素敵なコメントを入れて頂きましたこと、ただただ恐縮の思いでいっぱいです。その一方で、プロフィール欄の「好きな映画」に、私も大好きな作品たちが沢山並んでいるのを目にして、親近感がいっぱいになり何だかも嬉しくなってしまいました。

++++++++

大湾様がコメントして下さいましたCIAによる拷問実態の報告書の件、日本でも大きく取り上げられておりました。そしてこれは偶然なのですが、アメリカで有名だった「24」というTVドラマ(CIA傘下にあるという架空のテロ対策本部が舞台)の最終シーズンをちょうど先月観終えたところだったのです。そこに登場する「アメリカ国家のためなら拷問、殺戮も容認する」というこのドラマの姿勢に呆気にとられてしまったところだったのです。勿論、上院によって今回公開された報告書と同じ拷問もドラマの中で行われています。

大湾様もご指摘されている北朝鮮政治家暗殺映画についても同様ですね。映画やドラマには表現の自由や主義主張の権利があり、更にそれが政治によって影響されるような時代であってはならないと思いますが、それが単なる一方的な視点からのエスプリもない品位に欠けたものである限り、誤解や断絶を生むだけの無意味なものにしかならないと思っています。同じ人間のすることなのに『大いなる幻影』の時代は、もう本当に幻影でしかなくなってしまったのでしょうか・・・。辛い時代です。

++++++++

世の中には写真や映画、絵や音楽など様々な形で物事を切り取り、或いは言葉によって物語や人生を語ることが出来る方が大勢いらっしゃいます。大湾様のように!私は何も生み出すことが出来ず、ただただ映画を観ることが好きなだけの者なのです。ですが、そんな小さな気持ちから生まれた「この映画のことをもう少し知りたい!」という思いから、映画の世界やその背景にあるものを調べながらネット上にUPして記録して参りました。

大湾様のような方にコメントいただきましただけでも、これまで映画を好きで良かったな、と今回心から思えました。本当にありがとうございます。最近、映画鑑賞できる時間がすっかり減ってしまい、記事も滞っている状態なのですが、もしまた宜しければ是非お立ち寄りください!私も大湾様のブログで、またゆっくりと世界を周ってみたいと思います。今後とも何卒宜しくお願いいたします。

大湾節子様へ★ |  2014/12/19 (金) 22:39 [ 編集 ] No.328


半分諦めていたのですが、確認のために再訪問したらコメントが掲載されていて嬉しかったです。

はなまるこさん

そちらからダメというお知らせが戻るたびに、どうして内容を十分読んでいないのに返信が来るのか不思議に思いました。

しかもこちらの時間帯は日本では真夜中。
まさか24時間、いろいろなコメントをチェックしている人もいないのにと考えていたところです。
だいぶ諦めていたのですが、もう一度訪問したらきちんと掲載されていて、安心しました。

あなたのブログは本当にブロガーのお人柄が出ていて、わかりやすいし、見やすいし、内容がありますよ。
私はアメブロのブログに属していますが、映画に関する記事をきちんと書いている人はほんの数人。
しかも、読みにくいブログが多いです。

たまたま訪問して、とても気に入ったので、コメントを書き入れました。
今アメリカでは映画の劇場上映が中止されたので、色々と意見が分かれています。
いろいろな映画が製作されますが、せっかくエネルギー、才能、お金を使うなら、とつい思ってしまいます。

その意味で、私の好きな映画は私が大切なものを取り上げているので、いつ見ても名作です。
毎晩観ているのですが、好きな映画がどんどん増えて困るくらいです。

ブログ更新はスローで同じ記事を何ヶ月も載せています。
映画の紹介もしています。
読みにくいかもしれませんが、お時間があるときにご笑覧ください。

若い頃旅した景色といま観ているヨーロッパの昔の映画の景色を重ねて、思いを深くしています。

『幻の旅路』のハイライトも載せています。
映画のシーンを思い出しながら、読んでください。
実際に会うことはありませんが、こうしてブログの上でお話ができるなんて、本当に素晴らしいです。

これからもよろしくお願いいたします。

大湾節子 |  2014/12/20 (土) 05:15 [ 編集 ] No.329


はなまるこより

大湾様がこのコメントを読まれる頃、クリスマス前のロサンゼルスは気持ち良く晴れた午前中でしょうか。おはようございます!

私も大湾様のコメントを無事に掲載することができてホッとしております。
大変ご心配おかけいたしました。

今日は、子どもが就寝してからずっと大湾様のブログを読ませていただいておりました。

大湾様の人生の一端に触れさせていただきながら、色々と思うこと、考えさせられること、思い出すこと・・・等々、様々な感情に揺さぶられて時間が経つのを忘れてしまうほどでした。日々の喜びがまた一つ、増えました。これから少しずつ読ませていただきます。そして自分の人生にも何かをフィードバックできれば、本当にとても幸せです。今は頭も胸もいっぱいで、お恥ずかしながらほぼ言葉が出ない状態なのです。今度はきちんとコメントを書かせていただきますね!
ご丁寧なコメントを残していただき、ありがとうございました。

大湾節子様へ★ |  2014/12/20 (土) 22:43 [ 編集 ] No.330


戦争は貴族の役目、庶民の役目は平和を守ること

この映画、日本での検閲は許可されたのですが、ヒットラーが最も嫌った映画なので、ドイツに遠慮して公開されなかったと言われています.
当時の国策映画に近いような、『支那の夜』その他の作品を観て頂ければ解りますが、日本人と中国人(朝鮮人)の友情、恋愛を描いた作品が多くあります.
正確に言えば、日本人はこんなに中国人に親切にしているのに、中国人は解ってくれない、と言った作品で、嘘八百と言ってしまえばそれまでですが.
ですから、当時の日本の国策の観点から言って、フランス人とユダヤ人の友情、フランス人とドイツ人の恋愛は、特に問題視する点はなかったと思われます.
-----------------------------------

日本の江戸時代までは、戦争を行うのは武士(軍人)の役目で、庶民が参加するのは足軽まで.足軽は負け戦になれば真っ先に逃げ、あるいは勝者に雇われるだけで、戦争の責任は武士が取りました.

ところが、時代が変わって明治時代になると、徴兵制によって戦争を行うのが庶民の役目になってしまいました.
この点はフランスでもドイツでも同じ.かつては戦争の役目は貴族が負っていた事が、ドイツとフランスの貴族の間で語られています.
『自分達は特別な人間だ.かつては貴族にとって良い時代だったが、この戦争が終われば貴族の時代は終わる』.....

『収容所所長のラウフェンシュタインは、ボワルディユらを厚遇していた。滅びゆく貴族という同じ立場の二人は、奇妙な友情と尊敬の念で結ばれていく』

ドイツの貴族のラウフェンシュタインは、皇帝に仕えることを誇りにしていた.そして、負傷して収容所の所長に甘んじていることを、嘆いていた.

立憲君主の国の貴族は、君主である皇帝に仕えるのが役目で、皇帝のために命を捧げて戦争を行う事を誇りにしていた.
では、共和制の国、国民主権の国の貴族の役目は?.
フランスの貴族のボワルディユは、ドイツの貴族のラウフェンシュタインと話をしていて、こう考えた.
『共和制の国の貴族の役目は、国民のために命を捧げて戦争を行うのが役目である』

民主主義の時代になって全てが平等になった.かつては貴族の特権であったガンも性病も平等になった.
けれども、だからといって、戦争を行う役目まで、庶民が貴族から受け取る必要はどこにもない.

ドイツの貴族のラウフェンシュタインは、こう言ったはず.
『俺達は特別な人間だ』と.そして、フランスの貴族のボワルディユもその点は納得した.

特別な人間ではない庶民、国民の役目は、平和を守ること.
フランス人とユダヤ人の友情を、フランス人とドイツ人の恋愛を描いた.

rumichan |  2016/04/22 (金) 11:03 [ 編集 ] No.424


はなまるこより

rumichan様、はじめまして。
先月より、当方のネット環境がなかなか整わずコメント返信させていただきますのが大変遅れてしまい、申し訳ございませんでした。当作品を詳細に渡って解説いただいたコメント、ありがとうございました。

>戦争を行うのは武士(軍人)の役目で、庶民が参加するのは足軽まで
あぁなるほど・・・と思わされるものがありました。戦争も時代によってその形態やシステムが変わり、国家と国民の関係も変わり、それによって翻弄される側の人間の在り方も変化していっていたのですね。「戦争映画」というジャンルがありますが、今までどれも同じようなイメージを勝手に持ってあまり観ることなくおりましたが、そのように考えると、もう一度この映画を観直したくなりました。

rumichan様★ |  2016/05/02 (月) 08:39 [ 編集 ] No.427

コメントを投稿する 記事: 『大いなる幻影』 (1937/フランス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback