お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『リセット』 (2010/アメリカ)

   ↑  2012/11/05 (月)  カテゴリー: サスペンス、ミステリー
VANISHING ON 7TH STREET


リセット【Blu-ray】 [ ヘイデン・クリステンセン ]


●原題:VANISHING ON 7TH STREET
●監督:ブラッド・アンダーソン
●出演:ヘイデン・クリステンセン、タンディ・ニュートン、ジョン・レグイザモ、ジェイコブ・ラティモア、テイラー・グルーサイス、ジョーダン・トロヴィリォン 他
●ある晩、映写技師のポールが突然の停電に驚いて映写室から飛び出すと、そこは一瞬のうちに無人になっていた。同じころ、理学療法士のローズマリーは、抜け殻のような白衣の山が残された病院を助けを求めてさまよい歩く。その翌日、テレビレポーターのルークが部屋で目を覚ますと恋人の姿はなく、外には無人の街が広がっていた・・・。





旧約聖書「創世記」1~6章では「白い色は光・昼・人・善を表し、黒い色は闇・夜・獣・悪」を表しているのだけれど、この映画、終末論的思想が濃いなぁと思いました。ま、『リセット』という邦題が先走り過ぎ、というかあまりにそのまんまな気がしてコレはコレでどうなんだ、とも思うわけですが・・・

【ルーク(ルカ)】【ポール(パウロ)】【ジェームズ(ヤコブ)】という、キリスト教を強く意識させる登場人物たちの名前。唯一の女性【ローズマリー】も「聖母マリアのバラ」と言われるほどキリスト教に関する伝承が多い名前(原語の由来としてはRosmarinus(ラテン語でロスマリヌス)という"海のしずく"の意があるけれど)。彼らの内訳は、白人男性、アフリカ系男児、南米系男性、アフリカ系女性(本人はバイレイシャル?)、途中から現れるのは白人の少女。


 
やはり「キリスト教的世界観」をモチーフとしているからなんでしょうね。
ラストシーンの「アダムとイヴ」の連想を持ち出すまでもなく、映画内での演出として、神を冒涜すると灯りが点滅して不安定になったり、13という数字をアップにしてみせたり。主な舞台となる原題「VANISHING ON 7TH STREET」にも7が使われていますしね。





だからと言ってキリスト教圏でのこの映画に対する評価が高いなんてことは全くないようで、日本で言われているそれとほぼ大差ないのに安心しました←「なんだよこのラストは!」「期待外れだ!」「消えた俺の時間を返せ!」などなどネット上の感想は万国共通のようで(笑)。ほんと、こういう雰囲気の映画、盛り上げておいてまたこんなラストなのかー!と毎回ガックリくる私です・・・・



"闇"に襲われて忽然と姿を消す、ということ自体に「闇がコワイ!!」という気持ちはあっても、そこから恐怖や痛みも感じさせられないわけで。どちらかと言うと「ローズマリーが赤ちゃんを探している」と設定の方がちょっと怖いんじゃないかと。思わせ振りなことをバンバンやっておいてゴーストのような影が追ってくるだけ。何が理由なのかも不明で、何も解明されないという設定であれば『ハプニング』や『CUBE』なんていう映画は、それこそ本当に良くできていたんだなぁ、と今更ながら思いました。

ただ、宗教に縛られることがほとんどない日本で無宗教の人生を送っているような自分にとっては、こういった形で異文化や宗教的思想を感じ取れるという意味では、「何も得るものがなーい」とただガッカリすることなく、また前向きに映画と向き合っていけるかも。次こそは面白い映画を観たいですけどね。


関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : アメリカ映画 

FC2共有テーマ : 映画を見て、思ったこと (ジャンル : 映画

  2012/11/05 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment


こんばんは!


私もこの作品みました(笑)
よくレンタルでいく近所のゲオに
新作でレンタル在庫が7本位あったのですが、
いっこう誰も借りている形跡がなく、なんだか
ヘイデン・クリステンセンが気のどくになり
付き合い感覚で借りて観てみた記憶ありです(笑)

(ただ内容は、ほぼ覚えていません笑)
あまりにストレートすぎるラストに、なんじゃこりゃ?
な記憶しかなくて、あらためて自分のレビューを
読み直してみたら、そこそこ楽しんでいたようで、
アレ?俺意外に楽しんでいたのね?と内容はいまいち
思いだせないのですが、自分に笑いました。

寒くなってきましたね~風邪を引かないように
気をつけてください~♪

タマ |  2012/11/05 (月) 23:41 No.41


はなまるこより

タマさん~ コメントありがとうございました。
お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません!!

>いっこう誰も借りている形跡がなく、なんだか
>ヘイデン・クリステンセンが気のどくになり

このあたり、すごく分かります。私は観ていて物凄く気の毒になりました(笑)
スターウォーズで一気に有名になったようですが、
どうもそのあとパッとこないですよねぇ。
すごーく美しい顔立ちでカッコイイですが、それだけじゃダメなんですねー
あ、タマさんもレビュー書かれていたんですね!
遅くなりましたが是非見に行かせていただきまーす♪

そうそう、最近天気予報でも、タマさん宅の方で
初氷だ!とか初雪だ!とかクマが出た!(笑)とか見ますが
ほんと、寒さも一段と増してきましたね~
我が家は既に風邪の嵐が先週ピークを過ぎまして、私も落ち着いてきたところです。。。
タマさんも、風邪とクマにはどうぞお気を付けくださいませ~i-201

タマさんへ★ |  2012/11/07 (水) 22:39 [ 編集 ] No.42

コメントを投稿する 記事: 『リセット』 (2010/アメリカ)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback