お散歩シネマ 映画の世界へ出かけよう!!映画の数だけ、もっと世界は面白くなる! 

『ボクの熱気球』 (2005/オランダ、ドイツ、イギリス)

   ↑  2012/11/12 (月)  カテゴリー: コメディ
【DVD】ボクの熱気球
●原題:LEPEL
●監督:ウィレム・ファン・デ・サンデ・バックハウゼン(Willem van de Sande Bakhuyzen)※"ヴァン・デ・サンド・バッキホイズン"表記もあり
●脚本・原案:ミーケ・デ・ヨング(Mieke de Jong)
●出演:ユープ・トラーエン、ネールチャ・ド・ヴレー、ルース・リュカ、カリス・ファン・ハウテン、バリー・アツマ、ケース・ヒュルスト 他
●冒険家の両親が乗った気球が行方知れずになり、9歳のレーポルは邪険に扱われながら祖母に育てられている。祖母が営むボタン屋さんのためにデパートの服売場からボタンを盗む手伝いをさせられているのだが、そんなある日、デパートに住む少女・プルーンや店員のマックスと友達になる。レーポルは彼らと一緒に両親探しに乗り出すことにするのだが・・・。世界各国で数々の映画賞を受賞した心温まるファンタジー。




 [Lepel]Auteur: A.M. de Jong,Co-auteur: Akke Holsteijn 【bol.com】
てっきり児童書か何かの映画化かと思いきや、探してみた書籍版は逆にこの映画のシナリオに基づいて書かれたものなんだそう。オリジナルだったのですね。Gyaoでの評価が良かったので軽い気持ちで観てみましたが、なんて可愛いお話なんだ~

デパートに住んでいる女の子とか、それに全く気付かないデパートのセキュリティだとか、『ボクの熱気球』という映画はオトナとしては突っ込みどころ満載なのだけれど、だからと言って子供じみた幼稚さなどは微塵もないところが素敵!





主人公のレーポル(オランダ語で"スプーン"という意味のヘンな名前を付けられている)は、まるでシンデレラ姫のように意地悪なおばあさんにこき使われる日々から飛び出して、デパートに住むプルーンと一緒に自分たちで意思決定をするのです。誰にも騙されないぞ!!というのがカッコいい。冒険好きな子どもなら、主人公たちの行動力にグングン引き寄せられ、共感し、夢中になってしまうだろうなぁ。



それに、こういった子ども映画でありがちな「リアリズムがないから入り込めない」という心配もご無用です。何しろ全編に渡って彩られるカラフルでポップなデザインや、レトロ感あふれる"緑"がアクセントになった映像の数々。それらの色使いの柔らかさには、オトナの疲れ気味の目も癒されてしまいます。

コドモ映画でこのデザイン力、クオリティの高さはさすがオランダ、ミッフィーちゃんを生んだ国!「ファミリー映画」としての評価も高く、各国様々な映画祭で国際的な存在感を放っている作品でもあります。

因みにオランダ映画界では10万枚のチケット(つまり10万人の観客動員数)販売時には「ゴールデン映画賞」というものを授与しているのだそう。40万人で「Platina Film」、100万人だと「Diamanten Film」が。『ボクの熱気球』も公開2週間半で10万人の観客動員を果たして「Gouden Film」を受賞しています。国産映画を支援するという意味で面白い制度ですね。

※子ども映画のレビューでこんな話もなんですが、エログロバイオレンスで悪趣味と言われるポール・バーホーベン監督(私は大好きだ!!)が久々に母国で撮った『ブラックブック(原題ZWARTBOEK)』もゴールデン映画賞を受賞しています。





Willem van de Sande Bakhuyzen overleden【ELSEVIER】
この映画を観終わった後、日本のサイトではあまり詳細がわからなかったのでオランダ語で少し調べていたのですが、そんな中、実はウィレム・ファン・デ・サンデ・バックハウゼン監督が2005年に47歳の若さで逝去されていたこともわかりました。監督最後の作品『Leef!』公開前日に亡くなられたとのこと。タイトルの意味は"Stay alive!" や"Live!"。

何かものを創り出す人たちにも共通していますが、映画監督がこの世を去っても彼らが生み出した作品は、ずっとずっと観た人の心に生き続けます。『Leef!』というタイトルのように。

2004年に癌だと診断されたというファン・デ・サンデ・バックハウゼン監督は、恐らく『ボクの熱気球』撮影時には自身の状態をわかっていたのでしょう。「子どもたちを幸せにしたい!」と願っているオトナが作った素敵な映画でした。出会えて本当によかった!



関連記事

■この記事に関連する映画制作国、地域 : オランダ映画 

FC2共有テーマ : ★おすすめ映画★ (ジャンル : 映画

  2012/11/12 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ | edit

Comment

コメントを投稿する 記事: 『ボクの熱気球』 (2005/オランダ、ドイツ、イギリス)


  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback